けんすけさんの映画レビュー・感想・評価

けんすけ

けんすけ

映画(36)
ドラマ(0)

愛、アムール(2012年製作の映画)

3.4

すごく静かに進むストーリー。二人の愛は深いんだなぁと。だから、そういう結末なんだなと納得

二重生活(2016年製作の映画)

2.8

哲学はよくわからないけど、尾行する門脇麦を尾行してるような気分になった

セブン(1995年製作の映画)

4.0

有名なのに見たことなかった。幼いころTVでの放送でラストシーンだけ見て記憶があったけど。緊張感の連続で引き込まれた

セールスマン(2016年製作の映画)

3.0

かなり社会派な感じ。ちょっと見終わったあと複雑

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

3.4

大人な作品だと思う。若い僕からすれば、もっと感情が爆発するのかと思ったけど。そこが見る人をひきつけるポイントなのかな。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.8

コメディだけど誰にでも当てはまるような作品だと思う。他人からすれば気にならないコンプレックス、その逆もまたしかり。どちらにせよ、大切な本質はなんだ?「障害は君の中にある」って台詞は、この人がいうと刺さ>>続きを読む

ラブストーリーズ エリナーの愛情(2014年製作の映画)

3.4

エリナーのほうを見ていると、どういう気持ちだ?と推測しながら集中しながら見ていた。

ラブストーリーズ コナーの涙(2013年製作の映画)

3.0

コナーを見てからエリナーを見ました。この順番の方が楽しめると思います

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.5

フランスのラブコメって好きだな。タイピストでスタルパだったあの俳優さんがこんな役もやるんだ!って驚き

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

2.5

物語云々ってより、十代のモヤモヤのリアルな演技が好き

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.8

ピュアでいい!お父さんの「目は恋の第一章」って台詞に惚れた

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

字幕を追うのに必死!なんとなく、こいつがキーマンかなと思ってたらビンゴ!それでも社会派な緊張感のあるいい作品だと思いました

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.8

ボカシは誤解を生むよ!最後のシーンはなんだかホッとしたな

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.0

ぜったい恋人と見たらあかんやつ。奥さん、ちょっとおかしくね?旦那、かわいそう。まぁ、そういうすれ違いってリアルに感じた

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

3.2

メタルギアが好きなので、この作品も見てみました。

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.0

見終わったあと人に抱きしめられたくなる。そして、抱きしめたくなる。とにかく泣いた

the fighting men’s chronicle エレファントカシマシ 劇場版(2013年製作の映画)

4.5

ファンだから特別な感情で見るけど、やっぱ、エレファントカシマシの演奏で感じられるいくつかのことは言葉では表現しがたいものだな。好き嫌いはあるだろうけど、このバンドの演奏を見て聞いて何も感じない人がいる>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

戦争を題材にした作品でこんなに素敵だと感じたのは初めて。生活を脅かす全てが憎い。でも、前向きにがんばって過ごした人のおかげで今の社会があるんだな。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.1

おもしろかったけど、宣伝や前評判で期待したほどの驚きはなかったかな。

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.3

低予算感がちょいちょい出るけど、それが好き。むしろ、この展開に高いコストかけるほうがチープに見えるかも

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

鑑賞し終えてから、すぐにまた見返していろいろチェックしたくなる映画。「カイザーソゼーー!!」って覚えちゃった(笑)

グッド・ストライプス(2015年製作の映画)

3.6

予告編にもあった「お姉ちゃん、デブ」「ググればー?」がツボ(笑)今っぽくて、若い世代にはウケると思う。あと大橋トリオさんの主題歌が最高

オオカミは嘘をつく(2013年製作の映画)

3.8

拷問やりすぎー(>_<)と思ったけど、最後のシーンは、なんというか心理的に?怖かった。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.3

ちょっと、物足りない気もしたけど楽しく鑑賞しました。

天使が消えた街(2014年製作の映画)

1.7

で、なんなん?って感じ。良かったところは出演する女性が美人さんばかりだったところ。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.7

音楽が素敵で愛情ってやつは強くて切ないのかなと感じた。

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.1

こういうバイオレンス、好きです。
酷すぎない。

複製された男(2013年製作の映画)

2.0

なんや、よーわからんかった。分かりやすいストーリーが好きな人には合わないかな。

女神は二度微笑む(2012年製作の映画)

3.8

初めてインド映画を見ました。オーソドックスなストーリーで初心者には十分楽しめた。満足!

ザ・トライブ(2014年製作の映画)

3.0

台詞もBGMもなくそれだけで興味をもった。あらすじさえチェックすれば問題なくストーリーは理解できる。かなり印象的な作品。映画館という集中して観られる環境で鑑賞すべき。

犬に名前をつける日(2015年製作の映画)

3.5

犬、ねこを飼ってる人は見れないだろうな。でも、命の尊さを学ぶ泣ける作品だと思う。