けんすけさんの映画レビュー・感想・評価

けんすけ

けんすけ

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.5

ワンシチュエーションムービー。

しかもBGMが覚えてる限り無い。

薄暗がりの個室に移ってからのシーンで着信があると赤に灯るランプが画面にアクセントをもたらす。
事件の進展を示すかのような赤いランプ
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.3

いやぁ、面白かった!

ホラー的なビジュアルのサスペンス&スリラーアクションって感じ?

エクソシストのオマージュもあったし様々なジャンルの要素があるから、きっと監督は好きなことを楽しんで詰め込んだん
>>続きを読む

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)(2019年製作の映画)

4.3

あぁ〜、かわいいわ〜。

TVアニメシリーズは劇場版の前フリと言っていいくらいだな。
ラブコメがしっかりしたラブストーリーになってた。

文句なしのメインヒロインだわ!

詩羽先輩が大人の言動で英梨々
>>続きを読む

MONOS 猿と呼ばれし者たち(2019年製作の映画)

3.1

前半眠かった。

少年兵の狂気。

蝿の王みたいな感覚をもったのは間違ってるのかな?

後半の動きが見どころ。

前半は独特ですんなり入ってこなかった。

梅切らぬバカ(2021年製作の映画)

4.0

初っ端から何の疑問もなく、まるで忠さんのご近所さんになったかのような感覚で見ていられた。

障害を持った人のに対してどうのこうのというメッセージより、ただ「梅切らぬ」まま過ごす親子を描いていて将来は心
>>続きを読む

アレックス STRAIGHT CUT(2020年製作の映画)

2.9

酔う!酔う!酔う!

カメラワークがこんなにもドキュメンタリーチックで酔うものだとは思わなかった。
でも、これのおかげでより不安が増す。

オリジナル作品の時間軸を再構築したものとは知らずに鑑賞。もち
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

アニメを以前見て満足したから実写は見なくていいかと思ってた。
でも、Netflixの配信が11月で終わるようだったので視聴。

アニメとは違った現実的な表情が切なくて、いい塩梅の実写化だと感じた。
>>続きを読む

意のままに(2021年製作の映画)

3.0

90分でサクッと見られるサスペンス。

もっと犯人のサイコっぷりが振り切ってる方が恐怖も増して面白いと思った。

登場人物が少なくてテンポよく話が進むから見やすかった。

ダークサイド(2018年製作の映画)

2.9

んーー、どうなるんだろうと惹きつけられたけど何も印象的でないって感じ。

こいつが怪しいなと思ったらその通りだったし。

レイたちの過去が現在にどれほど影響があるのかってことが、それほど色濃く描かれて
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.3

未成年へ生き死に関する問いかけをミステリーを混じえて表現した作品。

彼らの自殺願望の理由がもっと社会問題を切り取った内容なら、より良かったかなと思う。

演技が下手とかそういうのは未成年が主人公だか
>>続きを読む

ザ・トリップ(2021年製作の映画)

3.5

なんだ、こいつら!?
全員、ジョン・マクレーンか?!(笑)
みんな、強すぎる(笑)

バイオレンスとコメディの融合。
もうすこしバイオレンスが強めで良かった気がする。

シチュエーション的に大人のバイ
>>続きを読む

アナトミー(2000年製作の映画)

3.2

なぜか今年3作目の人体解剖映画。

終わり方があっさりしてたかなぁ。
もっと恐怖をあおる終わり方を期待した。

あと、秘密結社の役割とか力の大きさとか曖昧だったような。

最初の解剖のやつ(手のやつ)
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

前半は謎が1つも明かされないから、あれこれ結末を予測した。

見事にラストのどんでん返しにやられた。

理屈が通ってるから無理な筋書きとは思えなかったし、まんまと騙されたや(笑)

どんでん返しのスピ
>>続きを読む

Wの殺人 〜マグダは名探偵〜(2021年製作の映画)

3.0

んーーー、なんか中途半端だったな。

コメディならもっとぶっ飛んでいていいと思うし、小説で培った知識を生かすならひょんな事から大きなミステリーを解くみたいな展開を期待した。でも、わりと地道な捜査だった
>>続きを読む

死ぬほどあなたを愛してる(2019年製作の映画)

3.4

Netflixのあらすじを読んで病気の娘を世話する感動系の話かなと思い視聴。

最初は予想通りそういった物語だろうなとかまえてたら、途中から大きく裏切られた。

実話に基づく話とあったから、その裏切り
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR(2020年製作の映画)

3.8

ドミネーターが嫌いだ。しかし引き金があるという点は気に入ってる。

これはシビュラシステムの盲点の1つなのかな。決定権はあるけど執行権はないという。

アラタとケイという新しいメインキャラで始まった3
>>続きを読む

ジェクシー! スマホを変えただけなのに(2019年製作の映画)

3.8

けっこう面白かった!

スマホ依存症のフィルが手に入れた新しいスマホに搭載されたAIジェクシーがフィルの生活向上のために毒舌を吐きまくって、行き過ぎた行動にでる!

って物語。

依存症への皮肉もある
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

4.5

圧倒的、孤立感。

見終わったあと、目の前はクリアなのに真っ暗闇の中で自分ただ一人だけ薄明かりに照らされてるような感覚。

聞こえることで得た愛と、聞こえなくなったことで確認できた愛。
そして愛を失う
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」(2019年製作の映画)

3.9

やっぱ、狡噛が主役が見応えあるな。

前作で登場したフレデリカは今もなお何がしたいかよく分からないけど、セクシーだからイイ!!


悪霊とは過去のことである。未来からは来ない。
この話の流れはサイコパ
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.5

いくつかの謎が時系列別で徐々に明かされていく。わりとあっさり明かされるけど、それが良いと思った。

これがもしも最後の最後に明かされるなら、見ている側は120分モヤモヤすることに耐えてただろうな。
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」(2019年製作の映画)

3.7

須藤執行官の物語りであり、とっつぁんの物語でもある。

サイコパスを見てて素敵なのがキャラクターそれぞれに物語があるところ。

特に今作はシーズン1で亡くなったキャラクターにも焦点が当たっているのが良
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」(2019年製作の映画)

3.7

分かりやすいストーリーで好き!
現実的な問題を扱ったSFらしいSF作品って感じ。

霜月監視官の成長が見受けられたのがよかった。

シビュラシステムは全てをコントロールしようとしてるのか。

最終的な
>>続きを読む

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(2014年製作の映画)

3.7

キャラクターの人柄など理解した上で見てるから、面白いねぇ。

連続アニメを見てない人だったらチンプンカンプンだろうけど。

歴史には敬意を払いなさいと常守は言うがラストは歴史は繰り返すって感じなのかな
>>続きを読む

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

3.5

自由を試したんだね

トーベは芸術に対する当時の風潮や男性中心社会のなかで何やらモヤモヤしている様子。
そこで出会ったヴィヴィカという女性。
それまでタブーとされた同性愛。彼女と寝たことで自由を試す人
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.9

タイムループ物。

タイムループ物って何度も繰り返し体験することで事件の真相を解き明かしていくってのが多いイメージだったけど、これはタイムループすることで自分を知ることになり、その後の言動や意志に変化
>>続きを読む

ケイト(2021年製作の映画)

3.0

なんか、もうひとつだったな。
外国人が喋る日本語が流暢じゃないことは仕方ないとして、ヤクザ役の野郎たちの演技が日本語を話してるのに何だか変な感じがした。

でも、國村隼が話しだしたときは空気が一瞬にし
>>続きを読む

イントルージョン 侵入(2021年製作の映画)

3.0

んーー、オチが早くに予想できちゃうのが残念。

あと、なぜミーラは行動的になれたのかよく分からない。

スリラーにしてはドキドキが物足りないし、ミステリーにしてはオチが予測しやすいし。

「ファイナル
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

「この人のためなら何でもしてあげたい。そう思うのはその何倍もしてもらったから。」

これが大きな教訓な気がする。

ただ、お母ちゃんがこれだけの愛を与えてくれたのは何をしてもらったからだろう?
おそら
>>続きを読む

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

4.2

映画館の役割とは。

ただ大画面と迫力のある音響で楽しむだけでなく、見ず知らずのたくさんのお客さんと同じように笑って驚いて感動できる特異な場所だと感じた。

家で見ることもできるけど、それらはどうして
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.5

前作よりバイオレンス加減はちょい抑えめかな?(追記:バイオレンスの描写数が少なく感じたけど、程度はえげつなかったです)
でも、上林の怖さ、特にちょいちょい笑顔になるところで恐怖が増す!

飽きが来ない
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.1

「失敗したときは自分の不完全さを認める。他者と人生を愛するため。」

これを伝えてくれる映画だと思う。

仕事も家庭も上手くいかない男たちが血中アルコール濃度0.05%にするとリラックスしてよりよい生
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

コナーのウブな感じがなんとも言えん甘酸っぱさを出してる。
でも、好きなことに突き進める若い学生らしい強さもあってキラキラしてる。

歌も劇中に合ってるし、ある意味ミュージカル映画みたいだなと思った。
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.4

最後の生き延び方は好き。

ただ、なんか全体的にぼんやりしてるというかなんというか。

コメディならもっとコメディでいいし、バイオレンスならもっとそれがあってもいいと思うし、ニンジャたちもアホなんだか
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.1

美咲ちゃんと田中くんのどちらの視点にも立てる作品。

最初は何様だよと思うし、鹿野の気持ちを理解して誠実にボランティアする意思も間違ってないことだと。

最初のうちは二人の視点に立って鹿野を知っいくの
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと分かりづらい??

1作目、2作目は理解できてたのに、急に分かりづらい物語になってる気がする。

ラストは機械との取引によって平和になったということか。
つまり現実世界でいう国と国との関係のよ
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.9

ロック役がクーパー本部長でテンション上がった(笑)

ハイウェイのアクションはすごい!

増殖したスミスのスーツの裏地がよく見えなかったけど、もしかしてオリジナルのスミスだけが黄色の裏地なのかな??

>|