kensyoさんの映画レビュー・感想・評価

kensyo

kensyo

映画(73)
ドラマ(0)

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.7

舞台は80年代だと思うんだけど、どうして「現代の人魚姫」じゃなくて80年代にしたのかな。
現代から見ると、80年代がお伽噺を滑り込ませられる、ギリギリの年代なんだろうか。

映像が綺麗なのと、人魚のデ
>>続きを読む

ショートウェーブ(2016年製作の映画)

2.8

色温度が高めの色彩とか、瞬間瞬間のカットは綺麗だけれど、全体としてはちょっと退屈だった。

ストーリーがどこにフォーカスしてるのかもわからなかったし、舞台となる家?研究所?のアナログとレトロフューチャ
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.2

「未来は待ってくれない」

印象的な言葉で締められる映画だけれど、この映画が送っているメッセージはなんだろう?
よくわからなかった。

表面的な描写通りの未来像の賛美、逆説的なディストピア描写、どっち
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス、だと思うんですけれど、観終わっても何処に焦点を合わせてるのかがハッキリしなくて、カタルシスが得られない…という感じでした。

ストーリーのギミックというか、主題がよくわからないです。
フー
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

「R18」の要素(エログロ&バイオレンス、あと下品さ)は全然面白さに寄与してない…。でもきっと監督としてはそれがやりたいことの中心なんだろうな、じゃあそれはやるしかなかったんだね、という気持ち。

>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.8

タイトルが綺麗。

コンパクトなお話が似合いそう。
と思ったら短編集の一編を映画化したものだったんですね。

フィルムの粒子っぽい映像とか、60'sを引き摺ってるみたいなレトロフューチャーっぽい宇宙人
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.5

「ネオン・デーモン!」って感じです。美しい、とにかく美しいシーンの連続。
極端なズームや静止画的なシーンの繰り返しもすごく良い◎浸れる。
オープニングの音楽、フィルターが徐々に開いていくシークエンスで
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.4

美しい人が「綺麗な映画でした」と紹介してくれなかったら、気になりながらもきっと観なかったかも、という映画。

長めの映画だけど、ながさはあまり気になりませんでした。

これから、自分の名前を呼ばれるた
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.6

「大人が泣く時、分かるの」

初めて感情移入で、映画を見た気がする。

「真夏の魔法」なんて、莫迦みたいなサブタイトルは正しくないし、これこそ劇中で描かれていた暴力構造そのものじゃないか。

映像がも
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

4.0

オススメしてもらってみた映画。ギレルモ・デル・トロ監督らしい美しい色彩。
不穏な美しさに満たされた、童話のような世界。

不穏で美しい世界観の映画として、例えば「ザ・セル」があるけれど、あちらが狂気と
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

美しい映画。
家族で見るのには適していないけれども、大人、或いは子供であっても一人で見るのなら適している。
ある種の「原体験」となってもいい映画だと思う。

童話2.0、という感じ。監督がこの映画で実
>>続きを読む

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

3.1

縮小した「シャッターアイランド」。
でもシャッターアイランドみたいに物語を読み解くような面白さはなかったな。

ところどころ不穏な美しさもあるし画も綺麗だったりするんだけど、それとバランスをとるだけの
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.3

僕はこういう、押し付けがましくなくて、自立していて、暖かな光が射すみたいな、人間をテーマにした物語をうまく受け止められない。どう扱っていいのか分からない。

でも、こういうお話を観ると、まだたくさんの
>>続きを読む

ダークレイン(2015年製作の映画)

3.3

本当にクセが強い。発酵食品みたいな映画。でも観てよかったな。たまにはこういうのもいいなって思った。

アートっぽいような、メッセージ性が強いような気がするけれど、ちゃんとは読み解けない。メキシコを取り
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.5

面白かった!最小の登場人物と最小の舞台で展開されるから、観ている方もフォーカスできる。
謎と恐怖のバランスが素晴らしくて目が離せなくなる。

ジャケット写真の通り、物語の中心となる死体もめちゃくちゃに
>>続きを読む

ワイルド わたしの中の獣(2016年製作の映画)

4.5

狼と共に過ごして、じゃれ合い、"関係を築く"人間。野に帰れなかったうさぎの死骸。ヨーゼフ・ボイスは関係あるのかな。

全編を通して美しい映画。
ストーリーとしてピースが嵌るかどうか、シーンの意味を解釈
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.2

アジア無国籍アクションB級映画。
鳩は何時もの5倍くらい飛んでた。
怪しげな中国語と英語と日本語が飛び交い、中国・韓国・日本のアクターが跋扈する架空の大阪、って感じなんだけど、どうせならもっとファンタ
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.8

日本の怪談の、静的な怖さを再現したくて、其処にミステリとかサスペンスの要素でエンターテイメント性も確保したかったんだろうなって思う。でも退屈だった。

心霊に関する描写も、もう20年以上何も進化してな
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.8

期待してたよりもずっと面白かった。
スティーブン・キングのライスフワーク的作品らしいけれど、そこここに小ネタが散りばめられてる。
通過する遊園地がペニーワイズのものだったり、オーバールック・ホテルが映
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

めっちゃ良くできた童話。
個人的な好みとしてはちょっと道徳的すぎるけど、珍しいと思うくらい、小さな子に安心してみせられる物語だった。
パディントンがちょいちょいクマそのものの動きになるのが可愛かった。
>>続きを読む

サイレン(2016年製作の映画)

1.8

効果的じゃないスローモーションシーンも、光も音楽も、脚本も、全然面白くないんだけど、この映画の前身?の、短編を観たことある。
「V/H/S」だったかな。でも尺が伸びて薄められてる分、こっちの方が詰まら
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.8

素晴らしい。
緻密なアクションと色彩設計と音楽選びで、ガジェット大量登場で、なのにスタイリッシュとかおしゃれな感じからは外れてて、色使いや描写がちょっと下品で、「娯楽作だよ!」っていうのを前面に押し出
>>続きを読む

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

4.0

きちんと余白があって、綺麗な映画だった。カメラワークも、色も、脚本も、こんなに綺麗な映画はあまりないと思う。

全編、透き通った不穏さで満ちてる。

一つ一つに意味があって、「最後のピースが綺麗に嵌ら
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

5.0

予告やフライヤーを見て気になってる人は、是非観て欲しい、と思う。素晴らしかった。

ウィットに富んだ会話も、適度なコメディ描写も楽しいけれど、このお話が素晴らしいのは「肯定的」であることだと思う。
>>続きを読む

2つ目の窓(2014年製作の映画)

1.0

「ORGANIC!!」って大書した看板で撲殺されるみたいな映画だった。

こういう映画が評価される場があるんだろうなっていうのは分かるし、人によっては「これこそ映画だ」と思うのかもしれない。
でも僕は
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.9

期待していたよりもずっと面白い。
小説で言えば叙述トリックみたいな、SAWシリーズ特有のギミックもちゃんとある◎

これまでのシリーズを(なぜか)すべて劇場で観ているんだけれど、製作されるたびにどんど
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.4

先日、「17歳」を観て面白いと思ったフランソワ・オゾン監督作品と聞いて興味があったので観てみました。

元々なのか日本版の煽りなのかわからないけど、お話の仕立ては「ミステリー」ではないような…。

>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.3

「ホラーと言うよりは、『スタンド・バイ・ミー』みたいなジュブナイルストーリー」という評判だったけど、あくまでホラーの範疇だったように思う。

どちらかというと映画館より自宅の方が魅力的に観られるかもし
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.7

誰だって自分を特別だと思いたい。それが錯覚だったとしても。

35年も経って、よくもこんなに素晴らしい続編を作ってくれたなと思う。
感謝感謝。

前作へのリスペクトに溢れていて、前作を知らなくても楽し
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.3

メタ的な部分を含めて練られているギミック・時代設定。
美しい映像。快楽的な音楽。
何をいってもネタバレになってしまいそうだけれど、とにかく面白かった。
最近観た映画の中では一番かも。

17歳(2013年製作の映画)

4.0

フランソワ・オゾンの作品初めて観た。
フランスでは、日本よりももう少し自然な愛とか美しさが信じられているのかもしれないな、と思う。

本当は、こういう画や台詞のの美しさを邦画でも見たいと思うのだけれど
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.2

つまらないとまでは言えないけど、セクシーじゃない。

タイトルに「エイリアン」の文字が復活してるけど、「エイリアンの新作」というよりはあくまで「プロメテウスの続編」という感じ。テーマを含めて。

タイ
>>続きを読む

>|