kenさんの映画レビュー・感想・評価

ken

ken

映画(96)
ドラマ(0)

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

世界観が独特だった。ヘレデタリーよりはグロいor生々しいシーンが多かった。

映像は白夜を描いてるだけあって常に太陽の元明るく、後半は気味が悪かった。
アリアスター監督はこだわりが強いらしく、至るとこ
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

単なる笑えるコメディだと思ったら風刺の効いた社会派の映画だった。
あらすじはタイムスリップしてきた本物のヒトラーにクビにされたプロデューサーのサヴァツキが目をつけヒトラーに似たコメディアンとして売って
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

隣のうるさいおっさんに気散りすぎて疲れてなんか寝てしまった。おもろかった気がする。。 最後子供守った大佐?の部分だけうるっときた。少年が自分の中のヒトラーに臆せずに自己を確立してく過程が良かった!?ま>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

見といて良かったけど、見終わった後は心が重くなるしアメリカの歴史の闇について考えさせられる。ちょうど先日「ダンスウィズウルブズ」を見たこともあって今後西部劇の作品を純粋に楽しめなくなるまでありそう笑>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

初めてIMAXで鑑賞。迫力凄かった。

話題のワンカット風( 全然カット入ってる笑)の映像はシームレスでまさに現場ですぐ隣を走っているかのような臨場感があった。鉄柵の穴を越えるシーンとか、川に落ちた橋
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

通報電話の音だけを頼りに事件を解決していく映画。犯人や被害者、関係者の映像が一切映らない斬新な映画だった。視覚という情報が無かった分、観客側は電話からの情報、声質、感情などから各々違った犯人像や被害者>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.7

おもろい。出来事があるごとにルール出てきてポーズなるのシュールで好き。あんな男前でジェシーの恋の手伝いもしてるけどトゥインキーに目がないウディハレルソン可愛い ゾンビ者はウォーキングデッドしか知らんか>>続きを読む

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.4

最後の反省会っていう壮大なフラグかと思ったら今回は素面でちゃんとチャウを探してた笑 アランが似たもの同士を見つけて幸せになってくれてよかった。 
やっぱりハングオーバーシリーズは1と2みたいに二日酔い
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んでから鑑賞。小説もだけど衝撃作だった。瑞月(有村架純)と理香(二階堂ふみ)が本音を吐露するシーンは迫力満点。自分に言われているかのような部分もあり頭にガツンと響いた。ラストシーンは少しホラー>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.7

ブラックパールを求めてジャックが冒険する物語。過去も絡めて人物関係が面白かったし(ウィルの父親がジャックの味方だったこととか)映画全体として面白かった。音楽に合わせて剣の打ち合いをする決闘シーンお洒落>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

○1回目  2015or2016年 自宅
心が浄化される作品。受験生の荒んだ時期に見てまた頑張ろうってなった思い出がある。ところどころ忘れてそうなのでもう一回見たい。
  
○2019/12/28 午
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

フレディかっけえ〜。ビックバンドのボーカル務める人だから当たり前だけどカリスマ性とこだわりすごい。

メンバーもその破天荒ぶりには困って解散とかもしたけどやっぱそのカリスマ性あふれる人柄に頼れるんだろ
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.6

アカデミー賞獲得の大名作だが3時間というのでずっと見てなかったけど重い腰を上げて鑑賞。概要が分かっていなかったことと、登場人物の顔の見分けがつかなくていまいちストーリーを追えなかった笑
Wiki見てそ
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

バットマンシリーズ完結。自分を犠牲に街を救うっていうベタな展開だけど痺れる。バットマンかっけえよ😭 爆弾を持って飛んでって実は生きてるってオチがワンピースのペルの物語に激似だった。
バットマンが自動操
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

バットマンの起源の物語。悪者を法で裁けないのなら自分が影で成敗すれば良い、って自分も思春期に妄想で憧れたりしたな。笑
この物語を起点にバットマンシリーズはストーリーに深みを持って面白くなっていく。3部
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オカルトの定番で有名だったから鑑賞。初めてサタニズム映画見たかも。不気味すぎて好みではないけど、揺さぶられたなあ〜。

ローズがおかしいのか、夫や隣人含めた周囲の人がおかしいのか最後まで分からないよう
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

色んな人から胸糞注意との前評判を聞いてての鑑賞。確かにそういうシーンはあったけど、見終えての感想は胸糞というよりは虚無感と人間の本性の恐ろしさを覚えた。
印象深いのは軍人がカーモディ信者に殺されるシー
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

時系列がバラバラでそれぞれのストーリーが段々つながっていく物語。雰囲気と撮り方がお洒落だった。

短期で後先を考えないビンセントと信心深いジュールスはすごく対照的な存在だった。奇襲された時の銃弾が数セ
>>続きを読む

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

パニックルームっていう謎の部屋に逃げ込む設定は面白かった。最終的にバーナムが良心の呵責からメグとサラを助けてハッピーエンドなとこも良い。
ただストーリーに大きな変化とか伏線とか無かった。結果、単調な映
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

期待しすぎたのと、個人的にもっと音を立てれない緊迫感のあった「Don't breathe」を先に見たからかもしれないけど、あまり共感してみれなかった。
音を立てれないって言っても普通の生活音は出してる
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.7

やっぱりおもろい。最高。何回も見たい映画だなー。キャラクターの性格がすごくわかりやすく表現されていて好き。フィルはあの見た目でチャラそうなんだけど一番冷静。ステュは神経質で弱気だけど見栄っ張りな一面も>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.5

切ないけれど前向きになれる映画。「上を向いて」「毎日の行動が自分を形成する」とかいい言葉だよな〜。
最初は人避ける時ターンして避けたりこの男キモいなって思ってたけど主人公に手を出さないところとか、段々
>>続きを読む

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.8

はじめてハングオーバーシリーズを見た。クッソ面白い。ずっと笑ってた 特に考えなくても気楽に見れる楽しい映画だと思う(少し下品だけど) 笑いたい時に見る映画No. 1。

個人的にはアランのあのデ
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.0

雰囲気は洒落てたけどいまいちつかみどころのなかった映画だった。映画ってよりPVって感じ。わかりやすい映画が好きな自分としてはイマイチ。
高橋一生はすごくあの男役にあった雰囲気を醸し出していた。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

○1回目 2018くらい?
頭が追いつかなくてあまり整理できてなかった。最後が衝撃的だったことは覚えてる。

○2回目 2019/12/10
すごく感動した。今まで見てきた精神病の映画で一番主人公
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり想像の一個上をいってくれました、鮮やか。角砂糖が4→1→4になる所が伏線なのか、、、

何個か気になるのは
・女性刑事は何を持ってベンヤミンが人格障害ではなくて、本当にハッカー仲間がいたという
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.2

予想の何倍も面白かった。ストーリーと登場人物の葛藤の描き方が濃い。すごい濃い映画だった。 光の騎士と言われていた検事のデントが闇に落ちてしまったジョーカーと船の爆破シーンで囚人が爆破スイッチを海に捨て>>続きを読む

チャンプ(1979年製作の映画)

3.4

いい映画だと思うけどエンディングが好きじゃなーい。あの元妻の一人勝ちじゃんかよ、、

スティング(1973年製作の映画)

4.1

お洒落なクリミナルコメディ。危ない世界を描いてる割には軽い気持ちで見れた。最後の引っ掛けは完全に騙された。結果的にほのぼのとした感じで終わるのがすごい好き。雰囲気が「カラスの親指」に似てる。復讐するの>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

物語が進むにつれて主人公の成長を感じた。裁判が大事な時期に映画仲間に誘われてもしっかり断る、娘が会いにきても甘えずにしっかり返しに行く所が、サムが成長したなって感じた。

あとは弁護士がサムに弱音を吐
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

奇形で生まれた男の悲しい実話。ショーに利用されたり、有名人の好感度アップに利用されたり、屈辱的な侮辱を受けたり。救いようのない世の中で生きてきたけど、その中で医者、舞台女優、少年など寄り添う人物がいた>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

父親に憧れを抱き、父の失ったものを取り戻すために詐欺を繰り返す男の話。要領こんな良い詐欺師っていんのかなって感じ笑 司法試験も受かるとかにわかに信じがたい。そこまで努力して詐欺するのも純粋にお金が欲し>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.0

2時間半だってけど全く飽きなかった。終始鳥肌たってたし、心臓バクバクだった。
今回は純なホラーってよりアドベンチャーな雰囲気もあった。幽霊達を倒しにいくところとか。最後、火を放って全てを終わらしにかか
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

シャイニングの時とは打って変わってジャックニコルセンクソかっこよかった。完全に精神病棟のカリスマだったよね。途中からニコルセンが主役のアドベンチャーかのようにすら思えた。遊び一つにしろ、看護長との喧嘩>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.1

単調だった。歴史に精通している人なら少しは面白いのかも?

>|