KentaroChibaさんの映画レビュー・感想・評価

KentaroChiba

KentaroChiba

本と映画好きです。
最近は娘の付き添いで子供向けが多いなぁ。

星を追う子ども(2011年製作の映画)

2.5

新海誠展を見に行くので予習で見てみた。
長い(*_*; 話は良く分からないし、絵はパステル調できれいなのが更に催眠効果を誘うzzz
ジブリ風に言えば、ラピュタともののけ姫と千と千尋を混ぜた世界観に、ゲ
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

5.0

漫画で読み始めた「亜人」、観に行った。
凄いわ。この映画。
最初からラストまでアクション連続。もっと抑え目なストーリーかと思ったら、いい意味で裏切られた。
厚生省に攻め込むシーンはぶったまげた。

>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

話題のアニメTSUTAYAにあったので借りて観た。
戦時中に呉に嫁いだすずさんの、苦しみながらも前向きに生きようとするお話。
絵のタッチが暖かい感じなので、リアルに描くと暗くなりそうな話をうまく緩和し
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

4.0

娘と楠雄観た。
ジャンプ馬鹿漫画の映画化。
心が読める超能力者の山崎賢人とバカ美少女の橋本環奈のコンビのやりとりが笑える。環奈ちゃん、馬鹿顔がんばってた(^^;
周りを固めるサブキャラも味がある。
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

4.0

かなり前に観た「cube」を再観賞。
やはりアイデアが奇想天外で素晴らしい。
お互い知らない同士が立方体の部屋に閉じ込められ、脱出するために部屋を移動。移動先には罠があるかもしれないと、ずっと緊張感と
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

4.0

嫁が松本マラソン走ってる間時間あったので、娘と乃木坂46の映画観た。
私、乃木坂は白石さんくらいしか知らない。
でも話は王道の青春部活もので安定して面白かった。
見所は薙刀のシーン。剣道とは違いスネが
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

4.0

劇場で観たのだが金曜ロードショーでやっていたので再観賞。
エイリアンものは好きでいろいろ観ているが、これはかなりお気に入りの1本。
エイリアン側も通信トラブルや限られた船体等、ばかみたいな強さでない。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

気になっていた「ダンケルク」観てきた。ノーラン監督はインセプションの独特の世界観が好き。
最初から最後までずっと緊迫感が続く。今までに観たことのない戦争映画。登場人物にかんしてはあまり語らされずにドイ
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

4.0

アニメが良かったので実写版も娘と観に行った。
成瀬の芳根さんは可愛かったし、坂上のジャニーズも、もさっとした感じが雰囲気に合ってた。
仁藤さんはe-girlsのメンバーらしいがちょっと野暮ったいし、田
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

4.0

ジョジョファンとして、気になっていた実写版観てきた。
いい感じで漫画の世界を実写で表現できていたと思う。杜王町は確かに日本よりスペインの方が合っていたし、キャストもこれ以外にはないメンツと言って良いと
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

5.0

たまたまテレビでやってたので録画して観てみた。予想外の大感動(/_;)

高校生たちが地域のふれあい会でミュージカルをやる事になり、最初はいやいやなんだけど徐々に団結していく過程は、私の青春もの好きの
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

4.0

金をかけたスーパー戦隊観てきた。残念ながら娘に拒否られたので一人で(-_-;)

パワースーツに変身するまでが大変で、5人の心を「命を捨ててまで守る」という所まで持っていかないと変身出来ない。ただの高
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

4.0

70年代アメリカのディスコシーンを象徴する映画。トラボルタといえばの白スーツに右手を高く上げる決めポーズ、やっと観れた!
ダンスシーンはさすがで本人は物にするまで半年かけて練習したとか。

内容は結構
>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

4.0

50年代のアメリカハイスクールを舞台にしたミュージカル。
アメトーークで出川が紹介していたのを気になって観てみた。

原色の衣装にノリのいい音楽と全編活気のある楽しい雰囲気。
50年代アメリカの高校生
>>続きを読む

ハスラー2(1986年製作の映画)

4.0

「ハスラー」観たので続きの本作も。今回は前回のような哀愁ただよう雰囲気でない。
前回で賭けビリヤードにのめり込みすぎ恋人を失ったエディ(ポール・ニューマン)がもんもんとした生活を続けていたが、有望な若
>>続きを読む

青鬼(2014年製作の映画)

3.5

娘がyoutubeでヒカキンのゲーム実況にはまってるのをきっかけに、自分もそれを見て気になってた。どう青鬼が実写で表現されているか?あまり期待してなかったが充分鑑賞に耐える出来。
前半は姿が全然出てこ
>>続きを読む

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

4.0

金曜ロードショーでやっていたので観てみた。久しぶりのジャッキー。
中国に来た黒人少年がいじめられ、ジャッキーにカンフーを習うというお話。
少年はウィル・スミスの息子(のはず)だけあって芸達者。後半、体
>>続きを読む

ハスラー(1961年製作の映画)

4.0

スティングのポール・ニューマンがかっこよかったので本作も観てみる。

ポールが演じるハスラー(ビリヤードのプレイヤー)は賭け試合で生計を立て定職を持たないギャンブラー。
ビリヤードに魅せられスリルを追
>>続きを読む

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT(2015年製作の映画)

4.0

半年前から聴き始めたperfumeのワールドツアードキュメンタリーを観た。
MVも観てないのでライブの映像は違ったperfumeの一面を見れて楽しかった。やっと「かしゆか」と「あーちゃん」の区別がつく
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.0

タランティーノの出世作「レザボアドックス」観た。

出演者が豪華で最初のたわいもない会話が痺れる。お気に入りのブシェミが本作ではかなり出てるのも嬉しい。あだ名ピンクって。。。この頃からいじられ役なのね
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.0

昔観たのだがストーリーを忘れていたので再観賞。
旅の途中、正当防衛で殺人を犯してしまったテルマとルイーズが、警察から逃げる間に収集がつかなくなってしまう。
「俺たちに明日はない」と話の流れが似ている。
>>続きを読む

バベル(2006年製作の映画)

3.0

ブラピと菊地凛子の「バベル」観た。
モロッコ、東京、メキシコの話がオムニバス形式で進む。
モロッコで撃たれた1発のライフルが悲劇の引き金になっているようだが、イマイチ何がいいたいのかメッセージが見えて
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

娘と一緒に日本語版観る。
悔しい~(>_<)。何が悔しいって、劇中流れる歌が、まぁまぁかな、と思ってた。が、エンディングは英語版が流れたのだが、全然違う!雄大さゴージャス感が日本語版では表現できてなか
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

乗りが良さそうだったので観てみた。
学園闘争コメディー。生徒会長になれば将来の道が約束されているという設定。選挙に勝つためにそこまでやるか、のドタバタと、菅田将輝の目を見開いた力顔が終始笑える(^_^
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.0

久しぶりにJホラー見る。ていうかホラーか?
「VS」と付いた時点怖さ半減で笑う方向にしか舵は向かない(^^;
でもVSものは見てしまうんですよね。エイリアンVSプレデター、フレディVSジェイソン。どっ
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.0

新海作品を観る。
3つの短編からなっているが、人の心の距離感が縮まりそうででも離れてしまうというかなり切ない話。
最後の方で二人がすれ違うところは『君の名は。』のラストのよう。声を掛け合うのか?と思い
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

4.0

階段落ちで有名な「蒲田行進曲」を見た。
テンポ良く活気がありつつ人情もありとまさに昔の古き良き映画。
風間杜夫の銀ちゃんがダメ男すぎて笑えるし、平田満のヤスがいい人すぎのギャップが面白い。
原田大二郎
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

4.0

アニメと原作かじる程度ですが好きだったので観てきた。
1シーン1シーンの雰囲気が、ほぼ完璧に世界観出せてた。体にコード繋いでネット繋げたり、光学迷彩で消えたり。その中でも街の風景が立体ホログラム満載の
>>続きを読む

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

4.0

名作シリーズを攻める。
これも観てなかった。若さゆえの無謀さが歯止め効かなくなり、最後の有名なシーンに繋がる。最後の方で二人が愛を確認するのに悲哀さが倍増する。
ボニー&クラウドの二人は絵になる。『俺
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.0

ブラット・ピットが若いときのレッドフォードにそっくりと父から聞いていて気になっていたので見てみた。容姿から立ち振舞いまや若僧感まで確かにそっくり。
彼も良かったんですがこの映画はなんといってもポール・
>>続きを読む

007/黄金銃を持つ男(1974年製作の映画)

4.0

松岡圭祐の「ジェームズ・ボンドは来ない」で007シリーズを紹介しているのだが、真面目路線で「カジノロワイヤル」に対して笑える路線で「黄金銃を持つ男」を取り上げていた。なので黄金銃は是非観たく、やっと観>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

ほとんどストーリー忘れていたので再度鑑賞。
タランティーノ映画はストーリーは意味なしだが、会話と間と場の雰囲気が絶妙にマッチ!
パルプフィクションのその中でも最高の一作なのを再確認。
まずはトラボルタ
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.0

娘と「チアダン」観た。本当は「Sing」観ようとしたんだが、行ってみたらチアダンも観れそう。娘に聞いたら「チアダン」と言ったので。
チアダンス習っている娘はすでに1回観てるんですがね。。。
予想通り面
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

仕事の合間にキングコング観た!
超面白かった。キングコング自体はじめて観たのだが、所詮おサルさんでしょ、みたいなイメージしかなかったが、これ観て変わった。
最初は人間達と戦う恐怖の対象なのだが、話が進
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

4.0

長瀬智也と神木隆之介主演のヘルコメディ観た。二人が芸達者で安心して世界観に浸れた( ´∀`)
ちょこちょこ出てくるギャグセンスがツボ。地獄の楽器店「鬼野楽器」、地獄のコード「H」とかとか。
最後の地獄
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

4.0

インデペンデンス・デイ新作観た。
7月4日生まれの私は前作が大好き。
今回も期待以上に好み(^_^)
前作は地球の各都市がどんどん破壊されていくカタストロフィー感が売り。
今回は確かに大規模破壊シーン
>>続きを読む

>|