グシケンさんの映画レビュー・感想・評価

グシケン

グシケン

映画(1422)
ドラマ(0)
アニメ(0)

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

3.5

こういう若気の至りで、自分は特殊な人間だと思い込んで孤独から逃げるように当てもなく放浪する感じ、今見ると自分もこういうときあったような気がしてなんか共感した。

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

3.3

あまりの浅ましさに何も感じることはなかった。
実演してみたらやられた側の気持ちがわかったとか子供染みたことを言ってるし、孫に自分が拷問されてる演技の映像を見せて、自らを罰してる気になって満足しようとし
>>続きを読む

デッドマン(1995年製作の映画)

3.7

ジムジャームッシュとウエスタンは相性いい気がする。
音楽とブラックアウトの場面転換が最高に良い味出してる。インディアンと逃避行する設定も面白い。
顔が骸骨に変わるシーンで最終的に死ぬ運命なんだろうなと
>>続きを読む

スリザー(2006年製作の映画)

3.7

きもす。最終形態のキモさはもはや芸術。
深夜に一人で観るべきB級映画としてはかなり面白かった。

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

3.4

都合の良さが郡を抜いてる。ご都合主義の映画は嫌いじゃないし、後半は都合の良さより脚本の良さの方がギリ勝ってたけど、前半があまりについていけなかったので感動することはなかった。

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

3.6

第一部のファーフロムヨコハマが良すぎた。これぞジムジャームッシュってかんじ。

プー あくまのくまさん(2023年製作の映画)

3.0

やるならもっとプーさんの世界観を活かしてほしかった。ベタすぎでつまらないけど、B級ホラーとして抑えるべきところは抑えてた。
蜂を操る特殊能力だけは面白かった。

ONODA 一万夜を越えて(2021年製作の映画)

3.7

凄まじい話だけど、決して美談にせず、中立的な視点で淡々と描かれているので伝記のよう。
陸軍中野学校の最後の秘密の話は結構衝撃だった。名誉のための戦死より辛いかもしれない。想像するだけでしんどい内容だっ
>>続きを読む

別れる決心(2022年製作の映画)

4.0

よかった。じっとりとした雰囲気でどんどん引き込まれる。
終盤までミステリーチックな展開もあるためか、警察官と被疑者の関係は基本崩れないが、その上で内心で惹かれあっていく過程を描くのが本当に上手だと思っ
>>続きを読む

夜逃げ屋本舗2(1993年製作の映画)

3.6

前回よりもいい話になってる笑
今回はプロの夜逃げパフォーマンスがあんまり見れないし、自己破産後も債務者が非人道的に追い詰められたりして全体的に重めの内容。
ただ、今回のメインの債務者は、自己破産した債
>>続きを読む

Winny(2023年製作の映画)

3.7

Winnyの件が取り沙汰されてた当時は、アングラなやばいサイトがあるんだというイメージで何となく興味を引かれていた。
思い描いていたイメージは表面的には事実だけど、根本的には全然違っていたので、真実を
>>続きを読む

SISU/シス 不死身の男(2022年製作の映画)

3.9

90分間寄り道一切なし。ラストシーンまで主人公セリフ一切なし。ストーリーは超シンプル。金塊を奪われ奪い返す。ヒューマンドラマ一切なし。
それでもってラストは金塊を換金するだけなのにカタルシスハンパない
>>続きを読む

インフル病みのペトロフ家(2021年製作の映画)

3.0

難解とか以前に、会話劇がつまらなすぎて途中から観るのが苦痛でした。

欲望の翼(1990年製作の映画)

3.7

心に穴の空いた甲斐性なし男と遊ばれる女たちとその女たちに密かに恋するサブ男たちの話。
めちゃくちゃありきたりな一昔前のトレンディドラマな感じだけど、妙に絵になる。退廃的なのに儚い美しさがある。
実力派
>>続きを読む

悪い子バビー/アブノーマル(1994年製作の映画)

3.6

家を出る前も強烈だったけど、出た後の方が見るのキツかった、、、
人のおっぱい触りまくるのも、母親から唯一「良い子」と言われた行いが乳を揉むことだったからだと思うと切ない。
それでも、外の世界を何も知ら
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

3.8

戦後まもなくゴジラが襲ってくる絶望感のリアリティは、やっぱりガチで戦後まもなく撮った初代ゴジラには遠く及ばないけど、自分の中で終わっていない戦争のケジメとゴジラ討伐をストーリーとして上手くまとめ上げら>>続きを読む

イコライザー THE FINAL(2023年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ポスターにもなってる冒頭の9秒殺しは最高に緊張感あってカッコよかった。
最初の方は全然情報なくて、意味深なやり取りが繰り広げられ、これはヤバい組織とその背後にあるヤバい陰謀を暴こうとしているのではない
>>続きを読む

夜逃げ屋本舗(1992年製作の映画)

3.6

この空気感は90年代にしか出せない。まだ若干のバブル感が残る平成初期の感じ最高。
夜逃げが美化され過ぎてるのはどうかと思うけど、貸す側のモラルもちゃんと指摘されていて、なんか違和感なく正当化できてる感
>>続きを読む

私は貝になりたい(2008年製作の映画)

3.6

フィクションとわかっていても切ない。生まれた時代に感謝🙏

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.7

前作とだいぶ作風変わってたけど、これはこれで好き!アクションシーンのバリエーションは減ったものの、相変わらず弄ぶように敵を殺していくけど、サスペンス・ミステリー要素やヒューマンドラマ要素も加わって映画>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.7

敵の身を案じてしまう稀有なアクション映画
基本銃を使わないスタイルがかっこいい。

キリエのうた(2023年製作の映画)

4.0

よかった。3時間たっぷり使って登場人物の背景を深掘りしてくれたおかげで、作品にどっぷり入り込むことができた。アイナジエンドの唯一無二な歌声にも感動。
全部で5つくらいある時間軸が何度も入れ替わるので、
>>続きを読む

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

3.4

人間の感情や言動にいちいち理由を求めるのは野暮だということは同意。
でも、理由はうまく説明できないけどこうなるよねっていう結果にも説得力がなければ、当然共感もできないしいい映画だとも思えない。
本作は
>>続きを読む

ザ・クリエイター/創造者(2023年製作の映画)

3.5

ものすごく惜しいと思った。ラストの展開は娯楽映画としてはすごく上手だと思ったし、アルマゲドンやインディペンデンス・デイ、スターウォーズローグ・ワンなんかも凌駕するラストにできたはず、、、なのにそこに至>>続きを読む

海外特派員(1940年製作の映画)

3.4

中盤までかなり面白かったのに、後半でかなり飽きてしまった。。。

リゾートバイト(2023年製作の映画)

3.4

コメディってほどコメディじゃなかった。
子供の霊に対するミスリードは面白かったけど、ホラーものとしてもアドベンチャーものとしてもきさらぎ駅の方が面白かった。

(1960年製作の映画)

3.8

脱獄の難易度とセキュリティレベルEランク
囚人の適応力Aランク
地味な穴掘り作業も長回しで見せるから臨場感ある。見てるだけで腕攣りそうになります。
基本的にスリリングな脱獄の準備作業がメインだけど、人
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.6

題材も脚本も面白いんだけど、ラストにかけての展開でサマンサとの恋愛がお互いを成長させる経験でしかなかったような感じになってしまったのと、ラスト主人公が誰とくっつくのかもう少しヒントくれという感じだった>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

3.9

ストーリー展開が上手い。息子が死んだときに父親が泣いてなかったのがずっとモヤモヤしてたけど、意味がわかった後に初めて現実を受け止めて泣くシーンはグッときた。
ラストの展開もいい。父親目線の物語にマッチ
>>続きを読む

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

長いというより、ずっと同じ調子で胸糞悪い展開が続くので、気が滅入ってしまった。
それでも最後まで飽きさせないのがすごいと思う。
ラストのアーネストとモリーの会話で、最後の最後でエゴを捨てきれなかったア
>>続きを読む

聖地には蜘蛛が巣を張る(2022年製作の映画)

3.8

後味は良くない。社会問題としてとても考えさせられる話。
宗教思想があれだけ世論に多大な影響を与えている社会で、司法制度がそれなりにちゃんと機能してるのには正直驚いた。
雨後の筍問題を示唆したラストは、
>>続きを読む

>|