けんたそさんの映画レビュー・感想・評価

けんたそ

けんたそ

2016年からつけはじめ。映画館でみたい

#2017年映画ベスト10
①美女と野獣
②お嬢さん
③クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的
④劇場版 其ノ灯、暮ラシ
⑤THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY
⑥パーティで女の子に話しかけるには
⑦マグニフィセント・セブン
⑧ファウンド
⑨ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ
⑩なっちゃんはまだ新宿

ALL YOU NEED is PUNK and LOVE(2017年製作の映画)

3.4

前半がほんまにアイナばっかりでそらあっちゃん心閉ざすわってなる笑
それだけメンバーが魅力的ってことなんやろけど、途中からエリザベス宮地監督が気持ちが入りすぎてるように感じたのと、セルフドキュメンタリー
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

自分が兄弟姉妹のこと悪く言っても他人に悪く言われるんはめっちゃ嫌がるやんな。羨み妬みが積み重なって爆発する瞬間が超絶コミカルな半面、みてられん。笑
血の繋がりって不思議やなあと。
窪田正孝の人殺しそう
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.7

冒頭の主観アクション長回しからの顔見せやばいす、まじで。タイミングも完璧な気がする。
あとは花嫁姿でライフル構えてる画もめたくそきまってたし、「見せてあげる、あなたが~」の台詞は鳥肌もんやった。
残念
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.9

可愛らしいキャラクターが背負ってるものの重さよ。思ってたよりしんどい話やった。ストップモーションアニメやけどキャラクターの細かな感情の機微が表現されててスゴい。あと内容云々の前に良い意味での素朴さにホ>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

4.0

スクリーンで観れて良かった!
乾いた砂地にヤスミンの優しさがじんわりと広がって沁み渡っていって、カフェがまさに砂漠のオアシスになっていく。魅力的な人がいる場所には人が集まるよね。いつまでもこの空間が続
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

姉妹の立ちションシーンが最高!しかもひとりは失敗して引っ掛けちゃうとゆう!
カニバリズムがテーマとして注目されがちやけど、食べることを通して描かれる少女の葛藤と成長、そしてより強固なものになる姉妹の繋
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

「怒りが怒りを来す」ってゆう作品の芯を貫く言葉がまさかあの人の口から聞かれるとは思わなんだ。怒りや苦しみや悲しみの負の連鎖は誰かが断ち切らないとだめなわけで、その方法のひとつが赦すということ。
結局、
>>続きを読む

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

3.5

この前単館系の外国人監督がシネコンでかかる大作のことめっちゃええ発音でポップコーンムーヴィーって言ってたのが頭に残っててまさにこれぞなポップコーンムーヴィーやった。
盗まれたヤクを巡るクライムアクショ
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.4

難民を受け入れるドイツ人一家のドタバタコメディ。社会派なシリアスな題材こそポップに描けるのはやっぱり映画の力で、そこに家族の再生ドラマも盛り込む手法は既視感あるけどやっぱり面白い。キャラクターも立って>>続きを読む

恋とボルバキア(2017年製作の映画)

3.3

セクシャルマイノリティの人たちを撮ってるけどみんな普通に恋して悩んでる。ただ彼ら彼女らだから向き合わなくちゃいけないこともあるということも紛れもない事実。誰になんと思われようと自分と向き合って生きたい>>続きを読む

アヒルの子(2005年製作の映画)

3.9

幼少期のトラウマから逃れられず、家族といういちばん近い共同体を壊したいと語る小野さやか監督のセルフドキュメンタリー。家族はもちろん、やっぱり自分と向き合うことが一番怖くて勇気がいることやなって思った。>>続きを読む

エキストランド(2017年製作の映画)

3.8

フィルムコミッションを描いた映画初めて観た。コメディかと思えば徐々にワラエナイ展開に。悪徳プロデューサーの「映画ってこうゆうもんだから」発言がひたすら黒い黒い。利用されてるだけながらいつの間にか現場を>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

4.0

サラガドンの説得力!!
ミステリーからファンタジーの様相を経て現実的なオチに着地する展開はお見事としか。
いろんな愛情の形、傍目にみると悲しい愛もあるけど、あの人の海よりも深い愛に涙。
子どもは大人が
>>続きを読む

ザ・ヴォイド(2016年製作の映画)

2.6

田舎町の病院を取り囲む白装束のカルト集団、病院内には殺人鬼に異形のモンスターって序盤の展開にはドキドキしつつもそっちかい!とどんどん興味がなくなっていった、、好きな人はめっちゃ好きなんやろうけど、、

溺殺魔 セバスチャン・ドナー(2014年製作の映画)

3.3

何より「溺殺魔」って文字の並びが良い!ほんで声に出したくなるよね「できさつま」って
水のあるところやったらどこでも現れて女の子を引きずり込むんやけど、なんか水のスタンドっぽさある。
引きずり込んだ先の
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.0

単なるディザスタームービーに留まらないのは良い意味で予告編詐欺として、SF要素もサスペンスも政治的陰謀も兄弟ドラマもまさかのカーチェイスまでわちゃわちゃ感が最高やし、恋人無双あがった!

デトロイト(2017年製作の映画)

3.9

面白くないってゆう理由ではなく、はやく終わらんかなーって思って観てた。緊迫感とリアリティーが凄すぎて、息苦しさに心がもたない。
役者さんは、ウィルポールターが巧いな。
あれから世界はちょっとでもよくな
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

盤石。そして予告で何回も観た「やっぱ超きれいだな」に頷く。
人物の相関図と事件の繋がりが徐々に明らかになっていくミステリーの正しく丁寧な展開、そしてシリーズ最終章に相応しい加賀さんの母親や新参者になっ
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.0

ラスト、それで良かったの??
手を差し伸べてもらえるかどうかって結局はその人の人柄がすべてで、障がいがあるかないかとか関係ない
本人の不断の努力はもちろん、マックスがええ奴で有能過ぎた
弱視の映像も効
>>続きを読む

脱脱脱脱17(2016年製作の映画)

3.5

「だだだだセブンティーン」と発音します。
親との関係とか過去のトラウマとか、モヤモヤした現状からの脱出をはかって少し大人になる青春映画は多々あれど、まずはやっぱりタイトルが素敵。頭に残るし

しかも松
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.4

最初観てたら突然終わってもたから少し巻き戻して一緒にガッツポーズした!からのED曲もめちゃええやん好き~
ガールズトークもダラダラ楽しめばいいしその分クラッシュ&カーチェイスの破壊力マシマシで良質な脚
>>続きを読む

東京日和(1997年製作の映画)

3.6

いまにも壊れてしまいそうな、みぽりん演じるヨーコさんにハラハラしつつ、最初は振り回されてるだけにみえるアラーキーの奥さんに対する愛情の深さが痛いほど伝わる。
切ないな。久しぶりにこんな映画みた。これは
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.5

オンボロ車が分かりやすく家族の象徴で、みんなで力を合わせて前に進んでいくのが家族なんだと。ラストは爽快で前向きな気分になれるしジャケもやっぱり良いなー。これは幸せの黄色
ミスコンの係員で24のクロエが
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.4

みんなかわいいかよ!おませかよ!
マリーとヴィクトールが初めて手を繋ぐシーンで心が浄化されました。
ヴィクトールとおとーちゃんの関係性も良いね。
好きな女の子のために努力する姿は間違いなくかっこいい

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

2018映画初め!
見終わった後にハンバーガー食べたくなる人とぜったい食べたくないってゆう人がいる映画
ちょろ客やから秒でアガったし多彩なガジェットが楽しい!

あとは、
アナル王女の続投にびっくり
>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

4.0

ゆうこすが世界一可愛いなっちゃんやった。
嫉妬や憧れや不安でぐちゃぐちゃになりながらある意味神格化された、大好きな男の子の彼女=なっちゃん。大人になってもなっちゃんが大切な存在として心の中にずっと居続
>>続きを読む

恋とさよならとハワイ(2017年製作の映画)

3.7

居心地の良い関係でずっといたいけど、それって本当の気持ちに蓋をして都合のいい解釈のまま生きてるだけってこともあるし、向き合うきっかけは唐突にやってくる。
切なさを残しつつ前向きな印象で終わる映画って特
>>続きを読む

FOR REAL 必ず戻ると誓った、あの舞台へ。(2017年製作の映画)

3.8

阪神ファンやけどベイが好きなんは応援歌がかっこいい(横浜戦やと甲子園でも思わず口ずさんでまう)のと、ハマスタってゆう素晴らしい球場がホームグラウンド(浜風、ホームランでやすい、崎陽軒のシウマイ弁当食べ>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

3.8

いじめられて声も出せないほしもえかがどんどん可愛くなって変わっていくのをどこか悲しく感じてしまうのは終わりがくるのを知っているからで、けどやっぱりあの一瞬の儚さや煌めきは"少女"の特権なんやろなあ。痛>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

3.8

満たされてないわけではないけどどこか空虚で行き場のない感情やモヤモヤを抱えた普段の生活に孤独を感じて他者と繋がりたい、必要とされたいと思うのは普通のことで、そうやってAVに出る女の子がどんどん増えてる>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

松岡茉優恐るべし。寒くなりすぎないギリギリのラインで脳内妄想女子の清々しいほどの暴走っぷりにファァァッック!!!とかももう最高なんやけどそれなりに心抉ってくる。あとかわいいかよって瞬間がいくつかありま>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

4.0

閉塞した地方都市の乾いた空気感と抗えない血縁や地縁はもはや呪いの域やけど、3兄弟が守りたいものは結局そこにあるんやな。こうゆう負の連鎖が連なっていく映画はみててずっと苦しい(褒めてる)。三者三様のツラ>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.9

自分の人生を肯定して生きろ!ってゆう真っ当すぎるメッセージをこれほど実直かつエネルギッシュに描かれるともうどうしようもない。受け入れるしかない。まあ、けどこの世の中生きづらいよねとも思う。自問自答の日>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

犯人が分かってても何度でも楽しめるのが名作たる所以で、そういった意味では正しく楽しめた。狭い車内でのカメラワークも凝ってたし、例の「最後の晩餐」風の構図も壮観やったけど、一部CGが少し浮いてて残念なと>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.7

いつものメンツに小ネタも満載かつお約束の展開で、すべてが板につきすぎてて安定感しかない。シリーズで一番面白かったかも。トッキュウジャーのアクションもあるよ。天山せっかくやからモンゴリアンチョップして欲>>続きを読む

アンダーグラウンド 完全版(1995年製作の映画)

3.9

みたよ5時間。ハイテンションとブラックユーモアを随所に散りばめてるけど、やっぱり悲劇的な側面が強く印象に残った。「ある国」の戦争の記憶、忘れることは出来ないし喜びも悲しみもすべて先人や歴史の上に立って>>続きを読む

>|