ketsuさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ketsuさんの鑑賞したドラマ
ketsu

ketsu

ジニー&ジョージア(2021年製作のドラマ)

4.7

母親と娘のコメディかと思ったらとんでもねぇストーリーで激ハマり。
歳とったからかわかんないけど圧倒的母親派。
むしろジニーはファック。
なんだかんだジョーとハンターしか善人おらへん
母と子のいい物語系
>>続きを読む

0

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(2021年製作のドラマ)

3.7

なんだかんだ見ちゃったプラダを着た悪魔と見せかけたゴリゴリのラブストーリー。
主人公の子全く可愛くないけど、演技と雰囲気がgood。菜々緒と間宮祥太朗も非常に良き。
明日起きたら顔面が玉森になってます
>>続きを読む

0

天国と地獄~サイコな2人~(2021年製作のドラマ)

3.9

高橋一生の演技がうますぎ。
北村一輝もめちゃくちゃいい味出してるよね。
ストーリーは置いといて俳優陣がgood

0

俺の家の話(2021年製作のドラマ)

3.5

クドカンドラマの中ではそこそこ。
戸田恵梨香がただただ可愛い。

0

梨泰院クラス(2020年製作のドラマ)

4.5

パクセロイマジ漢。
そして圧倒的スア派。

0

ペーパー・ハウス シーズン1(2017年製作のドラマ)

4.2

スペインドラマ童貞卒業作品。
犯罪ドラマなのに意外と悪人いなくて草

0

今際の国のアリス(2020年製作のドラマ)

3.5

途中までは勢い良かったけど
ハートの回終わってビーチから尻すぼみというか展開が読めちゃう感じだったのがぴえん。
この手のドラマは先が読めないハラハラとどんでん返しがないとね。

0

タイガー&ドラゴン(2005年製作のドラマ)

4.5

クドカン3150
落語を現代の出来事でわかりやすく例えてドラマにするという発想が天才過ぎ。
長瀬カッコよさ全盛期

0

コブラ会 シーズン3(2021年製作のドラマ)

4.5

相変わらずテンポ良くてgoodだけど、少し勢いとハラハラが落ち着いた印象。
ラストの抗争も前回と同じパターンだった。
ジョニーのシーズンを追うごとの人間的成長とミゲルの演説はぐうアチチ。

0

ザ・ボーイズ シーズン2(2020年製作のドラマ)

4.7

出演者が何回ファッキンって言ってるか数えたいレベルでファッキンの応酬。
ブッチャーに関しては名詞の前に必ずファッキンつける。
シーズン2はシーズン1よりファッキンおもろい。ラストに連れてホントファッキ
>>続きを読む

0

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから(2016年製作のドラマ)

5.0

まだ途中だけどこんなに心温まるドラマないわ。自分が嫌な人間になりそうな時にこのドラマ見れば心が晴れて、我に帰ることができる。
過去と未来を上手くスイッチしてストーリー展開をしていて飽きずに見てられる。
>>続きを読む

0

ペーパー・ハウス シーズン3(2019年製作のドラマ)

4.5

最初微妙かと思いきや最終話が最高過ぎた。
推し2人が死んだと自分まで騙されて号泣してもうた、涙返して

0

ペーパー・ハウス シーズン2(2017年製作のドラマ)

4.9

最後の締めが秀逸過ぎる。最終話最高。
ところどころ登場人物特にトーキョーにイライラしたけど、もう強盗全員魅力的。
いやぁ、おもしろい。

0

やまとなでしこ(2000年製作のドラマ)

4.5

東海テレビが死ぬほど再放送するおかげで10回くらい見ました。それでもおもろい櫻子さん

0

コブラ会 シーズン2(2019年製作のドラマ)

4.9

ラストの大乱闘の迫力が凄くて見入ってしまった。
人間的な成長もそうだけど役者のアクションの成長も著しくて、1月のシーズン3が待ちきれへん

0

コブラ会 シーズン1(2018年製作のドラマ)

4.8

1話30分でサクサクいけてテンポ○
笑いあり、青春あり、大人も子供も成長する素晴らしいドラマ

0

クイーンズ・ギャンビット(2020年製作のドラマ)

4.8

3月のライオンのチェス版かと思って舐めてたけどむちゃくちゃおもろい。
天才チートゲーかと思いきや山あり谷あり。
ハーモンの美しさがどんどん洗練されてて3150
チェス3150

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編-(2013年製作のドラマ)

4.5

9話が血染めのユフィを思い出すくらい衝撃的な回でした。
てか誰主人公なん?

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風(2016年製作のドラマ)

5.0

神of神
最終話が神回過ぎてヤバい。想像絶するサーセイ
どのエピも最高過ぎて最高のシーズンでホンマ最高(語彙貧民)

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏(2015年製作のドラマ)

4.9

このレビューはネタバレを含みます


これもラストエピが鬼秀逸。
サーセイ裸闊歩、ジョン逆謀反という怒涛なフィニッシュ。最高

0

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章(2019年製作のドラマ)

4.0

大作にありがちな誰得エンド。
デナーリスのナナリー化が悲しい。
結局ティリオンの一人勝ち

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第七章: 氷と炎の歌(2017年製作のドラマ)

4.8

ようやく登場人物達が繋がり始めて、どうしてこのキャラが出てきたんかとかの意図がわかる。
デナーリスすこ

0
>|