ゴトさんの映画レビュー・感想・評価

ゴト

ゴト

映画(121)
ドラマ(0)

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

4.8

大好きです。もう何回観たことか。

ユーゴスラビアを、まるで遥か昔に存在していた国としているような語り口で描いているところに、監督の国に対する想いが感じられ、また何とも言えない寂寥感が込み上げてくる。
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

3.7

ブエナビスタソシアルクラブを観たのはいつだったっけ?結構前だったからあんまり覚えてないけど、コンパイ・セグンドやイブライム・フェレールはさすがに覚えてる。CD買ったりしたしね。

一作目の記憶がおぼろ
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.7

まあ殺人鬼が出所した後、再犯で捕まるまでを描いているんだから、こうなるよね。

連続殺人犯が主人公の話は、なぜそうなるに至ったのかが面白いと思っていて、逆に人を殺すこと自体に自分はあまり興味がないので
>>続きを読む

フィツカラルド(1982年製作の映画)

4.1

思い返してみると、ヘルツォークの映画はプリミティブなもの対するこだわりを感じる作品が多いように思う。「アギーレ神の怒り」にも先住民族が出てくるし、洞窟絵画のドキュメンタリーも撮ってるし。それが、社会が>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

3.8

何というか、凄い。色々突っ込みどころはあるけど、3時間という長尺を感じさせない展開の速さは流石。速すぎて、話を追っていくのが大変だけど。展開が速いのもそうだけどその中で話が二転三転していくので、いよい>>続きを読む

トリコロール/赤の愛(1994年製作の映画)

4.3

決して表に出ることのない罪の意識を感じる時というのがたまにある。

上手くは言えないが、法に触れたわけではないけれど、ほんの少し悪意というか後ろ暗い気持ちが芽生えた瞬間であるとか。そして、表に出ないと
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.7

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」は時代を超えて現代に生きる吸血鬼の話で、何というか高貴な雰囲気を持っていたが、出てくるモンスターがゾンビとなると、テイストも随分変わってくるようだ。

ガソリ
>>続きを読む

フロント・ページ(1974年製作の映画)

4.5

ビリー・ワイルダーとジャック・レモンのコンビでハズレなわけがない。テンポが良く、スピード感があり、正にスクリューボール・コメディの典型で、誰にでも勧められる作品。

たっぷりと観客を待たせてから余裕の
>>続きを読む

文化生活一週間/キートンのマイホーム(1920年製作の映画)

4.0

これが一番最初に観たバスター・キートンでした。観たのは結構前だったと思う。

30分にも満たない短編ながら、表情一つ変えずにトンチンカンなことをする、この人の面白さを十分に楽しめる内容だと思う。だから
>>続きを読む

彼女の名はサビーヌ(2007年製作の映画)

4.0

主人公であったり、観客に近い特定の誰かであったり、映画は誰かの視点で描かれることが殆どだ。そして、それにはレンズと被写体との距離感も大きく関わってくる。

「仕立て屋の恋」などで知られるフランスの女優
>>続きを読む

ビジターQ(2000年製作の映画)

3.7

ヤバい邦画一個ずつ挙げてけってなったら、割と早めに出てくると思う。

7〜8年振りに観たけど、やっぱり意味が分からん。まあ、大筋では何をやりたいのかは分かるんだけど、内田春菊の母乳とか何なんだ。女性と
>>続きを読む

モスクワは涙を信じない(1979年製作の映画)

3.9

カメラワークやその中を行き交う人々の動き、そして生き生きとした登場人物のキャラクター。観始めてすぐにかなりアメリカナイズされた映画だな、という風に感じた。

でも、しばらく観ているとそれは誤りで、そう
>>続きを読む

プーサン(1953年製作の映画)

3.2

敗戦を迎え、民主主義に舵を切る中で色々な人や価値観、或いは風潮みたいなものが出てきたのだろうね。戦後の日本の姿を、そこに生きるなんでもない人々を通して面白おかしく風刺している。

と言っても、1950
>>続きを読む

グロリア(1980年製作の映画)

3.9

カサヴェテスの映画を全部観たわけじゃないけど、その中では割と商業的というか、実験的要素もなく観やすい印象。そして、ジーナ・ローランズの魅力が爆発している。

自分は男だけど、グロリアは観ていてこんな女
>>続きを読む

ふたりの人魚(2000年製作の映画)

3.7

上海の北部を横断するように流れる呉淞江。太湖から黄浦江へぶつかり、そのまま海へと注ぐこの河は、街の移り変わりと流域に住む人々の営みを、その身を横たえずっと見つめてきた。

この物語の主人公は少し変わっ
>>続きを読む

洗骨(2018年製作の映画)

3.7

序盤は登場人物が脚本に動かされてる感があり少し違和感を感じるが、話が進むにつれてそれもなくなっていく。上手く話を盛り上げてくれたということだと思う。あとはカメラワーク、音響、そして大島さんの演技がしっ>>続きを読む

少年ハイロ 迷走の果て(1994年製作の映画)

3.4

貧困の犠牲となるのは、いつだって社会的弱者である。金の為、家族の為、転がり落ちるように殺し屋としての道を歩む少年ハイロは、その最も悲しい例と言えるのではないか。

ただ、映画の出来としては少々物足りな
>>続きを読む

ヒストリー・オブ・バイオレンス(2005年製作の映画)

3.8

イースタンプロミスを観て、表と裏みたいな感じで対になっているような気がして鑑賞。前に観たし、内容確認なんで流し見。

イースタン・プロミス(2007年製作の映画)

3.8

イギリスのロンドンを舞台にロシアンマフィアの抗争を描いた映画。この作品自体も面白いけど、「ヒストリーオブバイオレンス」と比べてみるとより面白さを感じられるのではないか。観ている途中に感じたけど、今作と>>続きを読む

トト・ザ・ヒーロー(1991年製作の映画)

3.5

「歩いても歩いても」に「人生はいつも少しだけ間に合わない」みたいなセリフがあるけど、今作を観ていたらそれがふと頭をよぎった。

「歩いても歩いても」は、間に合わないことを恨み、悔やむのではなくそういう
>>続きを読む

バルタザールどこへ行く(1964年製作の映画)

4.0

自分たちが泣き、笑い、喜びや悲しみを誰かと分かち合い、色々不便も多いけどそれなりに充実した毎日を送れるのは、スケールの大きな話になるけど、長い進化の過程で獲得した知性のおかげだと思う。それが社会や文化>>続きを読む

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.9

ビリー・ワイルダーは映画界における巨人と言ってもよいと思う。

だから、あまり言うこともない。あるとしたら、この映画が大好きだということくらい。あと、「アパートの鍵貸します」も。

だから、この映画に
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

4.8

チャトル=パッツ語小辞典

カツェ→マッチのこと
ツァーク→鼻につける小鈴
エツィフ→囚人ボックス
エツィロップ→権力者
ぺぺラッツ→宇宙船
グラビツァーバ→加速器
キュー→公言可能な罵倒語
クー→残
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

4.7

二回目だけど、素晴らしすぎる!

正反対だからこそ、教祖と信者ではなく一人の人間として惹かれ合うのだろう。髪の色、体型、性格、周りにいる人の数、様々な部分で真逆に位置している二人の男。バイクで走り去る
>>続きを読む

私たちのハァハァ(2015年製作の映画)

3.6

ロードムービーには2パターンの見せ方がある。環境の変化による登場人物の関係性の変化と旅先での出会いによる心境の変化だ。

この映画は前者に比重を置いている。仲良し4人組の女子高生が福岡から東京へ旅をす
>>続きを読む

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969年製作の映画)

3.7

親や家庭は選べないし、産まれた環境や自分の身体も選べない。

ならば、普通とそうでないものの境は運によって分けられるということなのか。そんな不確かなもので決まってしまう普通とは一体何なんだろうか。
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.2

あまりホラー感はない。タイムスリップ×民俗学×恋愛。それがまぜこぜになっているというのが鑑賞した上での印象。

もちろん、タイムスリップしているわけじゃないんだけど、文化習俗の違いというレベルを乗り越
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

友人宅で鑑賞。あまりマーベルに関心がないので、そんなに期待してなかったけど、めっちゃ良かった。

ヒスパニック系の少年マイルズはピーターから彼がやり残した大きな仕事を託される、つまりスパイダーマンを継
>>続きを読む

恋恋風塵(れんれんふうじん)(1987年製作の映画)

3.9

都会の風は冷たいなんてのは、ひと昔前の話で、今じゃ都市部も地方もそこまで大きな差はなくなっている様に思う。でも、環境が変わることで心境にも変化が生まれるのはいつの時代も同じだろう。

ワンとホンは幼な
>>続きを読む

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

3.6

その土地に根付き、伝えられてきた謠はそこに生きる人々の血と共に受け継がれ、心に刻まれていく。

ヴィクトルとズーラ、二人の愛だけでなく、彼女が愛した謠もまた、時代の波に引き裂かれていく。生まれ育った土
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.2

障害者の性だけじゃないけど、そういうデリケートなモチーフを、はいどうぞとそのままテーブルにドンと置くやり方は、日本ならではな気がする。古くは「さようならCP」とか。個人的には演出する側の不器用さが変に>>続きを読む

キッスで殺せ!(1955年製作の映画)

4.0

数年ぶりに観たけど、そういえばこんな話だったね。この映画がカルトと言われている理由をすっかり忘れていた。

世の中知らなきゃよかったなんてことは色々あるとは思うけど、これに関しては正直関わりたくもない
>>続きを読む

周遊する蒸気船(1935年製作の映画)

3.5

一時期、アメリカ南部の音楽をよく聴いていた。ブルースやなんかをね。今はもう結構売っちゃったりしてあまり持ってないけど、マディ・ウォーターズとかまだ何枚かは残ってる。

まあ、それ自体はこの映画に何の関
>>続きを読む

トリコロール/青の愛(1993年製作の映画)

4.5

何もかも失った女の凛とした美しさたるや、素晴らしいの一言に尽きる。

事故で夫と娘を亡くしたジュリー。家財道具を処分し、屋敷を売りに出し、家政婦と庭師にもこの先不足のないように計らい、自分は一人アパー
>>続きを読む

ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を/ブラ物語(2018年製作の映画)

3.6

アンダーグラウンド好きとして、観ておきたい映画。ただ、クストリッツァのような雑多な賑やかさはなく、静かに話は進んでいく。もちろんそういうテイストなんだから当たり前なんだけど。

だから、随所にみられる
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.1

4dxで観てきました!
アトラクションのような座席の動きは、スピード感あるレースシーンにはうってつけといった感じでとても良かったです。

作品自体もストレートなアメリカ映画という感じで良かった。ヒーロ
>>続きを読む

>|