KHさんの映画レビュー・感想・評価

KH

KH

昔はなんつーか懲罰みたいに映画を借りちゃあ見、見ちゃあ借りを繰り返し繰り返しやっててよ。そんでみんなが必死に勉強とかスポーツとかやってる時に、そいつらなんかとても知らない映画の知識とか蓄えて、んで偉そうに主に女子とかに評論もどきを垂れてた糞ガキだったけど、なんだか最近やっとそんなカスみたいな概念を気にせずになんでも観れるようになった気がするよ。俺。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.3

こればっかりは、評価が難しかったなー。全くの初見なら多分評価はもっと上がったと思うけど、俺みたいに小学校くらいからアニメ版を通算160回ほど見てて歌も歌詞も台詞も全部インプットされてると、歌詞が違うだ>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

話自体はめちゃくちゃ綺麗に作られてる反面、キャストのせいで結局誰が犯人か想像できてしまって少しだけ残念でした。でもそれでも見応えとしてはかなりあったし、長さもまた絶妙で、冒頭からすんなり入り込めた。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

何も知らんで見ました。こーゆー話だったのな。小さい頃に読んだはだしのゲンとか火垂るの墓の記憶がちょっと蘇ってきた。場所も内容も全然違うけど、それにしても能年玲奈は優秀だった。能年玲奈がすずというキャラ>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.3

もともと森見好きの四畳半大好き人間のこの私が、近くでやってる映画館がないばっかりにDVDで見る羽目になったのは少しだけ残念だったけど、まぁ何回も見れるし良しとしようかな。昨今のリアルな作画なアニメーシ>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

おお、こーゆー映画だったのか。アカデミーでララランドと張って勝ったからあえて予備情報を「黒人が出る」で留めてたがまさかこーゆー映画だったのか。なんとなーく差別がテーマかなと思ってたけど、まさかなー。そ>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

4.0

はっきり言ってフィルマークスのこの評価(現段階で3.3)は妥当だなと思った。にも関わらず俺がこの作品にこの点数を付けたのにはいくつか理由がある。まずその前提として僕がかなりの攻殻機動隊マニアだと言う点>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

前々からこの「ばかうけ」の事は気になっててようやく見れました。そもそもこの様な宇宙人?モノを今の時代やろうとゆーのはまず問題で、現代人の目がSFに対して慣れ過ぎてる昨今、この映画はどんなテイストのオチ>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.4

別に内容に関しては正直普通とゆーか、予告の通りとゆーか。
けどギレンホールがそこをすごくカバーしていってくれてなんとなく良作だなと感じる作品でした。それまではなんとゆーか、意味がわからんとゆーか、嫁に
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.3

なんか、俺政府に監視されてても別にって思ってしまってからの、落ち込みがハンパなかった。
大切なのは悪い事をしたり企てたりしない事であり、そういった人にとっては、危うい国への常套手段だとも思える気がして
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.8

前作よりもパワーアップしてるだけにロケットが加藤浩次なの以外は出て来るキャラクターや宇宙船や細かなギミック、まためっちゃ宇宙モノにもかかわらず、レトロな音楽があっててすげーいい。オープニングからかなり>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.6

ロケットの声優が加藤浩次じゃなければもう少しだけ高かったかもです。せっかく内容がいいだけにそこだけが本当に気が散るとゆーか、他がベテラン勢なだけに残念でした。ロケット自体がいいキャラクターなだけにそこ>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

あーあ、複雑だなー。なんか人生全然うまくいかんのがつれー。人としては成功したのかなとは思うけど、夢と愛の両立は難しいんかなーとか、なんつーかミア多分売れて色々目の前が目まぐるしく変わってったんだろーな>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

もともとスキマスイッチとかMISIAとかが歌うってんで、吹き替えは怪しいなと思いつつも日本語版で見たら意外や意外これがまぁなんとも良いんですよ。所々にベテラン声優を織り交ぜることによってソワソワさせな>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.6

良い作品だなと言わざるを得ない。が、正直展開としては読めていたし、結末もなんとなくこんなんじゃないかなー。こんな形だったら俺は結構感動するなーというストーリーをしっかりと歩んでくれた感じです。予想がわ>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.9

なんか頭の弱そうな女の子好きなラブコメで、ジャケットや説明見てる限りではこんなん絶対見ても感動なんざしないし、ケッくだらないアホ映画かと思ってたが、とにかくツタヤがはちゃめちゃに推してくるし、フィルマ>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.8

なんか初めてルパン見た時の気分。ポンコツなんだけどやる時はやるライアンも、中年太り甚だしいラッセルも憎めなくてこのコンビの作品なら幾らでも見れるな。これがキングコングと同じ評価なのはいただけないけど、

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

2.2

夏休みってんでフィルマークスも3.8と高評価だし、仕事も休みだから集中もしたくなくて借りたけどこりゃあ全くもってツッコんだら負け映画でした。まぁ映像は流石の迫力だったけど、こーゆーサミュエルの使い方好>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.2

一作目と比較するとやはり少し退屈だったかなと思う。不気味さも少し弱めだったかも。また前回ジョディーフォスターだったのが今回はムーアに変わってて、なんか感情移入とゆーか、クラリスの気持ちがイマイチ読めな>>続きを読む

パラドクス(2014年製作の映画)

3.7

地元のツタヤになかったからわざわざ取り寄せてもらいました。予告編を見て以降、ずっと見たかったこの映画。はっきし言ってクソ斬新。こんな映画はぶっちゃけ見たことがない。良くも悪くも記憶には残る作品。可能な>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.5

この映画、最寄りのツタヤになくてわざわざ他から取り寄せての視聴ですが、映画を見る前に先ずはYouTube等で予告を見て欲しい。『ほぇっ??』ってなるから。そっから触れ込みが「絶対に想像できない結末」的>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

タイトルは知ってたし、内容もまぁある程度は知識があったが正直見たことなかった作品ではあるが、改めて現代でも余裕で通用する内容であった。初々しいジョディーフォスターも可愛かったし、なんといっても圧巻なの>>続きを読む

ブレイド(1998年製作の映画)

3.2

なんか子供の頃に結構好きで、俺をヴァンパイア好きに陥れた作品だと信じて疑わず、久しぶりに見たくなり視聴したが、なんか、
子供の思うカッケェーを具現化したような内容だった。まぁ悪くは決してなかったが、ん
>>続きを読む

予告犯(2015年製作の映画)

3.2

友人からの勧めで見ました。こちらも漫画を先行して読んでた為、すんなりストーリーには入れました。役者もそれなりに実力派が揃っていて見応えはあったものの、これと言ってダメなところもなかったが最後が綺麗にま>>続きを読む

ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999年製作の映画)

2.9

この手のホラーの先駆けなだけにやはり当時からしたらこのアイデアはまさに神だなって思う。制作費と興行収入の差が知りたいわ。この評価はどうしても今見るとやはり少し物足りない気がする。オバケ等はなんも映らん>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.2

この作品の原作漫画の1話が当時連載された時からなんとなくこれはすごい作品だなと思い、全巻持っていて予習バッチリの僕ですが、映画もそんなに遜色なく観れた気がするが、原作を知らん人から見たらもしかしたら言>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.8

俺は専門卒後、テキトーに割りのいいバイトやらを転々とし、就活とは無縁の人生を歩んできたため、こういった就職活動の体験がなかった。そうゆう意味でもとても興味深い内容だったのは言うまでもなく、また、Twi>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.0

これは賛否両論だと思う、はっきり言って俺はもう借りたことを後悔した。本当にダウナー系の映画の中でも類を見ないほどの落ち映画。見終わったあと正直マジでふざんけんな‼︎って気分が身体からあふれそうだった、>>続きを読む

みかんの丘(2013年製作の映画)

3.8

ジャケットにジジイが写ってるとヘビーな匂いがするから敬遠するけど、ジジババ好きな嫁に勧められ借りましたが、所謂これこそが映画みたいな作品でした。設定を聞いた時からなんとなく結末をわかっていたような、な>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

3.6

頭の片隅にあったような、犯罪者は死をもって償わせる的な思想の映画でした。そこに薄っすらと宗教が絡んでる感覚。ある意味デスノート的な賛否を問うような内容でした。さすが洋画の俳優は何着てもカッケーよなー。>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

3.9

嫁から「なんかプライベートライアン的なの観たい」と訳分からん注文の末借りた本作品。触れ込みは4対200。んなアホなと、ランボーみたいな想像をまぁ遥かに越えた衝撃としか言えん実話。ラストも含めこの評価は>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.5

やっと見ました。これといって想像を超える内容かと言われるとそうでもなかった気がするけど、車のデザインやそのほかのコスチュームや武器など細かなギミックにはなかなか男心をくすぐられるスチームパンクっぽさが>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.9

映画のジャケットやタイトルから、また阿部サダヲがドタバタとコメディちっくになるんだろうなーとか想像して、やだなーそうゆうクドカンみたいなノリで押し切る感じの映画と、思っていてどうもすいませんでした。な>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.2

んー、なんか性格的にあまり楽しめなかった気がします。とゆーのも、世界背景がしっかりしてるようでツッコミどころが多いからなのか。にもかかわらずこの評価はほとんど映像の評価。変わった生き物魔法が飛び交うだ>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.5

相変わらずのドタバタで、今回も楽しめました。ハンディカムでのコメディすごいアホみたいで良いわ。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.1

これはまぁ文句無しの高評価です。オダギリジョーが途中本当に嫌いになりかけたけど、今後にまぁ期待するとして、最近意識して少し邦画を取り入れてるけど、とても優秀です。
途中本当に辛かったけど最後にスッキリ
>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.6

もー、別に俺こんなん見たくなかったわ。ピクサーの中でも地味だし、恐竜とか動きに制限あるしーとか思ってたけど、
分かりきっていたベタベタの展開にすげー泣かされてめちゃ悔しいわ。嫁にどこが泣けたの?って聞
>>続きを読む

>|