KH

KH

昔はなんつーか懲罰みたいに映画を借りちゃあ見、見ちゃあ借りを繰り返し繰り返しやっててよ。そんでみんなが必死に勉強とかスポーツとかやってる時に、そいつらなんかとても知らない映画の知識とか蓄えて、んで偉そうに主に女子とかに評論もどきを垂れてた糞ガキだったけど、なんだか最近やっとそんなカスみたいな概念を気にせずになんでも観れるようになった気がするよ。俺。

ブレイド(1998年製作の映画)

3.2

なんか子供の頃に結構好きで、俺をヴァンパイア好きに陥れた作品だと信じて疑わず、久しぶりに見たくなり視聴したが、なんか、
子供の思うカッケェーを具現化したような内容だった。まぁ悪くは決してなかったが、ん
>>続きを読む

予告犯(2015年製作の映画)

3.2

友人からの勧めで見ました。こちらも漫画を先行して読んでた為、すんなりストーリーには入れました。役者もそれなりに実力派が揃っていて見応えはあったものの、これと言ってダメなところもなかったが最後が綺麗にま>>続きを読む

ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999年製作の映画)

2.9

この手のホラーの先駆けなだけにやはり当時からしたらこのアイデアはまさに神だなって思う。制作費と興行収入の差が知りたいわ。この評価はどうしても今見るとやはり少し物足りない気がする。オバケ等はなんも映らん>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.2

この作品の原作漫画の1話が当時連載された時からなんとなくこれはすごい作品だなと思い、全巻持っていて予習バッチリの僕ですが、映画もそんなに遜色なく観れた気がするが、原作を知らん人から見たらもしかしたら言>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.8

俺は専門卒後、テキトーに割りのいいバイトやらを転々とし、就活とは無縁の人生を歩んできたため、こういった就職活動の体験がなかった。そうゆう意味でもとても興味深い内容だったのは言うまでもなく、また、Twi>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.0

これは賛否両論だと思う、はっきり言って俺はもう借りたことを後悔した。本当にダウナー系の映画の中でも類を見ないほどの落ち映画。見終わったあと正直マジでふざんけんな‼︎って気分が身体からあふれそうだった、>>続きを読む

みかんの丘(2013年製作の映画)

3.8

ジャケットにジジイが写ってるとヘビーな匂いがするから敬遠するけど、ジジババ好きな嫁に勧められ借りましたが、所謂これこそが映画みたいな作品でした。設定を聞いた時からなんとなく結末をわかっていたような、な>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

3.6

頭の片隅にあったような、犯罪者は死をもって償わせる的な思想の映画でした。そこに薄っすらと宗教が絡んでる感覚。ある意味デスノート的な賛否を問うような内容でした。さすが洋画の俳優は何着てもカッケーよなー。>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

3.9

嫁から「なんかプライベートライアン的なの観たい」と訳分からん注文の末借りた本作品。触れ込みは4対200。んなアホなと、ランボーみたいな想像をまぁ遥かに越えた衝撃としか言えん実話。ラストも含めこの評価は>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.5

やっと見ました。これといって想像を超える内容かと言われるとそうでもなかった気がするけど、車のデザインやそのほかのコスチュームや武器など細かなギミックにはなかなか男心をくすぐられるスチームパンクっぽさが>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.9

映画のジャケットやタイトルから、また阿部サダヲがドタバタとコメディちっくになるんだろうなーとか想像して、やだなーそうゆうクドカンみたいなノリで押し切る感じの映画と、思っていてどうもすいませんでした。な>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.2

んー、なんか性格的にあまり楽しめなかった気がします。とゆーのも、世界背景がしっかりしてるようでツッコミどころが多いからなのか。にもかかわらずこの評価はほとんど映像の評価。変わった生き物魔法が飛び交うだ>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー! (2014年製作の映画)

3.5

相変わらずのドタバタで、今回も楽しめました。ハンディカムでのコメディすごいアホみたいで良いわ。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.1

これはまぁ文句無しの高評価です。オダギリジョーが途中本当に嫌いになりかけたけど、今後にまぁ期待するとして、最近意識して少し邦画を取り入れてるけど、とても優秀です。
途中本当に辛かったけど最後にスッキリ
>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.6

もー、別に俺こんなん見たくなかったわ。ピクサーの中でも地味だし、恐竜とか動きに制限あるしーとか思ってたけど、
分かりきっていたベタベタの展開にすげー泣かされてめちゃ悔しいわ。嫁にどこが泣けたの?って聞
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

チキショー、すげー泣いてしまったわ。なんつーかものすごい危うい映画だなぁって感じでした。ずーっと綱渡りしてるみたいに、サチオ君がとにかく人間としてリアルで、むしろヨウイチ君みたいな人の方が人として少な>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.6

邦題のせいで損しそうだけど、内容は起承転結のある吉本新喜劇みたいな内容でした。フリがあってオチがある感じ。とてもわかりやすい笑いがそこにありました。ハンディカムの映像は今までホラーでしか見たことなかっ>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.4

俺は結構好きでした。悪役紹介の時点からなんかワクワクしてました。思ったよりハーレクインがアホっぽくて意外だったことと、後半にかけて統率の取れてくる感じには若干の疑問もあるし、殺し屋がいい父親にならんと>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.7

んー、長さも絶妙でした。予告編にちょい足しくらいな内容でしたので若干物足りなさはあったし、強盗メンバーが頼りなさすぎてイマイチだったし、もっと盲目ならではなシーンが欲しかったなと色々あるけど、基本は満>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

まぁ、ほとんど想像通りの展開で真新しさはさほどなかったけど、最近お気に入りになりつつあるピエール瀧が見れたし、警察の汚職等に関してはなるほどそーゆー方法もあるのか、いや、それをされると確かに見つからな>>続きを読む

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014年製作の映画)

3.3

ツタヤで4本借りると丁度千円となると、だいたい最後の一本で悩むんだが、そこはあまり当たらない嫁の勘で借りて見た作品。
なんかこいつは精神病なのか、それとも正常なのか‼︎果たしてあなたは騙されずいられる
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.4

まず始めに、この作品に関して何も調べないでほしい。フラットに、「あー、なんか役者が豪華やなー」ぐらいで見て欲しい。
映画好きな俺にとって最も敬遠する映画のジャンルがある。それは重〜い邦画である。この作
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

2.8

マジか。全然面白くなかった。。漫画を全巻持ってるだけに結構ショックだわ。やっぱり役者に漫才紛いな掛け合いは難しいのかなー。かといって高校生の役を技術ある若手の関西人にとなると今度は集客が落ちるだろうし>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.4

映画の中ではまぁー、んー、パート1と良い勝負かも。なんとなく鰐戸三兄弟への報復が弱い気もした。ラストなのでなんとなくテーマを投げかけて問いかけで終わりたいのはわかるが、とゆーか、美容界の女とか、その辺>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

3.1

あー、Netflixにパート2あってよかったわ。ウシジマ月間みたいになったけど、相変わらず軽く見られるこのテイストにはまりそうです。それは多分内容の割にキャストが豪華なのが良いのか、少しのバイオレンス>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.0

なんか、間違えてパート2飛ばして3を見てしまったよ。ツタヤで新作だったからついでに借りてきたけど、とほほ。まぁパート2もそのうち見るかな。今回はウシジマ君があまり活躍はせず金借りにきた人の話がチラホラ>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.1

漫画が好きで、でも全部は読めてない。いつか全巻揃えたいけど、多くて尻込み中。でもそのダークな裏社会的な空気感とか自分の無知さ、また俺自身が全くの安全圏から馬鹿な人間を見るとゆー優越感みたいなもんを感じ>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.3

何回も見てるけども、午後のロードショーでやってたのを録画してるのを見ました。相変わらずこの腐れ宗教のババァがホントのホントにムカつくわ。顎に思いっきりグーパンして外に放り出したい衝動がハンパないです。>>続きを読む

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

俺ダメだ。想像通り過ぎて全然ダメでした。前に一回見たかな?って思うくらいに想像通りでした。頑固ジジイが主人公の時点でこの婆さん死ななジジイ歌わへんやんけって思いました。なんか最後の方で、年金ズは大会に>>続きを読む

ザ・セル(2000年製作の映画)

3.0

設定はすんごく面白いし、連続殺人してる犯人もいい具合にサイコパスなんだけど、肝心の精神世界の中がなんかイマイチだった。。
で?ってゆー。感じだった。。

映画 鈴木先生(2012年製作の映画)

3.5

Netflixでドラマ一話から視聴し始め、映画も初見でした。ちなみに5年くらい前に本作品の原作漫画も読破し大ファンになった作品の一つでもある。惜しいのはやはり実写ならではの時間の短さ。漫画を読めばわか>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.1

んー、んー、田舎の娘が現状に嫌気がさしてアメリカへ、落ち込むこともあるけれど私は元気です。みたいな感じで終わってくれれば良かったけど、他に浮かばれない人が多くて私気になります‼︎みたいな感じだった。こ>>続きを読む

オマールの壁(2013年製作の映画)

3.0

なんとゆーかとても胸糞悪かったなー。パレスチナとかの状況とか背景とか全くわからんけど、なんか登場人物みんなアホなのかなーって思ってしまいました。それしか選択肢がないのかなーって思うけど、未来ある若者た>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

2.3

なんつーか、コメディなのかなんなのか中途半端な感じでした。どっちかにして欲しかった。ところどころおもろいのに本当に展開的に勿体無い。見なくていいです。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.2

そもそも神だとか宗教だとかにどこか胡散臭さを感じていた俺にとってうってつけ?と言うとどこか語弊があるけど、とんでもないことしてくれたのぉ‼︎‼︎おう‼︎‼︎みたいな内容にそれを追うジャーナリストの頑張>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.1

クリントイーストウッドなだけに若干敬遠してた作品の一つ。またしてもどんより暗〜い感じに終わるんやないだろうかと思ってたが、なんか途中からボロボロ泣けて来た。リアルさや作品のテンポも良いし実話ならもっと>>続きを読む

>|