らんさんの映画レビュー・感想・評価

らん

らん

映画(47)
ドラマ(0)

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

テンポの良い映画で観やすかった

あるアプリを手に入れて、望みを書くと何でも叶う

ありきたりな内容だが、努力もしないで何でもできるようになっても幸せになれない

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

気持ちの持ちようで人生は変わる!!

外見、中身(能力)は何も変わってなくても
前向きな明るい気持ちで人生うまく行く気がする

普段も感じているが、
自信を持つことは簡単ではないけれど
自信を持ってる
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.3

映画館は遅い時間にも関わらず満席

自分がこれまで見てこなかったテイストの映画だった

映画館で見てこその楽しさがあった
迫力、臨場感、映像、サウンド
この辺は素晴らしく、映画に引き込まれた


誰に
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

友人に勧められてから見るのをずっと楽しみにしていた映画

情報はDVDのパッケージだけだったので、コメディ映画かと思っていたけれど、
いい映画だった

いつの時代の話?と思いながら見始めたが、2000
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.5

日本では(私の周りでは)あんまりない黒人差別と銃社会の問題

この系統の映画は見るたびに胸を撃たれる。同じ地球に生まれ、同じ時代に生まれたのに、生まれ落ちた場所、運命によって、こうも人生が変わってしま
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

絵は綺麗だった

君の名はと似ているという噂を聞いていたので、大好きなあの映画と似ているならばと期待をしていたが見事に裏切られた


アニメだし、設定がそもそもファンタジックなので現実にはあり得ないシ
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.0

どんな映画か全く知らず、友人に誘われるがままに映画館へ。

最初のシーンから引き込まれた。
最近見た邦画の映画の中ではダントツで面白かった。

1人の数学者の話としても、戦争の話としても楽しむことがで
>>続きを読む

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

人を傷つけず100回近くの銀行強盗を行い、逮捕されるたび脱獄をする主人公タッカー。

側から見るとなんでこんな人に恋人が出来るのか不思議に思えるが、人とは違ったある意味才能を持つ彼はやはり魅力的で、会
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.5

連続ドラマを見ていたので、鑑賞

ドラマを見ていなくても問題なく楽しめる

出てくるメイン女性はみんなハツラツとしてカッコいい

テンポよく、爽快な映画

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドが描けるまで
stuck in love


家族それぞれがなかなか思い通りに行かない恋と向き合う

1)離婚した妻を待ち続ける夫
自分もかつて犯した過ちを許し、待っていてくれた妻を今度
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

突然起きた一斉停電

それによって
今の時代には考えられないような原始人のような生活を強いられる

生きるために必死になる家族

映画だけの話だと思いながらも、自然災害が地球にどのような影響を与えるか
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.0

迫力満点でのめり込めた
映画館で観る価値有りの映画だった

海中での戦い
陸上での戦い

どの場面も、最後までハラハラドキドキした


ただ、
そんなことあるか?!
と思う点はいくつかあった。


>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.7

期待通り見応えのある映画だった

3つのどのストーリーもしっかり設計されていて、それぞれ観ているものを惹きつける展開になっていたので最後まで飽きずに見ることができた


大切な人を疑ってしまうとき、
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.5

15年前の作品ゆえに、映画に出てくるテレビやケータイから時代を感じた

ゾンビ映画なのに、たまに笑えるところもあり、
思わず映画館で叫びそうになるような場面もあり、
画面の切り替えの仕方も独特で面白か
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.0

これが実話に基づいているからすごい

現実は必ずしも思い通りにいかないけれど、
わずかな希望とたまに起きる奇跡があるから、頑張れる

30年ぶりに目覚め、なにもかも変わってしまった現実に、幻滅するので
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

SF映画はあまり見ないけれど、知人がたまたま借りてきた映画を一緒に鑑賞


意識があるAIロボットのチャッピー

悪党を牽制するための警官ロボットとして創造されたが、色々あって、悪党の味方になってしま
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

あらすじをあまり見ずに鑑賞

恥ずかしながら、映画を見るまでグリーンブックが何かも知らなかった

人種差別がテーマの映画
今でこそ日本にも海外の人は多くなってきているが、私が幼い頃は外国籍のクラスメイ
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

独特な感性の映画

小さな劇場でやっていそうな映画
万人ウケはしなさそう

----------
白血病の女の子と仲良くなる主人公
最後まで女の子は死なないと言いたかったけど、現実はそんなうまい話はな
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

平日お昼なのに結構混んでいた

コメディー映画を映画館で見ること自体少ないが、客席からクスクス笑い声が聞こえてくる映画は久しぶりだった


埼玉県のことをそれなりに知ってるとなお楽しめると思う
埼玉県
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.0

百田尚樹の百田百言で紹介されていたフォルトゥナの瞳に出てくる言葉に興味を持ち、映画を観ることに

映画には名言はあまり無かったが、見ていて飽きない内容にはなっていた

途中から話の筋が読めるのと、この
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後までテンポよく引き込まれて、飽きずにみることができた

友人に裏切られ殺される主人公サム。
ゴーストになったサムはなんとかして恋人モーリーを守ろうと孤軍奮闘する。

生きて助けてあげることは出来な
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.8


一見楽しい時間を共有しているように思えることでも本人にしか分からない辛さがあり心から人生を楽しめない、元気だった頃とは違う
夢では元気だった時の自分で、目がさめるたびに現実を突きつけられる

ウィル
>>続きを読む

40歳の童貞男(2005年製作の映画)

3.3

友人に勧められて鑑賞


コメディ映画の棚にあったがそんなに笑えるシーンはなく


恋人に自分の秘密を打ち明けられず、恋に苦戦するが、、、最後はハッピーエンド

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

ネットのランキングでいつも見かけてた映画

友人にも勧められ、鑑賞

才能を認めて、引き上げてくれる人
嫉妬もせずに、その才能を認め背中を押してくれる友人
傷つけられても心を開かせようと協力してくれる
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

4.0

昨年鑑賞

映画のタイトルに納得

最後は感動でした

誰かのためにつく嘘ってそう簡単にできることじゃない

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.4

バチェラーパーティーで記憶をなくした男四人の話

結婚主役の男性が行方不明になり、友人たちは一生懸命探す

手がかりを元に記憶を辿っていく

コメディの棚にあったので、大笑いを期待していたけれど、そん
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

2.5

知識がないと楽しめない

当たり前ながら、リーマンショックの裏で儲けていた人もいたわけで残酷さを感じた

自分が勝つということは裏で何人もの生活が脅かされているということ

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

友人に勧められて鑑賞。
期待したほど面白い映画ではなかった。
最後の五分が良かったからまあいいかという感じ。

サマーとの出会いは運命だと信じていたが、サマーは別の人と結婚してしまう。
サマーとの関係
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

東野圭吾原作、安定して面白かった。


連続殺人事件の次の現場をホテルと予想した警察は現場のホテルで潜入捜査を行う。
浮上している容疑者はいるものの誰が犯人か、誰が狙われいてるか特定できない中での捜査
>>続きを読む

パレード(2010年製作の映画)

3.5

みんなには知られていないと思っていても、そう思っていたのは自分だけで、本当はみんな知っている。

今の居心地の良い状況を保とうと、知ってるのに知らないふりをする。
気になっても踏み込みすぎないようにす
>>続きを読む

ダブル・ジョパディー(1999年製作の映画)

4.0

復讐サスペンス映画

夫に嵌められ殺人罪で逮捕されるも、仮釈放中に息子に会いに行くために孤軍奮闘する。

主人公が逃げまわるシーンはハラハラが止まらず、見ていて思わず応援してしまった。
スッキリしたい
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.0


厳しい環境で生まれながらも、親切な白人の助けにより、才能を開花させる主人公、マイケル。

マイケルを家族として迎える勇気はどれほどのものだったんだろう。

自分の才能を見出してくれる人に出会えたら感
>>続きを読む

東京家族(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

東京へ遊びに来た老夫婦

所謂世間から勝ち組と言われる医者になった長男、少し口うるさい自営業の長女、働いてはいるものの生活費を稼ぐのがやっとの次男。
同じ家族でもこんなにも違う道を歩むのかと思うことは
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.3

見ていてあったかい気持ちになる映画

目的のない映画はあまり嗜好に合わないと思っていたが、この映画は観て良かったと思った

特に面白い事を言ってるわけではないのに笑顔の二人を見ているとこちらまで微笑ま
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公の少年は9.11で亡くなったお父さんの部屋から鍵を見つける。
鍵と一緒にあったメモを手掛かりに鍵穴を探して少年がニューヨーク中を奔走する。


一生懸命探した鍵穴は少年が期待していたものとは違い
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.8

ABAAの名曲とともに映画は進んで行く。
見ていてこちらも踊りたくなるような映画だった。内容は破茶滅茶だが、歌詞にぴったりでこれまたすごい。
是非映画館で見てほしい。



前作を見ていなくても問題な
>>続きを読む

>|