SeasonWalkerさんの映画レビュー・感想・評価

SeasonWalker

SeasonWalker

映画(419)
ドラマ(0)

スプリング・ブレイカーズ(2012年製作の映画)

2.5

懐かしいなーこれ
あれはたしか13か14歳の頃。
どうしてもセレーナがみたくて友達と学校おわりに映画館へ。
たしかこの映画15禁で身分証提出めちゃびくびくしてて、案の定15歳以下ってバレたんだけどどう
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

誰しもが奇跡(ワンダー)

登場人物それぞれにスポットが当てられてて、犬にまで、みんなが人生の主人公なんだって。それぞれに過去(顔)があり未来(心)がある。

この作品の中で起こること、悩むことは本当
>>続きを読む

国産洋画劇場「船と氷山」(2018年製作の映画)

4.0

めっちゃ好き
ディテールまでこだわってるし、本家へのリスペクトも伝わる。
地味に1時間弱あるし、お腹いっぱい楽しめる。
天才エンターテイナーだよ、秋山さん。
Filmarksにあって嬉しい、しっかり映
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

〈自分の愛するたった一人の命or何百何千人の大勢の命〉
戦場では常にこの究極の選択に迫られている。
結論、どちらかを選択しなければならないこの戦争自体が間違っている。

戦争映画でいつも思うことは、死
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

む、難しい…

TENETって逆行して読んでもTENETだね。

アクション、爆破シーン等見応えは抜群120%。飛行機のシーンなんて本当にやっちゃってて、映画に期待してるレベルをしっかり満たしてくれて
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

やっと見れたし、しっかり期待してた面白さ!

もう人間の生活なんてパソコンの画面上で全て覗けちゃう時代なんだね。
とにかく工夫がすごい、斬新でした。

話の内容も二転三転あって、テンポもよく飽きさせな
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

2.5

来週の土曜日もそのまた次ももっと観たいなー!

話はありきたりだし、最初はあんまりハマらないなって思ってたけど、
終わる頃にはなんだかんだみんなのこと好きになってて自分もクラブの一員になったみたい。
>>続きを読む

es [エス](2001年製作の映画)

3.0

教授まじ責任感なさすぎかよ

38番カッコいい

期待しすぎてた分ちょっと足りないかなって思うところもあるけど
これ実際にあった話なのか…

支配と服従の先にあるものは、最悪の結果だけ

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

彼女にとって水とは愛の場所
だから最後水に深く深く沈んでいって幸せなんだろうな…
風呂での自慰も首の傷も彼に出会うフラグだったんだね
美しすぎる水の形
私も優しく包まれたい
バスルームのシーンも忘れら
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.5

めっちゃ切ないんだけど。
最後の卒業式のシーンすごい、寂しくて泣きそうになった…。

白い雪に血が綺麗に映えてた。
今まで観てきた映画トップ3に入るグロさ。

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.0

親は選べないし、結局蛙の子は蛙なんだよな〜
愛と憎しみは表裏一体だから、できるなら愛したい。


いやーー、ハリウッド級の子役ってやっぱりレベチですな〜
彼の成長が楽しみです。

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

3.5

【男はみんなサメ】
赤ずきんちゃんのように男が女の子たちを遊んで食ってみたいな感じなって思ってたら
エンドロールの文章で
【サメの気持ち】
の方なのかなって


内容的には、最初はつまらんな〜って思っ
>>続きを読む

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

1.5

なんじゃこれ
ミュージックビデオ?
話スカスカ
あー、スカスカな女の子の話だからわざとなのかも?
電車の中とかマンションの廊下で大声で騒ぐし、まじ迷惑じゃんとかしか思えなかった
ここまでだと0点
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

4.0

すんげえ、じわじわ中毒になる映画


あれから2週間が経つけど、チワワちゃんの存在が忘れられない。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.0

地獄の扉が開いたのね

世界観、カメラワーク、音、ラストのクセの強さアリアスター

スクール・デイズ(2011年製作の映画)

3.5

みんな子供のころとほぼ変わりなくそのまま大人になったんだね

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.5

芸術家ってモテモテ
好色
ヘミングウェイの色気

きっと何十年後かにギルのファンが訪ねてくる

パリが本当に懐かしい…🇫🇷
歩いたところばっかりだった!

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.0

黒人奴隷に関してしっかり描写された映画は初めてでした。
ブラピ出てきた瞬間、ああこいつ絶対いい役なんだなって純粋に観られなくなる癖やめたい

>|