呉林樹一さんの映画レビュー・感想・評価

呉林樹一

呉林樹一

映画(216)
ドラマ(1)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

中学時代に延々と聞いていただけでクイーンに熱狂的にハマっていたわけじゃないけど
クイーンはしっかり俺の血に注がれていたんだと再認識した。
‪ラミーが出っ歯でなんか可愛いから3回買ったところもあるんだけ
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.5

ホームズがどうこうよりも
ロバート・ダウニー・Jrが楽しめればそれでいい様な気もする映画。
でも謎解きもアクションも大満足!

真夏の方程式(2013年製作の映画)

3.5

少女の罪を隠すため
家族の秘密を守るため
また秘密を背負う。




凄く個人的な好みの話になるけど
海辺の日に焼けた杏が美し過ぎて最高だった。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

3.4

堤真一ってこんな身に詰まる演技するんだな、素晴らしかった。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.5

三部作観終わってしまった・・・
もうバットマンは見れないのか・・・
古いのは見てないから見てみようかなぁ。

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.9

ゲームのアーカムシリーズがバットマン入ったので、ジョーカーの印象がとてもあっさりしていたけど
やっぱこのジョーカー最高だなぁ。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

2.9

やっと見たバットマン
ゴードンはレオンのエブリワンおじさんがやってたのかと嬉しくなりました。
バットマンはトラウマで強くなったんだな。

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

お母ちゃん強い。
ロキの「この怒りは信じろ」
ってのが格好良かったねぇ

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.5

今度は2の敵がやった事をまたトニー・スタークがやるパターン。
アイアンマンを遠隔にするだけでこんだけ楽しくなるんだね笑
ペッパーカッコよくて最高だった笑

劇場版 フリクリ プログレ(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

オルタナで埋め込まれた不安を拭えないまま今日を待って
不安を抱えたままプログレを見ていた。
中盤まで「俺は萌えアニメを見に来たわけじゃないのに」と思ってたけど
ラスト2話でやっぱりフリクリだと思わせて
>>続きを読む

劇場版 フリクリ オルタナ(2018年製作の映画)

1.5

自分は映画になるのを知ってからアニメ見たニワカだから傷は浅いけど
リアルタイムでハマってた人達の興奮と期待を考えるとたまったもんじゃないね
ひとつもワクワクしないの、びっくりしちゃうよ。
作中に出て来
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

1でトニー・スタークがやった事を敵にやられて大変!


ブラック・ウィドウを演じてる時のスカーレット・ヨハンソンが個人的に好きすぎるので最高

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

こんな青春は過ごしてないけど
なんか懐かしい気持ちになった。
奈々の失踪の訳は謎のままだったけど。
思いのほか良い映画だった。

最初のニュースの日付が見た日(9/19火曜)だったのは毎回変えてんのか
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

ブリグズリー・ベアは彼の全てだったし、誰も悪い人いなかった。
様々な優しさと愛に囲まれて幸せな話だった。
本当大好き!

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

同性愛のハードルは当事者にしか分からないけど、お互い理解し合う事と、周りが理解する事
その2つが物語になるのかな。
父や母が受け入れてくれることはとても有り難い事だなと思った。
親父が言っていた「痛み
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

自分の貧しさを肯定しても誰も認めてはくれないが、それでも幸せと感じることはできる。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.1

理解を超えた愛の間にはもう隔たりなど無いのだろう。
美しく狂っていて、そして愛おしい。

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

2.5

前半はちょっと長く感じたけど、楽しかった気がする。
柴咲コウの舞妓姿がめっちゃ綺麗だったのと医者の北村一輝、キャラ良すぎ笑

武士の家計簿(2010年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

一家の一生を淡々と見せる映画だった。
それぞれの人生を見せたかったのかもしれない。
面白くないのにしっかりした映画だった、不思議。

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

3.6

いやぁ、スタイリッシュで格好良かった。
ヤエル奥崎のモデルのカール・ラガーフェルドが格好良すぎてびっくりした。

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

あー、いい映画見た。
いい映画見たー!!!
こんな映画が見れるなんてなんていい時代に生まれたんだろう。
俺の大好きな「日本の映画」だよ!

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ、非常に楽しかった!
色々なことにしっかり落ちがついて、一度で何度も楽しい映画でした。
香取慎吾と麻生久美子が西田敏行に手伝ってと言われたシーンが最高に笑いました。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.5

鍵泥棒ってそこの鍵だったのかよ!
ってところから始まった。
面白かったなー

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

流石ウェス!
毎度の事絵が美しい
いい映画だったー

>|