キナさんの映画レビュー・感想・評価

キナ

キナ

観たいものを観れるときに良い席で
ベストムービーは2017年劇場鑑賞作品から

映画(160)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

この作品をきちんと予算かけて豪華俳優を使って大きく上映されていることが本当に感激で幸せなことだなと思う。

冒頭から容赦ない痛みのある暴力の描写に全身ゾクゾクする。
豚の脱糞を大画面で観られるなんて最
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ここ一週間程度で、リメイク含め悪魔のいけにえシリーズを予習してきた。
レザーフェイスに対して、「デカくて知恵遅れで力強くて少しドジ」というイメージを持ってからの今作鑑賞。

ジェドがいかにしてレザーフ
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

PBNJ PPBNJ PBNJ PPBNJ
あまりにも良い曲が多くて、この映画を観終えてすぐにサントラをダウンロードして聴いて帰った。
ナナおばあちゃんのガラガラ声なPBNJ…が頭から離れない。

>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

まともなコミュニケーションは取れず、何事も極端で不器用すぎて異質なマーリア。
記憶力や視力に長けていたし、彼女は発達障害的な性質なんだろうな。
最初はそのあまりの融通の利かなさに引いてしまったけど、密
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

とても面白く楽しかった!!
テンポ良くストーリーが進み、いくつもの組織が出てきてもごっちゃになることなく物語に入り込んでドキドキできた。
ヤクザ達をうまく回し、わりとグレーゾーンな捜査もやっちゃう刑事
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ひょうきんで単純な主人公に序盤はかなり笑わせられる。
記者をタクシーに乗せるきっかけも要は横取りだし割と自己中的な性格なんだけどなんだか憎めないキャラである。

平和な前置きから光州に入ってからは一気
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽と映像の使い方がとても上手くて、エリオの心情をよりストレートに肌で感じることができた。
些細なやり取りもテンポ良く面白く、だんだん盛り上がっていく二人に引っぱられるように物語にのめり込んでいった。
>>続きを読む

蜷川幸雄シアター2「身毒丸 ファイナル」(2002年製作の映画)

5.0

もう一度ぼくを

内容は把握しているとはいえ、改めて凄まじい演劇に心臓掴まれて仕方なかった。
幼稚で痛々しい身毒の撫子への言動に苦しくなり、彷徨う彼に辛くなる。

藤原竜也は20歳の年で、あまりにも儚
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

どんどん変わっていく人格や事の発端の真実など驚きのあるストーリーの展開は面白い。
ただ、文面で読むにはいいけど口に出すと不自然で浮きすぎたセリフや演技力の低さが気になり
全くの現実感の無さを振り切るに
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

実に楽しかった!!
前作を観ておいて良かった。
ちゃんと続きから始まっていて、名残が色々残っていて。
時代が変わりボードゲームなんてやらねぇよと言われて悔しくてゲームソフトに変身しちゃうジュマンジ可愛
>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

3.0

旅行先でのロマンスからの逆転監禁というシチュエーション、考えただけで身の毛がよだつ。
一度は盛り上がって惹かれた相手に理解の範疇を超えた行動を取られ苦しめられる恐怖が、クレアを通して自分に降りかかった
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

2.4

聴覚障害を生かした演出方法は面白いし白黒のサイレント映画風の映像も新鮮で良かったが、肝心の中身が感じられなかった。
やりたいことはわかるし、時を超えてリンクする行動とか最後に色々繋がるようなつくりは好
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

朝早くからだいぶ濃密な時間であった。
描写の細かさは想像以上で、そこまでやるかよ!?と笑ってしまうシーンも多い。
でも、紺とグレー基調の映像の美しさも相まってただのエロだけにならずショーアップされてい
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

エイズという重くのしかかる病を患いながらも、「私は生きたい」「君に生きてほしい」と激しく叫び続ける姿にはどうしたって胸を打たれる。
本気でエイズ患者を救い感染拡大を防ぎたいと討論を重ねる彼らには少し驚
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

宣伝の時点で罠にハマるだの騙されるだのと相当煽ってくるのでどうしても穿った見方をしてしまい、せっかくの驚きの真実が予定調和となってしまったのが非常に残念。
でもその驚きの真実も使い古したようなネタでし
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何か思わせぶりな割には何も起こらないな〜と思ってダラダラ見ていたら、いつの間にか不愉快極まりない展開となり、混沌に混沌を重ねて大地獄の世界に落ち行ってしまった。
なんだこれ、とにかく物凄いものを観てし
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

3.5

ストーリー自体はシンプルだけど、まず役者陣の演技が本気でイライラするくらい素晴らしく命燃えてて、不穏な劇中劇のパワーも凄くて面白かった。
最後のシーンでは思わず拍手したくなった。
劇中劇と劇中の現実の
>>続きを読む

時間回廊の殺人(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

主人公ミヒの大袈裟な表情が面白い。

時間が絡み合う真相が少しずつ見えてくるに連れて、ループに近い仕掛けに頭も使うし目が離せなくなる。

ツッコミどころは多いし主人公含め自分勝手なエゴ塗れの大人が多く
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

4.0

危なっかしいものを孕んだ人間が多く、何か事が起こっても少し置いてきぼりにされつつ何となく最小限に説明されてあとは察する、という流れが幾度も続くので一瞬たりとも目を離せなかった。
分かりにくいことこの上
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

上から下から後ろから前から 流れるようなカメラワークが多く、第四者くらいの視点で観ている気分になる。
登場人物全員の抑揚の無さすぎる話し方や日常シーンに響く不協和音、小刻みに揺れる身体や目付きなどとに
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

大人の絵本の世界に入り込んだような映画体験。
冒頭シーンからイライザの日常にリンクして、少女のようでアダルトな彼女の感情や表情がダイレクトに伝わってきた。
ほぼ全編、豊かな表情と手話で語られるのが普通
>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

1.0

キタコレしません。

ネット画面を使ったオープニングにちょっとテンション上がったけど、その後は下がりっぱなしで残念だった。
急展開に急展開が重なっていくけれど、全て現実味のカケラも無く振り切るにしては
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

2.6

戦時に少人数の女だけで囲い暮らす中、男前の兵士さんが一人やってきたらそりゃドキドキしてムラムラしちゃうよな…
伍長に惹かれ、互いに嫉妬の目で睨み牽制し合う女達にゾクゾクした。

ただ、冗長で一人一人の
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

そんな人で良かったです。

家族から見た父親の雅人を回想と共に最低限の描写で描かれる前半。
麻雀打ち込むわ借金するわ挙句蒸発するわで、完全にダメ人間の酷い父親だった。
残された妻と子供たちのその後の苦
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

本気で消えて欲しいと憎く思えど、本当に消えられるのは耐え難い。
私に兄弟はいないけど、親などに対して抱く嫉妬や嫌悪の感情と愛情を刺されたような気持ちになり、笑って泣きながら辛くしんどくもあった。

>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

少しピリッとした空気漂うヒューマンドラマ風に話が進み、後半で急に緊張感あるスリラーに豹変してゾクゾクさせられた。

月末の普通〜な感じが主人公としてとても良かった。
明らかにちょっと様子のおかしい宮越
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

冒頭からセクシーでポップなビジュアルとショーシーンに引き込まれるけど、後半は謎の失速…
人魚姉妹の描写が薄く感情移入できない上に、中途半端な設定が急にポンポン出てくるので、良さげなシーンでも心に響くも
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

興奮と満足感が止まらない。
冒頭から引き込まれて、怒涛の展開に血肉が沸き立ち、抗えない本能的な狂気と極みの愛に圧倒される。

獣医学校のガラの悪さにびっくりしつつ、クラブの乱痴気騒ぎにドキドキしてたま
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.9

思ってもみない方向にどんどん展開してドキドキが止まらなかった。
人を見る目がどんどん変わっていき、最後は何とも言えない後味になりつつホッとした。

美しい映像とわりとポップな描き方だけど結構重めな話。
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。
ハイテンションに色々詰め込んでくるので飽きずに普通に楽しめた。
まさか爆弾テロと絡めてくるとは思わず、後半の展開は予想外の繰り返しだった。

宇相吹の瞳にサイケデリックに吸い込まれていく演
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんとも中途半端な印象。
本筋は面白いと思うし桔平の過去が気になって普通に楽しめるはずなのに、盛り上がりどころは無く間延びに間延びを重ねてお涙頂戴シーンに辟易とさせられ、一番観たい重要な展開は無く終わ
>>続きを読む

スキン・コレクター(2017年製作の映画)

3.7

冒頭から安っぽい映像とストリップに萎えるし、いきなり記憶喪失になってる主人公と時系列の分からないツギハギのカットの繰り返しで困惑。
しかし中盤で皮膚病と記憶混濁の原因が分かってからは、これからどう展開
>>続きを読む

ザ・ヴォイド 変異世界(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

結局何がなんなのやら…と人智の範疇を超え行くストーリーだけど、テンポ良い展開で次々起こる事柄に目と心を奪われて仕方ない。

すぐ頭に血が上りがちでなかなか落ち着いてくれない登場人物だけど、キャラが立っ
>>続きを読む

溺殺魔 セバスチャン・ドナー(2014年製作の映画)

2.5

最低限のスリルはあるから退屈することはないけど、設定が緩すぎてなかなか入り込めない。
セバスチャンの襲い方があまりにワンパターンすぎるのも飽きてくる。彼の造形は好み。

水恐怖症で風呂も入れない人間の
>>続きを読む

キリング・グラウンド(2016年製作の映画)

1.0

ポスターのメインにするのはその子じゃないでしょう…

前日(2、3日前かも)と現在のシーンを交互に入れ込む見せ方は面白かったんだけど、ストーリーも展開も酷すぎて非常に残念だった。
絶対必要な残酷描写と
>>続きを読む

目撃者 闇の中の瞳(2017年製作の映画)

4.0

劇中で起こる全ての物事や一つ一つのシーンに意味があり繋がっていくつくりが好き。
少しずつ紐解かれつつ、裏返し裏返しして最後に怒涛の勢いで投げつけられる事件の真相と全貌には呆然とするしかない。

絶望的
>>続きを読む