キナさんの映画レビュー・感想・評価

キナ

キナ

観たいものを観れるうちに映画館の良い席で。
レビューは劇場鑑賞作品のみ。

惹かれるポイントがあったら食わず嫌いせずに観に行こうと思ってます。ホラー、スリラー、サスペンスは特に押さえておきたい。

ベストムービーは2017年の劇場鑑賞作品から

映画(211)
ドラマ(0)

飢えたライオン(2017年製作の映画)

4.0

先生も友達も家族も彼氏も先輩も誰も助けなかったのに、死んだ途端にあんな演説垂らされてもね。
校長先生、竹中直人みたいな話し方するじゃんと思っていたら竹中直人だった。

瞳がどんどん追い詰められていくに
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.8

例の授業の辺りからだんだん居心地が悪くなってくる。
「見つかってしまう」という不安と「見つけてほしい」という欲求に挟まれて息苦しくなっていたら唐突に終わり、物凄いエンドロールに入っていた。

みんな少
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.0

岩男を中心とした小さなエピソードを並べた、4コマ漫画集みたいな映画だった。
親の強すぎる愛の圧を受けて変な方向へ流れてしまった中年男の大暴走ってところか。
田舎の閉塞感というより、田舎の狭い世界の中で
>>続きを読む

クライングフリーセックス(2018年製作の映画)

3.2

ナオミの「ファック、ファック、ファック…」の言い方と表情がツボで頭から離れない。
あまりにもくだらない15分だけど、雑に詰め込んだ感じかなと思いきや案外起承転結があった。

チープすぎる合成と早回しな
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.6

冒頭からたたみかけるような強引な展開に少し出鼻を挫かれるけど、一旦落ち着いてからはスリリングなドラマとして結構楽しめた。原作未読。

顔どころかスタイルも声帯も全部入れ替わっているじゃんとか、累の顔は
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

頑固者二人の些細な争いがレバノンの抱える問題を浮き彫りにし、国を巻き込む大騒動へ。
これは遠い国の遠い話ではなく、私たち自身の話だと感じた。
この映画があれば世界は救われるんじゃないかと本気で思わずに
>>続きを読む

霊的ボリシェヴィキ(2017年製作の映画)

3.9

どこか異質で少し不思議な印象の映画。心の隙間に入り込んでくるような恐ろしさがあった。

それぞれの怖い体験や夢の話をすることで場の空気を同期させ、何かを呼び出す実験。
廃工場のような施設とその中で輪に
>>続きを読む

怪談新耳袋Gメン 冒険編 前編(2018年製作の映画)

3.5

ホラー秘宝まつり2018のグランプリ作品上映回にて。
見聞きしたことある監督達が肝試ししてたら本当に怪奇現象に襲われる、オムニバスタイプのモキュメンタリーだと思ってたらこちらも特に手加えの無いドキュメ
>>続きを読む

心霊ツアーズ(2018年製作の映画)

1.5

セクシーな美女たちが肝試ししてたら本当に霊に襲われてさあ大変、的なモキュメンタリーだと思っていたら別に特に手加えの無いドキュメンタリーだった。おそらく。
ほぼこじつけレベルの事象以外は本当に何も起こら
>>続きを読む

ファミリー☆ウォーズ(2018年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃな倫理観とブレブレのカメラワークに振り回されて少し酔ってしまった。
不快な気分になる場面も多々有り。それも込めて非常に楽しい作品だった。

祖父の認知症を切っ掛けに家族の歯車がどんどんズレ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

公開初日の朝、人気の少ないスクリーンだったので存分にヒィヒィ言いながら楽しんで観られた。

序盤のレスキュードラマから巨大サメとの大格闘へのジャンルシフトが何だか新鮮。
少々御涙頂戴感は否めないけど一
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.9

当時のコギャルってこんなんだったの?怖すぎる…
流石にかなり過剰な描写ではあるんだろうけど、法律違反も軽犯罪も日常でそれを良しとする文化に時代を感じた。
四年前に卒業した高校時代を振り返ってみると当時
>>続きを読む

超・暴力人間 デラックス(2014年製作の映画)

-

「恋のクレイジーロード」との併映にて。

冒頭から、インタビュアーとカメラマンへの猥言と暴言がフルスロットルで炸裂していて楽しかった。
俺は暴力人間、正義の味方や。いつか絶対使ってみたい自己紹介の台詞
>>続きを読む

恋のクレイジーロード(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

私もチューヤンにブチられるなら本望や!!

支離滅裂もいいとこな女装殺人男のあまりの可笑しさに釘付けになった。
宙也にフラれた彼の純粋な涙には衝撃だった。何を泣いとんねん、何だお前エラいキチガイやなあ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予告編の印象から重厚になり損ねてフワフワしてしまう映画かなと思っていたら、案外エンタメ要素の強いハッキリしたサスペンスだった。
情報量の多い台詞が駆け巡り、最初はその独特のテンポに面食らったけど慣れて
>>続きを読む

KUSO(2017年製作の映画)

3.9

「考えるな、感じろ」系の映画。下品で気持ち悪いものは好きなので割と楽しめた。

小さなストーリーが細々と並べられていて、全然意味分からないんだけどそのぶっ飛んだ発想が素直に凄いなと思う。
コントのよう
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

2.8

特殊な立場の主人公だけど、理解されようとされなかろうと「僕はこれが好き!」と純粋に思い突っ走る姿がなんともコミカルで可愛い。
隔離された生活から広い世界に引き込まれた戸惑いもそこそこに、ブリグズビー・
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

重く心にのしかかってくるテーマと描写だけど、テンポ良く案外スルッと入ってくるストーリーで観やすかった。
やるせなくて静かで、でも確かに激しく突き上げるものを感じる。

真っ白の雪景色に動物の死体が転が
>>続きを読む

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

2.2

オカルトを否定し続ける教授でも説明の付かない怪奇現象ということで、どんなエキセントリックな事が起きるのかとワクワクしていたけど、かなり普通のオカルト現象だったので少しガッカリ。
一人目の夜間警備員のエ
>>続きを読む

たまえのスーパーはらわた(2018年製作の映画)

4.3

「女子高生版カメ止め」とのことだけど、本作では一人の人間の成長をより濃くわかりやすく描いた作品だった。
お馴染みの撮影シーンでは小道具が高校生仕様になっていて、ちゃんとリアル感があるのが良い。

好き
>>続きを読む

こんぷれっくす×コンプレックス(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

モゾモゾする思春期感溢れる青春映画だった。
鼻にかかった声と、言葉の頭に「あっ」が絶対付いてしまう感じが好き。

期待させられ期待してからの、まさかのワキ毛好きカミングアウトにショックを受けつつ嬉しく
>>続きを読む

テイク8(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

バイトリーダーなんで。

自主映画製作に打ち込む男との結婚をなかなか許せない父と、何とか認めてもらいたい監督と女優のカップル、肉親の愛情と恋人の愛情が交差する一日。
設定的にはバンドマンでも芸術家でも
>>続きを読む

彼女の告白ランキング(2014年製作の映画)

4.2

笑劇と衝撃の展開。

愛する彼女に告白されたら嫌なこと全て詰め込みました的なえげつない事がポンポン出てきて、その発表形式も彼女達のテンションも彼氏の不憫な表情も全部面白かった。
告白の中身を楽しみにし
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.1

確かに2重螺旋。
現実と非現実の区分けがされないので、ぐるぐる廻る思考を弄ばれている気持ちになる。
メインの3人はもちろん、隣人のおばさんもなんだか不気味に見えた。飼ってた猫の剥製を部屋に飾るかね…
>>続きを読む

スティルライフオブメモリーズ(2018年製作の映画)

3.5

女性の身体をやたらと「神秘的」だなんだと持ち上げて特別視することが苦手だけど、この作品は意外とすんなり入ってきたので良かった。
被写体の特別感というよりも、撮られる側と撮る側の人間関係と感情の動きにス
>>続きを読む

模倣霊(2017年製作の映画)

2.8

少女の霊(?)の、ほっぺぷくぷくな見た目がとにかく愛らしくて、どうもこの子を怖がる気にならない。
一生懸命に声や仕草を真似ていて可愛いじゃない、なんて思ってしまった。可哀想すぎる境遇も好き。
本物のジ
>>続きを読む

ストレンジャーズ:プレイ・アット・ナイト(原題)(2018年製作の映画)

4.0

セオリー通りのモダンなスリラー。
ありきたりではあるけど、特に理由の無い殺人者たちのマスク姿のビジュアルやその神出鬼没ぶりは本当に不気味。嗜好目的の殺人ゲーム的なことかな。
訳の分からないまま命を追わ
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

パンツ履け!!!

I❤︎LAのピチピチTシャツがダサい如何にもなビッチギャルのジェニファー、頭空っぽかと思いきや後半は意外とキレキレの行動を取ってて見直した。
男たちが気持ち悪すぎ、胸糞悪すぎてヘイ
>>続きを読む

トーナメント(2017年製作の映画)

3.1

積もっていた不信感が一夜の事故をきっかけに爆発した家族の揉み合い話だった。
いつまで経ってもデスゲームが始まらないので拍子抜けしたけど、ちょっと下手な駆け引きを打つ心理スリラーとして観られた。

言っ
>>続きを読む

モダン・ラブ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

常にいくつもの脳内現実を持ち歩いて日々何とか生きている身としてはとても面白く観れたんだけど、最終的になぜか悲しくてたまらなくなってしまった。

デジャヴやループ、新惑星、異常気象などのSF感を主人公達
>>続きを読む

ブラッド・インフェルノ(2017年製作の映画)

3.5

セクシーな男女がバンに乗って寂れた街に向かって行くだけでキュンキュンする。
非常にベタだけど、一つ一つの展開は痛くて汚くて好き。
あの汚すぎるトイレが夢に出てきてだいぶ辛かった。

ちょくちょく挟まれ
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

家に侵入される系はどうしたって怖い。
オリジナルの強烈さは味わえなかったけど、次々と起こる出来事に普通に面白く観れた。
今作のサラの方がオリジナルよりタフな印象。
臨月の妊婦さんが結構ガシガシ動くので
>>続きを読む

ダーケスト・ウォーター(2017年製作の映画)

2.5

双子の姉弟の美しさとゴシックな雰囲気満載の映像で観ていられるけど、なんの感情も動かないまま終わってしまった。

屋敷に縛られる理由や掟の意図がふんわりしているので、いや普通に引っ越せばいいのでは?など
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原点回帰とも言える前作にあった、テーマパークを滅茶苦茶にされる恐怖感やパニック感は味わえるはずもないとストーリーはほぼ諦めていたものの、あまり芯が通っておらずだいぶ残念。
「屋敷×恐竜」というまさにハ
>>続きを読む

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

肝心な所をあまり写さずGoProの如くブレまくるカメラワークと、良いんだか悪いんだか微妙なテンポ、かなり無茶なストーリーに苛立ちつつも、不条理な子供殺し劇は観ていて楽しい。

無条件な愛情があるはずの
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

結局エルはデルフィーヌが創り出した人間だったってことか…多重人格とはまた違うような気もするけど。
最後のサイン会時のデルフィーヌがエルと同じようなメイクをして自信満々でニヤッと笑ったその顔にゾクゾクし
>>続きを読む

>|