kieさんの映画レビュー・感想・評価

kie

kie

映画は映画館で

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

3.9

いやーかっこよかった。暴力的なほどまっすぐで正直なギャングたちにホンモノのDOPEさを感じた。アメリカの社会現象とひとつと。
これは映画館で見たかった、来たれ単館。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.7

愛情と感性と知性と人間力のアベレージの高さにボロ泣き。シガーロスだしな。
消費社会に嫌気がさしてはいるものの、こうじゃないといけないっていうものはなんいんだから。
楽だとか自由だとかをお金で買えてしま
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.7

漫画みてないからあれなんだけど。
す、す、すだくん
こまつななちゃん
どっちめせんでもきゅんきゅん。
チューしたい盛りね

恋の罪(2011年製作の映画)

4.0

ぎゅーっとなったね
竜くんよ、こんなとこに。

ぼくらの七日間戦争(1988年製作の映画)

4.0

やることはオーバーだけど、いい大人をギャフンと言わせた青春ドラマ。ちょっとだけこそばゆい。こんな可愛い中学生いないよ、りえちゃん。

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.7

新宿スワンの山田優さん
最高にかっこいい
そして俳優陣の体を張った感じも

初恋(2006年製作の映画)

3.8

目を曇らせることしかできないって。
なんて切ない言葉よ
こんな時代あったのね〜

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.8

毎度のこと
ジャックスパロウさまがかっこいい
こんな兄ちゃんほしい
なんかつづくぞー

カンナさん大成功です!(2006年製作の映画)

3.6

この軽さといい、可愛い感じといい、韓国映画っぽくていいよね

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

波の音、風の音、環境音、音楽
静寂なはずだけど、うねりがあって。
映画って感じさせないあの感じはなんだろう。
人間らしい。
邦画のような余韻でした。

>|