kikiさんの映画レビュー・感想・評価

kiki

kiki

映画(137)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

国籍も環境も全然違うのに、結局みんな同じようなことに悩んだり、喜んだり、苛ついたりしてるんだなぁーと思った。

よくあるベタベタな母娘の仲直り感動シーンでもなく、リアルに仲直りする感じが良かった。

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.4

なんで中に絶対何かやばいやついるって分かってるのにドア開けたり、すぐ出ずに長居したりするんだろう。

入らなきゃいいのに。ってとこに入っちゃう。

夜にひとりで観たのでやっぱり怖かった…

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

原作がとても素敵だったから観てみようと、あまり期待せずに観たけど、すごく良かったです。

原作にちゃんと沿ってるのに、日本人に合わせて上手くアレンジされてる。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

非現実的かもしれないけど…

こんな毎日を送れるのなら、記憶障害があっても、障害のない今より素敵かもしれないと思った。

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.4

ワンちゃんが真っ赤に染まっていくのが面白かった!
ステキな夫婦。

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

誰も信じてくれない状態が本当にイライラした。

大切な人はみんな死んじゃうし、最後まで救われない。

リディバイダー(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

主人公目線のカメラの写し方が、状況を把握するのに時間がかかる上に、閉所恐怖症気味の自分には息苦しかった。

妹と甥への家族愛も描いてる割には感動の場面はほぼなく、何だかよく分からず終わった感じだった。
>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

2.5

なんだろう?コレ

期待していた映画とは全く違った。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

イギリスの街並みも、お家も、お庭も、動物たちも、ローズバーンも全て素敵。

クスッと笑えるシーンもあって楽しめた。

死の谷間(2015年製作の映画)

3.2

生き残るためには知識や技術は大事だなーと。

今の私には水力発電を作るどころか、畑の耕し方すら分からない…

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.4

難しかった。
いろいろショッキングだった。

実際に法廷では、あまり真相が重要視されてないのだとすると、とても怖い話。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

自分の身がどうなろうと、真実のために闘う姿が最高にカッコいい。

保守的な日本人には真似出来ない潔さがあって、人生を賭けて信念を貫く強さに感動した。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.3

金持ちが考えることは到底理解できないということ。
そんな人間になってまで、お金はいらない!と言いたい。
だから金持ちになれないのか…

母を演じるミシェルの演技が上手で、見事に母親に感情移入させられた
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.7

目を背けたくなるシーンが多い。

登場人物がそれぞれに過去に苦しめられていて、いろんなことが同時進行していて、
もっと少年Aに絞って観たかった気もするけど、
でもリアルでいいのかもしれない。

罰せら
>>続きを読む

結婚まで1%(2017年製作の映画)

3.0

全く共感が出来ない。

そりゃそうなるわという展開。

30歳にもなって、何故先の展開が想像できないのか?
経験値じゃなく、想像力の問題かと…

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.6

前半がちょっぴり間延びする感じ。

飽きちゃうかと思ったけど、実際に本番を迎えてからは面白かった。
終わり方がとても良かった。

結局いくら位になったんだろう…

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.6

いろんな言葉や出来事が意味深。全くラストが予測できなかった!

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

主人公だけが死ぬという、ビックリな展開。

だからなのか、後半の結末に向かうとこがとても薄っぺらく感じた。

え、過去の罪って、そんな簡単に償えちゃうの?という感じ。

だったら、エレンペイジも死なず
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.1

ドラマは好きで観ていたけど、ドラマから時間が空きすぎてしまって…

これは映画にする必要があったのか?と思ってしまった。

本妻目線、主人公目線、どちらで観ても不快感が残る。

ドラマ直後に観ればもっ
>>続きを読む

マーシャル 法廷を変えた男(2017年製作の映画)

3.7

テーマは重たいけど、フッと笑えるシーンもあって観やすい。

自分を信じて、意志を強く持って、前に進む勇気をもらえるストーリーだった。

アラサー女子の恋愛事情(2014年製作の映画)

3.5

これで良いのか?モヤモヤが残る。
いろいろ切ない。

サムロックウェルがめちゃくちゃカッコいい。

ドクター・エクソシスト(2016年製作の映画)

3.5

じっとりホラー…というのとは少し違う。家族愛とか悪者と闘うヒーロー的な。

かなり引き込まれる展開で、よし!これで解決!と思いきや、何度か騙された。

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

3.3

ジョン・クリーとダン・リーノの名前がどうしてもごちゃ混ぜになって、混乱した。

最後はまさかの展開だった。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.7

赤ちゃんに戻ってしまう時がめちゃくちゃカワイイ。

同じ目覚まし時計が欲しい。

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.7

本当に怖い病気。

身近な人間が、この病に罹った時に、精神的な疾患じゃないと、最後まで諦めずに信じてあげられるか、逆に信じてもらえるのか…自信がない。

ザ・リング/リバース(2016年製作の映画)

3.3

やっぱりサマラよりは貞子の方が怖い。
日本のホラーの方が陰湿で不気味感があると思う。

サマラの母親の異様さをもう少し取り上げて欲しかった。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.3

非常に難解。

何をしたのか?何をされたのか?
どうしたらあんな奇病になるのか?

いろいろ解消されずモヤモヤしたまま終わった。

不能犯(2018年製作の映画)

3.3

かなりホラーとの噂に期待して見たけど、怖くはなかった。

あの人死ねばいいと思うことがあっても、純粋な殺意というのが理解出来ない。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

前作のジュマンジを想像してたけど、全然違った!

キャラクター設定が面白い!

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

映画館で観ればよかった…

最初の街中でのバイクシーンがカッコよかった!

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

“死者の日”という習慣を初めて知って、すごくステキな日だと思った。

大事な人をずっと忘れないように。

お盆にはちゃんと御墓参りに行こうと思った。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

ただテロリストから大勢の人を救ったヒーロー劇じゃなくて、主人公たちがこれまでにどんな人生を送ってきたのかという背景を知ったからこそ、後半は自然と涙が流れました。感動。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

4DXで鑑賞。

女の子がハラハラするシーンでめちゃくちゃ叫ぶので、さらにハラハラしました。

続編があるのかな…?

幸せになるための27のドレス(2008年製作の映画)

3.6

婚活時代に観たので、つい自分に重ね合わせて観てしまった。

>|