YARUSENAKIOさんの映画レビュー・感想・評価

YARUSENAKIO

YARUSENAKIO

感想文です。2016年2月19日から。

映画(383)
ドラマ(0)

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

4.5

2回目。
何本か観たドランの作品の中では1番好き。
美しいのに悲しい。伝えても叶わない思いはどうすればいいんでしょうね。
吸いたいのに火がつかねえしな。

テルマ(2017年製作の映画)

-

好みのシーン多かったけど、もうひと押し欲しかった。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

-

朝子の身勝手さは許せないけれど、大切なものを捨ててまで人を思えるのは幸せなことなのかもしれない。馬鹿だとは思うけど。

ゼイリブ(1988年製作の映画)

-

しつこすぎるプロレスが最高!

社会に無関心でいることは危険なことだと思わされる真面目な作品であって、それは30年前も今も国境関係無しに変わらないことだと思った。

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

-

おもしろかった〜。
法廷ものって社会派で堅苦しいかな?って思ってたけど目が離せなくなった。
エンターテイメント性がちゃんとあって、グッときた。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

-

おもしろかった。宝くじ当たったらのくだりきた。樹木希林さん、ありがとうございました。

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

-

笑えるところもあるし良いシーンもあるんだけど、後半想像以上に重かった。最後虚無感すらあった。

個人的には吉田監督だとオリジナル脚本の作品の方が好み。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

おもしろかった〜!
軍人強すぎる。
あの注射キマっていたら胸糞悪すぎて見ていられなかったかもな。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

-

元は似た者同士だったのね。
5連覇のプレッシャーと孤独、凡人には計り知れないものがあるな。ちょっとした狂気すら感じた。

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

-

面白いセットや夢のシーンが好き。
ラストの虚しさが良い。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

-

原作が好きだから、どうなんかなと思っていたけどうるうるきた。
子ども向けな雰囲気出てるけど20〜40代くらいの大人も楽しめるんじゃないかな?蒼井優ハマってたし。
あとおっぱいって素晴らしいなと思った。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

めっちゃおもしろかった…!最高!
素晴らしかった。愛と情熱が溢れていた。

恋の門(2004年製作の映画)

4.0

何回か観てるけどやっぱおもしろい。
最後いまいちすっきりさせてくれない感じが松尾スズキなのかな。
庵野秀明と安野モヨコの端役に今回やっと気づいた(笑)

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

-

あと15年早く生まれていればもう少し面白みがわかったのかなと
エンディングの曲の雰囲気良かった

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

画や音楽は良かったけど前半ちょっと物足りなく感じた。
さよならの汽車のシーンからは良かったと思う。
良いオヤジ。

劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ(2011年製作の映画)

4.0

かまってちゃん聴いたことなかったけどちょっとわかる気がした。心揺さぶるバンドだ。

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.0

腹ふりというアルバムがあって、このことかと思った。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

断片的にしか観たことしかなかったけど、ちゃんと観たらおもしろかった。
夢があっていい。
ジョージ・マクフライの髪型がかっこよい。

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

4.3

ようやく観た。おもしろかった。
自分自身捻くれ者だから彼女たちの気持ちはとてもわかる。みんな同じでつまらない人間に見えていたし馬鹿にしてたの思い出した。
ラストのバスのシーン、どこか行ってしまいたい気
>>続きを読む

>|