YARUSENAKIOさんの映画レビュー・感想・評価

YARUSENAKIO

YARUSENAKIO

感想文です。2016年2月19日から。

ランボー(1982年製作の映画)

4.5

小学生の頃地上波で観た以来だけど素晴らしいね。警察のクソさには腹が立ったけど、おかげでスカッとした。

ランボーがバイクぶっ飛ばすのもかっこいいし森でのサバイバルなアクションも凄いし傷口自分で縫うし最
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

4.5

今敏と言えばパプリカみたいな雰囲気あるけど、自分は千年女優も同じくらい好き。

場面の切り替わりが面白いし、千代子さんが走るシーンが良い。

「あの人」の声を担当した山ちゃんの声が凄く良い。渋い。
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.5

ちょいちょい良いシーンはあった。

でも主人公の彼女は震災後なぜデリヘルのアルバイト始めたのか謎。

光石研はこういう役ハマっていたと思うが、高良健吾の舞台と篤さんが微妙…。

彼女の人生は間違いじゃ
>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

4.3

おもしろかったー!
やっぱりカーアクションは最高だな。
ラストのドムとロック様の最強タッグでショウとその手下のマッチョをコテンパンにするシーンはシビれた。

そして、ハン…

世界でいちばん美しい村(2016年製作の映画)

2.5

寝た。映像が映画というより写真。
ラスト監督と現地の子どもが映るのはちょっと違うんじゃないかと…

心に吹く風(2017年製作の映画)

1.0

1時間で観るのやめた。何から何までわざとらしいというか。台詞が無駄にクサい。明日も会いたいとわがままいう主人公のしつこさが低俗。下心にしか見えなかった。

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.2

昔日曜洋画劇場あたりでやってたのが懐かしくなって観た。
ズタズタになった街の景色に虚しさを感じ、廃墟でのピアノの演奏に感動した。
ドイツ軍兵士がシュピルマンに食糧品やコートを与えたシーンも良かった。
>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

坂本慎太郎が好きって言うから観てみた。

裏社会に足を踏み込んだら本人の意思とは関係なしに事が進み最悪の結末に…。
主人公がどうしようもできないのが怖い。常識が通用しない世界が醸すおっかなさ。

しょ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

結局真実が何だったのかモヤモヤしたが、役所広司の演技の良さが出てたのではないかと思う。
裁判長が1番見ていて腹が立った。

問題提起されたような感覚。色々考えさせられた。

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

4.0

寝不足で観たせいで途中寝たけど、良い映画だった気がする。
事情聴取の長台詞言うシーンとか面白かった。そして加賀まいこが可愛くて麗しすぎた。
またちゃんと観てみようと思う。

たまもの(2004年製作の映画)

4.0

10代の時ポルノ映画だと気付かず借りて観たこの映画を今観たらどう思うのかと思って。
そういやこんな映画だったなと。あの部屋の雰囲気の記憶は鮮明に覚えていて再確認したけどやっぱりそのままだった。印象深い
>>続きを読む

キセキの葉書(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

障害を持った娘の世話をし認知症になった母親へ手紙を送る話なんだが、重い部分が多すぎて疲れた。そして何故か自分にはこの映画がエセ美しく思えてしまった。原作はもっと違うのかもしれないけど、違和感を感じてし>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

ルー・リードのTシャツ、DEVOのTシャツとSUICIDEのCheree。

家族映画であるけど思っていたより女性の性について議論されていて考えさせられるところはあった。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

おとぎ話のような雰囲気の世界だった。
テンポは良かったけどストーリー自体はそれほどって感じ。
しかしポップで可愛らしさを感じる映像を存分に堪能できた。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.8

予告良さげだったからちょっと期待はずれ。
トムクルーズの尻が良い。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

まあまあだった。話はややこしかったかな。
長回しのアクションシーンは良かったと思う。
ロンドンコーリング。

銀河鉄道の夜(1985年製作の映画)

3.5

深すぎてわけわからなかったなぁー。
暗い印象でアニメ映画だけどターゲットの年代がわからない(笑)
そして絶妙な細野晴臣感。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.0

ルー良かった!
途中中だるみしたような感じがしたけど、前半とラストはすごい良かった。感動した。

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.8

本当に素晴らしい映画。久しぶりに観たけど涙腺が…。木村多江さんとリリーさんを好きにならずにはいられない。

監督がインタビューで言っていた
「人と人の間にしか希望は生まれない」という言葉を改めて実感す
>>続きを読む

ジヌよさらば かむろば村へ(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

金アレルギーでフラッフラになる龍平とライダースみたいなの着た片桐はいりさんが銀行で金下ろしてるシーンめっちゃ笑えた。
あとはおふみの尻が良かったくらいかな。
ところどころコメディで笑えた。
そして変な
>>続きを読む

存在の耐えられない軽さ(1988年製作の映画)

4.0

ジュリエット・ビノシュが出ているということとこの映画のタイトルに心掴まれたので鑑賞。
男と女の考え方の違い、快楽の軽さと愛の重さについて。

そしてやっぱりジュリエット・ビノシュは可愛かった。

原作
>>続きを読む

美しいひと(2008年製作の映画)

3.6

話がちょっとややこしい。
みんな美男美女すぎてうっとりした。(ノンケです)
レア・セドゥの不思議なものを感じさせる美しさは100点。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

走るゾンビ怖い!!
感染した時の動きの気持ち悪さもなかなか。迫力があった。

意外にもちょっと感動するシーンがいくつか。
嫌味なアイツも結局みんなの犠牲になってくれたり
恋人が噛まれてゾンビになって自
>>続きを読む

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

4.0

観てる時は面白いんだけど、後に残らない感じ(笑)
マトリョーシカってあんな使い方できるんだね。

1番よかったのはエンディングで流れたNG集。もう若くないのにあんなアクションしてるジャッキーがかっこい
>>続きを読む

山猫は眠らない(1992年製作の映画)

3.5

まあまあかな。
ミラーがプリンスに見えて仕方なかった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

最初は「なんだこのノリノリで調子乗った小僧は…」って思ったんだけど、車ぶっ飛ばして逃走するシーンはシビれた。

あとちょっとだけファイトクラブ出てきたのを見逃さなかったぞ。

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

パターソンの日常が愛おしい。
朝起きて妻にキス、仕事から帰り、犬の散歩がてらバーに行き、家に帰る。出会う人々との会話。
妻に秘密のノートにしたためた詩を発表しようと押しに負けてはにかんでるパターソンの
>>続きを読む

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

4.0

大して期待してなかったけど観てみたら面白かった(笑)陽気。
ただの会社員としては公務員守られすぎだろ!ってちょったイラっとしたけどね。

あとグリーンインフェルノの思い出した(笑)

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

ちょっと物足りなさを感じた。
中村勘九郎と岡田将生と安田顕がハマってたくらいかな。
佐藤二朗は面白かった。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.2

すごい良かった。
チェ・ミンシクの演技凄まじかった。
悲しみと復讐が苦しい映画。

お嬢さんもだけどパク・チャヌク監督の作品は結構好みなのかもしれない。

マーターズ(2007年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前半は面白く観られたけど後半かなりエグかった。拷問と皮剥ぎ見てるのしんどかった。
中盤に出てきた犠牲者の女の頭の金具抜くシーン強烈過ぎ。

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

3.8

なんじゃこりゃ(笑)変な映画。
ラストの展開に少し混乱したけど、観終わって整理して考えると、あー、そういうことか!と。それでも疑問点はちょっと残った。

ちょいちょい笑えるシーンもあった。待ち合わせで
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.5

つまらなくはないけど何かちょっと物足りない。
女優さん達はすごく綺麗だったし衣装も似合っていた。

>|