kiiiyさんの映画レビュー・感想・評価

kiiiy

kiiiy

好きな映画に関わらず、なるべく食わず嫌い気味に。ほんとに思ったことだけ言いたい。

2017からメモ、過去のは印象に残ったものをチェックしてます。

映画(116)
ドラマ(0)

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.6

全く予備知識入れず見たので、え?こういう展開!?と楽しめた。

寄生獣の頃から思っていたけど、東出昌大の人間じゃない感、宇宙人感というか。
イケメンなのに妙に読めない怖さがあって、いつか浅野忠信みたい
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.7

良かった。。!

この揺蕩う空気感、下手にやれば一気に退屈な映画になりそうなものを、柄本佑、石橋静、染谷将太の芝居と、表情に寄り添うアップを切り取るカメラと、ブルーの明け方の気だるいトーンが絶妙なバラ
>>続きを読む

赤色彗星倶楽部(2017年製作の映画)

3.4

青山シアター、オンラインで見ました。

音声の後乗せ感気になったし、やったらカット割り多い(若い人に最近この傾向多い)のが邪魔に感じるシーンもあったけど、映画自体は好きだなと思いました。

監督の若さ
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.0

LGBTを取り上げていて良いよね、という部分の評価はしません、単純に映画として思ったこと。

生徒達、クラスの空気や臨場感は出ていて素敵なところありました。

7月◯日とする必要あったのかな?
あれが
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.6

言うこと無しのドエンタメだし、どんな無理難題のミッションでも絶対クリアする筋書きだと分かってるけど、映画館で楽しむのに最適なこのシリーズ。

ぜひ、見終わったらメイキング見て欲しい。

グリーンバック
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

面白かった、そして拍手!

構成とスタッフの努力。

リアクションの薄い日本人が朝から映画館で爆笑するという幸せな体験をしに是非映画館へと言いたい。

心に残る一作とかではないけど。

低予算をアイデ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.3

最初のタイトルでのいつものジャーン!が無いから寂しい。

とはいえ飽きる瞬間が無いくらい幕内弁当並みにエンタメとして盛り盛りで1800円の価値はあり。

どうしてもハリソンフォードの顔が頭に焼き付いて
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.5

松井監督の舞台を観に行った感じ。

多分低予算、でも飽きさせないのは役者のお芝居とカメラ、独特のオーバー演出。
独自の世界観を貫いて強く魅力的な作品に。

全然共感はできないけど、観る人のツッコミをY
>>続きを読む

愛情萬歳(1994年製作の映画)

3.2

ツァイミンリャンが好きで台湾巨匠特集で見に行きました。

極端に少ない台詞。

空き部屋の空間を上手く使って、舞台を見ているような気も。

都会の中の空虚さを誰も住んでいない部屋で表しているのか。
>>続きを読む

悪い女(1998年製作の映画)

3.5

snsで見て、キム・ギドクが好きだったのでレンタル。

主人公ジナの言葉少ないのが良かった。
今の映画って大体気持ちを喋り過ぎだよね。全部言っちゃう。

きっと彼女には色んな過去と生い立ちがあったのだ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.6

面白かったと思う。

リアルならめちゃ重たい話なはず。
ユーモアをふんだんに。

そして悪い人など1人も出てこなかった。

ただ。。
今回隣の一人で見に来た女性の笑い声のデカさと頻度が凄すぎて、自分の
>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

2.5

評価高いのとネットですごく記事見るので行きました。平日、15人くらいのお客さん。

若い女の子とおじさん、男子いたかも。

途中寝落ちしました。。。

リリイ・シュシュみたいと書いてる人何人かいたけど
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.2

去年NYに泊まり、インスタでみたコニーアイランドに惹かれて行こうとしたら友人に「あそこ何にもないよー」と言われてやめたのを思い出しました。


全編に渡りウディアレン節

ポスターに惹かれたんですが、
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

3.8

映画マニアな人達が小津小津という何となくの印象で今のいままで天邪鬼に観て来なかったけど、小津4k上映スクリーンでならと。
ぁぁ。でもほんとに観て良かった。

見た自分のタイミングも良かった。10代とか
>>続きを読む

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

3.2

とある機会で見ました。

コリン・ファレル髭が無いと下がり眉が印象的。

電話BOX舞台には面白いけど、妻と浮気相手とか、NYで羽振り効かせるちょっといけ好かない奴は紋切り感あるなー。

当時ならいけ
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

2.9

めちゃくちゃ評価良いんだ、と観に行ったけど何か最後まで置いてけぼりになった。

肌に合わなかったなー。。

最初の方のロレンツォの妄想初登校シーンのMV調の微妙なセンスのアニメーションでもう心がつまず
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.3

色んなセンスと笑いとそしてちゃんとキャラクターを描いている青春映画だった。

音楽よし、女の子を描くディティールや台詞も面白い。
描かれる感情は時代が変わっても普遍的。

ティモシー・シャラメ出てるよ
>>続きを読む

団地妻 隣りのあえぎ(2001年製作の映画)

3.6

ピンク映画の存在を知りつつも観ていなかった、これが初くらい。

衝撃。。!

面白いし、切ないし、女優さんの身体綺麗だし、男たちの情けなさとか寂しさとか。

もっと普通に多くの人に観られても良いなと思
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.4

恵比寿ガーデンシネマ。女性がやっぱり多かったファッションぽく映るのだろうか予告編的には。

でもこれは男女の話。
男の人も観たらきっと面白いはず。

恋愛において、誰が運転手で、誰が助手席に座るかのか
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.6

ホアキン・フェニックスがグラディエーターの頃から好き。

内面の歪んだ弱い男を演らせたら世界最高峰な人です。

今回は金槌おじさん炸裂。
オールドボーイかよ、、という。

ビューティフル・デイなんてい
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

社会的に弱い立場の人間に光をあてるという是枝監督のこれまでのラインナップにまたひとつ加わる作品。

円熟が到達し過ぎて樹木希林さんのお芝居は周りを下手くそに見せてしまうほど神っぷり。
本作においては、
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

原作9巻まで読みました。

橘役を小松菜奈さんにしたのが一番この映画の良かったところ。

個人的に店長は、本当にどこにでもいる45歳のおじさんで(中身が良かったとしても)それを瑞々しい女子高生が好きに
>>続きを読む

枝葉のこと(2017年製作の映画)

3.5

賢くてそしてセンスもある仕事仲間におススメされて観てきました。

万人ウケするものではなくて、特に日本では、まぁ、イメージフォーラムでやっている時点でそうなのだけど。

観終わるまで、監督主演だと気付
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

サイコー!

ウェス・アンダーソンのセンス炸裂。

実写も好きだけど、こういう世界観はお手の物。

動く緻密な絵画を見ているみたいで、瞬きする暇なくて目に涙が溜まる。。

絶対大きなスクリーンで観るの
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.7

見逃すとこだった。。!
こんなに面白いのにやってるとこ少ないし、早く終了するし、アメリカのフィギュアの人だからって事だろうか。

小さかったせいか、ご本人の記憶は無かったけど、凄く楽しめた。
衣装やセ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.4

ラストは良いという人もいるけど、無名の人を上手くキャスティングして、こんなにも生き生きと時には生々しく描いているからこそ、リアリティのある、もしくは音楽でごまかさないラストが良かったな。

でも誤魔化
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.4

目がチカチカした。

10分の1位しか発見できてないけど、ゲーム、映画、エンタメ歴代ネタだらけで、もはや映画というかUSJとかディズニーのアトラクションに近かったなぁ。。

なので絶対映画館で見ること
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

もう良いコメントだらけなので、ゆるく。。。

文化村は満席パンパン女子高めおばさまがたも。たまに黄色い声あったけどラストに近づくと空気が張り詰めたな。

父ちゃんの美味しい台詞、つかみは持っていきます
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.5

ジワジワ来ました。。

嫌な感じ、いい意味で。
本当のリアルとか現実感を目の前に突きつけられている感じ。

まさにラブレス、息苦しい愛。

呼吸がつらい。

ネタバレ

暗闇で泣き崩れていたアレクセイ
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

3.9

観終わって移動して、やっと落ち着いたら足が震えてた。

そういう震えではなくて、硬直して観ていたからかもしれない。

最近おるフェイクドキュメンタリーではなくて本当の本当。

真実の世界。

あまりに
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.4

皆んな屈折している。

皆んな独特の欲望と思想。

でも観ていると人間こんなもんかなと思えてくる。

ミシェルにおぼんをこぼした見知らぬ人でさえ。

そして人間て強いなーとも思った。

ロボコップの監
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

見逃していたので早稲田松竹に。

opの映像めちゃくちゃカッコよくて圧倒された。
トム・フォードのセンスすごく好きだ、

最近ふんわり淡めのトーンが日本では好かれがちだけど、
ガチっとファッションの硬
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

2.0

私は全然ダメでした。

レビューに「74分ワンカット」と書いてる人多いけど、手法は物語を強くするための一つだからそんなに全面に出る必要はないと思う。

松居監督のはハァハァ以来二つ目だけど、いいなぁと
>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.7

何気に見ていなかったのでレンタルで。

ソフィア・コッポラはこの時が頂点なんじゃないかと思う。

20年近く前の映画とは思えない。

姉妹のキャスティングも男の子達のも良い。

下手なセンスの演出だと
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.1

レディースデイなのか女子だらけ、若い女の子達は松坂桃李ファン??

原作未読。

脱ぎっぷりヤリっぷりは凄い、喘ぎ声が響きまくる映画館て、ピンク映画より凄いわコレは。

独特の世界観で、ちょっとお芝居
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.5

filmarks試写会にて。

アメリカン・ドリームより地に足着いた感じが好きかも。

出るキャラ全て愛すべきオリジナリティがあった。

ネイティブ並みに英語が分かったら数倍楽しめるのになぁーとちょっ
>>続きを読む

>|