きむさんの映画レビュー・感想・評価

きむ

きむ

映画(133)
ドラマ(0)

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

鬼の胸糞。
組織はある種の洗脳をもたらし得る。素直さとほんの少しの疑う気持ちが必要ですね。

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

3.5

ラストが衝撃的。
70'sの音楽がええ感じ。

タランティーノの処女作だそうで。しかもあんなシーンのためだけに本人出演するとは。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.3

これは毒を以て毒を制すヒーローのお話?いいえ、家族の物語です。

ダブステップのくだりでskrillexは洒落てた。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.4

クスッと笑えるユーモア。
何を続編匂わせてんねん。
それすらもギャグか?
ホリーめちゃかわ。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

鬼の伏線回収。
これを不意打ちで観に行ったらより衝撃的やろうな。
アクションものとは別の系統の映画館で見るべき作品。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.4

人は危機に直面した時、何をすべきか。
終盤まで何の映画観てるのか忘れてた。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

原作レイプじゃないタイプの希少な実写版。帝一が自分の国をつくって成したい夢とは。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

夢あり、恋あり、友情あり、ゴジラもガンダムもありの何でもあり。
天才過ぎて凡人のボキャブラリーでは感想を表せれません。
ただひたすらにありがとう。
好きを突き詰めた人の、好きが詰まった作品です。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.1

原作からずーっと気になってた作品。犯人は予想外だったものの、普通。

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.3

短くサクッとちょうどええ。
ラスト8分間に起こる奇跡。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.4

「僕らは人間の善意について賭けをしたんだ。」
ご利用は計画的に

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

あーこわ。
さぶいぼ。
お化けよりも怖いのは人の狂気系ね。友よありがとう。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

「声なき人間になるくらいなら、国なき人間になる。」
難しい話のはずやのに知識が無くても映画としてちゃんと観れるようになってるのがすごい。

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.5

脱獄犯と人質の少年に芽生えた絆の物語。
歩行者天国の標識のモチーフが誘拐犯と子供って都市伝説を思い出した。

ブッチの目指すパーフェクトワールドとは。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

''The novest art is that of making others happy''
奇人達のバカ騒ぎと言われても、こう言い切った自信と信念。
ただし、成功は時に人の目を曇らせる。

>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.4

怒りは怒りを来す。
内容重めのヒューマンドラマ系のはずやけど、後味は悪くない。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.3

ただただイケてるけど、壊しすぎ。笑
やはり映画館で見るべき系。

アメリ(2001年製作の映画)

3.1

洒落てる。
アメリかわいい。
ただこのテンポは相変わらず得意ではない。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.2

みんな真面目に思いやりを持ってコツコツと生きてくれと願うばかり。

藁の楯(2013年製作の映画)

3.5

「こいつは命を懸けてまで守る価値がある人間か」
鬼胸糞。良かったです。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.5

「so far so good」まだイケル
やっぱデンゼルワシントンは最強にかっこいい。

かぞくはじめました(2010年製作の映画)

3.4

the恋愛モノに挑戦。
ソフィーが可愛すぎる。
途中でキュンとしてしまってる自分に気付いて1人で恥ずかしくなった。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.7

男ならー豆腐、女ならーなお豆腐。前後半の緩急にいつの間にか引き込まれてた。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.6

苦手ジャンルの恋愛モノ強化月間はじめました。
程よく笑えて感動できて、最後は爽やかなハッピーエンド。
ビーチ・ボーイズの曲もマッチしてます。

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.3

人それぞれの命を燃やすものとは何か。相変わらず小気味がよく、コミカルな映画でした。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.2

時が解決しない傷、乗り越え難い過去。それをも包む海と笑顔。
風景が美しい。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.4

なめてたただの会計士が…。
ふぇ!?てやつ。
ひたすらのアクションからの怒涛の伏線回収。

パターソン(2016年製作の映画)

3.3

barのシーンではぶらりを思い出しました。嘘です。

>|