きむねっとさんの映画レビュー・感想・評価

きむねっと

きむねっと

映画(28)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

誘拐された主人公の女の子が、自分を大切にしない生き方を選んでしまうところが心に来た。心のどこかで、自分がいけないんだ、罰を受けるべき人間なんだ、って思ってたんだろうなあ。それでも目を背けていたことに向>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.8

SHISHAMOの主題歌がもろネタバレの笑いあり涙ありの楽しい映画だった!
うまくいかなくても、それでも誰かと一緒だから頑張っていける。映画を見て、身近な人たちに支えられてるんだってことを再確認できた
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.9

身体と身体の距離は、心と心の距離だ。
抱きしめる、抱きしめられる、ある人にとっては身近なことかもしれないけれど、ある人にとっては未知で怖いものかもしれない。肌が触れると相手のことがわかる、つまり(こん
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分が認められないまま大人になって夫になって、自分ばかり見てるから周りが見えなくて、苦しいままだった主人公の気持ちに共感した。自分の価値を、存在意義を、誰かに認めてもらえる状況にしたくて、誰かを利用し>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

爽やかに安心して楽しく見れた。
世界は今日から君のもの、希望にあふれる終わり方で、これから始まるんだってワクワクして見終わった。
だれか他の人のために生きてしまう子が、踏み出して転んで励まされて気づい
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

不協和感が好みだった。見ていられない、目が離せない、やめて、もうやめて、って思いながら破綻を楽しんでしまう。黒木華、綾野剛の演技が素晴らしい。

変身(2005年製作の映画)

2.7

価値観のずれ?古い映画でわかんなかったところが多い。テーマとしてはもっと面白くなりそう。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.3

あたま空っぽにして見れると思いきや意外と現実的な感情が。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

けっこうよくわかんない。楽しいけど。ベタ?疑問がいっぱい。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.0

もっと見たかった。零くんの不器用さ、生きることの下手くそさがたまらなく愛おしい。よく、謝れたなあ。よく、逃げなかったなあ。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.8

神木隆之介はじめ、キャストが豪華。将棋しかねぇんだよぉ、っていう零くんの気持ちがわかる。いろんなものが足りてないって思うから、せめて〇〇くらいできなきゃ生きてる価値がない、って心情は傍から見たらたぶん>>続きを読む