pukoさんの映画レビュー・感想・評価

puko

puko

映画(880)
ドラマ(0)

トレンチコート/危険な追跡(1983年製作の映画)

2.5

ミステリー作家志望のヒロインがネタ探しのためやってきたマルタ島で思いがけない事件に巻き込まれる。
ヒロインは何故命を狙われるのかは徐々にわかってくるのだけど、次々に現れる人物たちが正体を明かしていくだ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

シングルマザーの母親とモーテルで暮らすムーニー
悪戯三昧でともだちと無邪気に遊ぶ彼女の日常がパステルカラーで描かれるのだが、そこにじわじわと貧困の実態が差し込まれる。
6歳のムーニーにはわからないこと
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.6

リンクレイターお得意のたわいない日常の中のバディもの(オッサンバージョン)と思いきや、戦争の痛みと喪失の悲しみを癒していく深いドラマだった。

戦死した息子の遺体を引き取りにいくという、想像を絶する悲
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.2

オリジナル再見しないとなぁと思ってる間に時間が無くなり、劇場スルーしてしまったのだけど、DVDで見た後にまだ劇場でやっててビックリ。
でもなるほど、ロングランも納得の面白さだった。

キャラのギャップ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

ボロ泣き。
はじめて通う学校で子供たちの好奇の目に晒され、心無い言葉に傷ついていくオギーに。まだ小さいのに、辛さに耐える術を知っていることに。オギーを支える家族の愛の深さに。気づいたら、オギーの存在が
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.5

上昇気流の50年代を象徴する幸せなニュータウン サバ―ビコンで巻き起こる二つの事件・・
コーエン脚本らしいブラックさで住人の仮面の下の顔を暴いていく展開が面白かったのだけど、しかし社会派クルーニーのま
>>続きを読む

スネーク・アイズ(1993年製作の映画)

3.0

ドラッグ・酒・暴力に神ときて思い出すのは『バッド・ルーテナン』。
ハーヴェイ・カイテルは本作では映画監督を演じているが、その実生活もまたヤクと虚構に侵蝕され、罪の意識にさいなまれていくあたり、テーマも
>>続きを読む

ファイヤーヘッド(1990年製作の映画)

3.1

冷戦時代のコンスピラシー系SFアクションスリラー。
ソ連からやってきたサイボーグ(?)のアイバンがアメリカで破壊行動を繰り返す。捕獲を依頼された元同僚の科学者ハートだったが、やがてアイバンとともにある
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.3

日本版ポスター面白い(笑)
実在するホーンテッドマンション「ウィンチェスターハウス」の実話をベースにしたホラー。
西部劇でよく目にするウィンチェスター銃を作った一家が、それゆえに呪われるという、その実
>>続きを読む

テイク・シェルター(2011年製作の映画)

3.6

自分は狂っているのか?
母親と同じように、家族を失ってしまうのか。

不安に駆られながらも愛する家族を守りたいと思う男の
葛藤と恐怖、不安の描き方が緊張を生む展開が面白い。

愛するもの、守るべきも
>>続きを読む

>|