totoruruさんの映画レビュー・感想・評価

totoruru

totoruru

2017年8月から記録開始。

DVDがメインですが、週3〜4本のペースで鑑賞。
現在までの鑑賞本数は1,050本(2017.12.05現在)

評価で高得点が多いのは、過去の鑑賞作品をレビューしようと思ったら、記憶に残っているのが必然的に高得点の映画だったからです。

未鑑賞の映画には『いいね』はしないようにしてます。

因みに、ベストムービーの1位〜3位は、シリーズ3部作全体での評価です😃

映画(286)
ドラマ(0)

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

2.4

実は今更ながら初鑑賞のハリポタ。

いままで食わず嫌いで見送りしていた作品です。

基本的にファンタジー、ダークファンタジー、魔法世界など大好物な筈ですが…

何故か敬遠しておりました。


遂に鑑賞
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

主演に我らのキャプテン、クリス・エヴァンス。

監督は「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブ。

新たなスーパーヒーローの誕生か?と思ってしまいますが、しっかりとしたヒューマンドラマが描かれ
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

2.2

こりゃ、ひでーや

無駄に話が長い上にツッコミどころ満載。

貴志祐介さんの小説は何冊も読んで結構好きな方ですが、今作は未読となります。

本当にこんな酷いストーリーなのでしょうか?
逆に原作が気にな
>>続きを読む

TAXi(1997年製作の映画)

3.3

久しぶりの再鑑賞。

冒頭から疾走感MAX。

とにかく白いプジョー406がカッコイイ。
 
ダニエルとエミリアンのコンビもイイ感じ。

音楽もイケてて、ストーリーもテンポが良くて最高。


序盤の強
>>続きを読む

奇跡の歌(1998年製作の映画)

4.1

60年代、美しいアカペラの歌声でアメリカを席巻した伝説のドゥ・ワップ・グループ“ヴィニー&ザ・ドリーマーズ”
 
一世を風靡し栄光を掴みながらも、限界を感じ挫折をしたリード・ヴォーカルのヴィンス。
>>続きを読む

ヘル・レイザー(1987年製作の映画)

3.3

久々に再鑑賞。


先ずは公開当時30年前に鑑賞した時の思い出感想から…

オープニングから強烈なインパクトを突き付けてくる。

かの有名なピンヘッドを筆頭に様々なクリーチャーも魅力的。

不気味さと
>>続きを読む

ダイナー(1982年製作の映画)

3.7

みんなの憧れダイナー。
みんな大好きダイナー。

ほんとダイナーって魅力的ですな😃

何も用事がなくても何時ものダイナーに行けば誰かが居てくれる。

そして実のない会話を朝まで繰り返す。

そんな事が
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.7

90年代を彷彿とさせるハリウッド的超大作。

ディザスター・アクション・サスペンスといった感じの珍しい作品です。

なのでディザスターを楽しみに鑑賞するとガッカリすると思います。


竜巻、寒波、津波
>>続きを読む

ギフト(2000年製作の映画)

2.4

豪華なスタッフ・キャストによる、オカルト・サスペンス。


監督は「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ。
「シンプル・プラン」「アルマゲドン」に出演しているビリー・ボブ・ソーントンが脚本に名を連ね
>>続きを読む

理由(1995年製作の映画)

3.7

前半5.0点
後半2.5点

後半の失速感が否めないが、十分に楽しめる作品。
 

前半の過去の事件を洗い直す展開は、法廷サスペンスの王道って感じでワクワクものです。

そして、連続殺人鬼役のエド・ハ
>>続きを読む

ソウル・サーファー(2011年製作の映画)

3.9

波にのまれたら立て直せばいい
次はいい波が来るかも


13歳のときに鮫に襲われて片腕を失いながらも、サーファーを目指したベサニー・ハミルトンの実話を描いた作品。

「テラビシアにかける橋」のアナソフ
>>続きを読む

アルティメット(2004年製作の映画)

3.9

2013年にポール・ウォーカー主演でハリウッドリメイクされ「フルスロットル」の元作。

脚本はリュック・ベッソン。


とにかくアクションがキレッキレで素晴らしい。

冒頭のダヴィッド・ベルのパルクー
>>続きを読む

フルスロットル(2013年製作の映画)

3.6

2004年に制作された「アルティメット」のハリウッドリメイク作品。

脚本は最近何かとお騒がせなリュック・ベッソン。


作品的には、ほぼ元作と変わらず。

パルクールを基調としたアクションは素晴らし
>>続きを読む

アルティメット・サイクロン(2015年製作の映画)

2.2

邦題&ジャケ写詐欺。


ディザスタームービーと見せかけて、実はヒューマンドラマという作品。

ディザスタームービーを期待して観ると、ガッカリするので注意して下さい。



作品としては「ラインマン」
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.8

元祖ワン・シチュエーション・スリラー。

シンプル・イズ・ベストを体現するかのような見事な作品。


大型猛獣が唸るかの如く、低く響き続けるトラックのエンジン音。

そして時折聞こえてくる咆哮ようなク
>>続きを読む

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

4.2

無関心は最大の罪である。


1994年にルワンダで発生したジェノサイド。

同じ由来を持つ民族であったが、ベルギー植民地時代に異なる民族として隔てられる。

歴史的要因、経済的要因、土地の奪い合い、
>>続きを読む

タイムライン(2003年製作の映画)

2.4

あれ?
これって主人公はポール・ウォーカーじゃないよね?
 
 
タイムマシンの事故で14世紀に取り残された、考古学者のジョンストン教授。
息子クリスとその仲間(教え子)たちが、教授を救うために英仏百
>>続きを読む

ハーモニーベイの夜明け(1999年製作の映画)

3.6

自由は夢ではない


アフリカの密林で人を二人殺したイーサン博士。
精神異常とみなされ重罪犯罪者刑務所へ。
事件について口を閉ざしたイーサン。
いったい密林で何が起きたのか…。


アンソニー・ホプキ
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.6

クリストファー・ノーランの原点。


尾行が趣味のビル。
自らルールを課して楽しんでいたが、チョットしたことからレールから外れ、そこからズルズルと…。


時系列の組み換えが見事な、ノーラン監督の原点
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.4

過去鑑賞作品。


「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品。

天才鑑定士が姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄されていく様を描いたミステ
>>続きを読む

炎のメモリアル(2004年製作の映画)

3.1

炎と戦う男たち

 
ホアキン・フェニックス、ジョン・トラボルタ主演の消防士の人生を描いたドラマ。


物語はホアキン・フェニックス演じるジャックが、消火活動中にトラブルに巻き込まれるシーンから始まる
>>続きを読む

フロム・ヘル(2001年製作の映画)

3.2

世界で最も有名な未解決事件。


ジョニー・デップが挑む切り裂きジャック。

2001年の作品なので、ジョニデは当時38歳くらい。
年齢以上に若く見え、呆れるくらいにカッコ良すぎぃ😄


作品としては
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

勇気ある撤退



遅まきながらクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」を鑑賞。


ストーリーとしては史実に沿っているため特に目新しいものはない。

が改めて観ると、やはり官民一体となった作戦で
>>続きを読む

ソルジャーズ・アイランド(2011年製作の映画)

2.2

個人的に久しぶりのクリスチャン・スレーター。

私が観た彼の一番最近の作品は2001年の「スコーピオン」なので10年振りの姿を 拝見となった。

古い作品だと今年の3月に「告発」を観ているのでイメージ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.7

これぞジャパニーズ・ノワール。


「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」で一貫して子分思いの大友(北野武)。

その大友がやり残したこと…


最終章としてフィナーレを飾る見事なラストであった。
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.1

全くプロメテウスの記憶がない状態での鑑賞

映像と雰囲気は最高だった。

大筋のストーリーも中々。

…ですが、

登場人物(マイケル・ファスベンダー以外)に全く魅力ないのが残念。

特にヒロインが哀
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.2

科学✕哲学=・・・
 
 
Netfelixオリジナル作品。
 
監督・脚本は「エクスマキナ」でも監督・脚本をしたアレックス・ガーランド。
因みにカズオ・イシグロ原作「わたしを離さないで」の脚本もして
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.7

悪人を殺した男と
悪人を守った男では
どっちが悪党だ?


Netfelixオリジナル作品。

サミュエル・L・ジャクソン✕ライアン・レイノルズのコンビに、悪役にゲイリー・オールドマンと豪華な組み合わ
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.6

ケジメ…


「アウトレイジ 最終章」がレンタル開始になったので、「アウトレイジ」に続き復習のため再鑑賞。


相変わらずの豪華キャスト。

各俳優陣の普段の役柄とは違った演技、迫力のある演技には感心
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.7

狐と狸の化かし合い


「アウトレイジ 最終章」がレンタル開始になったので、復習の意味も兼ねて再鑑賞。

さすが北野武です。

いまこの雰囲気のヤクザ映画を撮れるのは、北野武しかいないですよね。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

タイトルが単純だけど素晴らしい。
 
観終わったあとに色々な意味に取るとこができる秀逸なタイトルです。
 
 
とんでも設定のサイコ・スリラーです。
 
いや、あの方たち(ネタバレになるので伏せておき
>>続きを読む

私をスキーに連れてって(1987年製作の映画)

3.9

とりあえず、パシャ📷


レビュースコアは初見当時のインパクトを思い出しながら採点。

当時スキーという一大ムーブメントを築いただけでも高評価に値すると思う。


突然思い立って、何故かこの時期に久し
>>続きを読む

ブラザーズ・グリム(2005年製作の映画)

2.2

マット・デイモン✕ヒース・レジャーの出演作品。

モニカ・べルッチも出ており中々豪華な出演メンバー。


ファンタジー(ダークでも可)が観たくてチョイス。

結果から言うと、正直言って微妙。
つまらな
>>続きを読む

素敵な人生のはじめ方(2006年製作の映画)

3.6

人生をあきらめない
ここがスタートだ

 
知り合うはずのなかった二人の、たった一日のロード・ムービー。
 
 
とにかくモーガン・フリーマンの笑顔がサイコー😄
 
っていうか、モーガンのコミュ力高過
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.2

王道中の王道。
キング・オブ・ラブコメ。
 
ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラントのどちらもステキで、二人は当然として日常の風景などとにかく画になる作品。
 
そしてエルヴィス・コステロが歌う主題歌の
>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

3.1

公開時から超話題作だった作品ですが、初めて観たのは3〜4年前。

ナヴィ族の造形が何だか気持ち悪くてずっと避けて来てました。


意を決して鑑賞した結果は…


世界観すげ〜😃
映像すげ〜😃
………ス
>>続きを読む

>|