キコノイヌさんの映画レビュー・感想・評価

キコノイヌ

キコノイヌ

今年も隙あれば映画館。
お家観賞もまたよいよい。

感想はだいぶ偏りがちですが、
忘れないでいたい気持ちで書いてます☺️

映画(127)
ドラマ(0)

輝ける人生(2017年製作の映画)

4.0


誰の人生でもない、自分の人生だ。
信じて飛ぶのよ!

しびれた(゜ロ゜)

長く生きてくると、
信じる事の難しさよ。
ほとほと嫌になる。
辛い事を受け止めるなんて
とんでもない。

でも、でもさ。
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.0

おじいちゃん死んじゃったって

その時に何を思う?

短くて長い
面倒くさい
家族のはなし

本音とか正直しんどいし
煩わしいけど
言いたくない事まで言える
愛しい家族のはなし

実のところ
本当の
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.0


予想通りの
恋愛映画だったのぉ。
好みかと言うと
そうでもないけど。

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

3.9


階段落ち!
のイメージしかありませんでした。

が、
映画大好きな人たちの映画だったのですね。
映画愛。
愛溢れてました。

Love Letter(1995年製作の映画)

4.0


思い出の中にいる今と
過去を思い出す今

お元気ですか?
私は元気です。

凄いなぁ。
過去をめぐって進む今と
思いがけず知る思い。

図書室とか、自転車置き場とか
カメラ越しの君とか、、、
後半に
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレと言うか
一人言のようになってしまっている。。。

あたしは、嫌いになったことも楽しかった事も
ちゃんと一緒にしておきたい。
良いことだけ覚えてるのも
辛いことを思い出しすぎるのも
なんかやだ
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.2

弱くて心やさしい狂犬のところへ
少しずつ少しずつ
一人だった世界にあたたかさを
少しずつ少しずつ
知る事に戸惑いながら豊かになって
ゆっくりゆっくり
自分の変化を受け入れ
気づいたら愛の中にいたから。
>>続きを読む

ザ・ディザスター・アーティスト(原題)(2017年製作の映画)

4.0

超絶ピュア
ちょっと面白いから
観て欲しい

ご覧になった方、ぜひ一言お願いします笑

洋菓子店コアンドル(2010年製作の映画)

3.3


気持ちのまま突き進める姿は
羨ましくもあり。

しかしだ、そればかりだと
辛いなぁ、あたしは。
ずんずん入ってこられるとさ、
時々胸が苦しいよ。
もちろん、演技、映画、、そう、わかっている。。

>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.7


実は愛想笑い得意です
うそです
人に言えないことあります
ひとつずつしか出来ません
ダメですか?
後悔してます
してません
どうして?

自分で決めてます
ちゃんと

そしてやっと季節を感じる事が出
>>続きを読む

春なれや(2016年製作の映画)

4.0


なにもしない
ただただそこに
行きたいだけ。

自分のことを
理解されたいけど、
実際は
誰かに知っていてもらえるだけで
いいような気がする。

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

信じてもらえるって
強くなるね

逃げるだけ奪うだけ
ただフワフワと生きるだけが
よく食べよく働きよく寝て
ちゃんと地に足つけて
いつの間にか今まで知らなかった
愛を受け入れられるようになって。

>>続きを読む

贖罪(2012年製作の映画)

3.7

俳優陣、豪華すぎ!
それぞれの母親、母親と子供の関係、
そしてみんなただの女ってところ、
スゴいな、これ。
こわいー面白かったー。
池脇千鶴好き
安藤サクラ好き
小池栄子好き
蒼井優好き
小泉今日子好
>>続きを読む

人生、いろどり(2012年製作の映画)

4.0

あたし、葉っぱ🌱🌿やるっ!


ゼロから何かを始めるのに
必要なのは
ワクワクする気持ち。
そして長いこと一緒にいる
喧嘩の出来る友達!

人生すべてが良いことばかりでもないし、
嘘も見栄も、秘密だっ
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

ふふふふ。

よーく見て
わかった気にならないで
色んな事をよーく見て。
この広い庭は
見るものが多すぎる。
人生は広すぎる。



こういうのを観ると
ほんとに本当に
丁寧に正直に
納得しながら、自
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人に迷惑をかけて生きる。

真逆に育てられたから
そうすることが苦しくなりそう。
観ながらそう思ってた。

でもさー、助けがないと
死んじゃうんだよねー
筋ジスなめんなよー
ってサラッと言われるね。
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1


あの景色を見れる人は特別な人間だけで
多くの人はその景色の中で伝説を見ている

でも、それで十分だよ。

特別だけど、天才だけど、
一人の人間。
フレディーにしたら全部普通なんだ。


あたしもそ
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.0

人生はきっと最後まで人との関わり

いつ、どんなときに
誰と出逢えるか。

今日一日を意味のあるものに出来るのか。

思いっきり転んでしまおう。
思いっきり転んでまた進もう。
まだまだ、あたしのワイル
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0


とどまることのない
全てのものがいとおしい

川の流れのように
今、はずっと今で、
今は今しかない。
忘れたくないな、
まわりにある事を。
しなやかに
柔軟に
感じることを。

悲しみもまた
季節が
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.3


子供の頃は訳もわからずお化けを怖がって
夜が怖くて、お盆も怖かった。
死、は何となく
触れてはいけない感じがして。

誰にでも平等に来る、と
ストンとしたのはここ最近かもなぁ。

忘れないでいる事っ
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.7


あれ、福山さん、いい。
ゲスな感じが、いい。

不誠実の中の情熱が
ウザい位で、いい。

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

4.0


両親の温かさが辛いぐらい。

優しい連鎖で、あたし史上2番目に好きな
結婚式ですよ。

受け入れる側の懐の広さよ。
そのまんま親の懐の広さよ。

個人的にもたいまさこさんと
あっちゃんの嫁姑関係が
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

高校からの友がどーーーーーーしても
観たいからと。珍しい事もあるものです。

高校生パートは
ほぼ自分の学生時代の思い出とごちゃ混ぜとなり、
何がそんなに面白いのかわからない笑い声に
懐かしくて泣けて
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.3

樹木希林さん観たさに
久々に。

女性は強い。
そんな一言ではまとまりませぬ。
事情は夫婦の数だけあるのだ。

女が前を向く清々しさ、
笑顔の中の秘め事、
我慢強く優しい、、、、

わたしは私だ。
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7


血が行いをさせるのではない
行いが血を作っていくんだ。

って漫画の台詞を思い出した。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2


エンドロールで泣けてきた。

みんなの愛すべき映画は、
こういう風に出来ている。

いつも出来上がりだけ
楽しませてもらっていることに
改めて感謝だな。
とか、観たあとで
真面目に考えてしまったので
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.3

苦手そうな気がして避けてた。
やっぱり苦手。

大事なことは伝えない、
伝えたくない、
伝えてはいけない、
なんか、そんな、恋も友情も
辛い。
相手を想い過ぎると、
辛いよ。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5


同じ景色が
逆さになってる、
この映画のオープニングのように
立場によって見える
100%の正義もないのかなぁ。

貫くべき正義はシンプルなはずなのに。

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

3.8


家族が死を受け入れられない、
死に向かう母に対して腹をくくれない、
そんなの当たり前だと想像する。

だから、せめて私は、
死、は生まれたもの、みんな平等に
与えられた、
出発だと思う事にしよう。
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.5

毎日、振り出しからの
繰り返しを、愛する人と
過ごせるなら、
はじめましてから恋するまで
を何度も出来るなら、
自分にとっての
大事なものをきちんとわかっているなら、
どんな困難も乗り越えます。
>>続きを読む

四十九日のレシピ(2013年製作の映画)

3.9

箇条書きスタイルで🙆
脈略なし。

血、じゃない、んだよね。

1日5,000円の49日分。

いる場所を与えてくれた。

お腹を痛める。

産んだからって
いい母親でもない。

豚まん。

大宴会。
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

遠慮がちな母娘関係だったあたしは
少し憧れてしまう。
感情そのままに言い合える
その感じに。
たぶん、あたしは自分の子供にも
遠慮がちな距離感になるんだろうと思う。
してもらった事しか
きっとしてあげ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

正直、
絆とか言っちゃうと、
気持ち悪い感じがするんですよね。
血よりも、濃い、とか、
本当の家族って?とか。
簡単に言葉にしちゃうと
全部胡散臭い。

全然良くない、犯罪家族だけど
本当の名前すら変
>>続きを読む

>|