きらきらさんの映画レビュー・感想・評価

きらきら

きらきら

映画(137)
ドラマ(4)

悪の教典(2012年製作の映画)

2.3

ずっと気持ち悪かった。
悪人イメージのない伊藤英明、意外とはまり役だった。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.6

あのトーンと空気感で1時間も話し続けるだけなのに、1つの作品としてちゃんと出来上がってて凄いと思った。

ツナグ(2012年製作の映画)

2.7

エンドロールでの樹木希林のセリフが素敵だった。思ってた以上にファンタジーだったから、そんなに感動はしなかったけど。
やっぱり樹木希林はすごい役者だと思った。

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

4.1

「ツレはこれからも、この【宇宙風邪】と付き合い続けるのかもしれない。
でも、どんな夜も明けない夜はない。たとえ、明けた空が曇りだとしても、夜よりはずっと明るいのだから。」
【宇宙風邪】を経験した人、ま
>>続きを読む

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

1.3

最初から最後までくだらなかった(笑)
鈴木亮平の肉体美を見たい方はぜひ。

モテキ(2011年製作の映画)

3.0

森山未來が元カレにそっくりすぎて気持ち悪くなってきちゃった。
全体的に音楽がよかった。ダンスとか歌とか、要所要所に入れてて楽しかった。

アラジン(1992年製作の映画)

4.0

とにかく面白い、楽しい、ジャスミンが可愛い、アラジンがかっこいい。
歌もストーリーも最高!
最後のシーンで互いを思いやる、ジーニーとアラジン。自分たちは一緒になれないとわかっても、そのアラジンの意思を
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.7

後味最悪だけど、よくできたストーリーが圧巻、演者全員の演技に魅了され、最初から最後まで引き込まれた。また見たいとは思わないが、とてもおもしろかった。

ライオン・キング(1994年製作の映画)

3.7

こんなに短かったっけ?って印象。簡潔で面白い。小さい頃に楽しく歌いながら観てたのを思い出して、懐かしくなった。
何年たっても色あせないし、何度見ても飽きない。あと、昔のディズニーの絵のタッチも好き。

ALWAYS 三丁目の夕日’64(2012年製作の映画)

4.5

とにかく登場人物全員が大好き。俳優さんたちがもれなく天才すぎる。
あと1964年の雰囲気が本当に素敵。昔の人たちが一歩一歩進んできて、着実に成長してきた日本。戦争を乗り越え、東京オリンピックを迎える当
>>続きを読む

ALWAYS続・三丁目の夕日(2007年製作の映画)

4.3

続編って微妙になること多いけど、ちゃんと期待を裏切らず泣かせてくるし、予想を上回るとも言えるほど。前作を超えるというよりは「ALWAYS 三丁目の夕日」という作品自体に、加えて良さを増させたなという印>>続きを読む

ALWAYS 三丁目の夕日(2005年製作の映画)

4.4

「常識で考えろよ
お前とは縁もゆかりもないんだぞ
赤の他人なんだぞ」
こんなに愛のある言葉を私は知らない。

泣き所が多すぎる。この時代に私は生きていないけど、なんだか懐かしくてホッコリあたたかい気持
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

日本の役者を改めて尊敬し、誇りに思う作品。
犯人が誰かわかった瞬間に襲ってくる、心からの恐怖と不快感は、今まで体感したことのないものだった。まるで自分が対峙しているかのように感じた。
とにかく、すごい
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

かなり泣いた。
お母ちゃんにとって、愛を与えるということに条件なんてないんだなと思った。それってすごいこと。
オダジョーが号泣したシーン、一番好き。
お母ちゃんみたいな強い女性になりたい!

ロラックスおじさんの秘密の種(2012年製作の映画)

3.0

テイラーの吹き替えが意外と上手だった。エンドロールで見てびっくりしたくらい。
ふわふわの木も可愛かった☺️

ノートルダムの鐘 II(2001年製作の映画)

1.3

もう最悪。一作目をはるかに下回って面白くない。
見た目にコンプレックスのある主人公、いつも美女ばっか好きになる。そういう人こそ人を見た目で判断している気がする。あんなん誰でもいいやん。

ノートルダムの鐘(1996年製作の映画)

2.3

ディズニーだからどうせ、
人は外見じゃない中身なのよ、みたいな感じでヒロインの美女とくっつくのかと思ってたら、全然そんなことなくてビックリ。
ディズニーなのに現実突きつけないで!って思ってしまった。
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

2.8

映像がものすごく綺麗だった。映画館で見たらすごかっただろうな。
主人公の思想や信仰や経験がごちゃごちゃしてて、たぶん伏線だったんだろうけど、最後まであまり意味を理解できなかった。でも生きることの残酷さ
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.0

サッパリした映画。予想よりはそんなに感動できなくて少し残念。でもあの時代の感じはお洒落で好き!
それにしてもアメリカの卵の黄身が白すぎて不安になるレベル。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.9

メッセージ性がかなり強くて、意外とものすごく感動した。
とにかくキザな役のザックエフロンがかっこよすぎて死にそうだった。人を舐め回すように見るあの目がエロすぎる。good job

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.5

好きすぎる!!ハンヒョジュが美しすぎる!!
暖かくて綺麗な映像も好き。
2人が別れたあとに椅子が届いた時、お姉ちゃんと泣きながらハグするシーンがめちゃめちゃ切なかった。
この映画で起きてることって絶対
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.1

あんなに愛し合ってたローリーと離婚したのがめっちゃショックだった。1作目の方が好きだったなー。

テッド(2012年製作の映画)

3.3

セリフがマジで汚いけど、ストーリーは面白くて普通に良かった。

火垂るの墓(1988年製作の映画)

3.9

苦しいシーンがたくさんあったけど、
清太が野菜を盗んでしまってボコボコにされた後、節子に抱きついて号泣するシーンが、一番辛かった。
たった14歳だった清太は、妹を守るため、生きるために必死だった。きっ
>>続きを読む

リトル・マーメイド/人魚姫(1989年製作の映画)

3.7

何年経っても色褪せない劇中歌。ワクワクさせてくれる。
個人的には、お父さんが最後に、嫁に行くアリエルを見て「寂しくなる」って言うところがめっちゃ切なくて好き。胸がぎゅーってなる。

劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇(2013年製作の映画)

1.9

つまらなすぎて全然集中できなかった…。スペックはドラマ版が一番だな。

ただ、君を愛してる(2006年製作の映画)

4.2

最後の個展のシーンで、ドバアアアって泣いた。宮崎あおいが尊すぎる。
この映画に出てくる風景や景色がとにかく美しくて、綺麗で純粋な2人の恋の美しさを表しているようだった。
主題歌もいい。
「好きな人の好
>>続きを読む

ボクたちの交換日記(2013年製作の映画)

3.8

泣ける!!!想像以上に泣ける!!!切なすぎて苦しい!!!
「夢を諦める時は、その夢を諦めてでも幸せにしたいと思うような人ができた時だ」
夢は叶わなくても、その夢を追って努力するときに大きなものを得ると
>>続きを読む

僕と妻の1778の物語(2010年製作の映画)

3.2

最後の「今の妻になら読める書き方」のところ、良かった。
原作がめっちゃ素晴らしいらしい。原作も読んでみたい。

ガチ☆ボーイ(2007年製作の映画)

3.6

どんな瞬間も写真を撮りたいと思えるくらい、大切に。毎日を一生懸命に生きたいと感じさせてくれた。
面白さも盛りだくさんで、いい映画だった!

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.1

無機質なロボットであるはずのベイマックスから、あたたかい愛を感じる不思議。あのフォルムのせいかな。笑
ロボット特有の棒読みな喋り方でも、言い回しでも、
ベイマックスが発する言葉一つ一つに、ヒロへの愛が
>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

4.1

この映画本当に大好き!最近のディズニーピクサー作品の中では、あまり話題にならなかった気がするけど(特に日本では)
群を抜いて素晴らしい映画だと思う。
最後のシーンは何度見ても感動する。

くもりときどきミートボール(2009年製作の映画)

3.7

子どもの夢がたくさん詰まった可愛い映画!ストーリー自体ももどきどきワクワクで楽しい!ゼリーの家のシーン大好き!

>|