ちゃあぽむさんの映画レビュー・感想・評価

ちゃあぽむ

ちゃあぽむ

小さな頃から映画を観るのが大好きです。
たくさん観て豊かな人生にしたい。2018.9月〜

映画(208)
ドラマ(0)

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.1

ただ、愛されたかったんだろうなぁ。
負の連鎖が止まらない。せっかくの
スケートの才能もまるで潰されたよう
だけれど才能でなく、もしかしたら
毒親ラヴォナの条件付きの愛に
応えるべくして無理を重ねた
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

昔のキムタク月9主題歌くらいしか
クイーンの曲も知らなくて、何となく
フレディが凄い人と思うくらいでも
レビューや周りの評価が良くて思わず
観たくなって鑑賞しました。なんだか
嫌なこと続いてる人こそ無
>>続きを読む

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013年製作の映画)

3.6

アメリのオドレイ・トトゥに
エターナルサンシャインの監督
好きな物の詰め合わせな映画!
近未来?ファンタジー?絵本や
おとぎ話のような世界観
クロエの為に飾られた沢山の花たち

「うたかた」とは儚く消
>>続きを読む

カケラ(2009年製作の映画)

3.6

「ステキだなって思う人とすれ違う
ことってない?」「私はそれを無駄にしないだけ。声をかけて、出会いに変えた。」

「お月様って真ん丸になるけど
一日だけだよ。あとはずっと
欠けてるんだよ
欠けてる月も
>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

3.8

卑怯だぞゴキブリマスクー!
ブーイングが最大の応援になる。
最後の試合シーンには嬉しいとか
悲しいとかじゃないアツイ涙が
込み上げてきた。スイートゴリラ丸山
のネーミングセンスに笑った!
やっぱり棚橋
>>続きを読む

真白の恋(2015年製作の映画)

4.2

こんなん泣いてしまうやーつ!
決して押し付けがましくなく
変わっていること
そこがいいところだと愛せた
油井と真白の恋が切なかった。
エンディングソングもぐっとくる。
周りの人も愛に溢れてて素敵だった
>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

2.8

エマ・ストーン可愛い!邦題の
センスよりずっと面白い。
小悪魔と言うよりとこっとん
お人好しな主人公が損しながらも
一周回ってハッピーエンドな話!
ビッチとか意図せず変な噂流されたり
被害にあった人な
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

ずっと気になっててやっと鑑賞。
煌びやかな絵本を眺めてる感じ
映像が華やかでとにかく綺麗
劇中の音楽もとってもステキで
ジャズ良いなぁと感化されました。
ポスターの有名なあのシーンも
ステキだけどプラ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

4.6

楽しみだった想像の7倍面白かった!
ホラー苦手な私でも観れた!
犯人予想ミスリード必須かも
最後までハラハラドキドキ楽しめた
千葉ちゃん安定して可愛い!!
バカリズムさんは気持ち悪くて良い!
プラネタ
>>続きを読む

夏の終り(2012年製作の映画)

3.6

瀬戸内寂聴さんの経験をもとにされた
短編が原作と言うことで公開時から
ずっと観たくてやっと鑑賞。
満島ひかりさんの透明感と
小林薫さんの大人の色気のせいか
ドロドロしててもいい意味で全く
いやらしくな
>>続きを読む

ルームメイト(2013年製作の映画)

2.4

景子ちゃん,深キョン,高良健吾さん
と好きなキャストばかりなので軽い
気持ちで鑑賞。女同士のドロドロ劇
と思えば解離性同一性障害が題材。
サスペンスフルな部分もあり
ドキドキしながら考えさせられた。
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

4.0

作品としては順番逆になりましたが
スプリット鑑賞からのこちら鑑賞。
事前にグロやホラー苦手なため
wikiやレビュー参考にこれならと
ビビりつつ観たら面白かった!!
デヴィッドだけでなくちゃんと
イラ
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.8

豪華なキャストに原作も
東野圭吾さんだけあって
ずっとハラハラドキドキで
飽きることなく楽しめました。
公開当時、映画館で鑑賞しましたが
あの震災の後だったのでより色濃く
メッセージ性を感じ色々考えま
>>続きを読む

スウィート・ノベンバー(2001年製作の映画)

5.0

世界観も曲も全部好き〜!
肌寒くなってきた秋に触り心地の
良いブランケットに包まれながら
ゆっくり観たくなる作品。

仕事人間だったネルソンに
大事なこと沢山教えてくれたサラ
こういうヒロインたまらな
>>続きを読む

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

3.4

VOGUEを読んでみたくなる作品

曲げられない信念があるからこそ
堂々と強く美しくあれるんだなぁ。
かっこよくて素敵。

恋愛だけじゃダメかしら?(2012年製作の映画)

3.1

キャメロン・ディアス目的で鑑賞。

恋愛、から家族になること
家族が増える事について
明るく問いかけてくるような作品

今後人生の中でその時が来たら
改めて見直したいな。

携帯壊すシーン何回みても
>>続きを読む

後妻業の女(2016年製作の映画)

4.2

大竹しのぶさんってなんて
可愛らしいんだろうって改めて
女優としての凄さに魅了されました。

話もテンポ良く面白いしトヨエツは
かっこいいし息子は風間くんだし
キャストも超豪華!!!

キャリーケース
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.6

下調べせずにパッケージから
甘いチョコレートの様な恋愛物と
勝手に想像して鑑賞したら
カカオ度数高い苦いチョコレート
食べちゃった様な衝撃でした。

ディーンとシンディの出会いから
別れまでの甘くてに
>>続きを読む

セレンディピティ(2001年製作の映画)

3.2

こんな偶然なら運命を信じちゃう

ロマンチックな描写が素敵
スケート場のシーンとかやばい
クリスマス近くなると観たくなる

紙幣のくだりがロマンチックだった

ララピポ(2008年製作の映画)

2.3

a lot of people

それぞれどこか幸せでない人たちの
日常が気づかぬ間に重なったり
すれ違っていたり。

成宮くんのこのチャラい感じ。
中村ゆりさんの全てを諦めた目と
儚げなこの感じ。と
>>続きを読む

ニーゼと光のアトリエ(2015年製作の映画)

4.8

実話という事で綺麗事だけでなく
目を背けたくなる部分も
押し付けがましくなく、ずっと
優しい光に包まれているような作品
最後の本人達の映像になんとも
言えない涙が出てきた。

最初嫌なヤツだったリマ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

松岡茉優ちゃんのヨシカが可愛い!
パッケージから想像してたのより
ずっと明るくてテンポよくて
ライトに楽しめて終始面白かった!
突然ミュージカル調な場面からの
展開が予想外だった面白い!

好きな人に
>>続きを読む

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

2.4

パズルのピースを埋めていく過程が
まるで心が通っていくようで
とても良かった。個人的には
退院したがりおばあちゃんがだいすき
最後のチャリ姿にロックを感じた

スプリット(2017年製作の映画)

4.6

ジェームズ・マカヴォイが凄い
DIDの全人格出てきても
一切の違和感なく楽しめた。
女性からビーストまで凄すぎる。

未知なる物を如何にして信じるか。

色んなメッセージ性も勝手に
感じて、もっとホラ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

1.4

エル・ファニングが綺麗。

映画も映像綺麗で音楽も雰囲気も
お洒落だから綺麗なもの観たさで
観たんだけれども…!!!

ホラーを観る感覚でないと
グロ慣れしてない私には大変刺激が
強い。結構真面目に後
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.8

つらい、いたい、苦しい…!
わかる、わかるよこういうの。

寺島しのぶさんの演技が上手過ぎて
もうルーシーが不憫で不憫で。

ルーシーとジョンのポップで
コメディアスな恋の話かと思ったら
全く違う心揺
>>続きを読む

Shopgirl/恋の商品価値(2005年製作の映画)

2.1

鑑賞したのは結構前なのに
ミラベルとレイの恋の始まりの
手袋のシーンに憧れて
ずっと覚えてる映画。

好きな人が2人出来てしまって
どっちにするべきなんだろって
思い悩んでる人の背中をそっと
押してく
>>続きを読む

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

2.4

中々見ることが出来ない
ダークでぶっ飛んでて甘い世界を
垣間見れる作品。

ローラーガール可愛いし好き
故に切ないシーン、よくやった
いいぞってシーンもちらほら

みんな幸せになりたくて
華やかな世界
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

5.0

愛を描く人 モード・ルイスの物語

エベレットの不器用な優しさ
穏やかで可愛い世界観。
これが実話なのが凄すぎる!
実兄さんドクズだよ酷すぎるよ!
それを超えて包みこむ愛の深さに
涙が溢れてきました。
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.5

難民問題や信仰や扱っている問題は
難しいのに家族にフォーカスした
コメディアスな作品で明るく笑って
鑑賞出来ました。

ディアロの過去の話にはうるっと。

沢山の人に幸せを与えて、彼にも
幸せが訪れて
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.6

出てくる建物や色調服装全て
可愛らしかった。ぶっ飛んでるし
常識とか法律とかの物差しで
測れない。ヘイリーとムーニーの
親子の愛がこんな形もアリじゃん
なんて思わせてくれた。

ボビーも厳しいながら節
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.3

終始だらしなくて、そのくせ
変なゆずれないこだわりはあって
それでも流される時とことんで
自ら堕落していく様がリアル。

バンギャだった事がある人とか
尽くす恋愛で傷ついた経験があれば
絶対共感出来る
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

1.2

門脇麦ちゃんの何とも言えない
虚無感と役柄がとてもあっていた。
理由のない尾行
全体的にふわっとしてる印象でした。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

文句のつけようがない面白さ
人間模様がリアルであっという間に
時間が過ぎました。
ディクソン大っ嫌いで本当に
嫌悪の感情しかなかったところ
からの展開が予想出来なかった。
鑑賞後の何か凄い物を見た衝撃
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

2.2

ナタリー・ポートマン演じる
ローラの美しさずっと見ていたい。
リリー・ローズ・デップのケイトも
幼く素直な感じが自然で可愛らしくて
憎らしさが一切なかった。

「ブラックスワンを超える野心」
の予告に
>>続きを読む

犬と私の10の約束(2008年製作の映画)

3.4

田中麗奈がお着物気にしちゃうとこ
凄く共感。犬を飼う前に見せたい。
観た後何年経っても覚えている
犬の10戒を本で読むよりずっと
映画観た方が身にしみた。

>|