さやかさんの映画レビュー・感想・評価

さやか

さやか

映画のことはよくわからないので感想だけ。
好きなことを好きなように好きなだけ。

映画(194)
ドラマ(4)

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

-

普段ホラー見ないけど名作って聞くし!って事で見てみた!
ホラーダメな人でも見れるやつ!
途中からレザーフェイスさん可愛くない?え、可愛いよね??ってなってきた。
声出して笑っちゃうやつ。面白かった。

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

-

チープなSFだけどそこがさくつと見れて良かった、笑った〜
ゲイリーオールドマンもレオンとかの悪役が嘘だろって思うくらいチープでコミカル面白いけどこの使い方はもったいないな…
まぁリュックベッソンの趣味
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

-

過去のこと思い出してふふってなるんじゃなくて、あ〜あんなことしたな、恥ずかし……みたいな記憶あるじゃないですか、そういう話だなと思いながら見た。
むずかゆい、あとで思い出してうあ〜!って言うやつ!
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

-

難しくって何のこっちゃわからんってなSFでしたが世界観がキモおもしろい感じで楽しめました。
途中SFってかちょっとしたホラーみたいな感じになってきたけどナタリーポートマンが常にかっこ良かったので見れた
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

-

タランティーノは好きだけどトゥルーロマンスやパルプフィクションほどの魅力は感じなかった
サミュルのゲスさが胸糞悪くてな………

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

-

っは〜〜〜キングスマン並みに笑った!!!!
最高に楽しい!!!!!
最後はサミュルL・ジャクソンとゲイリーオールドマンの一騎打ちというか泥仕合
これ続編作って欲しい…
もっとサミュルとライアンのコンビ
>>続きを読む

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

-

物語の大事なところで、しょーもないところでいくつかの2つの選択肢が示されて自分が選んでフィンホワイトヘッドを動かせる物語
あのフィンホワイトヘッドを自分で操れるって言う点において特に最高ですね!?!?
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

クイーン好きな曲はあるけどあんまり知らんしなと思いながら見たけど良かった〜
おじさんたちの青春映画だし
バンド好きならきゅんとくるところ多し
ライブエイド再現も良かったな
あとヒロインがかわいい ヒロ
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

-

はい、すき〜〜〜!!!
BGMにしようと思ってかけてたらつい見入っちゃう
カーテンで作った洋服もいいよね
ウィーン には行ったけどザルツブルグも行けばよかったな、でもシーズンじゃなかったしな、もう一回
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

-

エターナルサンシャインはジムキャリーがジムキャリーしてないというレビューを見てそっかぁと思って見始めましたが
ジムキャリーがめっちゃジムキャリーしてるじゃないですか…….
ケイトウィンスレットはどんな
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

-

バイオレンスが苦手なので見てられない部分も多かったけど
本質はそこじゃなくて、普通に面白かった。
キレッキレの映画を見たなって気分
ラストシーンはスカッとした。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

-

前半はどんなブラック企業だよってビックリの展開でしたが2人の関係性が変わって行く様子が微笑ましい
そもそもエベレットはおうちに絵描かれても怒らんのか、そうか….ってその時点でだいぶ可愛かった
人は共に
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

-

心理描写は丁寧なんだけどただ深みがなくて
上部をすーっとさらって見たような気持ち…
さすがP.A.WORKSといった感じで作画が丁寧で音楽も良かった
ポスター見た感じでアルドノア…!っていう印象があっ
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

-

純粋な子供の発想が美しすぎてちょっと涙出た ちょっとだけやで

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

-

頭のいい知的な女性が似合うジェシカがめちゃくちゃかっこいい。
胸元のあいてる派手な服を着ているだけで女をウリにしてるとか考えるのはナンセンス。
彼女はあくまで男に舐められないように強い女を演出したかっ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

-

やっぱり歴史ものの映画は面白い。
ノーランのダンケルクを見ていたのでどういう状況か要領を得ていたので尚更。
ただ地下鉄のシーンはフィクションだそうで、そりゃそうだよなってちょっと笑った。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

全編通してセリフも動きも少ないとても静かな映画でした。
うーん、とにかく切なくてぼーっとしてる時にこの映画を思い出しては胃がギュッとなる。
死んだ人、こうじゃないといいな。もっと幸せであって欲しい。忘
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

ネタになってる要素としてはシャイニングしか知らないしゲームは全くしないのでピンと来ず…
展開はラノベでよく見る感じだなという印象…
機内だったのであまり集中して見れなかったのもあるかも

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

-

あんま期待してなかったけどアクションシーンこんなんずるいわ、うますぎる、面白すぎる……
あと主人公が偉そぶってなくてだいぶいい、かなり良い

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

-

前作も後半はダークな世界観でしたが
今作は初めからずっと暗い、暗くて良い…
メインはクリーデンスのアイデンティティ探しと血縁関係をめぐる話。
血縁関係とは違うけどとても強くて重いダンブルドアとグリンデ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

飛行機にてご飯食べながら見たらちょっと後悔した
エミリーブラントいい女優だな
ノアジュプ くんの可愛さが救い

メッセージ(2016年製作の映画)

-

空の中の白鯨みたいなもんかと思ってたけどタコさんが出てきたときはびっくりした
エイリアンと接触する言語学者の話ってあんまりないよね、段階の踏み方が興味深くて面白かった

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

こういうの、見たい時がある
緩やかに首を絞められる感じっていうのがとても分かる
良い質感の映画に出会えた、満足

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

-

救うつもりが救われてることあるよな

自分が親になってから見るとまた感じることが違うんだろうな
リタが1番人間味があって好き

ニキータ(1990年製作の映画)

-

初めて好きになった人に誕生日に銃を贈られること、
それで人を殺して来いと言われること、
トイレの窓から逃げて外で待ってると言われたのに逃げられる窓なんてなかったこと
ほんとはもう人を殺したくないと泣く
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

-

う〜ん、難解
もうちょっと頭良くなってから見ますね

きみに読む物語(2004年製作の映画)

-

グズグズしてないで外へ出ろ、恋人を作れ!!!すぐに老いるぞ!!!と言われた気がした。
こんなに全ての人から好かれるヒロインは自分とは違いすぎる、遠い人のことだなって思ってしまうのは私がひねくれてるから
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

同性愛者の話だと思ってたけど、そうだけどそうじゃない。全然違う。
私は語るべき言葉を持たないので見て、感じてとしか言えないな。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

-

こういうのちゃんと知ろうとしないと、9.11を知らないあの中国人の青年みたいになるのかなと思った。無関係でいられるわけがないよな。

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

-

最後の方ずる賢いやつ、悪いやつ、運の悪い奴大集合!ってコントかよみたいな展開よかった〜。あはは!って笑いながら見ました。
ヤバイ方のゲイリーオールドマンでしかもそれが脇役で、ブラピがめちゃくちゃ脇役、
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

-

原題、クリストファーロビンなんだね、そっちの方がいいよね。
これは間違いなくクリストファーロビンの話だし、あなたの、私の、話です。
何もしなくてもいいんだよ、いるだけでいいんだよ、そう言ってくれる人が
>>続きを読む

オーシャンズ(2009年製作の映画)

-

ヒーリングムービー!!!って思ったら後半わりとしんどかった
でも人間が見るべき、知るべき事なんだろうな。動物や海に関心がある人は特に。

クジラに迫るシーンなどはとてつもない迫力、こんな素晴らしい映
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

-

オープニングからオフスプ流れてとっても上がりました、ずるい。
国から研究費の支給を打ち切られた学者たちが集まって合法麻薬作って金儲けする話。
せめて儲けた金でお前ら研究せぇよ…と思うけど………

イタ
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

-

一見、夏休みの子ども向けなファンタジーアニメに見えるかもしれないけど私が声を大にして言いたいのはこれはとってもしっかりとしたSF作品なのだということです。
大人が見てこそ楽しめる作品、みんなでお姉さん
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

-

脚本が面白い映画ってこういうことか。
それにしてもこんなお喋りな男ばっか出てくることある??
全員お調子者、余計なことに首突っ込んで、やめときゃいいのに〜ほら〜言わんこっちゃない!みたいな。
パンプキ
>>続きを読む

>|