pinoさんの映画レビュー・感想・評価

pino

pino

映画(29)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.8

朝子の目が怖いし感情が見えないのにめっちゃねとっ?とした女で苦手だった。音の使い方とかカメラワーク?が不気味でホラー的な怖さが強かった。最後のセリフも意味深で怖かった。怖かった!でもってまた観たくなる

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.8

裏の顔がひょこひょこ出てくる感じがざわざわした。ある一定の感情が欠落した人が多い?むずかしい

銀魂(2017年製作の映画)

3.3

思ったていたよりコメディ要素が少なくアクション多めで少しがっかり、、
途中から飽きてしまった、、

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.0

舞台の雰囲気がすごく好みだった〜
ここまでしっかりミュージカルなのは初めてみたけどやっぱりウキウキするし映画の特典として好き!
ソフィが着ていたウエディングドレス着てああいう教会で式をあげてみたいと思
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

3.5


韓国ドラマぽい人の繋がり方がせつなかった。





ラストもなんだかうまくいかなそうな雰囲気だらけだったのでそうなるとは思ったがなんだか伝わるものが想定したより少なかった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーの深さというよりはこれ撮るの大変だったろうなあという脱帽の念が大きかった。最初のゾンビ部分が長すぎて少々テンポが悪かったがその分これからどうなるの?ていう気持ちは膨らんだ。生放送というドキュ>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

4.4

日本の恋を明るくします。このキャッチコピー通りの映画だった。浜辺美波ちゃん演じるあゆはの真っ直ぐさピュアさにみんな惚れてまうやろーて思った。女子がもちがちな悩みをおもしろおかしく、恋愛をポップに描いて>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.3

なにが本当でなにが嘘かわからなくて最後まで先生に支配された。音楽に精通しているじゃないのであとドラムのシーンの凄さがわからないが狂っていく主人公と先生の物語という感じ。あまり深さは感じなかった。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

人物像を言葉で説明しないでパズルみたいに当てはめていくのが気持ちよかった。安藤サクラの泣くところがすごすぎて脱帽だった。

キャロル(2015年製作の映画)

4.3

ケイトブランシェットの表情がなんとも言えないくらい素敵だった。不敵な笑みというか不思議な微笑みというか。艶やかでもあるし。キャロルがテレーズに向けて書いた手紙の文章が切なすぎてぐっときた。またキャロル>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

後半から集中し始めたので感想を書く資格がない、、もう一回じっくり観たい、、

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.8

話の展開についていけず要所要所の違和感が浮き彫りになって話の概要を掴むのに必死になってしまった。広告のバズり方はリアルだったし笑える部分も多々あった。これってこういうことかな?と一緒に観た友達と話せる>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.8

盲目の少年の成長物語。学校のTシャツかわいい色合いが好き画面の。ブラジルの女の人はかっこいい男の人を可愛いていうのがスタンダードなのかなと思った。LGBTの話だが映画内でそれについて深く触れなかったの>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

ハリウッドらしいスケールのでかさ。ただ単に画面がかっこいい!てだけじゃなく現代の社会と絡めて考えさせられるものだった。最初の集合住宅は2045年近未来感がすごく出てたのに街中は建物とかも近未来感が薄ま>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.3

出てくる人たち皆下品に見えてしょうがなかった。こういう女に振り回されて壊れていく話はよくある気がする。想像通りの灰色感。マイクが男友達にプールに沈められ女の人と泳ぐ一瞬のシーンはひっかかった。スーも思>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.3

テンポが良いものが好きなので中盤からのネタを明かしていくところや序盤もゆったりしてるので眠くなってしまった。なんともいえない悲しい話だった。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

音楽最高むちゃくちゃな青年たち最高純粋最高で素敵な映画だった。突拍子も無いこともやるしか選択肢のない人たちをみて自由でいいなあああて思った。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

4.1

アコギの音が心地よくてゆったりした音楽がちょうどよかった。物語は平坦に進んで行って音楽も心地いいので眠くなりがちだったけど個性的なファッションや街並みが素敵で良かった

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

ツッコミどころ満載。舞台ぽい演技につけられる効果音に驚き。昔の日本みたい。日本にはない王政の話は新鮮でおもしろかった。バーフバリ強すぎ。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

音楽が素敵。話も分かりやすくて感情移入しやすい。演技と歌の技術の高さ。ディズニーに行った感覚。心地よい幸福感!
観た後も"ディスイズザグレイティストショー"と頭に流れてくる。サントラ欲しくなるのもおか
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.9

シンジとケンジがボクシングで強くなっていく。暴力的なものは好きではないけど本気で命をかけて挑む漢気のみえるボクシング自体が美学にみえた。間に挟まれた自殺の話。ヨシコは消える。ケンジは繋がらない。そこら>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.1

爽快なカーアクション。アクション映画は好んで観ないけど良かった。人が思ったより死んだけどリズム感といい音楽といい心地よくて目が離せなかった。ドキドキハラハラもありだった。ベイビーとゼボラのロマンスも素>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.6

2回目の鑑賞。
大きな事件が起きているわけではないのにすれ違っていく2人がとてもリアルで悲しかった。「俺たちなんでこうなっちゃったんだろうな」というセリフ、あのシーン。ハギオたちがいる家にせいちゃんが
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.3

夫婦の日常を描いた物語。
とてもいい夫婦でこんな仲になれたら、と思えたが終始音楽が暗くてアンバランス?な印象を受けた。何か起こりそうな不吉な音楽。けど決して話は暗いわけではない。なんだかまだ私にはわか
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.0

人間の乱暴さ、愛だなんだが狂気にかわってしまう恐怖、そんなものを感じた。登場人物それぞれが持っている生きづらさが表現されていていた。どこか通ずるものがあり心にきた。観音崎、ルミちゃん、田島さんとハルナ>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

笑えてほっこりできる映画。綺麗な心のパディントンなだけに辛そうな目にあうと本当に悲しくなるくらい感情移入できた。観終わった後に優しい気持ちになれる。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.8

ヨシカも二も痛々しいけど愛おしい。痛いヨシカも松岡茉優ちゃんが全力でヨシカになってた。ヨシカの心情が爆発して二にぶつけて、そして最後のシーンがとてもよかった。登場人物たちも映画そのものも愛おしかった。