berryclanさんの映画レビュー・感想・評価

berryclan

berryclan

3以上は好きな映画

映画(399)
ドラマ(0)

アルマゲドン(1998年製作の映画)

4.0

名作。良い話。
話とは関係ないけど、地球滅亡とかなると地球市民としての自覚が生まれるんやろうな〜 コスモポリタニズム!ただ実際こういう状況になったらやっぱ行動するのはアメリカなんかな?これはアメリカ映
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

音楽を聴く楽しさを知るきっかけとなったQUEEN。やっぱり偉大!感動した!劇場で観れて良かった ☺︎ ラミマレック好きやから出っ歯にされてるのちょっとだけ嫌、、笑

17歳の肖像(2009年製作の映画)

3.5

初めは自分をを見てるような気持ちになった… 博学のある人たちに囲まれて新しい世界を若くして知るって本当に新鮮で楽しいし、別に悪いことじゃないと思う ☺︎ 進学すること良い大学に行くことが正解でもないと>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

パターソンが詩を朗読しているのがカイロレンの声にしか思えない(笑)

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

セルゲイポルーニン好きになる映画。才能があって努力家だからこその苦悩。

太陽の塔(2018年製作の映画)

4.0

芸術に対しての見方を見直そうと思った。人類学、民俗学勉強したくなる。人間のパワー

赤い風船(1956年製作の映画)

4.0

可愛い!赤色が映える!あっという間の35分!アミニズム!

トト・ザ・ヒーロー(1991年製作の映画)

4.5

映画って良いなーーーーと思う作品!この作品の良さを言葉にしようとするとどうしても微妙になってしまう、、良い映画は言葉では説明できない映像!

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

長年映画音楽ってどうやって作ってるか疑問やったけど思ってた以上に素晴らしい世界!!!音楽ってすごい!映像ってすごい!それを作って合わせる人間もすごいしそれを観て感動する人間もすごい!皆すごい!でやはり>>続きを読む

今日、キミに会えたら(2011年製作の映画)

3.5

時間や場所が変われば相手も変わるし自分も変わる。ラストシーンはリアルで悲しい

生きのびるために(2017年製作の映画)

4.0

タリバン政権のアフガニスタンの話。こういうことを伝えられる映画の面白さ。男女平等を主張する国からみたらあり得ない話やけど、宗教とか慣習とか定着してる生活に対して、私たちの概念だけで感想を言うのも難しい>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

パンクロックに生きるの楽しそう。おしゃれやけど狙いすぎというか中途半端というか

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.5

安定に好き。全員のキャラが良いし歌も好き!日本公開ほぼ一年後という驚き!!

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

評判良くないから期待してなかったけど面白かった!!ハンソロチューバッカ愛が増した!

ミクロコスモス(1996年製作の映画)

3.0

身近な気付かない美しさ。機能的で規則的でやっぱ毒毒しい虫。。。

(1990年製作の映画)

3.0

幼少期と戦争とゴッホと原発。リアル。トラウマになりそうなシーンが多い。狐の嫁入りが好きかな〜〜

異邦人(1968年製作の映画)

3.0

原作通り、なのに原作ほどの重さは映画には求められないなって思った。それくらい不条理

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

ついにこの映画のクリップを外せた☺︎ ウェスアンダーソン先生のセンスで描かれる日本はトキメキ×1000でした!色彩センス音楽センス映像センス、とりあえずセンスの塊の映画。日本語読んだり英語読んだり日本>>続きを読む

デリカテッセン(1991年製作の映画)

4.0

ベッドの軋みを確認するシーンが好き。トレイラーも大好き!ジャンピエールジュネと安定のドミニクピノン。登場人物の個性がキラキラしてる!ヨーロッパの美しい毒々しさ。

>|