AOさんの映画レビュー・感想・評価

AO

AO

MANRIKI(2019年製作の映画)

2.5

斎藤工とSWAYの並びだけでも見た価値があった。

フェイクプラスティックプラネット(2019年製作の映画)

2.0

びっくりするほど抽象的でそれでいてなにを伝えたいかもわからず悪の組織の存在すら投げっぱなしでした...

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.0

【Filmarksオンライン試写】
よくあるいじめられっ子とイケメンの恋物語かと思ったら、そうなんだけどそうじゃなかった。ただ、伏線というほどの何かがあるわけでもひっくり返りがあるわけではなく、想定範
>>続きを読む

ある船頭の話(2019年製作の映画)

3.5

直前に『ソワレ』を観たので村上虹郎の役の落差に心を痛めつつ、とはいえ守るべき「女性」という構図はおんなじだなと思ってみていた。たまにこういう作り手側の美学100%な作品を観たくなるので、そういう時にお>>続きを読む

ソワレ(2020年製作の映画)

5.0

色々身構えて見始めたけど、想定内も想定外も含めてジワジワと「すきだ、これすきなやつだ」と思いながら見終えた。

ボーイミーツガールな逃避行もの結構好きですね。三池崇史の『初恋』とか。おすすめにも出てる
>>続きを読む

トランスジェンダーとハリウッド: 過去、現在、そして(2020年製作の映画)

4.0

今はまだ特殊な生き方とされているところがあるし、それを描かないとトランスの人たちを描写したことにはならないと考えられていると思う。そういった考え方がなくなっていくことはは良いことだと思うと同時に、今感>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.5

感情の波に飲み込まれる。何が良いのか、何が悪いのか分からないけど、誰にでも希望があるということはこころに止めておきたい。

仁義なき戦い 完結篇(1974年製作の映画)

3.5

流石に広能もご老人感が出てきてしまっているけど兎にも角にも松村の覚悟で優勝した。なのにまだまだ抗争は続いていて広能と共に疲れた。哀しい。

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

2.5

なんで映画にしたんだろう。ミュージカル映画やっぱ苦手。あと、なんも残らない。つらい。

仁義なき戦い 代理戦争(1973年製作の映画)

3.5

始まった!ってところで終わった。私は広能と同じくらい山守が嫌い。嫌い過ぎて無理。終わりの悲しさで広能はヤクザ続けてる感じがするから結局は凪では生きられない男なんだな...頑張って...

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

4.0

一作目より数段好き。山中という愛せるキャラクターがいるからだと思う。そしてサニー千葉の演じる大友勝利の粗暴さには圧巻。何をしててもイライラする。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.5

くだらなくてサイコー。ちゃんと老衰で死にそう。

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

2.5

想像したよりファンタジーだった。面白いかと言われると...

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.0

意図した効果が分かったとしても観て良かったと思うほど面白さはなかった。

富江 アナザフェイス(1999年製作の映画)

2.5

何だったんだこれは...富江フィーバーみたいなものが起きてたのかもしれないけど非常につまらなかった...

富江re-birth(2001年製作の映画)

2.5

怒った。前作までで富江にも哀しさがあると噛み締めてたのにこれじゃただの化け物じゃん。清水崇のせいだ。

富江replay(2000年製作の映画)

3.5

若い男女がワーキャー言うホラーは最高。山口紗弥加は美少女だし窪塚洋介も青年真っ只中で美しい。2作目にして少しだけ富江が可哀想になってきた。1作目よりもグロく、ホラー然としてきている。宝生舞の美しさはた>>続きを読む

富江(1999年製作の映画)

4.5

オープニングからカッコいい。90年代の映画の画面の暗さと根暗さが際立ってる。ホラーだけど電波系の気持ち悪さがあるし、青春ドラマとしても好き。菅野美穂は可愛いけど髪質の悪さがざわざわした。中村麻美さんは>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

4.0

お正月映画っぽくてよかった。妖怪大戦争の大人版な感じ。使者とかキリスト教っぽいこと言うのに、地獄の概念は仏教とか道教とかそっちの方向で、とにかくごちゃ混ぜなのが面白い。

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

4.0

最初のいじめのシーンで見るの後悔したけど最後にやられた。ただご飯を食べながら見る映画ではない。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

公開当時「観に行かなきゃ!」って思ってた理由がソンジュンだったことを鑑賞中に思い出した。女ボス、過去に何があったのか教えてほしい。

青い、森(2020年製作の映画)

2.5

雰囲気映画です。全体的に暗い(物理的に)ので気分が沈んだままだし、変なCGが気になりすぎた。

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.0

つかみどころのない話を2時間展開することがすごい。こんな世界が監督には見えているのかなと思った。

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.5

久々に好きな方のドラン。会話の嵐に疲れるところもあるけど、登場人物の心の中と結びついてて効果的に感じた。関係ない感想だけど、2回ほど犬が横切るシーンがありなぜかそこが好きだなと思った。

デーモン・インサイド(2018年製作の映画)

3.0

期待せずにみて案外面白かったけど30分にしてくれるともっと高い点をつけられる。サイコな妻vs賢い妻。

>|