kitさんの映画レビュー・感想・評価

kit

kit

「映画好きの集まる場だけでも。創ろう平和な世界」をモットーに拙いレビュー更新中の高校生♂。。
グロ、コメディ、音楽、人間ドラマ、アメコミ系。レイチェル・マクアダムスとセス・ローゲン。昔ながらのVFXと特殊メイクが好き。 https://www.instagram.com/kit.gallery/ ←絵あげてます❗️ #真面目にバカをやる
#バカがバカをやる
#ラスト好き過ぎ
#愛すべきゲテモノ映画

映画(760)
ドラマ(5)

武器人間(2013年製作の映画)

3.7

学校では1日あたり約315分時計とにらめっこしてます。。
kitです

先日公開された「オーヴァーロード」は諸事情で観に行けそうに無い😭
楽しみに待っていた作品だけに悲しくて悲しくて。。絶望と嫉妬とと
>>続きを読む

ファンコ・ストーリー ~フィギュアとファン~(2018年製作の映画)

3.5

米amazonで6,000弱のフィギュアをポチっただけで、220万円の1/1スケールのブラキオサウルス🦕を勧められました。
高校生の財力を嘲笑われて悔しかったです。。
kitです

〜〜 トイメーカー
>>続きを読む

サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ(2012年製作の映画)

3.8

〜〜 フィルムカメラからデジタルカメラへの移行。それは映画界に何をもたらすのか。。。映画監督や撮影監督など、幾人もの映画関係者が映画の「過去」「現在」「未来」を語る 〜〜


おそらくドキュメンタリー
>>続きを読む

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.5

〜〜 ネバダとカリフォルニアとの州境に建つ“元”一流ホテル「エル・ロイヤル」。ロビーボーイ、神父、ビジネスマン、黒人女性、気取ったビッチ。曲者達がそろう時、このホテルで何かが起こる 〜〜

“123人
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

3.7

〜〜 何の接点もなかったはずの男女、偶然か必然か、彼らの物語は繋がり始める。〜〜

PTA監督初体験。
僕みたいな感性の持ち主では、レビューを書く度ボロが出そうなくらい深い作品😅

3時間という長尺で
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.0

〜〜 人里離れた場所で静かに暮らすレッド(ニコラスケイジ)とその妻マンディ(アンドレア・ライズボロー)。しかしある日、マンディに固執するカルト集団の手によってマンディは命を落とす。
血みどろの復讐劇が
>>続きを読む

Beau(原題)(2011年製作の映画)

3.0

アリアスター監督短編。

「挿したままだったはずの鍵がねぇ」から始まる不安と恐怖。自らを蝕む過剰な警戒。
スリルと意味不明な恐怖が楽しい短編😱💙だがラストが❓
それとあのヘレディタリーからは想像もでき
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.4

目まぐるしく回るアトラクション系ラブストーリー🎆
バズラーマン監督による左も右も美しく雅なミュージカル。どこの場面を切り取っても絵になる🖼 自分の部屋の四方に今作の写真を貼っておきたいほど美しい。。
>>続きを読む

デッドプール2のおとぎばなし(2018年製作の映画)

3.6

〜〜 むか〜しむかし、あるところに、腐ったアボカドと腐ったアボカドが××××したみたいな顔面を持った“冗舌な傭兵”がいました。
彼は彼と××ほど釣り合わないほど××綺麗なヴァネッサと暮らしていました。
>>続きを読む

The Turtle's Head(原題)(2014年製作の映画)

3.0

アソコが縮んでくお話。本当にそれだけ。クスクス笑い。日本語でも英語でも“亀頭”なんや、タメになった笑
アリアスター監督こんなのも撮るのね。。

以上🐢

The Strange Thing About the Johnsons(原題)(2011年製作の映画)

3.4

ヘレディタリーの家族パートの、居心地の悪さ、趣味の悪さは既に出来上がってた。
イヤーーーーーーーな映画🤢

以上🏈

Munchausen(原題)(2013年製作の映画)

3.2

サイレント短編。微笑ましいOPだが、監督が監督なだけに“負”を予感させてしまう。母の子に対する深く歪んだ愛。愛ゆえに狂った歯車。
もう1パンチ欲しかった。
イヤーーーーーーーな映画😱

以上🤕

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.1

“母は僕の中に何かを招き入れた”


再鑑賞しました。今度は両親と一緒に……😅
ほんの出来心だったんです..つい魔が差してしまって😢「みんなも嫌な気持ちになって欲しい」というSっ気が出てしまったんです
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

今作に敬意を評して。

やっと観れたーーー❗️❗️❗️❗️これでフィルマのタイムラインを、スマホの端見て薄目にしながら爆速でスクロールせずにすむーー笑

これはただのヒーロー映画ではない。
ヒューマン
>>続きを読む

ブルー・リベンジ(2013年製作の映画)

3.5

“ちゃんと苦しめてから殺したわよね?”

ジェレミーソウルニエ監督作品制覇✊

ジェレミーソウルニエ監督作品が苦手です🤢今作を観るのにも三夜費やしました、100分も満たないこの映画にですよ。
セリフが
>>続きを読む

RENT/レント(2005年製作の映画)

3.4

前々から気になっていたスティーヴン・チョボスキー脚本作品にして、ブロードウェイミュージカルを映画化した作品。

馬鹿ほど劇中歌があるのに、まともに覚えてる歌が1,2曲だけっていうのはミュージカルあるあ
>>続きを読む

リセス 〜ぼくらの夏休みを守れ!〜(2001年製作の映画)

3.7

過去鑑賞

僕の子供時代(幼少期〜中学校初期)の9割は、「ディズニーチャンネル」や「カートゥーンネットワーク」等ケーブルTVで形成されていると言っても過言ではないです🖥
そんなディズニーchで「フィニ
>>続きを読む

アンソニーのハッピー・モーテル(1996年製作の映画)

3.6

ウェスアンダーソンの長編デビュー作。

〜〜精神病持ち、変わり者、鈍臭男の3人が贈る、歪も歪な強盗計画〜〜

これでウェスアンダーソン監督作品コンプリート‼️やったぜー✊✊✊

序盤、ウェス感がなく少
>>続きを読む

ガンモ(1997年製作の映画)

3.4

“竜巻で死んだ。みーんな死んだ。女も男もみんな死んだ。子供も大人もみんな死ーんだ。みーんな死んだ。みーんな、みんな”

〜〜天災により荒廃した小さな町で生きる少年少女たちの生き様を映した作品〜〜

>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.7

“悩みも不満も何もない、自給自足、女より友情。ここは本当の自由の国、俺たちだけの王国。俺たちが王様。”

〜〜親への不満から、壮大な家出に繰り出した少年たちの特別な一夏の物語。〜〜


レンタルも出な
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.8

「僕、ティムバートン作品結構観てるんすよ〜」「ティムバートン展に行くくらい彼の作品好きなんすよ〜」と言いつつ恥ずかしながらお初にお目にかかります🙇‍♂️笑

最初のOPシーンから大興奮になったのは自分
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.8

久しぶりの未見の作品。
最近は過去鑑賞作品ばっかり観てたからね😊

本当の意味での『共感、理解、愛情』。お世辞や根拠のない希望じゃなく、「負の面」をさらけ出し合うことが大切なのかな🤔なんて思ったり思わ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

“妻が亡くなって、色々なことに気づき始めた。いや、本当は見えていたのかもしれない、興味がなかっただけで…”


『オールタイムベスト決定戦』20本目❗️

「失ってからその大切さに気づく」とよくいうが
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.2

『オールタイムベスト決定戦』19作目❗️


永遠なんてものはこの世に存在しない。それでも、サムとスージーの恋は永遠に続くんじゃないか?と思ってしまうほどに素敵な恋💞

闇のあるはみ出し者、変わり者、
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

『オールタイムベスト決定戦』18作目。

「パーティ〜」に続きエルファニング登場‼️

不思議な共同生活を送る主人公たちは本当に明るくて楽しそうで憧れさえ覚える。
友達以上の関係になろうとする主人公と
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.2

“Do more punk to me.”

〜〜僕と彼女の、頭が破裂するほどに奇抜で“パンク”な48時間が始まる〜〜

『オールタイムベスト決定戦』17作目❗️


もし今作がラブロマンス映画なら僕
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.8

『オールタイムベスト決定戦』16作目❗️

いや〜楽しいぃぃぃ!!!!🕺🏼
ん?はい、皆さんの言わんとすることは分かります。ですが好きなんです❗️でも安心してくださいベストには入れないので😅

懐かし
>>続きを読む

ライフ・アクアティック(2005年製作の映画)

4.2

“人生は海だ、そして冒険だ。”

『オールタイムベスト決定戦』15作目❗️

なんでか今作が凄く好きです、はい。

海の上で繰り広げられる色々な形の『和解』、そして血の繋がりをも凌駕する絆の物語。
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.2

『オールタイムベスト決定戦』14作目。

そう遠くない未来、言語や肌の色ではなく遺伝子で差別される時代。
科学が存在を嘲笑う世界。

〜〜遺伝子操作により優秀な人間を産み出せるようになった近未来で、科
>>続きを読む

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

4.4

“怒りは君を幸せにしたか?”

『オールタイムベスト決定戦』13作目。

ベストを決めるにあたって再鑑賞しましたが、候補の中で最も観るのに勇気が必要な作品でした。

怒りや憎しみの先に待つ皮肉な運命🤕
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.0

『オールタイムベスト決定戦』12作目。

ラブロマンス映画で一二を争うくらいに好き。

溢れ出す男のエゴイズムを、そのオシャレな世界観で隠しきれていない作品😁💦
でもそんなご都合主義な設定にどこかトキ
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.8

『オールタイムベスト決定戦』11作目❗️

“黄色いバスは〜行くよ〜〜何処までぇえもぉ〜〜〜”

家族みんなでTV囲んで観たくなる系。
「オススメの映画ある?」て聞かれたら、よっぽどの変態以外には勧め
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.2

“皆んなと違うことは辛いでしょう、でも皆んなもそう、そしてそれはとてもステキなことよ。”

『オールタイムベスト決定戦』10作目。

暖色な世界観が目と心にしみわたる、ウェスアンダーソン製のストップモ
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.5

タランティーノ監督がまたしても真面目で重っ苦しいテーマをエンタメ作品へと昇華してくれた✊🏿
やはり終幕にかけてのテンションの上げ方が凄い👏👏👏そしてフィナーレも壮絶💥💥💥💥
「愛する妻のためなら、拙者
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.5

『オールタイムベスト決定戦』9作目❗️

今作だけは絶対に何があっても譲れない、オールタイムベスト必至の作品。

今作を初めて観た時、人生で1番泣いた😭🌊🌊一緒に観ていた父が引くほどに泣いた。
お涙頂
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

“憎しみに居場所なし”

ほんの数分前までクスクス笑いながら楽しんでいた自分もラスト数分の『現実』を突き付けられ、背骨を真っ直ぐにして真実を目に焼き付けざるを得なかった観客の1人になった。

「楽しい
>>続きを読む

>|