marinoさんの映画レビュー・感想・評価

marino

marino

映画(363)
ドラマ(6)

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.1

最初から最後までしっかりシュール
中学生男子的なくだらない下ネタもありつつでもそんな会話の中に深みがある。
メニーの純粋な質問に素直に答えるハンク。
2人の世界に入り込むシーンはお洒落な映像になってた
>>続きを読む

ファウンド(2012年製作の映画)

1.3

低予算感が否めなかった。
学校のシーンの子供の演技がチープでひやひやした。
パッケージほどのむきむきでない兄はそこそこイケメンだった。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

2.3

リトルミスサンシャインが好きな人にオススメと聞いて観たもののちょっと求めてるものが違った。
森で育ち世間を知らない家族の生活から始まるため、食事しながら観るのはおすすめ出来ない。(鹿狩ってた)

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.6

とにかく面白そうという期待ばかりが大きくなってしまいラストで他にどうにかならなっかったのか。と思ってしまった。
途中までは引き込まれてどうなるんだろうと思っていたのに。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

とにかく興奮気味に終始見入ってしまった。見たことある映画のネタやキャラがたくさん出てきて楽しかった。
内容もリアルに未来にありそうで面白かった。4DXで見たらだいぶ楽しめる映画だと思う。
見たことのあ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

1.3

久しぶりにマトリックスシリーズを見た時のような置いてきぼり感があった。
説明が少ない状態で見ながら?がたくさん出てきてこういう系は苦手なんだと思った。
アベンジャーズの最新見てないけどこの人群を抜いて
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

4.1

最近の邦画ホラーの中で上位になるくらいしっかりした内容だった、現実的だった。
最後まで満足して見れた。
そして所々怖かった。映像も変なCGずっと見させられずちょうどよかった。

夜中1人で見たの後悔し
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.1

相変わらず癒される映画
パディントンのCG感も自然だし可愛いし
出てくる人みんな良いキャラだし色合いもいいし。笑いのセンスも合う。もう一度みたい。

だれかの木琴(2016年製作の映画)

1.5

最後までよく分からないし、誰にも感情移入できないからなんとも思わなかった。
きっとこういう人たちもいるんだろうな感強め。
珍しく池松くんがかっこよく見えず、珍しく常盤貴子さんが綺麗に見えなかった。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.3

オラフポンコツ過ぎてびっくりした。
笑えるとこもあって楽しめた。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

とってもあったかい話。
そして色も鮮やかだし歌も良いし。
死後の世界も明るくて元気になった。
ピクサーの遊びも2個だけだったけど見つけられました。

マザー!(2017年製作の映画)

2.1

試写会で観たけど2時間があっという間だった。
主人公のジェニファーローレンスの目線・背後から追う映像の撮り方をしてて途中目が疲れてしまった。
そしてとにかく前半やたらグチャとかカチャとか生活音?ありと
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

2.2

お洒落でファンタジーな映画。
しかし私には知識が足りず満足することが出来なかった。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.2

80年代のファッションと音楽が素敵で良かった。青春だ。サントラ欲しくなった。
兄は小汚くて最初は心配だったけど、どんどんいい奴感出てきて良かった。

天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕(2010年製作の映画)

3.2

シンケンジャーもゴセイジャーも好きだったから普通に楽しめた。
戦隊モノの映画は初めて見たけどそれぞれのキャラクターが生かされてて面白かった。
しかしこの時の松坂桃李の襟足の長さが気になる。
エンディン
>>続きを読む

オーディション(2000年製作の映画)

3.8

古くてちょっと荒めな映像が不気味さをより増している。
再婚相手を探すのに映画のオーディションの漏れた人の中から探すという内容。
オーディション中の音楽があまりに明るくホラーであることを忘れそうになるが
>>続きを読む

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

2.7

フレディ観たことないから不安だったけどキャラクターを知ってたから面白かった。
真剣に観ないくらいがちょうどいい。
フレディ観たくなった。

ハネムーン・キラーズ(1970年製作の映画)

3.3

・太っちょマーサが寝ながらベットでチョコ食べるシーンが醜かった笑
・レイの本心はよくわからないマーサはレイしか見えていない。
・結婚詐欺に合う人達はそれぞれ個性があってあぁ殺さないであげて〜となった。
>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

3.1

実話であるというテロップから始まりつつ、終始ブラックコメディ。
こんな母親いたらほんとやばい。
やばいおばはんの漫画読んでる感じ。

パラダイム(1987年製作の映画)

3.6

しっかり楽しめるホラー。
大量の虫が気持ち悪い。
ホラーでよくある不気味な浮浪者ちょっとイチャつく男女と片目がちょっと開いてないアジア系のおじさんが出てきます。

変な水飲んで支配された人達が一点見つ
>>続きを読む

トッド・ソロンズの子犬物語(2015年製作の映画)

1.1

ブラックジョークな洋画は自分には合わない事がわかった。映画に対してどこか期待を持っているのかもしれない。と思うくらいどこまでも希望のない飼い主に拾われる犬の物語だった。
犬に癒されたいとか子供に癒され
>>続きを読む

私をスキーに連れてって(1987年製作の映画)

3.8

バブリーな時代を感じつつも
本格的なスキーの滑りが多くてびっくりした。
単純な恋愛映画かと思いきやアクション要素?もありドキドキ。
各所で流れるユーミンの曲もすごく良くてスキー天国サーフ天国の安心感は
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

1.4

着眼点は面白いけど
なんか全体的にぬべっとしてた。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.3

THEファミリー映画
安心して最後までみれた。
歌がメインだけあって挿入歌もたくさん耳に残る曲が多くて楽しめました。

ピーチガール(2017年製作の映画)

2.1

ヒロイン失格といいこういう映画は映画を観るというのではなく、なんとなく楽しいものを観る感覚でみたら納得いくのではないかと思いました。

絶叫学級(2013年製作の映画)

1.5

漫画が原作ということを何回か言い聞かせながら見たものの。。
出てる人が豪華だし見たものの。。
栗原類がとにかく怪しい動きするのが気になって仕方ないけど特別大事な役でもなく。。とにかく恐ろしい広瀬アリス
>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

2.7

何も気にせず観れて明るく元気になりたい時にオススメな映画
のんも菅田将暉も可愛い

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.1

前作を観てもういいかなと思っていたものの見たら凄い事になってた。

同じ気持ちな人は是非観に行った方が良い。

スターウォーズいつか観たいなって思ってる人は早急に過去の作品を観て映画館で本作を観た方が
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.2

始めからなかなか引き込まれてわーどうなるんだろってワクワクした
けど
なんか後半無理な設定に冷めてくる。
どの人にも理解出来なくなる。
付箋をちゃんと回収して欲しい。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

2.3

よくわからないから
解説読んでまた見なきゃと思った。

やっぱり観てて惹かれないのはタランティーノ苦手なんだなと思った。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

2.8

良かった。
ナタリーポートマンがとにかく可愛い。
内容も暖かい。けど特別新鮮さはない。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

面白い。
ピエロのペニーワイズは容赦なく子供を襲います。
子供が思わず想像しちゃう怖いことを子供たちだけが見える世界で物凄く不気味に現実にしちゃいます。
驚かせるかつグロテスクなのでトラウマにならない
>>続きを読む

>|