なるせさんの映画レビュー・感想・評価

なるせ

なるせ

おやすみなさい。

スーパーマリオ/魔界帝国の女神(1993年製作の映画)

-

マリオではない何か。

マリオの名前だけ借りた、おっさんと若者が恐竜蘇らせようとするきっしょいおっさんたちの陰謀を阻止する、謎の映画。

あと、ヒロインがピーチじゃなくてデイジー。なんでや教えてくれ。

ジャイアントベビー /ミクロキッズ2(1992年製作の映画)

3.4

赤ちゃんがもしもめちゃくちゃデカくなったら。

それを膨らましまくったちゃんとしたエンターテイメント。
ミクロキッズが小さい者たちの探検映画だったのに対し、今回は赤ちゃん怪獣映画。はぁ、楽しい楽しいそ
>>続きを読む

スカイ・ハイ(2005年製作の映画)

3.6

面白すぎてびっくりした。
スーパーヒーローのパワーを持った人間が行く高校の話。
なんか色々起こりすぎて、キャラたちも濃すぎて、明るくて万人ウケなモンスターユニバーシティってことでいいかな?
予算は少な
>>続きを読む

天使とデート(1987年製作の映画)

3.3

天使可愛すぎやろボケ。

最初はめちゃくちゃキスするし、好きな食べ物もフライドポテトって、とんだエロアマじゃねえかこの野郎と思ってたら、それは最初だけで、羽隠すのに必死な姿とか可愛い。

80年代の音
>>続きを読む

ミッドナイト・ミート・トレイン(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ミッドナイトミートトレインのミートは、会うとかの方のミートじゃないんですね、お肉。

肉調達係交代物語。

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.0

夢は所詮、夢。
現実になると思い込まされて、その希望に向かって一生働かされる社会の実情。

バードケージ(1996年製作の映画)

3.6

めちゃくちゃ面白かった。

ホモをバカにしてる世間体しか気にしないお堅いバカ親たちが、ホモに助けられるという素晴らしい物語。シチュエーションコメディとして満足。

トイズ(1992年製作の映画)

4.5

大好き。

90年代の色っていうか、ピクサーの初期短編作品の実写化みたいな、ああいうのがたまらなく観てて心地よくて、この映画は全体そうだからストーリー二の次でものすごく、心が安らいだ。ふぁ…。

スト
>>続きを読む

ベビーシッター・アドベンチャー(1987年製作の映画)

3.2

そこそこ楽しんだ。
ドタバタロードムービー。
ベビーシッターブルースの入り方は鳥肌立ったな…パクろ。

だがしかし、パッケージみたいなシーンは一切なかった。

あと、主演のベビーシッター可愛いなぁと思
>>続きを読む

ミクロキッズ(1989年製作の映画)

3.1

思ってるよりも真面目にアドベンチャー映画だった。

ピラニア リターンズ(2012年製作の映画)

3.3

片足マシンおっさんとハッセルホフが頑張る映画。もはやピラニア関係なかった。

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

3.2

最初良くて、途中中だるみ、クライマックス盛り上がりまくって泣いた。
ほんまに途中のホームアローンの汚いパクリみたいなのなんやねん

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

-

「ゾンビガール」とおんなじ内容かと思ったけど、全然ちゃうかった。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

旧作とビビるほど、違う映画やんけ。

ホラーを観に行ったとすれば、全然怖くねぇし、面白ピエロ映画を観に行ったとすれば、ピエロの割に派手さとコミカルさが足りない。

青春映画を観に行ったとすれば、本当に
>>続きを読む

リトル・チルドレン(2006年製作の映画)

3.3

良いと悪いの境界って、白黒付いてそうで曖昧というか、良いものがより良いものを目指すためにそれまでそんなだったものでもすぐに悪いと決めつけてしまう自動的正義というか、そういうものが蔓延してきてる今でこそ>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.4

「ヘンゼル&グレーテル」でおなじみ、トミー・ウィルコラ最新作。「ヘンゼルとグレーテル」に続き、次に元にした童話は「おおかみと七匹のこやぎ」っつうことで観に行ってきました。

…全然違うやないケェええ!
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

1.8

"ダメウーマンと遠くに出現した怪獣の動きがシンクロしてる!?"みたいな映画を観に行こうと思ってる人!
全く違う映画になっちゃうので注意!!
あっさり前半で別の映画に変わります!!
それも、観ている人か
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.3

ありがとう、タイカ・ワイティティ!!!
能天気パッパラパーティムービー!!

オープニングで、「タイカ・ワイティティで良かった!たっのしい〜い〜ぃ〜〜!!」と即座に感謝!

起きてることは物凄く重く暗
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

どうせこうなるんでしょ?と予告編から思わされていましたが、まさかまさかの僕好みの展開になるなんて!ニヤニヤが止まらんかったぞ!!!

今までの黒人映画とはアプローチが真逆だな…普通にやったらバカ映画な
>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

2.8

題名のママ。
自分の正義のママに破る者は全員皆殺しする主婦。
その部分では「セシル・B ザ・シネマウォーズ」に通ずる部分もある。

逮捕されたとしても、全然裏切らないママには天晴れを通り越してマジかよ
>>続きを読む

殺したいほどアイ・ラブ・ユー(1990年製作の映画)

3.0

実話だけど、面白い。
浮気した夫を許せなくてあの手この手で殺そうとする妻の話。
毒飲ませたり銃殺しようとするも全く死なないどころかピンピンしてる。この夫の何も気づいてなさが面白くも恐ろしい。そして、ど
>>続きを読む

ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合(1996年製作の映画)

2.9

ジキルとハイドをデブとイケメンに変えた映画。容姿じゃなくて、思いが大切やね。

マチルダ(1996年製作の映画)

3.2

悪い大人たちに囲まれて暮らす女の子が、本沢山読んでは知識を身につけたり、超能力を使って皆をハッピーにするという子供向け映画。

でも、マチルダちゃんが可愛くて、悪い両親や校長先生に超能力で攻撃するシー
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

〜僕だって"映画のチカラ"を信じたい〜

オープニング、80年代のヒットソング、ブルーマンデーに乗せながら男が逃げる。
ブルーマンデーといえば、僕にとっては「ウェディング・シンガー」だ。あのポップな曲
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.2

エドワード・ノートンが変身した割にハルクの顔イケメンすぎやろ。

思ったより暗い話で、そこからハルクという凶暴人格に目覚めてしまった男の物語だったけど、ジキルとハイドっていうよりは、思ったよりコントロ
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

2.4

ライフガードの割にズカズカと色んな所に潜入して事件を暴く。

あと、セックスの匂いが凄い。
ハッセルホフ。

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

2.4

前作よりファンタジー感、神々しさが増したよな。敵もエルフってロードオブザリングかいな。

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

2.7

キャプテンアメリカが、
ひ弱な人間が力を手に入れてしまう物語だったのに対し、

今回のマイティソーは、
最初から超強い人間、あ、神が本当の力とは気づく物語だった。

それに、神様が人間界に来て色々驚く
>>続きを読む

>|