映画好きエンジニアさんの映画レビュー・感想・評価

映画好きエンジニア

映画好きエンジニア

気軽にフォローしてください!
こちらもフォローします!

洋画を中心に見ます。ジャンル問わず話題作中心に上映館が少ないものでも気になったら、見に行くようにしてます。

邦画は基本的にはアニメが中心です。
普通のも見ますが中学、高校、大学生等の学生の恋愛ものや結末がおおよそ検討がつくタイプの恋愛ものは基本的には見ません。

ネタバレなくフワッと雰囲気だけ伝わるレビューを心がけたいと思います

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

前回ほどではなかった。
この一言につきます。

あくまで前回ほどではなかったというだけで、及第点ではあります。
前回ほどの奇抜さに比べると普通であり、スパイ道具の目新しさもなくガンアクションになってし
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜(2016年製作の映画)

3.5

・ ララァとの出会い
・ ジオンのMS誕生(おそらくプロトタイプ?)
・ 一年戦争開戦

この3つで話はすみますが、連邦とジオンってこの時点でここまで差があるんだなとも感じたな。
ガンキャノンがほぼ何
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起(2016年製作の映画)

3.7

このエピソードは結構、重要な場面が見れます

・ キャスパル⇒シャア 
シャアの戸籍取得は明確に語られていなかったため、その点がわかりやすく描かれている。(ORIGIN Ⅱは必ず見る必要がある)

>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア(2015年製作の映画)

3.5

逃げ出してから3年後の話。
キャスパル(シャア)は、士官学校に入学するシャア・アズナブルと出会う2作目。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル(2015年製作の映画)

3.5

シャアとセイラの子供時代の話。
大変、良くできています。

シャアがザビ家に対して恨みをいだくことになった件が大変わかりやすくえがかれていますし、ニュータイプとしての片鱗もしっかり見せてくれます

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.5

三作目。

それなりに面白かったと思うのですが、軽く作風変わってませんか?
と思いつつ、スピーディーな展開ではあったので楽しめた。

もう少し宇宙のシーンが増えると個人的には嬉しい。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

-

前半が退屈で睡眠タイムに入ってしまいました。
もし、原作をしっかり読んでいれば退屈しなかったのか?と少し思うところがあります。

ただ因果関係をすべてつなぎ合わせることはできなかったものの事件の概要だ
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

3.4

戦争の悲惨さを伝える内容ではあるのだろうけど、もっと上手くやれば生き残れたのかなと思ってしまう。

時代背景もあるので仕方ないのかなと思うけど。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.0

名言を産んだ映画。
「大丈夫。怖くないよ」
「腐ってやがる!」(これは嘘)

は以降のアニメ作品ではテンプレ。

最後の王蟲のところは名シーンだよね。

ポッピンQ(2016年製作の映画)

2.9

これはどこの層を狙って作ったんだろう?
絵だけなら低年齢層なのだが、内容的にはそこそこの年齢まで楽しめそう。

だが、残念ながらヒットする作品かと言われるとそうでもない。
どこ向けに作るかって点がぶれ
>>続きを読む

劇場版 空の境界/未来福音(2013年製作の映画)

4.0

未来の式と娘が見れるのは何かほっこりする。
話のメインは未来が見える男の話なんだけどね(笑)

劇場版 空の境界/終章 空の境界(2010年製作の映画)

3.1

哲学っぽい感じで、ほぼワンシーン。
※ カメラワークは変わる

劇場版 空の境界/第七章 殺人考察(後)(2009年製作の映画)

3.5

荒谷に色々やられ、人間としておかしくなってしまった人の話。
上記がメインではあるものの式と黒桐の関係に決着がつくお話。

劇場版 空の境界/第五章 矛盾螺旋(2008年製作の映画)

3.9

この話がシリーズで1番、魔法というものが色濃く出ている。
難しい内容ではあるが緻密なので面白い。

劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留(2007年製作の映画)

3.5

この話はなかなか小説でもエグかった。
曲がれ!と言った瞬間を諸に想像してしまいイタタタとなったことは覚えている。

劇場版 空の境界/第一章 俯瞰風景(2007年製作の映画)

3.3

この話。
時系列順ではないんだよね。
小説だとこの時、式が女なのか男なのかわかりにくくなってる。

作画は非常に良い。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.4

クリスチャン・ベイルの役作りがすごすぎて驚く…。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

久々にホラーを鑑賞。

ピエロこえーって普通の人はなるんだろうな。
脅かす系なのでそこまで恐怖は感じませんでした。
というよりも子供達が頑張る系っていうのもあってなおさら、恐怖が中和されてしまった。
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

期待値が低かったのもあるが、それなりに面白かった。

バットマンってあの中だと本当に普通の人だな…。お金だけあって物でどうにかしてる人っていうね。あとは明らかに超人のレベル。
その中でもスーパーマンは
>>続きを読む

L change the WorLd(2008年製作の映画)

3.0

この作品はイマイチ。
世界観をぶっ壊しすぎ。

Lを使って無理につくらないでほしかった。

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

3.8

バルスがここまで有名になるとは思いませんでしたが、良作ですね。

主人公が頑張る姿も心打たれますし、大人がみても十分に楽しめるだろう。

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

正直、面白かった。
SFとゴジラを調和させるという試みには感服です。
ゴジラに地球を乗っ取られるという発想はアニメだからできた壮大なアイディアだ。残念ながら実写ではここまでのものは作れない。
脚本担当
>>続きを読む

デビル(1997年製作の映画)

3.0

あの当時の私にはよくわからん映画…としか印象はありませんでした。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.5

この当時の技術力を考えるとここまで再現したのは本当にすごいと思う。

人が恐竜に食われちゃうのはつらかったですが、おもしろかったですね。

もののけ姫(1997年製作の映画)

3.8

乙事主、シシ神などいろんなフレーズを当時流行らせてくれた作品。

あの当時、シーンを一字一句間違わずに言える強者が大量発生してたことだけはよく覚えております^^;

私も面白いとは思っていたけれど、上
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

3.8

マット・デイモン、ベン・アフレックをスターにした作品。

ヒューマンものではあるもののテンポがよく飽きない。

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.5

アクション映画のようでした。
もしかして、こういったものに置き換わられる可能性もあるのではないかと思わせてくれた。

バイオハザードはウォーキング・デッドと同様に最初のホラーさはどこにいったのか。

>|