ILOVENYさんの映画レビュー・感想・評価

ILOVENY

ILOVENY

映画(264)
ドラマ(72)

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.8

家族を殺され復讐する作品は比較的男性版が多い中これは妻であり母親である女性

夫に子供を預けて友人と楽しんで戻ったら二人は爆発事故の被害者となり無惨な姿で亡くなっていた(裁判場面でかなり具体的にわかる
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.8

監督のこだわり?を強く感じた作品だけどホアキン・フェニックスの怪演ぶりは見応えあり👏👏

ホアキン演じるジョーは元軍人で今は行方不明者の捜索を請け負っている
がそのやり方はかなり過激😱
手にするのは銃
>>続きを読む

タナー・ホール 胸騒ぎの誘惑(2009年製作の映画)

3.2

タナーホールは全寮制女学校の名前

フェルナンダ(ルーニー・マーラ)
ケイト(ブリー・ラーソン)
ルーカスタは仲良し3人組
ここにフェルナンダの幼なじみヴィクトリアが入寮してくる
フェルナンダはある事
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.8

ローズという何の罪もない女性が残酷な一生を送りながらも愛を貫く姿が描かれている

若き日のローズをルーニー・マーラが老いたローズを大御所ヴァネッサ・レッドグレーヴが演じた事でこの作品は救われていると思
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.8

スキーのアスリートからポーカーのゲームルームを開設(しかも26歳で)したモリー
違法賭博の罪でFBIに逮捕される所から彼女のやってきた事が淡々とテンポ良く描かれいる実話

『女神の見えざる手』と重なる
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.8

この前私のツボに填まった『バンガロールの日々』に続きまたしても心を掴まれたインド作品
(wowowで何度も放送してたのに観なかった事を反省😔)
もう~楽しすぎ、面白すぎ👏👏👏

おとぎ話を映像で読み聞
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

個性豊かな7人+1人の強盗軍団
テンポが良くあんなに上手くいくわけがないと思いつつもそこは映画だから単純に楽しめる

犯罪現場にメットガラを選んだのが何といってもおっ洒落れ~👏👏
(有名人も続々登場)
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.8

ここ数日痛ましい交通事故が続いているが突然一瞬にして自分の人生がどん底に落ちる(その後這い上がるとしても)恐怖を感じた

世界的にも有名なボストンマラソンで起きた痛ましい事件
両足の膝から下を失ったジ
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.3

世界中から集めた125人の画家が油絵を描き(しかもゴッホのタッチで)作られたアニメ作品・・・と言うより動く絵画を観ているようだった😯

ゴッホが亡くなった翌年弟のテオ宛の手紙をゴッホの友人だった父親か
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.4

ウィリアム・H・メイシー監督作品
(奥様も出演)

大学生の息子を亡くした父親が息子の残した楽曲によって若者と出会い人生を再生させていく感動作

ストーリーはあえて書きませんが楽曲はもちろん歌詞も亡く
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.2

命がけで森林火災から人々を守る勇敢な消防士の実話でラストは辛くすぐにレビューが書けなかった😢

森林火災の最前線を任される精鋭部隊ホットショットを目指し訓練に励むのは最凶サノスを演じたジョッシュ・ブロ
>>続きを読む

ウォッチメン(2009年製作の映画)

4.5

DCとかマーベルとか関係なくアメコミムービーが好きなんだと再認識した☺️

これはちょっと暗めでヴィランの登場もない
1940年頃治安をまもる為のヒーロー集団「ミニッツメン」が脚光を浴びる
その後代替
>>続きを読む

バンガロールの日々(2014年製作の映画)

5.0

楽しくて面白くて優しいインド映画
ジャケ写真はないし観てる人もまだ少ないけどこんなに私のツボに填まる作品は久し振り💞

クッティー・アジャ・アムはいとこ3人組で(アムだけ女の子)幼い頃から大の仲良し
>>続きを読む

フューチャーワールド(2018年製作の映画)

3.0

ジェームズ・フランコが監督👏👏
でも残念ながら評価低いですね😔

AIが発達した未来
人類は戦争を繰り返しロボットが兵器として使われる
そして世界は崩壊し疫病も広がり少数の人間だけが生き残る
そんな世
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ラッセル・クロウ×トム・クルーズ
共演の割にストーリーはB級作品に近い🙄(B級作品好きですが)
ジェイク・ジョンソンが出てる時点でコメディ色もあるのかと思いつつ鑑賞

冒頭のイギリス、地下鉄工事中に十
>>続きを読む

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

3.5

初老のトニー少し寂しげな一人暮らし
別れた妻とは友好的な関係で娘はシングルマザーとして出産を控えている
そんなトニーの元に一通の手紙が届いた所から彼は忘れかけていた過去に引き戻されていく

若し頃トニ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

平日は比較的人が少ないいつもの映画館
流石に今日はほぼ満席でグッズ売り場も長蛇の列でした
やっぱり絶大な人気ですね
でもあれだけ面白いもの見せられたら当然かな☺️

詳しい内容は控えますが指パッチンで
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.8

悲しいけど愛が溢れる作品
主人公ケイティは色素性乾皮症という太陽の陽射しを浴びてはいけない病気
(100万に一人で殆どが20才まで生きられないらしい)

ケイティと父親との愛
ケイティと親友モーガンと
>>続きを読む

Buy Me バイ・ミー(2018年製作の映画)

3.0

若くて綺麗で頭も良い主人公カーチャは奨学金を貰い2ヶ月パリで暮らすと母親に嘘をつき自らとんでもない世界に足を踏み入れる
そこはタイトル通り娼婦の世界
でもただの娼婦ではない
相手は車も買ってくれる程の
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

子供が元気で逞しい作品
生活に困窮してるシングルマザーヘイリーと娘のムーニーを通してアメリカの現状を知る

フロリダの暖かさのせいか悲愴感はあまりないけど・・やり切れない気持ちにもなる
母親のヘイリー
>>続きを読む

バッド・ウェイヴ(2017年製作の映画)

3.8

ブルース・ウィリスよりも『アクアマン』のジェイソン・モモア見たさに観賞したらブルース・ウィリスが思いの外、笑わせてくれる楽しい作品だった🤣🤣
(素っ裸の熱演シーンあり🤭)

舞台はベニスビーチ🌊
ブル
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.8

素晴らしい感動的な作品
カナダの女性画家モード・ルイスの半生
(知りませんでした😥)

モードはリュウマチを患っている
兄からは見放させれ伯母と住んでいるが
自立を目指している
そんな折り家政婦を捜し
>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.8

ちょうど一週間前に『ビューティフル・ボーイ』を観た
共通する言葉が『治療』
『ビューティフル・・』は治療しないと命を落とす
こちらは無理に治療すると自ら命を落とす場合がある

牧師の息子ジャレッドは同
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

スパイダーマンの何が好きかってコスチュームと何とも言えないあのキュートな動き😍

トビー・マグワイア版の1作目『スパイダーマン』は劇場鑑賞でクスクス笑ってしまった☺️
「みんな、あの動き可笑しくないの
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

4.2

スティーヴ・カレル演じる父親とティモシー・シャラメ演じる薬物依存性の息子
まずはこの二人が素晴らしい

観る人によってどちらに感情移入できるか別れると思うけど私はやはり親の苦悩が終始辛い😢
ニックが初
>>続きを読む

黒い箱のアリス(2017年製作の映画)

3.3

この邦題に惹かれちゃいましたあ
勝手に「黒い箱に監禁されるのかな🙄」なんて思いつつ(全く違う😑)

まず冒頭シーンが謎めいている
母親を亡くし右腕に義手を付けているアリス
父親と二人暮らしだけど何故か
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

4.5

戦争の賛否は横に置いておいて戦う兵士達のヒューマンドラマとして感動する実話を元にした作品

クリス・ヘムズワースは実地経験のない大尉で内勤希望を出し決定していた
ところが911のテロをTVで見るや戦地
>>続きを読む

父の秘密(2012年製作の映画)

4.0

カンヌ映画祭「ある視点」部門のグランプリ作品
冒頭は父と娘が新しい街に住むらしい映像が淡々と続き「これ退屈しちゃうかな~」と思いつつ観ていたらとんでもない
結構衝撃的な作品だった😱

母親を事故で亡く
>>続きを読む

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

3.5

人類滅亡を描く作品が多々ある中でこれは女性が子供を産めなくなるという珍しい発想

舞台は2027年(今からたった8年後😲)
人類が希望を失い荒廃した街や秩序を守る為に移民を放り込む収容所が暗~い
(色
>>続きを読む

冷たい晩餐(2017年製作の映画)

2.9

リチャード・ギア出演作

確執のある兄弟夫婦が高級レストランで食事をする
その確執部分が過去映像として描かれる が弟の方にかなり問題ありで観ていてちょっとイラっとする🤨
リチャード・ギアは政治家で食事
>>続きを読む

シャドウワールド(2019年製作の映画)

2.5

久し振りにリンジー・ローハンの名前を見つけて鑑賞したら評価が1.3😲😲
でもこれじゃ無理ないな~と納得
(ジャケもないし😑)

大統領が吸血族で大統領夫人が狼族
大統領の再選をめぐって陰謀が渦巻く
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.0

この作品のドラマ版『TRUST』全10話鑑賞済みで映画へ。

実話ベースなので大筋と結論は勿論同じでも映画は133分の中に大富豪ゲティ氏の孫の誘拐という事件を凝縮しているので見応えがあった
ドラマを観
>>続きを読む

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

3.9

観るのを後回しにしていた作品だったけどフォロワーさんのレビューに刺激を受けて即鑑賞

突っ込み所は多々ありだけど中々面白い麻薬絡みのアクションムービー🎥
というかジャケでネタばらししてる~

誘拐され
>>続きを読む

レギオン(2010年製作の映画)

3.0

冒頭大天使ミカエルが地上に降り立つ
なぜ?

そして砂漠の中の一軒のダイナーに場面が変わりそこで異変が起こる
神が人間を見限り滅亡させるよう命じて天使達が襲って来るのだ(思わず笑っちゃう場面あり😅)
>>続きを読む

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード(2016年製作の映画)

2.8

モーツァルト作品と言えば
『アマデウス』
重厚な良作でサントラも買ったほどの忘れられない1本

一方こちらのモーツァルトはイマイチ😶
モーツァルトがプラハで『ドン・ジョヴァンニ』を作曲した事から着想を
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.8

『セブン・シスターズ』に続き、またしてもノオミのカッコいいアクションに惚れ惚れ~😆

今回ノオミは化学兵器テロを阻止する為に体を張る
殴られたり引きづられてもめげません😤
CIA絡みの映画によくある裏
>>続きを読む

>|