kameさんの映画レビュー・感想・評価

kame

kame

映画(66)
ドラマ(31)
アニメ(0)

ザ・キング(2017年製作の映画)

4.0

1980~2010年代の韓国史を交えつつ、政権と癒着し腐敗した検察と、その中で成り上がろうとしたチンピラ上がりの検察官の半生をポップに振り切った演出で描くエンタメ作
悍ましき“王”の没落から真の“王”
>>続きを読む

エターナル(2016年製作の映画)

3.0

居るのに居ないとされる人たちの孤独が淡々と描かれていて、「見えない」事の切なさが良かった。異国に一人彷徨う男の寄る辺なさと寂しさを感じるイビョンホンの抑えた演技
画面のトーンも抑えててきれいだった。ち
>>続きを読む

映画は映画だ(2008年製作の映画)

-

チャンフン監督×ソジゾプと言う事で鑑賞

ヤクザと俳優、表と裏、白黒返るのか返らないのか、泥まみれで色が分からなくなる演出は分かるけど…まあそうだろうなって感じのぬるさで…光るソジソプの目を撮りたかっ
>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

5.0

少女のイマジネーションと落ち行く青年の絶望が織りなすお伽話

これはど真ん中に好みだった

構想26年、撮影4年。CGほぼ無しの壮大なロケーションに石岡瑛子さんの鮮烈な衣装、圧倒的映像美とフィクション
>>続きを読む

ミスにんじん(2008年製作の映画)

4.2

赤面症でコンプレックスまみれのヤンミスク
好きな男の娘を巻き込み墓穴を掘りながらハチャメチャに暴走した先にはホロッとくるシスターフッド

コン・ヒョジンさん演じる破天荒なミスクが最後は愛しくなるエンパ
>>続きを読む

共犯(2013年製作の映画)

4.1

偶然同級生の転落死を目撃した男子高校生3人が、彼女の死の真相を探る青春ミステリー

死んだ女の子と彼女の死をきっかけに繋がる3人の友情。
思春期の揺らぎや不安定さ、濁った湖に沈む孤独が映像で見える
>>続きを読む

彼とわたしの漂流日記(2009年製作の映画)

5.0

大好きな映画

自殺に失敗した男が漢江の真ん中でサバイバル。それを観察する引きこもりの女

社会からはみ出した二人が交信し、誰だかわからない他人が希望になっていく。生きる事に一生懸命になっていく。あの
>>続きを読む

荊棘の秘密(2016年製作の映画)

4.3

監督が「保健教師アンウニョン」のイ・ギョンミ監督、脚本にパクチャヌク監督とチョン・ソギョン作家が名を連ねていたので鑑賞

脚本家から予想はしていたけどしんどい展開。後半怒涛の展開と伏線回収。純粋さ皮肉
>>続きを読む

恋愛の抜けたロマンス(2021年製作の映画)

4.2

ソンソック×チョンジョンソの軽妙洒脱なラブロマンス

マッチングアプリで出会った男女が体の関係を持ってから心の関係が近づくまで、テンポよくさくっと観れる

距離が遠い人程本音が言えたり、人恋しいけど恋
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.2

1960年の台湾を舞台に実際に起こった14歳の少年による殺人事件を元に作られた映画

上海から台湾に渡ってきた家族と、不良少年たちの抗争をベースに不安定な土台に乗る思春期の不安定な少年少女の揺らぎが印
>>続きを読む

品行ゼロ(2002年製作の映画)

3.4

80年代の青春コメディ

恋とケンカのおバカな青春ものとして楽しめた。脚本もスタイリッシュだし何よリュスンボムの魅力爆発。自我暴走気味の青臭い番長がハマりまくってた。女番長と優等生の女の子の淡い連帯感
>>続きを読む

夏時間(2019年製作の映画)

4.3

夏休み、おじいちゃんの家に居候する事になった姉弟と離婚した父と離婚しそうなその妹

老いた父とその子供達、またその子供達の関係性と二組のきょうだいの関係、思春期の少女の目を通して繊細に描かれる時間と不
>>続きを読む

薄氷の殺人(2014年製作の映画)

4.0

繰り返されるバラバラ殺人を追う元刑事と事件に関わる謎めいた未亡人を追うクライムサスペンス

つんざく様な寒さが痛々しく、ネオンの色味と儚げで薄幸そうなグイ・ルンメイが美しくて魅入る。衝撃的な物事がスル
>>続きを読む

素晴らしい一日(2008年製作の映画)

4.6

元カレの所へ借金の取り立てに行ったはずが何故か借金行脚に同行する羽目になった一日を描くロードムービー

愛すべきダメ男の人たらしっぷりと、行く先々での出来事に腹を立てながらも次第に心が洗われていく主人
>>続きを読む

最悪の一日(2016年製作の映画)

3.8

同じ道をくるくる回り、未来と過去、表と裏、売れない女優と売れない作家の“嘘”と“本当”が行き来する詩的な一作

本気でつく嘘は本当になるのかな。言語に頼れないから正直になれるって会話劇が良かった。最悪
>>続きを読む

悪いやつら(2012年製作の映画)

3.9

ヤクザの世界と警察、政界の裏に流れる汚い川を縦横無尽に泳ぎまくる、ずる賢いだけの小物のおじさんとゴリゴリの極道で本物のヤクザとのパートナーシップがどう転ぶか見ものだった。軽薄さと重厚さ

何物でもない
>>続きを読む

本気のしるし 劇場版(2020年製作の映画)

4.4

曖昧に退屈に生きる辻の前に現れた浮世と言う危うい女性。彼女に巻き込まれるまま破綻していく日常

浮世の弱さは罪なのか。彼女の弱さは誰のためなのか
「弱さは見えにくい」
全員の弱さが循環し共感と理解にな
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

2.9

往年のファンには堪らない描写が目白押しな一方、内容は薄味で恐竜の怖さとアクションも肩透かし感…中弛み…期待しすぎた…単体として観るのでは無く、シリーズ最終作の記念に観るといいのかな。でもあの面子が並ん>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

4.0

凄く好きだった

ミッション系の学校に転校してきたユラの見る世界

祈りの本質と少年のイニシエーション的な何かが胸に来る
画角も素敵でとにかくロケーションがいい。白く純粋な世界で足跡を残す少年達。ノス
>>続きを読む

プリースト 悪魔を葬る者(2015年製作の映画)

4.1

シンプルに好みだった

悪魔に取りつかれた信者の少女を救おうとするアウトローキム神父と過去を抱える神学生アガトの本格悪魔祓い映画

「薔薇十字軍の十二の悪魔」の単語でもう好きだった

キムユンソクの荒
>>続きを読む

安市城 グレート・バトル(2017年製作の映画)

3.6

20万人の唐軍VS安市城の城主ヤン・マンチュン率いる5,000人の高句麗軍の籠城戦を描く歴史アクション大作

実在した城主を演じるチョインソンがとにかくカッコイイ映画。ベタながらも派手で絵になるアクシ
>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

4.4

朴正煕大統領が側近であった中央情報部(KCIA)の部長キム・ギュピョンに射殺された実話に基づく政治サスペンス。事件から40日前に遡り、キム部長がなぜ忠誠を誓っていた大統領を殺すに至ったかを描く

蜜月
>>続きを読む

サンセット・イン・マイ・ホームタウン(2017年製作の映画)

4.5

今一つ目が出ないラッパーがのっぴきならない事情で帰郷。蓋をしていた過去を振り返り前を向く

コメディタッチのハートフル青春映画
父親、幼馴染、初恋、見えない物が見えた時、愛で溢れたビートを刻む

パク
>>続きを読む

モガディシュ 脱出までの14日間(2021年製作の映画)

4.7

エンタメ大作。凄く面白かった!

ソマリア内戦に北と南の大使たちが巻き込まれ行く流れ、頼る物が無く命からがら脱出しようとする緊張感、圧巻のカーチェイス

派手な銃撃戦の合間にある南北間の人間ドラマ
>>続きを読む

声もなく(2020年製作の映画)

4.9

足の不自由なチャンボクと声の出ないテイン、貧しく、死体処理をして生計を立てる二人が図らずも少女の誘拐に巻きこまれていく

ピンクのゴム手袋で血を拭くチャンボクとぶっちょうずらのテイン。どこかほっこりす
>>続きを読む

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

4.5

歪でボロボロの車に運ばれた先の希望

スジン刑事の言葉と目線が社会であるならば彼らを追った先でスジンが取る行動は、こうあって欲しいと監督の祈りだった気がする

一人の赤ちゃんを大切に思う彼らの罪の意識
>>続きを読む

慶州(キョンジュ) ヒョンとユニ(2014年製作の映画)

4.0

ふと思い出を見つめに慶州に向かったヒョンの記憶の中の生と死の旅

古墳の街で死を内包する日常。淡々とあらゆる“あいまい”を表現した様な映画だけど何故か心地よい
シュールで不思議な可笑しみがある

中国
>>続きを読む

Bleak Night/BLEAK NIGHT 番⼈(2010年製作の映画)

4.8

とても良かった

息子の死を追う父親から捻れた親友3人の友情を紐解く

思春期特有の空気、狭い世界、プライド、弱さ故の虚勢、未熟さを画面で繊細に描き出し焦燥感による衝動が抑えられずジワジワ追い込まれて
>>続きを読む

神弓 KAMIYUMI(2011年製作の映画)

4.0

逆賊として追われた兄妹。成長した二人の暮す街に侵略してきた清軍に妹を連れ去られた兄は弓を武器に戦いに挑む

神業の弓使いVS異国の弓使い集団

悲観し、くすぶっていた兄は大切な人を守る為に死地に向かい
>>続きを読む

blue(2001年製作の映画)

3.8

思春期の憧憬や街の空気を閉じ込めてある
透明感のある映像、繊細な感情、曇天、ジメっとした海、夏の匂いを感じる

ちょっと大人びた彼女に憧れ、その陰に男を見た瞬間の気持ちとか
遠藤の空虚な心とか
だだっ
>>続きを読む

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

5.0

多少強引な展開も涙が全て洗い流してくれる号泣映画

その怪物(2014年製作の映画)

3.1

サイコパスな殺人鬼に姉妹を殺された二人が復讐をする話

残虐な犯人とそれを追う二人のコメディが融合しているがコメディが強すぎて若干ちぐはぐな様子。テーマは伝わるけどキャラクター設定なのか演出なのか、私
>>続きを読む

UNFRAMED/アンフレームド(2021年製作の映画)

4.0

4人の俳優が監督した短編映画

日常を描きつつ着眼点が様々で余韻も違うのが面白かった。
俳優さんが演出しているだけあって演者の方の細かな演技が光った(元々達者な方々ばかりだけど)

配信が限られている
>>続きを読む

SPY リー・チョルジン/北朝鮮から来た男(1999年製作の映画)

3.0

北のスパイ、リーチョルジンと彼の周りで4人組のおかしな悪党たちがドタバタするブラックコメディ(?)

北の食糧難を救う為南に派遣された工作員リーチョルジン。常駐スパイ、オ先生一家にお世話になり、オ先生
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

4.8

壊れてしまった一人の男の人生を遡る映画。列車(人生)が逆行し、ターニングポイントに戻っていく。時代に翻弄され人生に絶望し、人格が変わった一人の人間。この時代には沢山いたのだろうと思う。人生に希望が見え>>続きを読む

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

麻薬捜査班が正体不明の麻薬王『イ先生』を追い、長年イ先生を追う刑事と殺されかけてた組織の一員が麻薬取引に潜入捜査するクライムアクション

楽しかった!

序盤から飛ばした展開とテンションマックス、いか
>>続きを読む

>|