uyさんの映画レビュー・感想・評価

uy

uy

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

3.0

音楽の起伏と映像がリンクして展開していくところが良い。

ストーリー全然知らなかった〜
クリスティーヌが終始フワフワしてて、こういうポジションの女性に共感できた試しがない。

怪人の歌声、力強さがあっ
>>続きを読む

武士の献立(2013年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

そこまでの見応えなく、2時間ドラマでもいけそうな感じ。西田敏行と余貴美子の安定感があって良かった…
あんな可愛らしく、夫の職務を支えようとする春さんが、気が強くて嫌な女房扱いされるとは。
私は男女平等
>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

科学対宗教という対立軸を利用した、巧妙なオチでした。ユアン・マクレガーの存在感ありすぎて読めちゃうけどそれもまた良し。原作からカットされた出自の所もやって欲しかったな。

警察も警備も手薄で、枢機卿も
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドリュー・バリモア製作総指揮。
ガールズムービー?って何でダサい邦題付けられちゃうんだろう。

シングル=自由恋愛みたいな主人公が、恋愛を切り離して自由に生きることをみつける話。
ロビンみたいな生き方
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

本当はスパイではなく密告者なんだけど。でもやっぱりスパイだったのかな…?

スパイの妻という役割を果たし、夫と離れたくない一心の聡子。最初はただの裕福な奥様かと思いきや文雄を脱落させる辺り、かなりした
>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

流行っていた時に観たきり、全部忘れた…
若年性アルツハイマーのリアルというより、ラブストーリーがメイン。

自分の妻なのに、向こうの親から一方的に引き離されて、どこかわからない施設に入れられてるという
>>続きを読む

マチルダ(1996年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

子ども向け?爽快コメディなんだろうけど、現代から見たら、両親&校長の暴言・暴力・虐待があまりにも酷すぎてコメディにならない、つらい笑

詐欺師の父親が改心するようマチルダが時間稼ぎしてチャンスをあげて
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

多分原作を読んだ方が良いんだろうけど、それはそれとして映画でも十分楽しめた。10年付き合ってるくせに、こんな微妙な距離感のある同棲カップルいるのかなぁ…?

三浦春馬と原田泰造のやりとりが、本当に2人
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーも前作も知らず、キャストが豪華なので観てみた。
このキャストじゃないともっと物足りないだろうなーというぐらい、何だか推理部分がアッサリしていた。
ジョニー・デップは悪役が似合うなぁ

天気の子(2019年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

君の名はと同じよ〜なストーリー。
中高生の男女が知り合って、ファンタジーな力で楽しく過ごしてたんだけど、女の子が危機に遭って、男の子が助けて、数年後再会めでたし、という起承転結。

神隠しにあった晴れ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.0

アニメのアラジンで育ってきたので、テンポ感にはやや違和感を感じつつ、実写版ならではのキラキラ感や音楽・ダンスは楽しめた。
またアニメ版の方も観よう。

ウィルスミスがジーニーじゃなかったら成り立ってな
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.0

良いシーンももちろんあるけど、正直あんまりリアリティがないと言うかシナリオが嘘くさく、ストーリーにありがち感が強くて、白けてしまった。

山田孝之の無駄遣い。國村隼の存在感に食われてた。

あやしい彼女(2016年製作の映画)

3.0

特にワクワク感のない読める展開だけど、倍賞美津子のおじさんかおばさんか分かんないようなババァっぷりを、多部ちゃんが再現しようと頑張ってる感じが良かった。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

貧富の格差がわかりやす過ぎるぐらいわかりやすい。
色んな伏線があって無駄がない。
でも、何度も繰り返し観たいとは思わないかな。貧しい方の雇われる側をちょっと悲惨というかみすぼらしく描き過ぎているので何
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

ストーリーを追いかけるのも大変だし、派手なアクションシーンや逆再生の映像・音楽を観続けるのも、すごく疲れる映画だった。

展開が早くてよく分からないまま終わった…が、解説を読むと、綿密に練られた構成や
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.0

The publicという原題がしっくりくる。
公共施設内でできる程度の公的支援ってそんなに多くないけど、そこに一公務員が公人を超えて地味ながらアクションを起こす話。マスコミや大衆はドラマティックに受
>>続きを読む

ベイブ(1995年製作の映画)

4.0

子どもの頃観た以来、ストーリー全く忘れてた。

人間に食べられる為に生かされている動物について、子どもでもちゃんと考えられるようにできている。家畜達が命を存える為に努力したり苦悩したりしてる姿や、ちょ
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

1.0

普通に面白くなかった。
女の子側に魅力がないし、特にあっという事件が起きるわけでもなくつまらん。

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

突っ込みどころ&普通は多分この時点で死んでるわってシーンが何十個もあったけど、単純に面白かった。

あんな上手いこと脱出できるなら、ショーンのお父さんも脱出できてたら良かったのにね…

映画 聲の形(2016年製作の映画)

1.0

登場人物みんな自分勝手。
観た後に、単純に気分が悪い映画は好きじゃない。

いじめる側もいじめられる側も結局1人よがりな理由で他人に迷惑掛けているという話。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

白人も黒人も皆同じ信仰心を持ちながら、所有関係にあるってどういうことなん。

自由黒人とか、黒人にも色々な背景があることを知らなかった。
この時代から150年位経って、機械やAIが労働力化してる202
>>続きを読む

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

海の上って、簡単に逃げられないし助けられないし無力。
小さなモーターボートの貧相そうな海賊相手に、銃を持ってるかどうかで、何も抵抗できないのが怖い。

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

マイパジャマを持ち歩いてる数学教師のジョニー・デップ可愛い。
一般人のジョニーと、常に上からの余裕ある謎の女アンジーの掛け合い面白い。
ヴェネチアの景色も衣装もゴージャスで素敵。

ただのツーリストが
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

あんな派手に退場してたら捕まりそうだけど、そういう諸々のツッコミ無用!
ジュエリーに美術館にファッションにセレブに、ただただゴージャスで楽しい〜!復讐も兼ねてるとか最高。頭空っぽで観れて爽快。

ヘレ
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作と前作にすごく気を遣って、というか敬意を払って作ったんだろうな〜と思った。
原作に忠実にあろうとしてむしろ詰め込みすぎなくらい。

こんなの続編じゃないっていう意見もあるだろうけど、シャイニングっ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

全然古くない!今観ても面白かった。
あんな広いホテルに家族3人5ヶ月閉じ込められたら、お化けいなくても普通に怖い。

キャスティングが秀逸。めちゃくちゃ目力というか顔力?が強い役者をよく集めたなぁ。
>>続きを読む

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これCG?
動物達が本当に生き生きしてて良い映像だった!

動物によってモーグリに対する存在価値が全然違うから面白い。狼は我が子、熊は友人、蛇は獲物、虎は敵、猿だけがモーグリを人間として利用しようとし
>>続きを読む

オーシャンズ(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ただただ面白いなー綺麗だなーと思ってたら、起承転結の「転」部分から人為的な海の改変が語られる。
海の中は未知の小宇宙。
種の多様性がとても大切。人間の生き方も同じだなぁ。

嗜好品や娯楽を持つのが人間
>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

2.0

ほとんどのシーンが主役2人の掛け合いでなかなかテンポ良い。
でもそんなに好みの映画じゃなかった。

ちょいちょい挟んでくる熟年夫婦インタビューの方が良い。

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.0

コメディとアクションと人情ものが混ざった時代劇で意外と見応えあった。

でも江戸時代にワイヤーアクションは要らない。やたら皆フワフワ飛んでる…
隠密も、たくさんいすぎて隠密ってない。

宇宙戦争(2005年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人襲来が一番盛り上がる所であとは失速。
息子は勝手だし、宇宙人も勝手に自滅、突っ込みどころ満載。
トム・クルーズ起用する必要あったんか?

武士の家計簿(2010年製作の映画)

2.0

家計簿メインじゃなくて、残された家計簿から読み解いた家族の話だったのか。

>|