mさんの映画レビュー・感想・評価

m

m

有線 VOD DVD

映画(587)
ドラマ(0)

コンチネンタル(1934年製作の映画)

4.0

指人形と膝コンコンと車ブンブンが最高に楽しい
アステアとロジャースのタップダンスはもちろんだけど超ミニパンツにタンクトップをインしちゃってるエドワードエヴェレットが膝コンコンダンスしてるのも見どころの
>>続きを読む

ひまわり(2000年製作の映画)

3.0

しょっぱなに種がまかれていたなんて普通に観ていたら気がつかないなこれ。
このタネを知った上でもう一度話を思い出してみたら誰が死んでて誰が生きててそもそもここは現実の世界なのかあっちの世界なのかもわから
>>続きを読む

島々清しゃ(2016年製作の映画)

2.5

ゆったりのんびり綺麗な景色を島々清しゃと共に堪能。
子供たちの ○○さ〜 が可愛いかった。
おじいが死ぬあたりから終わりにかけて無理矢理まとめた感がすごいのが気になったけどおじいの言葉に救われるから病
>>続きを読む

贅沢な骨(2001年製作の映画)

4.5

同居している2人の女と、ある1人の男の三角関係を描いた作品。金魚と骨がキーワード。undo好きな人は絶対これ好きだと思う。

好きな人に収骨してもらったミヤコの骨はたしかに贅沢だ。そしてイケオジは若い
>>続きを読む

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

3.5

四季の新作を予習するために。
ミュージカル映画にしては音楽がパッとしない印象。それよりもダンス、バレエを楽しむ映画なのかな。ピアノの男がおもしろキャラで妄想シーン、ピアノをノリノリで弾くシーンが特に良
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

2.5

自由を求めて国境を越えようとしていたらライフルぶっぱなす犬連れのおっさんに追いかけられてああ大変。
散々人殺しといて命乞いしてるおっさん見苦しい。

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

3.0

やっとの思いで見つけた靴工場の仕事、近代化の影響でリストラされるかも⁈みんなで本社乗り込むゾ‼︎ ついでに恋もしちゃったゾ⁉︎
フランスのミュージカル。音楽がとにかくオシャレで流石フランス。でもとっ
>>続きを読む

ヘヴンズ ストーリー(2010年製作の映画)

4.0

公開してからというものしょっちゅうあちこちで上映していてその度に気になっていた作品。やっと観れたという達成感でいっぱい(笑)
それぞれの人間の汚いところというか本質というか突き詰めた真の姿みたいなもの
>>続きを読む

静かなる叫び(2009年製作の映画)

4.0

久しぶりに手に汗握るドキドキ映画を観たなと思う。終始張り詰めた空気で短いのにどっと疲れて昼寝した。偏った考えに巻き込まれるの迷惑。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.3

どいつもこいつも虚しい。だけど、どいつもこいつも自分勝手で好きなように生きていて人生楽しんでる。金がないこともうまくいかない恋も駄目なこと全部ひっくるめて楽しんでる。

ゆりかごを揺らす手(1991年製作の映画)

3.5

男の復讐には全く興味がないのにそれが女となるともうたまらなく観たくなってしまうわけでニヤニヤしながら観ちゃうわけで、つまり好き。

イナフ(2002年製作の映画)

3.5

DV旦那から逃げるロペス。逃げてたくせに最後意味わからないくらい強くなっちゃうのおもしろい。

ウール100%(2005年製作の映画)

2.0

ある意味忘れられないある意味ホラーな作品だった

スクールガール・コンプレックス 放送部篇(2013年製作の映画)

2.5

男目線だなと初っ端から思った。スカートとソックスの間の生足ってそんなにいいものなのか。

永遠に君を愛す(2009年製作の映画)

4.0

濱口竜介特集part2 ②

結婚を目前に控えた花嫁のある秘密

こういうこと実際にありそう
情で好きとかではなくて単純に好き嫌いとかでもなくて特別に好きで傷つけてはいけないと思うってこの言葉で花嫁が
>>続きを読む

ハッピーアワー(2015年製作の映画)

4.8

寝ても覚めてもの公開記念でまた濱口竜介特集やってたから改めて観た。

これびっくりするぐらい長いのにびっくりするぐらい長いと思わない。夢中になって観るというよりは自分もこの4人の女と共にみたいな感じ。
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

5.0

大好き山内監督!

予告通りみんなそれぞれ欲望丸出しだった。トヨタが腕を吟味している時の隣のガリガリ斎藤の顔が欲の塊で忘れられない(笑)
そしてやっぱり石橋けいのコメディエンヌっぷり!この人だけでお腹
>>続きを読む

センチメンタルカラス(2014年製作の映画)

2.8

短編
1つだけとり戻せる捨てたものって何だろうって観た後散々考えたけど自分にはありすぎて選べなかった ユマニテ良い好き

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.5

シュピルマンの儚い表情が印象的。もちろん地獄に送られたよね?って思わずにはいられない醜い人間ばかりの中でドイツ兵との繋がりは温かく救いだった。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.0

民生ボーイ妻夫木も新井のおじさんも松尾スズキもどいつもこいつもどうしようもない馬鹿 それほどの魅力があるように思えない説得力のない狂わせるガール水原が問題なのかわからないけどとにかく男ども馬鹿

この
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

カニバ映画 獣化していく少女
獲物を捕らえる方法を教えたり姉妹で噛みつきあってる姿なんか動物そのもの
ベジタリアンじゃなくてもウサギの腎臓なんて食えねえです

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

ホラーとして期待してはいけないしホラーとして観てもいけない ペニちゃんに立ち向かう勇敢な子供たちの青春映画
本当にスタンドバイミー

闇打つ心臓 Heart, beating in the dark(2005年製作の映画)

3.5

子供を殺した二組の夫婦の話。
間に挟まってくるメイキング?フェイクドキュメンタリー?が鬱陶しい。全体的に暗く観ているだけで溜息がでそうな二度はないと思うような映画だったけど若夫婦が車のライトに照らされ
>>続きを読む

水の声を聞く(2013年製作の映画)

3.4

教祖の女と宗教団体の内部

追い詰められてまともな考え方ができなくなったらきっと偽物も本物もどうでもよくてただただすがりたい助かりたい救って欲しいそう思い願う弱い人間が世の中には溢れている
そういう人
>>続きを読む

>|