ムムムさんの映画レビュー・感想・評価

ムムム

ムムム

映画(105)
ドラマ(0)

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃から大好きな作品。
4は今までとテイストが違うみたいなのを小耳に挟んでいたので正直期待はしていなかったが、十分に楽しめる作品であった。

ただ、2と3には及ばないかな、という。

映像がとにか
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

3.7

さよならくちび〜る〜
頭から離れない

楽曲の良さ
回想を挟み、少しずつ明らかにする演出
会話じゃなく雰囲気で演じる感じ

良いと思いました

ただ全ての出来事が唐突すぎて、まあそれが良さなんだろうけ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

ほんとにこんな扱いってあったんだなあ
みんなおんなじ人間なのに

でも過去形じゃなくて
今でもそれは世界中で実際に残ってて
これが0になる世の中は来るのかなあ

黒人だけの問題じゃなくて
自分たちアジ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.4

青春!!!
とにかく楽曲が素晴らしい!
どの曲も普通に聞いていたい曲ばかり。
2人才能ありすぎ。
その時の心情で曲を作ってるから、感情や歌詞が分かりやすい。

あと画面がオシャレ。80年代イギリスって
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.5

自分アホなので
難しい用語多かった前半のスピード感についてけなかった。
難しい言葉を速いテンポで進める映画はカッコいいけど、個人的には苦手なのかもしれない。

最後のどんでん返しはまんまと騙されたし、
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

最終章の1作目。
そりゃもちろんこんなん一作にはまとめれんわな、という内容。

冒頭、死喰い人全員集合。
それだけでなんかワクワク。

ダンブルドアからの贈り物。
最初はなんだこれ?だが、後ですべて役
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

今回は恋愛要素多め。
暗ーい雰囲気ながらも、コミカルなシーンも前半は多数。
珍しく、ロンのモテ期、活躍も。

ついにハリーとジニーが結ばれる。
これについては、2作目以降ずっと、ジニーがハリーを気にし
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

4.2

アンブリッジにイライラ。
でも最後はスッキリ。

やはり最初の、みんなに白い目で見られるところはつらい。ただ今回はロンが味方。1人じゃない。

ダンブルドア軍団結成。
いろんな対人呪文をみんなが練習し
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

4.3

ついにヴォルデモート登場。
今作あたりから、作品の雰囲気が暗く重く、シリアスな度合いが強まる。

まずトライウィザードトーナメント。
個性豊かな他校の生徒との交流が、物語に幅を与える。

応募してもな
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.4

シリーズの中で1番好き!
このくらいの3人が、おっさんぽくもなく、幼さも十分残っていて、好き。
今回から代わったダンブルドア役の方も好き。

なんといっても「エクスペクトパトローナム」を会得する回。
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

4.3

バジリスクと目が合うと石にされるっていう設定でワクワク。
大っきな蛇と戦うのでワクワク。
クィディッチでマルフォイと初対戦でワクワク。
マンドレイクも伏線になってるし、なんならトムリドルも、これからの
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

1番大好きな映画シリーズ。
特別なので、評価はしないでおこうかと思ってたけど、します。
ファンという補正を出来るだけ抜いて、映画としての評価を。

まず1作目として、こんな映画見たことない!衝撃を受け
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.2

とても素敵な作品。
変わってる者どうし、だからこそ波長が合うのかな。
家にペンキがあって良かった、あそこから2人の幸せが始まった気がした。

主演2人の芝居も良い。
イーサン・ホークの無骨ながらもどこ
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

苦しい。
脱出できたから、ハッピー!ではなかった。
その後の描き方がリアル。
そこを描いてるのがこの映画の良いところ。
それだけ、この監禁、犯罪の重さを感じる。
ただ、最後に「部屋」にバイバイできて良
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

設定が素晴らしい。
発想がすごいなあと。
もう一回最初から見たくなる。
ただ演技はちょっと、、

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

2.7

全く良さが分からなかった。
性差別があったことを伝え、それに立ち向かった女性がいたということは分かるのだけど
よく分からない。
エマストーンはこんな役もできるんだな、ということだけ。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.3

おもしろいけど下ネタがエグすぎる。
下品すぎ。
内容は大してない。

陽だまりの彼女(2013年製作の映画)

3.5

急にファンタジー展開すぎてついていけなくなっちゃった。
音楽、雰囲気、良し。

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.8

ほのぼのした良い雰囲気の映画。
肩肘張らず見れて、常に口元が緩んでしまうような。

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

見ててとにかくワクワクする。
音楽も良い。
最後どうせ助かるんだろうなあと思ってたら予想を裏切られた。
正直つらすぎる。
が、これがスパイダーマンをもっと強くしていくんだろうなあと

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.1

三谷幸喜作品が好きなので。
いつも面白い。
劇場全体で笑える感覚が楽しかった。
今回は中井貴一の演技力に脱帽。

>|