なーみさんの映画レビュー・感想・評価

なーみ

なーみ

映画(149)
ドラマ(0)

チア男子!!(2019年製作の映画)

3.6

青春!!って感じでした。
思ったよりも全ての物事がうまくいくからあっさりと観られてよかった。
チアも相当練習したんだろうな。迫力満点でした◎

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

期待大で観た映画だったけど、期待を大きく超えてきた。
お話自体はシンプルで意外性はないけど、ストレートに響く。
マハーシャラアリが本当にすごい。
この映画だけで色々な表情を見せてくれる。黒人ということ
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

神木くんが人の運命が見えているたびに怖くて辛かった。
責任感も強すぎて、少し過剰かな?と思ってしまうぐらい。
運命って言葉はとても曖昧で、愛する人が死んでしまう運命を神木くんが命をかけて変えるというの
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

純粋に犯人は誰だろうって楽しんで見てた。
見終わった今、どうして気づかなかったのか不思議で仕方ない。
松たか子が初めて出てきた時どうして老婆なんだろう、怪しい、怖いって思ったけど、割と丁寧に描いてたし
>>続きを読む

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

3.7

原作は未読のため、きっと伝わりきれていないんだろうなと悔しくなるけれど、映像は綺麗だし、色々な考え方ができるお話だなと感じることができた。
何気に恋愛ものかなと感じたけれど、どうなんだろう?

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.8

主要3人の演技がさすがだなと。
セリフもいちいち響いてきて静かに感動できる。
障害があるからどうじゃなくて人はできることよりもできないことの方が多いんだから、1人で無理して頑張らずに人を頼ってもいいん
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.5

大きな期待をせずに見れば楽しめると思う。
仕組みは無理はあるかな?と思いつつもちゃんと一本筋は通ってたし、、
ただ、全体的に薄いかな?と。

杉咲花ちゃんの演技はやっぱりさすが!

来る(2018年製作の映画)

3.5

ホラーという感じはしなかったけど、なんか怖い感じ。幽霊っていうよりも生霊より怖いものって感じがした。
ただ、少し長い映画。なんだかよくわからない時間が多かった。
でも何かを訴えてきている感じ。命だった
>>続きを読む

青の帰り道(2018年製作の映画)

4.1

なかなか良くできていました。

それぞれの登場人物に入って考えると何度でも見られる映画。
共感しやすく、誰もが考えてしまうようなお話。横浜流星のセリフで死ぬことは逃げることだってあったけれど、私もそう
>>続きを読む

L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。(2018年製作の映画)

3.2

今をときめく3人でとてもキラキラしてました。

かわいい。カッコいい。それが全て

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

苦しくて悲しいはずだけどなぜか明るくて笑顔になれた。

ロビンは不思議な魅力があって、気がついたら周りに人が集まってくる。
最初は死にたいと言っていたけれど素敵な奥さん、子ども、友人に囲まれて生き続け
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.7

青春で爽やかなお話。
君の名前で僕を呼んでに似た雰囲気を感じる。

それぞれの登場人物の心情が手に取るようにわかり、共感できた。
盲目の人はどうやって恋に落ちていくのか、、、
とても繊細なお話でした。

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりも明るく前向きなお話だった。
家族の愛を感じる。

運び屋をやって大金を手にするけれど、家族との隙間は埋まらなくて。お金でなんとか繋ぎとめようとするけれど、本当に必要なのはお金じゃなくて、時
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.6

この手はあまり得意ではないけど、エディレッドメインが好きだから見ていられる。
かっこよかった。

天使のいる図書館(2017年製作の映画)

3.4

こういう映画が好きな人も結構いるのかな〜って感じ。
これからの横浜流星くんと小芝風花ちゃんに期待。

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.5

青春映画って感じで良かった。
若いな〜って感じ。

セッション(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後は圧巻!
表情も凄くいい!!
でもなかなか怖い教官、、最後に少し逆転したところが音楽を通して繋がったとものだと感じて熱かった。

雪の華(2018年製作の映画)

3.6

突っ込みどころは満載な感じがしたけど、映像と音楽にこだわって作られているのがわかった。
2人のファンなら見て損なし。

物語としてどこに向かっていくのが正解なのかわからないけれど、2人の幸せな時間を最
>>続きを読む

愛唄 ―約束のナクヒト―(2019年製作の映画)

3.5

登場人物が多くてそこまでやらなくてもなぁ…とも思ったけど思ったよりも面白かった。
言葉一つ一つが響いてくる感じ。
若い人がみんな病気になるのは見ていて辛いな。

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.1

大昔の映画でこの時代のことは何にも分からなけれど、手に取るように精神病院や精神障害者の扱い方がわかった。

重くて辛いテーマだけど途中は笑えるところもあってよかった。
友情も素敵。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

純粋な子どもだからこそ起きてしまった悲劇。
こんなに後味が悪くて悲しい物語は初めて。最後の静けさがより悲劇を物語っていた。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

映像やセリフがずっと綺麗なお話。
淡々としていて静かなんだけど、夢中になってみている自分がいた。
マハーシャラアリが少ししか出ていないけれど主役かと思うぐらい存在感が抜群。

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

3.7

兄弟愛がステキ。
ディカプリオの演技も光ってる。
暗くもあるけど明るくて未来が見えるお話。

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.6

ドキュメンタリーを見ているかのようだった。
本人の変化や家族の苦悩がよく描かれていて、見ていて辛くなるシーンがたくさんある。
家族や恋人や友人の大きな愛や諦めない気持ちでいいお医者さんに出会えたのかな
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.5

とてもよかった。
予備知識ほとんどなしで見たけれど外の世界に出てからが本番。もっと目に見えた障害を描くのかなと思っていたが、もっと繊細で深くて重たい気持ちになった。
子どもの変化がとてもよく描かれてい
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.7

2人ともかわいいよ、、
醜くないし、、

後半になるにつれて乗ってきました。
前半は少し置いていかれた。横山をもっといい使い方をして欲しかった。
でもずっとゾクゾクしてて怖かった。
2人の演技◎

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.8

簡単なお話ではないし一言では言い表せない映画。
共感はできないけど、きっと分かり合いたかったのかなと。寂しいわけでも理解して欲しいわけでもなく、ただただ一緒に話して笑って泣いて叫んでもらう存在。
3年
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

歌がすごく良かった。
歌だけでもみる価値あり。
内容自体は思っていたのとは違い、少しわかりにくい部分もあった。

レディガガはすごいな〜と感じることのできる作品。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

またまた名作に出会えました。

とにかく2人の愛の深さがすごい。
人の感情や愛情、目の前のことを見ないで制度や法律や偏見が優先されてしまうのは違う。裁判のシーンもマルコの幸せを願うわけではなくゲイが育
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

5.0

原作を読んでから見ました。
とても良かったと思います。わかりやすくて登場人物もそのまま出てきたようでした。

玉森さんの演技には驚きました。
感情が難しい役だと思いますが、見てるこちらが辛くなるぐらい
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.8

LGBTのお話だけどそれそのものの偏見を押し付けがましく描いていたわけではなかったのがよかった。
これを見てあなたはどう思いますか?と問いかけてくる感じが余韻を残す。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.4

めちゃめちゃ怖かった。成田凌。
スマホは自分よりも自分を知っている。だからこそスマホ一つで人生が変わってしまうこともあり得るのかもしれないな。

ただ、話が唐突だったり細かい設定が多くてそこが中途半端
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

私はクイーンを知らなくて曲もほとんど知らなかったけど楽しめた。
お話自体は淡々としていたけど最後のライブシーンは迫力満点で感動。
ラミマレックがフレディマーキュリーの生き写しの様に見えた。
何度見ても
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

3.8

2人の演技がとても良かった。
この親子の様に分かり合える日が来ればいいけど現実はそんなにうまくはいかないよなーと思った。でもばあちゃんや友人たちに恵まれて愛情や人を大切に思う気持ちを知っている人だから
>>続きを読む

想影(2016年製作の映画)

3.5

甘酸っぱい恋愛。
誰もがこんな経験したことあるなと感じられる映画。
時間はすごく短いけど、ちゃんと伝わる