komoさんの映画レビュー・感想・評価

komo

komo

映画(138)
ドラマ(0)

ミックマック(2009年製作の映画)

4.1

バジル(ダニー・ブーン)は2つの出来事に人生を狂わされた男。
まず1つ目は、幼い頃に父を地雷により亡くしたこと。2つ目は、発砲事件に居合わせた際に流れ弾を喰らい、それが頭に残ったままであること。
その
>>続きを読む

亀は意外と速く泳ぐ(2005年製作の映画)

4.1

平凡な主婦のスズメ(上野樹里)は、単身赴任中の夫から亀の世話を頼まれている以外にはこれといった日課がない。
キャラが濃すぎる幼なじみの孔雀(蒼井優)に振り回されながら、自分の”薄さ”に虚しさを感じてい
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

鑑定士として数多のオークションを席巻している初老の男ヴァージル(ジェフリー・ラッシュ)は、女性に興味のない堅物として知られていた。
そんなヴァージルに、ある女性から家具鑑定の依頼が入る。しかし彼女は自
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.4

現在NHKでドラマ版を放送中と聞いて。
(1話も見れてないけど…。)

レミゼとの出会いは小学校時代に読んだ『あゝ無情』で、作者のメッセージを受け取れなかったためにあまり響かなかった記憶があります。
>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.7

福岡県に生まれた川尻松子(中谷美紀)は、歌うことが好きな努力家の女性。
しかしとあるトラブルにより職場の中学校を辞めさせられたのち、壮絶な転落人生を歩むことになる。
父の愛情を受け取り損ねた松子は様々
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

4.1

田舎娘のローズ(デボラ・フランソワ)は、不器用だがタイプライターを打つ早さは誰にも負けない自信を持っていた。その才能でルイ(ロマン・デュリス)という経営者の秘書に抜擢されるが、タイプ以外の仕事が苦手な>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

4.1

ドジな弁護士・エミ(深津絵里)が新たに弁護することになったのは、妻殺しの容疑をかけられている矢部と言う男。勝てる望みの薄い裁判だが、矢部本人は「犯行時刻、自分は旅館で落ち武者の幽霊にのしかかられていた>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.2

正直かなり気持ち悪かったけど、物語や映像、メタファーなどは非常に面白かったです!
グロの度合いが分からなくて鑑賞を迷っている方へ、参考までに↓

——————————
・主たるグロ描写は死体表現
(破
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.5

失恋したばかりのTV記者・ジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、視聴率を取れるスクープを得るために奔走していた。
そんな時、『神様を探しています』というビラを配り歩く挙動不審の青年に出逢う。
PKと名乗
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

4.4

陸軍大尉のスティーブンス(ジェイク・ギレンホール)が目を覚ますと、見知らぬ女性と共に列車に乗っていた。そのうえ自身の名前や姿が別人のものとなっている。戸惑っているうちに、なんと乗っている列車が爆発して>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

青いジャケットがトレードマークのピーターラビットは、イギリスの湖水地方という美しい土地で家族と共に元気に暮らしている。近所のビア(ローズ・バーン)という人間の女性とは仲良く共存しているが、隣の畑の主で>>続きを読む

ミス・ポター(2006年製作の映画)

4.1

ロンドンの裕福な家庭に生まれ育ったビアトリクス・ポター(レネー・ゼルウィガー)は、自らが執筆した絵本を手に出版社へと出向く。それは青い服を着たウサギが主人公の物語『ピーターラビット』。
難色を示されて
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

5.0

広告会社を立ち上げた経歴を持つハリエット(シャーリー・マクレーン)は、老後も変わらぬ自己愛に溢れ、思うがままに生活していた。
しかしある時『自分が死んだらどのような訃報記事が書かれるのだろう』と気にか
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

4.4

茨城県の下妻という畑地帯に住む桃子(深田恭子)は、ロリータファッションをこよなく愛する一匹狼。友だちがいなくても自分の信念を貫いてさえいれば満足だった。
服を買うお金欲しさに父親が作った高級ブランドの
>>続きを読む

恋は邪魔者(2003年製作の映画)

4.1

1960年代、女性の社会進出が稀有であった頃のニューヨーク。田舎から出てきた女流作家バーバラ・ノヴァク(レネー・ゼルウィガー)は出版社から非難されつつも、『恋は邪魔者』という啓発本を大ヒットさせる。>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

第二次世界大戦中のドイツ。母親と二人暮しの少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイヴィス)は、他の少年達と同じくアドルフ・ヒトラーを崇拝していた。
ヒトラーユーゲントの合宿にも意気込んで参加したジョジ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

もう2月になってしまいましたが、あけましておめでとうございます(^^)
今年1本目はこちらの作品でした。

トリーチャーコリンズ症候群により人と違う外見を持つオギー(ジェイコブ・トレンブレイ)が、小
>>続きを読む

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

4.8

2019年劇場おさめはこの作品で。
今年も沢山のアツい映画に出会えて幸せでした♪

komoの2019年劇場映画ランキングは、
1.グリーンブック
2.ガーンジー島の読書会の秘密
3.運び屋
4.ライ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

10月に観て、ずっとレビューを書きあぐねていました。
映画として非常に面白かったですし、メンタルにマイナスの影響があったというわけでもないのですが、なんとも言えない余韻に打ちひしがれ、しばらく後暗い思
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.4

2月の劇場アニメに続き、まさかのフランス版シティーハンターが日本に逆輸入!
今年はCHイヤーでファンは幸せです(^^)

心配していたB級感が全くなく、安心して観ていられました。
原作のポイントを的確
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

4.2

フランスの大女優ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)が、自身の過去を記した自伝本を刊行することになった。それを祝すため、娘のリュミール(ジュリエット・ビノヒュ)が夫ハンク(イーサン・ホーク)と幼い娘シ>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

4.8

大好きなすみっコぐらし、ついに映画化!
SNSで超話題なので大人世代もいるかなーと思いきや、その回は親子連れしかいなくて、私たちアラサー夫婦はなんともアウェイでした(笑)

すみっコぐらしは元々好きで
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

ミズーリ州の町外れの道路沿いに、3枚の不穏な看板がそびえ立つ。
「娘はレイプされて焼き殺された」「未だ犯人は捕まらない」「どうして、ウィルビー署長?」
7か月前に殺害された少女の母・ミルドレッド(フラ
>>続きを読む

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

4.2

世界で最も有名なロックバンド、ザ・ビートルズの栄光と苦難を描いたドキュメンタリー。当時の映像とポール・マッカートニーのインタビューを織り交ぜながら、ビートルズに影響を受けた著名人のコメントが繰り広げら>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.4

アルバイトをしながらシンガーを志すジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼馴染みのエリー(リリー・ジェームズ)に支えられながらヒットを夢見ているが鳴かず飛ばず。音楽活動を辞めようと思ったその時、交通事故に>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

かつて西部劇のTVシリーズで人気を博していたリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、今や落ち目の俳優となっていた。起死回生を狙うリックを、彼のスタントマンであり親友でもあるクリフ(ブラット・ピ>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.1

穏やかな両親の元で何不自由なく暮らすカルリートス(ロレンソ・フェロ)という少年には、窃盗を得意とする裏の顔があった。カルリートスは転校先の学校でラモン(チノ・ダリン)という野蛮な少年に気に入られ、彼の>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

4.3

年老いて保養地を求める作曲家のアッシェンバッハ(ダーク・ボガード)は、美しき水の都・ベニスを訪れていた。
そこで上流階級のポーランド人一家を見かけたアッシェンバッハは、年若い息子・タージオ(ビョルン・
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

シチリア島の僻地の村。終戦直後の人々の心の拠り所は、村の教会に併設された映画館『パラダイス座』で輸入映画を観ることだった。厳格な司祭がキスシーンをカットしていることに不満を募らせる村民たちだったが、そ>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

4.5

元刑事のスコティ(ジェームズ・スチュアート)の元へ、友人のエルスター(トム・ヘルモア)がある依頼を持って訪れる。その内容は不審な行動をする妻・マデリン(キム・ノヴァク)の様子を探ってほしいというものだ>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

4.8

私事ですが、8月末に静岡県から神奈川県へと引っ越しました。
引越し期間中は何かと慌ただしくて映画と触れ合う時間がありませんでしたが、また少しずつレビューを書いていけたらなと思います。近隣に映画館も沢山
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.4

世は既にライオンキングだというのに、6月に観たこの作品を今更レビュー…(笑)
字幕、吹替両方を観てから書こうと思っていたのですが時間がなくて字幕版しか観れずじまいでした(;_;)
山ちゃんのリアルジー
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.4

サイレント映画が絶大な人気を博していた頃のアメリカ。その銀幕に欠かせなかったのはドン(ジーン・ケリー)とリーナ(ジーン・ヘイゲン)というスターコンビだった。何本もの作品で主演を飾る2人は、プライベート>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.8

家族や友人に囲まれ充実した日々を送る17歳のサイモン(ニック・ロビンソン)は、自分がゲイであることを誰にも打ち明けられず悩んでいた。
そんな折、学園内のSNSに『僕はゲイだ』という告白が投稿される。"
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

4.1

ギリシャのとある街に住む三兄妹は、生まれてから一度たりとも家の外へ出たことがない。両親は彼らに名前すら与えず、偽りの知識を仕込み、子供たちを完全なる支配下に置いていた。
しかし年頃になった長男の性欲処
>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.8

アスペルガー症候群のシモン(ビル・スカルスガルド)はSFの世界が大好きで、つらいことがあるとロケットに見立てたドラム缶の中に引きこもってしまう癖があった。
そんなロケットからシモンを連れ出すのは兄のサ
>>続きを読む

>|