かみさんの映画レビュー・感想・評価

かみ

かみ

映画(12)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.2

埼玉や千葉をdisっているけどイラッとこないdisり方で面白かった。
発想がぶっ飛んでいる。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.0

仲原くんのセリフが何故か刺さった。
テルコの気持ちが分かるような分からないような。

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

3.0

二階堂ふみが果子を演じていたが、
タイトル通りほぼ不機嫌で笑ってしまった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

進学について母親とぶつかったり、恋したりあの年頃の女の子をリアルに描いていた。

映画 けいおん!(2011年製作の映画)

3.5

卒業旅行でロンドンに行きたくなった。
ロンドンに行くまでのあのドキドキ感が伝わってくる。
ほわほわした、ゆったりした世界観で心地よかった。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.0

脳死がテーマの作品。

現実と向き合えない母親や、周りから「会社を私用化している」と言われてしまう父親、どちらの気持ちもよく分かる。

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

4.0

映像がとても綺麗。さすが京アニという感じ。
恋に気づいたたまこの描写もキラキラしていて、こんな青春したかったなあと思ってしまった。

映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ(2018年製作の映画)

3.5

歴代のプリキュアのメロディーが流れるところで涙を堪えた...
「カメラ」と「思い出」というテーマもグッときた。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

大人になると忘れてしまう大事なものに気づかされた。心がほんわかとなる作品。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

お料理のシーンが本当に楽しそうな感じが伝わってきた。当時の生活の明るい部分が描かれていて新鮮だった。

最後の最後まで良かった。心に残る作品。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.0

小説を読んだ後に観たのでなんだか違和感があった。演出がやりすぎな気も...
しかし面白い作品だった。

偽電気ブランが飲みたくなる。
古本市にも行きたくなる。