コウヘイカミヤマさんの映画レビュー・感想・評価

コウヘイカミヤマ

コウヘイカミヤマ

神山浩平公式アカウントです。

映画(48)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

舟を編む(2013年製作の映画)

3.6

本編とは違うけど、静かな暮らしがとても良い。
(あと、宮崎あおい、月夜に突然現れる役似合いすぎやしないか?)

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.4

大どんでん返しがすごい。すごいんだけど、ワタシは置き去りになりました。

美少女戦士セーラームーンR(1993年製作の映画)

3.5

優しい。セーラームーンは優しい。
一見他の子の方が良さそうに見えるが、一番大切なものを持っていて、そしてそこが見えているまもちゃんも良い。(ただし、ワタシは亜美ちゃん派)

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.0

原作好きだからどうかなと思ったけどよかった。あと途中でお腹壊したから終盤の記憶が曖昧なのが悔やまれる。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.3

パトリックの気持ちを考えていたたまれない気持ちになるし、プラダを着た悪魔やハナミズキでも同じ気持ちになったのを思い出した。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

これは、愛と勇気と友情の物語だ…!!!
好きなシーンは、バズがウッディの背中を押すシーン。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.8

“使わなくなったオモチャどうするか問題”は誰もが通る道だと思うのですが、当時たくさん悩んだの思い出して優しい気持ちになれる。
アンディへの信頼もいいけど、最後はみんな一緒だぜ、という信頼もよい。仲間っ
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

3.5

考えさせられるセリフが多い…やはりオトナ向けなのでは?
3が良いとみんな言うけど、2、好きだなあ。

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.0

好きなシーンは、子ども向け映画なのに「今夜は牧羊の仕事休もうかしら」と、露骨に誘われるシーン。

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.5

子どもって、ちょっとしたきっかけですぐ仲良くなれるし、ちょっとしたきっかけで離れてしまう。
子どもゆえ、自分じゃどうにもできないことが多くて嫌になることもある。
もちろん当時はそんなこと考えてないんだ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

メッセージ性が強すぎると引いちゃうし、コミカル過ぎると伝わらないけど、その辺のバランスが絶妙。とってもとってもよかった。
一番好きなシーンは、フライドチキンの骨を投げた時は笑ってたけど、包装紙を投げた
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

最後のライブのところは熱くなるし、空調効いてるはずなのに館内の温度が上がった気がした。(終わった後隣の人が暑くなかった?って言ってたからみんなそう思っていたのかも)

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.5

合わなかったというかなんというか、うーん…という感じ。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.2

刺さると噂になっているが、たぶん忙しい毎日に嫌気がさしていたり、迷いがある人には効くんだと思う。
ちょっと前なら危なかったけど、今の俺なら大丈夫。セーフ。

ただ何もしないをするのは難しいけど、大切な
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.0

松重豊と薬師丸ひろ子のシーン,あの熱演だけでも観る価値がある。
あとは…なんか、よろしくお願いします。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.4

最初の何見させられてるんだろう感はんぱないって。謎の間とかめっちゃあるもん。
回収に入ってからは面白いって言っといてや。知ってるなら。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

アンハサウェイ様が出られてたから観たし、アンハサウェイ様が出られてたから3.0だけど、
いくらアンハサウェイ様が出られてたからからといっても、やはり続編はオリジナルに勝てないのではないかと思うの。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

SF苦手だけど面白かった。最初は斜に構えてたし140分?と思ってたけど、ッテッッテッッテッッテッテッテーテッッテッッテーテーテーってところから一気に引き込まれた。さすがスピルバーグ。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

歌がとても良くて自然と身体が動いてしまうけど、映画館だと周りの席の人に迷惑かけるので注意が必要。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.0

あー、この手の人はこの辺で死ぬな、って思ってから数回は切り抜けるから、すごい人なんだと思う。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.5

金曜夜のレイトショーに行ったら、客のほとんどが仕事終わりのおじさま方。たしかにセクシーなシーンはあるけど、エッチな映画と勘違いしているのでは?
(27歳・仕事終わりのエッチなお兄さん)

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

その時自分にできることは何か、を考えさせられる。あと音楽が怖い。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.8

どんな環境でもベストを尽くすことが大切だし、自分のやり方,ペースも大切だなあ、という感じ。

とっても暖かい気持ちになる。
あとオシャレしたくなる。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.7

初めてのインド映画。イメージより歌わなかったけど、笑えるし、泣きそうになるし、ラストはとってもいい感じ。大団円を望むならぜひ。(ただ、3時間は長い)

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

言語へのアプローチは面白いけど、この手の映画はラストで置き去りにされるから困る。(自らの力不足を悔やみながら)

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

鎌倉に行きたくなるし、5人目の末っ子になりたい

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

2.0

原作が好き過ぎるなら映画化しても見ない方がいいのはわかってたんだけど、おまけがあったから避けようがなかった

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

お互いの夢があったから惹かれ合い、お互いの夢があったから離れることとなる。
日本では賛否両論あったので、ララランドの話をするときは『賛否両論あるけど』を頭に置いて曖昧にしたくなる気持ちもわかるけど、ワ
>>続きを読む

>|