ロニー坊やさんの映画レビュー・感想・評価

ロニー坊や

ロニー坊や

グーニーズ(1985年製作の映画)

-

ひっさびさの金ロー笑
小学生とかの頃、家族でよく見たな~
グーニーズはほぼ初見だったけど、以外と楽しめた!

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.6

最後は救いがあって良かった。

仏教国とは思えない悪質なカンニングで笑った。パーリーピーポーの女の方には終始イラついた。実際にいたら、殴っているかも笑

海外に留学して働くのが、途上国でのお金の稼ぎか
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.0

小学生のときに金曜ロードショーでなんとなく観賞していたぶり、、
今みてこんな映画だったのか、と驚き。パーシーのスポンジのシーンはよく覚えていましたが笑

生や死についていろいろと考えてしまう映画です。
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

3.8

これは結構面白いかも!
ストーリーは特にありませんが、なぜか引き込まれるような映画です。

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME(2013年製作の映画)

3.7

ずっと見たかった一本。
アニメを見てないとなかなか理解しにくいかも。
まあ僕がアニメを見たのも5年以上も前なのですがね、、。
アニメではどうしようもなかったお母さん(あんま覚えてないけど)もいろいろと
>>続きを読む

ナビィの恋(1999年製作の映画)

4.2

無性に沖縄に行きたくなる映画。
昔は様々な理由で好きな人とは結婚できないことも多かったのでしょうね。でもなんとなく上手くいくこともあるのでしょう。そんな中、60年前の恋が忘れられないナヴィはどこか初々
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2016年製作の映画)

-

下らなすぎて笑ってしまいました。お酒を呑みながら観賞する映画ですな。

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

4.0

これは笑ったわ!
こんな高校生活過ごしたかったな~??笑
高校で車乗れるって最高
日本じゃありえん

クスリってこんなに蔓延してたのか?

極力楽しいことしか描いてないような気もするけど、そのことがな
>>続きを読む

青春デンデケデケデケ(1992年製作の映画)

3.8

良きかな
ほんとは年下なのに、なんか大人に感じるな、なぜだろ

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

-

戦争の映画をみるといつも泣いてしまう
こんなムダなことがなければもっと生きることができたのに、もっといろいろなことが成せたのに!
死者の家族はかわいそうだな。母親や妻、恋人は枕を幾晩濡らすのだろうか
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

-

なかなか
真犯人は序盤ですぐにわかりました(^^;

藤原竜也は結構好きです

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.0

泣きそうになりました。

決して安易な結末に終わらず、リアルな人生を描いていると感じました。

こんな青春、俺ももう一度送りたい。初恋の人ともっと喋りたい!!
そして本当に心から愛せる女性を見つけたい
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

4.5

久々の夜映画。

スタンドバイミーを彷彿とさせるような少年たちの夏の物語を期待し、鑑賞。前半部はこれこれ♪と思うような描写、物語で満足。しかし、後半部それは一転する。やはりこの映画はホラーである。
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.0

権力に立ち向かう高校生たちの物語だ。
有無を言わさないあの権力者たちの物言いは某政党の三◯順◯氏を思い浮かべる。
この映画は単なる高校生のヒロイズムに酔う作品ではないことは明瞭であろう。これは形を変え
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

4.0

土屋アンナはマブい女だな!

納期に遅れても友達を優先させるbabyの店長はギスギスした今の世の中から見たら、オアシスのようだよ。

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.3

いつだってやめられるって言って辞められないのが人生なんだね。

イタリアの学者への扱いは、、笑
日本もこうなんないように気をつけてよ😅
(もうなりかけてるか笑)

台北ストーリー(1985年製作の映画)

3.5

最初と最後のシーンの繋がりはやはりこの監督というところか、、。

でもやはりヤンヤンには届かないか(^^;

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

-

教育って難しい❗つまり、人間って難しい❗
自身の意見としては学校はもういらないと思うNe!(dj風)

回路(2000年製作の映画)

3.1

麻生久美子かわいい‼️
他のレビュアーがいっている通り大雪ですね!あれは(^^;笑

最後はまじすかって感じの展開だったけど、インターネットは怖いものかもしれないって認識はあったんだね!
人とのつなが
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.3

深夜に鑑賞。
心地よい疑惑と謎解き。青春映画っぽくもあり、大好物でした。

凶悪(2013年製作の映画)

-

おれは記者が一番怖かったよ。日常が非日常に侵食されはじめ、ついには取り返しのつかないところまで行ってしまう。

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)

3.7

‘Youth’という過去から各々の‘グランドフィナーレ’?に向かって行く映画。

映像美が素晴らしい。久しぶりに映画を見たからというのもあるけど、広大な美しい自然の中の広大な建物の中で進んでいく物語は
>>続きを読む

シャイン(1996年製作の映画)

4.0

ひさびさの映画鑑賞。やっぱり音楽はいいな。そして人生は無常だな。人との出会いでいくらでも変わっていくのだな。
ヴァイオリンやっぱやりたいな笑

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

映像、音楽、雰囲気が素晴らしい映画。すなはちなかなか良いといふことでつ。

私のちいさなピアニスト(2006年製作の映画)

2.5

トラウマ、複雑な家庭環境、不幸な境遇、癌などの定番装飾で飾り付けられた茶番劇。合間の演奏もなんだか心がこもってないように聞こえてしまう。
音楽も風景と馴染まない。

もっと天才というテーマでの穿った世
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

希望の映画だと感じました。
死んだものは戻っては来ない。
解り合えなくてもある部分では解り合える。人が観察できないほど多面的であり、なおかつ変化するのが人間なのだなと僕はおもいました。

>|