かんさんの映画レビュー・感想・評価

かん

かん

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.9

圧倒的気味の悪さと煮え切らなさ
羊と人間という、誰もがわかりきっているはずの境目がわからなくなる。
これは生物学的な話ではなく、
生命という漠然とした哲学的な話
「人間はこうあるべき」
「羊はこうある
>>続きを読む

ブレードランナー ブラックアウト 2022(2017年製作の映画)

3.8

ハリソンフォードの一作目から3年後、
レプリカントたちによる大規模な停電及びデータ破壊作戦
(後に”ブラックアウト”と呼ばれる。)が実行される
15分という短編ながら、レプリカントたちが犠牲を払ってま
>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

3.7

ダニートレホのやりそうでやらない感じが面白すぎる
ジョークとかコメディの間合いとかがやっぱり他の映画と違って好き
ギターケースミサイル景気良い

最強殺し屋伝説国岡 外伝 国岡ツアーズ大阪編 蘇る金のドラゴン なにわアサシンの逆襲(2022年製作の映画)

4.0

もうすっかり国岡のファンです
話してることは大して面白くないし、最強かと言われとるとそうでもないのに滲み出る親近感と安心感
真中も最初はあんなにウザい先輩だったのに、合宿編から良いやつ感が半端なくて推
>>続きを読む

ビースト(2022年製作の映画)

3.6

久しぶりの動物ホラーで、
やはり野生の生き物は怖いなと再認識
その反面、もう少し怖くできたのでは…?
と思うところも正直ある。
驚くシーンはあまり好きではないけど、あんなにバレバレな襲い方をしてくれる
>>続きを読む

ジャンパー(2008年製作の映画)

3.6

もうめちゃくちゃ映像凄いのに
なんでこんなにB級感溢れるんでしょうね
サミュエルLジャクソンのせい?
中世から繰り返されるジャンパーとそれを狩る組織の戦いって日本の漫画なら大ヒットな題材だと思うんだけ
>>続きを読む

グリーンバレット(2022年製作の映画)

3.8

最強殺し屋伝説国岡が個性豊かなイマドキ女の子に振り回される姿が微笑ましい。
前作ではあんなにうざかった真中くんがちょっとカッコいい演技しててズルい笑
エペって言われてAPEXだと分からん輩はまともにA
>>続きを読む

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

3.9

女性にとっては共感の連続
男性からしたら割とヘビーな内容かも
だけど男性も絶対知らなくてはいけない女性の日常
性行為や子どもを産むこと
尚且つその身体と心を大切にすること
そんな当たり前に描かれてきた
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.9

全然キャスティング気にせずに観に行ったから、もうテンション上がりまくりだよね!!
むしろ真ちゃんの活躍期待してたから
そこは若干がっかりな部分も…
モータルコンバットのときの方が強かった
これからって
>>続きを読む

最強殺し屋伝説国岡 完全版(2021年製作の映画)

3.0

『ゼイリブ』の喧嘩シーンを上回る長ったらしさ
さすがにしんどすぎて内容入ってこん笑
ベテラン殺し屋一番うざすぎてヤバい。

Studio 666 スタジオ666(2022年製作の映画)

3.5

フーファイターズが呪われたレコーディングスタジオでアルバム製作をする!
という絶対面白いでしょ〜な内容なのに
良くも悪くも真面目にホラーを作ろうとしてしまって、コメディ要素がパットスメアくらいしかない
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.0

久しぶりにこんな怖いSF映画観たな〜
『未知との遭遇』を彷彿させる
未確認生命物体、未確認飛行物体への恐怖
今となっては「宇宙人ってこんな感じでしょ〜」とか「UFOってあんな感じでしょ〜」ってSF映画
>>続きを読む

傷物語Ⅲ 冷血篇(2017年製作の映画)

3.8

いやー、バトルが最高潮にヤバい
思わず笑えてくるぶっ飛びアクション
スプラッター苦手な人は割とアウトかもしれないけど、
常軌を逸しすぎて笑えてくる
製作側のおっぱいへの執着心がすごい

ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV(2021年製作の映画)

3.8

初ロッキー4
多分この劇場に来てるおじちゃん達は
もう何度も本作を観てきたんでしょう…
そう思うと何故か得した気分
再編集を加えたこの第4作目の冒頭は3作目のダイジェスト
久しぶりにロッキーを観る方た
>>続きを読む

傷物語II 熱血篇(2016年製作の映画)

3.7

いよいよ本格的に戦闘開始!
人並みにヴァンパイア映画を見てきたつもりだけど、
目を疑うような吸血鬼バトルの数々にめちゃくちゃ興奮した
そしてメガネ委員長こと羽川がもう、
ほんといろんな意味で強すぎる
>>続きを読む

傷物語I 鉄血篇(2016年製作の映画)

3.6

序章 少年とメガネ委員長の出会い
吸血鬼と少年の出会い
化物語の漫画を読んでるから難なく着いていけるけど、相変わらず初見殺しな癖のある展開と演出が面白い!
さすがアニメ会社がシャフトなだけある。
あっ
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

4.2

2作目までは観てたけど3作目は初めて
いやー、もう最高ですね
あの舌足らずだったロッキーが饒舌に品良く振る舞う。まるでスパイダーマン3のピーターパーカーだ
そして現れる暴君クラバー
どんな挑発でも横耳
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.6

思春期の隠れ家は最高
ちょっとほろ苦もありつつ
作品に異様な空気をもたらすビアジオが好きすぎる笑

ロッキー(1976年製作の映画)

4.0

ロッキーⅣのリバイバル上映に向けて復習
もーほんとにね、ロッキーといえば
風変わりなトレーニングが有名だけど、
やっぱりエイドリアンとの不器用でピュアな恋愛なんですよ!! エイドリアン美しい!!!
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.6

真新しさはない。
テーマの薄いジュラシック同窓会
せっかくもっと怖くできるであろうシーンで何度拍子抜けしたことか…
今回のヤバCEOが第一作でおデブさんにシェービングを渡したルイス・ドジスンだなんて誰
>>続きを読む

G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ(2021年製作の映画)

3.0

いやー、このポスターでこの内容は詐欺でしょうよ…
というかサマラ姐さん全然出てこないし…
スネークアイズのかけらもない、ぺちゃくちゃ喋るおっさんが無駄に、本当に無駄に正義と悪を彷徨いながらとんでもジャ
>>続きを読む

デイ・シフト(2022年製作の映画)

3.7

アクションが気合い入ってる
人間もヴァンパイアも空中技がたまらん
ナザリアンブラザーズの空中アクロバット装填がヤバかった。
正直もっとデイヴフランコを輝かることが出来たのでは?と思う節はある…

グレイマン(2022年製作の映画)

3.7

こんなの絶対映画館で観るやつ
スクリーンで観たら間違いなく☆4はあったなー、もったいない…
ゴズゴズの澄ましクールはもういいから、もっとクリエヴァの悪党ぶりを見たかった。
アナデアルマスちゃんももった
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.8

90分高カロリー、ナーメテーター
キアヌリーブスやデンゼルワシントンほどのキレはないが、そこが良い。
似非ケヴィンコスナーなボブ・オデンカークが魅せる無名だからこその泥臭さ
そりゃ皆んな誰やねんだから
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

相変わらず観終わった後に
悪寒のような恐怖を植え付けていく監督だ
すべては説明されないけれど、もしかしてあれって…?とか、そういえばあのシーンなんか不自然だったような…という”気持ちの悪い違和感”を演
>>続きを読む

プレデター:ザ・プレイ(2022年製作の映画)

3.7

非常にシンプルなvsプレデターもの
ガジェットやアーマーに偏ることなく、狩られる側の周りくどい人間関係もなく100分間シンプルなハンティング
まあたしかに、あの開拓側?の人間はいらなかったかな…と思う
>>続きを読む

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ好き
ウェスファミリーには珍しいグウィネスパルトローとかベンスティラーか見れる
ベンスティラーとオーウェンウィルソンの掛け合い、少しのシーンだけどズーランダー好きとしてはたまらんかったな〜
>>続きを読む

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

3.9

最初は想像してた物語とは違って、
んー、、っとなってしまったけれど
物語が進むにつれてマックスや周囲の個性的なキャラクターたちの良さがじわりじわりと滲み出てきて良かった。
近年のウェスアンダーソン作品
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.5

冒頭から主人公があんまりタイムリープを満喫してる感がなくて、最後のうだうだに少しイラっとしてしまった
結局サラのこと理解してなさそう

EMMA エマ(2020年製作の映画)

3.0

役者や映像、美術は本当に見ていて綺麗だったけど、いかんせん内容が退屈すぎた…

X エックス(2022年製作の映画)

4.1

これはスティーヴンキングも
“めっちゃ面白い”と言ってしまうのも納得
セックス!ドラッグ!スプラッター!
いやいや…『ブラックフォン』に引き続き、これはただのホラー映画観に行ったらめちゃくちゃ良いやん
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.0

ポップコーンムービーは好きだが
ここまでシリーズが蛇足になってくると正直ノリきれなくなってくる。
しかも映画好きを馬鹿にするかのように豪華な実力派の役者を起用する始末
コミックムービーのハードルが低く
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

3.8

“リコリスピザ”とはピザ屋の名前ではなく
かつてアメリカで流行ったレコード店の名前らしい
ラブコメなポスターからは何となく想像しにくい
そんな儚くも懐かしいアメリカのある風景

ボーイミーツガールの枠
>>続きを読む

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

4.0

敬愛するブラムハウスとこの不恰好で不気味なマスクに魅了され劇場へ
その中身は良い意味で期待を裏切る、よくあるホラー映画のそれではなかった!

たしかにホラーというジャンルではあるけれど、そこにある恐怖
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

3.8

次元がぶっ飛びすぎて
最早お前らは何で存在しとんねんの嵐
冒頭のしっかりとした魔法少女展開に若干拒否反応を示したけれど、その後は期待を裏切らなくい展開でやっぱり好き
マミさんがアニメと比べて必要以上に
>>続きを読む

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

3.0

めちゃくちゃお金のかかった
最高にくだらない映画

よくこんな出たとこ勝負みたいな脚本で、こんな豪華なキャスティングと大掛かりなロケや映像を使えたものだ…
くだらない映画は大好きだけど、
あまりにキャ
>>続きを読む

>|