クノールさんの映画レビュー・感想・評価

クノール

クノール

映画(56)
ドラマ(0)
アニメ(1)

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

4.0

これ見てからハイム聴きまくっている。こういうお騒がせラブストーリー好き。主人公が爆走してる映画はだいたい名作。唐突に出てきたショーンペン、ああいう過去の幻想だけ見て生きてるオッサンおるわ〜と思って面白>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

3.5

色んな要素詰まりすぎ、ディープでダークで掴み所のない女心の機微や子を持つことへの葛藤がかなり鮮烈に描かれておりビシビシ突き刺さる。自分で選択していく人生を歩んでいるユリアは偉い!でも女の友情is th>>続きを読む

マリー・ミー(2022年製作の映画)

3.8

失恋の翌日もヨガマットで淡々と太陽礼拝してワークアウト欠かさないJ.Loが好きよ〜 人で悲しみを埋めてはいけません、と言うけれどJ.Loは何しても良いのよ、彼女が輝けば人は幸せになる

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.9

マーベルというよりカンフー映画を見終えたような爽快感。湿っぽさがなくて良い。
一番の見せ所のマカオの高層ビルでのアクションシーン、めっちゃかっこいいのだけど、工事現場の足場が竹なのが面白かった。

MEMORIA メモリア(2021年製作の映画)

3.8

テーマは音響。亡霊あり民話ありでアピチャッポン要素満載。しかし映像の明滅だけでなく、音に取り憑かれてしまったチャッポンは次なるステージへ向かわれた...

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

4.0

事実は小説より奇なり。スラム街の地下の秘密の部屋での、北朝鮮の闇の重鎮たちとの会合のシーン、最高にドキドキした。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.1

ボブ・オデンカークは、手がつけられなくなるマッドドック系よりも、やっぱり、言い訳多くて生命力強い詭弁な弁護士役が合ってると思った。

ジョン・ウィックは犬への愛が根底にあるから許せたけど、Mr.ノーバ
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.7

教訓は...節度を持って、飲んで、盛大にブチ上がりましょう!ということ。マッツはチェックシャツなのに(?)最高にセクシーで危険。

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

3.5

デジタル時代の「博士の異常な愛情」的な痛烈ブラックジョーク。Don't look up=上を向いて歩くな というお上の標語は、じつは彗星が衝突しなくても現代社会の暗黙のモットーだったりする。結局は富め>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.3

シャバの世界は我慢の連続だけども、空が広いち言いますよ。ふいにしたらいかんよ...博多の姐さんの言葉に泣き、コスモスのシーンの三上の葛藤の表情に泣き、見終わるとポスターのビジュアルデザインとタイトルが>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

中盤までは面白く見てたけど、「スパイの妻」というタイトルなのに、結局夫のほうの裁量で、だまくらかすみたいな方法で妻をプレイヤーにさせず自分だけ渡航する展開にがっかりしてしまって、お見事でも何でもないと>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.8

大傑作きた。18世紀の不条理な世の中でも女たちは淡々と飄々としているから悲壮感はない。
遠くでお互いの存在に気付きながらも頑として涙目になりながらも目を合わさない、その長回しラストシーンを締めるBGM
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.0

夏に見ればよかった。同じタイムループの条件下で、刹那的な快楽を日々楽しむ男(ナイルズ)と、それに発破かけるように物理学勉強したり体当たりで決着つけようとする女子(サラ)っていう構図が面白かった。友情に>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.0

ダニクレボンドと歩んだ15年は、ブルーアイで叙情的に締められた。しかしスカイフォールが究極で最高傑作と改めて実感、あの体験は超えられなかった。あと主題歌暗すぎ。今回のアナ・デ・アルマスは歴代ボンドガー>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

4.0

イスラエルの景色が最高。人のいないパリも芸術。好きなシーンは色々あるけれど、オリーブ畑越しに女性を追いかけるシーン良かった。セリフが少ないなかで、隣人の老人と息子が罵倒しあうラップバトルのような掛け合>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

まさかマーベルネタがぶっこまれるとは!一瞬映るキャップをもう一回劇場で観たい。橋の上で警備員のフレンド(バディ)が消えていくときも、指パッチンのあとで砂になるやつやん...などと小ネタ満載。
後半は、
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.5

ポップで、だからこそ悲惨さが極まって面白かった。悲しいかな世の中のパワーバランスでは「promising(将来有望な)」若い女性より、男性が味方され将来が保証されてきた。暴力に関しても、女性の訴えは聞>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

囚われの女性戦士ウィドウズの解放を試みる姉妹のマッドマックス的展開。若き星フローレンス・ピューにバトンを渡すスカヨハ、退団公演を観劇している心持ち。
あと「フェロモン・ロック」という命名がジジイのキモ
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.6

定住に安息を見いだせなくなった人々へ。

フランシス・マクドーマンドの演技がとにかく素晴らしい。彼女自身が、役柄を超えて本当のノマド達と出会い、ともに旅をし、喪失を乗り越えているようだ。

時折、詩が
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.0

「女王陛下のお気に入り」以来、腹に一物あり下剋上をたくらむ有能な女子、というキャラがハマりにハマるエマ・ストーン。単なる勧善懲悪には終わらない微妙な葛藤も良し。McQueen風の衣装は眼福、わんこも大>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.8

芸術作品として必見。ハイキーな映像から漂うただならぬ不穏感の演出。自分と他者の境界が限りなく薄まる瞬間、パニック障害をはじめとするあらゆる個人的問題は治癒するということで。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.4

タイカ・ワイティティのことだから、ビートルズが歌ってた"Get back, Jojo"みたいなことを言いたかったのかなぁ、などと。全ての細部が素晴らしい。

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.0

パリのテキサスというナンセンスなタイトルは、夢遊病のように理想を求め彷徨う男の寄るべの無さそのもの。

こちらから見えるがあちらからは見えないというマジックミラーの不透明性は、理想主義者にとっての救い
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.2

しなやかで芯のある女性を演じられるシアーシャ・ローナンは至宝。なんだかんだで尻に敷かれるティモシー・シャラメも良い。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.0

同様の不快感とはいえ、個人的にはロブスターよりは見れた。我が子を生贄に差し出す神話の現パロか〜と途中で気付いてからは、象徴的な絵画を読み取ってる感覚になり面白かったけれど。まぁとにかく美的な構図で展開>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

-

レア・セドゥが出てなかったら見終えられないレベルに苦痛な2時間。聴覚的/触覚的なレベルの不快感がキツい。センセーショナルなテーマやら、美的な構図やら、ブラックユーモアが効いたセリフ回しなど色々な技巧が>>続きを読む

ニューヨーク・ストーリー(1989年製作の映画)

4.0

最高は、ウッディ・アレンのショート。マザコン×Jewishジョークがシュールに炸裂で、相変わらずキモく、これが「ビックバン・セオリー」のハワードのオカンの元ネタかもしれない。

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

3.8

夫婦と言えど、血も繋がっていない第三者同士である。それを、旅先の雪山で気付いてしまうというプロット、スカンディナビアン・ブラックジョーク効きまくり。人を信じるというのは究極の賭け。心の中に棲まう疑心暗>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

3.0

美少年に癒されようと思って観たものの、美しい音楽とおっさんの悲しみが響きまくって、とにかく悲しい。悲劇と喜劇は、スレスレなのだ。

ワイルド・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

先日みた『ベイビー・ドライバー』よりも製作年が早く、しかもミニクーパーでぶっ飛ばしまくるの面白すぎる。日本版ポスターのデザインはひどい。

>|