こんろさんの映画レビュー・感想・評価

こんろ

こんろ

鑑賞後に皆さまのレビューを読んで、余韻を楽しんでます。その時間が本当に大好き。基本的に鑑賞後すぐレビューしてます。スパークした感情を書き殴るので、稚拙な文章はご容赦くださいませ。これからもお互い素敵な映画ライフを!!

いいね!、コメント、いつもありがとうございます。フォローも感謝感激!
2015.11.08開始。以前視聴分はスルーしています。

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

4.0

エジプトの神々が大集合のバトル&アドベンチャー。ストーリーとか中身とか気にしてはいけない。迫力とワクワクに全振りした素晴らしい作品です。
仮面ライダーの超上位作品のような、男の子心に突き刺さるあれこれ
>>続きを読む

ザ・リチュアル いけにえの儀式(2017年製作の映画)

4.5

これはこれは。怖がらせるだけじゃない、設定をフワッとさせない。映像も演出もCG造形も、不気味にロマンチックに作り込まれていて好感触。久々にディテールのしっかりしたホラーに出会った気がします。
好みが大
>>続きを読む

パンドラム(2009年製作の映画)

3.0

宇宙船パニックホラーもの。作風がどことなくエイリアンっぽい。設定は面白いのですが見せ方が...!
コールドスリープから目覚めたら何かおかしい、一体宇宙船に何が起こっているのか?...という掴みは良いの
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

庵野感まる出しのゴジラ作品。ここまでとは思いませんでした。ゴジラ×庵野監督のハイブリッドが楽しめます。

果たしてこれをゴジラと呼んで良いものか。近未来の装備ではなく、現代にエヴァの使徒が出てきたらど
>>続きを読む

iBoy(2017年製作の映画)

3.5

脳波でメールを送り、通信を傍受し、電子機器を壊す。名前は、iBOYと呼んでくれ(GEEK)。
妄想爆発の脚本に笑ってしまう。御都合主義な展開が多く、シリアスな内容と雰囲気だけど、全くシリアスさを感じら
>>続きを読む

シン・ジョーズ(2016年製作の映画)

3.3

シンもなければジョーズもない。原題アトミックシャーク。うんうん、最近こういう作品見てなかったから嬉しい。
赤い背びれのアトミックシャークが来る!触れたら燃える!爆発する!ヒロインは例外な!被爆した魚が
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

4.0

JJ×Netflixのクローバーフィールドシリーズ。待ってました。ありがとうJJ。ありがとうNetflix。
全体的に80年代、90年代感のある作風で妙に懐かしい。典型的な宇宙パニック物をこねくり回し
>>続きを読む

インド・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

3.5

ゆるゆるゾンビパニック作品。安定のインドクオリティ。インドオブザデッドって言いたいだけな気もする。
冒頭のインド版スリラーにテンション爆上げ。このキレと外しっぷり。元ネタは下にリンク貼っておきます。
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

5.0

圧巻。なんだこれは。すごい作品を観られた。
これはまるで舞台。生々しくも虚構に溢れていて、大人のファンタジーです。アトラクションに乗りながらショーを観ているような、流れるカメラワーク。編集点を隠すのが
>>続きを読む

PUSH 光と闇の能力者(2009年製作の映画)

3.0

アジアを舞台にした能力者バトル。ハリウッド的な能力バトルというより、日本ドラマのSPECみたいな感じ。
設定は面白い。常に裏をかいていこうとする思考バトル的な要素もあり好感触なスタート。
しかしイマイ
>>続きを読む

境界線(2017年製作の映画)

4.5

映画として万人にお勧めは出来ませんが、観て良かった。観ている最中からずっと自分と向き合うような、美しくも辛い作品です。
宇宙とか、地球とか、自然とか、文明とか、文化とか、生活とか、幸せとか。そんな色ん
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.0

長編の世にも奇妙な物語的な作品。正直なところ間延び感は拭えませんが、設定がとても面白いので好感触です。
学生映画のような、あるあるオープニングからスタート。ちょっと90分が心配になります。前半は少しで
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

4.5

「時空へ逃げても追い詰めるー」
なんだこのコピーは。こんな映画じゃありませんでした。これは究極のヒューマンドラマです。
こんなに一定の人物にフォーカスした作品がかつてあっただろうか。しかし最高の作品に
>>続きを読む

ARQ 時の牢獄(2016年製作の映画)

4.0

唐突に始まるタイムループもの。前置きとか一切ない感じが大好き。
いきなりループポイントから話がスタート。近未来設定のようで、意味のわからない単語がわんさか。え?何どういう事?と言ってる間にループ。
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

4.5

「君のツレ?」
「いや、お前のだろ」
これこれ!コラボレーション作品はこういうシーンがたまらなく好きです。
それぞれの作品の背景を知らないと、面白さは半減以下だと思いますが、ファンからすると素敵な仕上
>>続きを読む

オープンハウスへようこそ(2018年製作の映画)

3.0

もやもやもやもやもや〜
ミステリー要素ゼロのすごいホラーを観た。ホラー道とは怖がることと見つけたり。
最近のホラーは謎解き的なアプローチが当たり前になっている事に気付かされる。これはそんなホラー業界に
>>続きを読む

ベルフラワー(2011年製作の映画)

5.0

いいなあ。ザ青春映画です。
マッドマックスが好き過ぎる若者2人の青春の一幕。と言ったら爽やか過ぎますが、痛々しさも、刺々しさも若者ならではの青春。善し悪しは置いといて、何故か憧れてしまいます。
火炎放
>>続きを読む

スペクトル(2016年製作の映画)

3.8

見えなくて、物理攻撃無効で、触れたら即死のゴースト的な存在vs米兵。いやいや無理でしょ。
設定と見せ方が上手い。一歩間違えたら安っぽくなりそうなものを、重々しくスリリングでミステリアスに仕上げてて好印
>>続きを読む

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

3.5

ロンドンっ子vsゾンビ。ロンドンっ子と言っても主役級はおじいちゃん達。素敵です。
何と言っても、見せ場は歩行器のおじいちゃん。庭でうたた寝しているとこの背後にゾンビが迫る!ゆっくりおじいちゃんと、ゆっ
>>続きを読む

シャークネード4(2016年製作の映画)

3.5

最早あれこれ言うことが無粋になってそうなシャークネードシリーズ4作目。
最高のファンムービー。希薄なシーン間の繋がりと、マンネリと、無駄なシーンと、小ネタと、パロディと、思いついた順にシーン撮って繋げ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.8

すごいすごい。これこれこれ。
怪獣バトルが別次元の映像表現に。B級のバカバカしい作品が出て楽しみ〜なんて思ってたら、極上のエンタメでした。素晴らしい作品です。
またどうせラストまで見えそうで見えない系
>>続きを読む

ラバランチュラ 全員出動!(2015年製作の映画)

4.5

なんて素晴らしいB級映画でしょう。埋もれてしまうのが勿体なさすぎる傑作。B級好きな人には是非観てもらいたい。
マイクメンデス監督、メガスパイダーが良作だったので、もしやと思い観てみましたが...さすが
>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.5

設定盛り盛り、タイムトラベルやループ、超能力まで楽しめるSF作品。
畑の前で銃を構えタイムトラベラーを待つ絵面が最高です。この設定だけでも満足。前半はノリノリでSFを楽しめます。中国資本の賜物でしょう
>>続きを読む

ポゼッション・エクスペリメント(2016年製作の映画)

2.5

ツッコミがいのある、ザB級オカルト作品。なんかもったいなさすぎる。
オープニングは気合入っててワクワクします。悪魔のいけにえ2でおなじみ、ビルモーズリー氏が神父役って素敵。これはこれは、と期待しました
>>続きを読む

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

3.5

これは怖い、と言うより辛い。辛すぎる。
ホラーというエンターテインメントではなく、ひたすら絶望感を味わわせる感情的な作品。ハマれば極上だと思いますが...ちょっと合いませんでした。もう少しエンタメが欲
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

4.8

俗的な神様一家が巻き起こす、新新約聖書のお話。現代が望む奇跡、なのかな。「うれしい未来、受信中!」ってコピー、これで良いんですかジャコヴァンドルマル監督。
設定からして面白い。キリストの妹が父である神
>>続きを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.5

おばあちゃんがオカルト的に大変なことになって、みんな巻き込まれていくPOVホラー。
ラスト10分の衝撃映像。確かに。ワンシーンがものすごく強烈でビビりました。おばあちゃん、色々大丈夫だろうか...。
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

ネタバレせずにレビューするのが本当に難しい、新海誠監督の傑作。
色使いや、アイテムや構図のディテール、焦点のぼかしなど、独特の世界観が素敵です。アニメでは軽視されがちなところもこだわってるから、通して
>>続きを読む

クリープ 2(2017年製作の映画)

3.8

気持ち悪いおじさんのPOV作品、まさかの続編。続編の存在をコメントで教えていただきました。ありがとうございます!
この続編、素晴らしいです。POVならではの手法、上手いなあ。あのキモさからまさかここま
>>続きを読む

ブライト(2017年製作の映画)

3.5

ウィルスミスの異種族バディもの。ウィルスミスがやると謎の既視感がすごい。
あらゆる異種族が現代に共生している、という設定は凄く面白いし、キャラや展開もワクワクします。しかし何だろう、設定の妙を活かせて
>>続きを読む

MEGA SPIDER メガ・スパイダー(2013年製作の映画)

3.8

正月は気になってたB級パニックもの。地味にクオリティが高くて好きです。
安っぽくさをネタにするわけでもなく、無理してA級っぽくするのでもなく、B級のまま質を上げて作り込んだ感じ。
VFX感丸出しですが
>>続きを読む

クリープ(原題)(2014年製作の映画)

3.0

これは気持ち悪い。一線を超えてないようで超えすぎているおじさんの話。何とも言えないジャケ詐欺。夜のシーンなんてほぼ無いです。
気持ち悪さの要素を抽出して、映画に練り込むのではなく、ただただ気持ち悪いお
>>続きを読む

ロスト・メモリー(2012年製作の映画)

3.5

ホラー風のじっとりサスペンス。ストーリーの湿度がすごい。
犯人の意志の強さに唖然。そこまでやりますか。用意周到っぷりが横溝正史みたいで笑える。雪割草、楽しみです。関係ないですね。
犯人はこの人!ババー
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.5

天才の人格がインストールされたAIが、特異点を迎えてすごい事になる作品。設定からして欲張りさん。
この監督のデビューの為に書き下ろした脚本らしいんですが、雰囲気は前中後の長編大作SF小説の全部を盛り込
>>続きを読む

ザ・ディスカバリー(原題)(2017年製作の映画)

4.0

死後の世界が存在するってわかったら、世界はどう変わってしまうか、っていう作品。かと思いきや。
オープニングの派手なつかみで引き込まれるが、以降は全く違うテンションの作品に。このトーンも好きなんですが、
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

4.0

念願の別荘で過ごす気のいいおじさん2人が大学生たちに殺人鬼と間違われるコメディ作品。設定で既に笑えます。あとグロ注意です。
シンプルな原題「Tucker and Dale vs Evil」も好き。
>>続きを読む

>|