こんろ

こんろ

いいね!、コメント、フォロー、いつもありがとうございます。鑑賞後に皆さまのレビューを読んで、余韻を楽しませてもらってます。これからもお互い素敵な映画ライフを!

2015.11.08開始。以前視聴分はスルーしています。

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.0

久しぶりに鑑賞。凄く綺麗なルパン。やっぱり面白いなあ。前半の怒涛の掴みからもう骨抜き。
キャラクターと関係性の美味しいところを引き出しまくり。1つ1つのシーンにこだわりと愛を感じられます。仕草で語る、
>>続きを読む

アラクノフォビア(1990年製作の映画)

4.0

B級パニックものかと思いきや、これは凄い。パニックホラーのお手本のような傑作。
日常にいる蜘蛛がここまで怖くなるとは。普段の生活が心配になってしまう映像。フラグ立てまくりの、折まくりの、たて立てまくり
>>続きを読む

グリーン・ホーネット(2010年製作の映画)

4.0

異色のアメコミコメディー。ゴンドリー監督どうしたの。監督の他作品とは毛色が違いすぎて興味津々。MVで大ファンになった世代としては驚きを隠せない。
とにかく小ボケ満載。もうボケ倒し。笑えるものから、ボケ
>>続きを読む

ザ・ディープ(1977年製作の映画)

3.5

沈没船の宝を調べてたら何かいろんなことが巻き起こる作品。ちょっと散らかった感はあるけど、宝探しがわくわくして好き。
しかし終始謎展開の作品でした。怖がらせる為だけにあの儀式を準備する周到ぶり。そして乗
>>続きを読む

ヒドラ(2009年製作の映画)

2.5

ゆるゆる殺人ゲーム&大ミミズ。これはひどすぎて面白い。剣の登場が最高潮。
皆さん言うようにジャケットの凄いのは出てきません。完全にイメージ映像。そこにいるのは大ミミズ。
いろいろ思いついたプロットをぶ
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.5

人類VSエイリアン。これはこれは。大好きです。何も考えずにのめり込んで夢中になって観たくなる作品。
近年のこういうダイナミックでナチュラルにブレるCGが大好き。ストーリーとか事の原因とか設定も面白い。
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.0

少年の成長を描いた作品。声を担当した俳優陣がほんと素晴らしい。本筋に関しては、大人がああだこうだ言うのも無粋ですが、ちょっと残念。
ストーリーテリング力がクマテツばりの不器用さで笑う。人物に背景語らせ
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.5

生徒会長と絵描きの姉さんに惚れる映画。あのさあ、惚れてまうやろ。ああ、青春。
お父さんがこの原作を持ち出した時の吾朗監督の顔を見てみたい。
多くを語らなくとも物語の軸が一切ブレない感じが大好き。これは
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.5

ギーガーのぬるっと感が復活。しかし何だろう、シリーズ中1番怖くない。
そこにエイリアンがいるのに割と呑気に話してたりパニック要素は薄い。ああそういえばエイリアンの映画だった、とか思うくらい。あと何か覚
>>続きを読む

ゴジラ FINAL WARS(2004年製作の映画)

3.0

もうさ、一回全部終わらせちゃおう、とでも言いたいかのような作品。ファイナルウォーズ。何もかもをパクりながらdisりながら滑ろうがコケようがひたすら暴れまわる。悪ノリだとしてもノリに乗ってる。
ファンも
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(1998年製作の映画)

3.5

ディザスタームービーの巨匠が作るゴジラ。ハリウッド仕立てのコレジャナイ路線。
恐竜パニックの王道B級映画として申し分なく面白い。サントラが凄く豪華で素敵。ゴジラにしなくても日本で売れただろうに、誰も得
>>続きを読む

ゴジラ(1984年製作の映画)

3.5

84年のゴジラ。この作品から今後の方向が決まってきたのでしょうか。
オープニングからまさかのホラー展開。なんだこれ。この生物はこのシーンだけだなんて嘘でしょ。
ゴジラの目が横から見るとクリクリで可愛い
>>続きを読む

ディノシャーク(2010年製作の映画)

3.5

北極の氷から古代のサメが元気よく出てきてメキシコの街を襲う!なんだそれ。皆さんの評価低いですが良かったです。
軍の友達に連絡を取ってRPGを入手したり、サメの弱点をジャンピングボムでピンポイントで狙っ
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

4.5

初代ゴジラ、初めて観ました。怪獣映画という括りだけでで扱うには申し訳ない。
日本に降りかかる厄災。それは水爆実験による放射能で住処を奪われた古代生物の襲来。
不漁の象徴として地方での伝説として残るゴジ
>>続きを読む

スイミング・プール(2003年製作の映画)

5.0

ストーリーそのものが一体何だったのか、観る人によって見解が変わるであろう作品。この感じ大好きです。
ネタバレなくレビューを書くのが本当に難しい。まずはラストのどんでん返しを体験しないと話が進みません。
>>続きを読む

シャーク・ナイト(2011年製作の映画)

3.0

サイコパスVS大学生。サメ映画と呼んで良いものか。ちょっとサメが薄めです。サメが只の凶器と化したホラー映画。
なんの落ち度もない大学生がひたすらやられていく様は何ともホラー。
サメから逃げなきゃ!とか
>>続きを読む

ラストサマー(1997年製作の映画)

3.0

ついつい観ちゃう若者巻き込まれホラー。これはガッツリ自ら原因を作ってますが。
登場キャラが少ないので、キャラ構成が分かりやすく進みます。が、ネタバレにかけてハイスピードで展開するので、あれ?だれ?とい
>>続きを読む

コンドル(1975年製作の映画)

4.8

これ面白い。期待しないで見たら凄く良かったです。
カッコつけ感満載のオープニングからチャラい話になりそうだなーと思いきや、ものすごくドライで硬派で難解なサスペンスでした。大好きです。
途中ヒロイン的な
>>続きを読む

オクトパス(2000年製作の映画)

3.0

何というか、テロリストもの。
大使館爆破という火薬使いまくりの派手なオープニング、からの潜水艦での激しい死闘、テロリストによる乗組員の大量殺害、たまにタコ、豪華客船乗っ取り万事休すか...ラスト10分
>>続きを読む

イグジスツ 遭遇(2014年製作の映画)

4.0

ブレアウィッチの監督が撮ったPOV長編。ビッグフット映画というと薄いオカルトを想像してしまうが、これは凄い。
脅かしだけではなくパワーで攻めてくる恐ろしさ。ホラー物とは違って昼間からバンバン出てくるか
>>続きを読む

殺人魚獣 ヘビッシュ(2014年製作の映画)

3.0

「久しぶりに沼に行こうよ♪」ってどんな誘いだよ。
おバカ映画を作りたかったけど、ちょっとブレーキかけちゃって消化不良な作品。ババアもっとヒャッハーしても良かったのに。
まさかグループで最初の被害者があ
>>続きを読む

フェニックス・インシデント 襲来(2015年製作の映画)

3.5

実際のUFO映像から想像を広げまくって作ったモキュメンタリーPOV作品。
けっこう丁寧に作られてるので、ふんふんなるほどーとドキュメンタリー的に観てしまう。からの?からのー?と少し飽きてきた頃にどどー
>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

4.5

新年1発目はこれ。ポールヴァーホーヴェン監督の破天荒な傑作。
ロボコップ、トータルリコールで何故か市民権を得た監督が、最初から最後まで狂気を剥き出しにしつつ、理性でまとめ上げる。素晴らしい。
観終わっ
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

4.0

ヤッツィー!!!
さすがのシャマラン。ホラーでガンガン笑わせに来る。セクシー担当がまさかのババア。
毒を持って毒を制する的に、トラウマにトラウマをぶつけて来るのにはビックリした。シャマランもっと子供に
>>続きを読む

サクラメント 死の楽園(2013年製作の映画)

3.5

実話を題材にしたモキュメンタリー。朝8時にヘリで迎えに来るからな、って嫌な予感しかしないオープニングからスタート。
VHSシンドロームの監督さんなだけに、あの宗教短編の衝撃が頭をよぎってしまって少し物
>>続きを読む

死霊高校(2015年製作の映画)

3.5

ライアンのキャラに乗れるかどうかでだいぶ評価が変わる作品。やりすぎで鬱陶しい笑
後半が良かっただけに前半が勿体無い。後半の畳み掛けからの静けさ。POVの定番だけどやっぱり好き。
リースとファイファーの
>>続きを読む

野いちご(1957年製作の映画)

4.5

ベイルマン鑑賞2作目。やっぱり好きです。前半は相変わらず置いてけぼり。しかしヤキモキしながらも不条理感とサスペンスフルな展開に釘付け。
老いと若さ、生と死。他にも色々ごちゃ混ぜで1つの空間に存在させて
>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

4.0

中学生が主体の事件&伝説の裁判をプレイバックで。前半は事件。
前後編通して観ましたが、共に好きです。多少どころか無茶しすぎな展開。しかし中学生という無尽蔵のエネルギーがむしろ昇華させている感じ。
前半
>>続きを読む

ベニシアさんの四季の庭(2013年製作の映画)

3.0

ベニシアさんの波乱万丈な人生を綴るドキュメンタリー。NHK番組の延長的に、生活を彩る知恵と工夫にあふれた土地に根付く生活、的な話かなーとワクワクしていた。が、だいぶ違いました。そっちを掘り下げるのね。>>続きを読む

猛獣大脱走(1983年製作の映画)

3.0

やりたいことは分からないでもないけど、作品そのものがエゴ全開で笑う。動物愛護に見せかけたキワモノグロ映画。動物や子供にとんでもない役をやらせるあたり、ゲスい感じが滲み出る。
ジュラシックパーク2を斜め
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

4.0

トンデモ系ホームズの最高峰。推理と論理からの未来予知系能力者。武闘派ホームズ。なんだけど、ここぞと言う時にこの設定が出てこなくて残念。次回へのお楽しみ要素。
途中トニースタークかと思うほど演技とキャラ
>>続きを読む

僕達急行 A列車で行こう(2011年製作の映画)

4.0

いやー面白かった。最初この空気感に抗ってしまった自分をぶん殴りたい。素晴らしい空気感、素晴らしい世界観でした。
もっとフィクションを楽しみましょうと言いたいかのような圧倒的な作り物感。かと言ってくど過
>>続きを読む

恐怖のメロディ(1971年製作の映画)

-

怖いというか不快というか浴槽あたりでギブアップ。どっちもいい加減にしてくれ。後半も続くかと思うと見てらんなくて断念。記録用。

ゲットバック(2012年製作の映画)

2.0

ニコラスケイジの暖かい感じに飲まれちゃう作品。面白いんだけど、これどうなのよと。
ニコラスの悪人さと、ニコラスに「あいつは天才だ」といって犯罪をスルーしちゃうFBIと、十数年来の絆を裏切られたといって
>>続きを読む

ボディ・スナッチャー/恐怖の街(1956年製作の映画)

4.5

すごいですねこれ。怖い怖い。名作と言われるにはやはり理由があります。じわじわと蝕まれて孤立していく状況に息が詰まりそう。手に汗握る。
やっぱり広場のシーンは最高。前半があるからこそ、生活感からのわらわ
>>続きを読む

守護神(2006年製作の映画)

4.3

これは油断した。面白いです。
チャラくてマッチョなヒロイズム映画かと思ってしまった。まあその通りなんだけど、ケビンコスナーと打ち解けるあたりからの展開が熱い。後付け設定とか、反抗するキッカケの理不尽さ
>>続きを読む

>|