10000000さんの映画レビュー・感想・評価

10000000

10000000

悪なき殺人(2019年製作の映画)

4.2

これも前情報0。最高おもし脚本でした。
最初シリアスサスペンスかと思って観てたけど終わってみれば、”偶然の滑稽さ”を描いたコメディにも思えてくる。めちゃ良質なコント観たみたいな。

ただ繋がってるだけ
>>続きを読む

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

4.1

これも前情報0で観たんだけど意外な展開で良しでした!しっかりエンタメ!

主演の2人がカッケェのよ〜


じじばばから金巻き上げる話なんだけど、劇場入ったら結構おじいおばあ多めでなんか笑った。

成れの果て(2021年製作の映画)

4.4

前情報0で観たんだけど今年ベスト候補ですわ。全員最高です。

▼他の追随を許さない最強女優•萩原みのり、強過ぎるて、、!!!

▼ラストがもう素晴らしい!”あの人”に着地するのね。味わいは違えど今年の
>>続きを読む

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.7

「ザ•ポリテイシャン」のベンプラット、歌上手いんすよ〜◎

設定の時点でめちゃ面白そうなのに、、、
「ウォールフラワー」よろしく、壁の花/日陰モノへの賛歌。「ワンダー」よろしく、本人ではなくむしろその
>>続きを読む

ディナー・イン・アメリカ(2020年製作の映画)

4.0

2人で曲作るシーンだけで1億点でしょう。曲の説得力もあって◎劇中で作られたその曲 一発バチコリ流して、あとは無音のエンドロール。ちょっと格好良さすらあった。

唾、食卓、星条旗

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.2

クロエジャオによる激渋MCUかと身構えてたら、全然そんな事なくあっという間の150分!チーム戦闘シーンはアベンジャーズに匹敵するくらいの満足感あり!!ベタだけど少年マンガ的バトルはいくつになってもアガ>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.2

「プラダを着た悪魔」×ケイパーモノ×UKパンク×”I am your mother”てんこ盛りや。
極悪ヴィラン誕生譚!って感じではなかったけど、カッケェけりゃいいんですわ!!

エマストーンが目がバ
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

4.0

結局みんな「普通じゃない」に憧れてる普通の人生。こちら普通戦線以上なし。例に漏れず普通に迎合します。

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.8

大味でいいんです。安いカレーが一番美味いんです。
ライアンレイノルズがいるだけで観てられた、吹き替えも◎ほぼデップー

アクションはもういいから、「なんちゃって家族」に匹敵するバチバチコメディそろそろ
>>続きを読む

tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!(2021年製作の映画)

3.9

情熱の原体験を思い出して本質に気づくのはやっぱりアチアチポイントの一つやな。
これもまた「ソウルフルワールド」に通づるところあり。

さようなら、コダクローム(2017年製作の映画)

3.7

禁止カード使えばそりゃ感動しますわ。ズルです。エリザベスオルセンが可愛いので今回は許しますが。

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

3.8

青春映画×”映画”映画
確実に大好物パッケージで脳汁沸騰最高愛おし映画の予感してたのに、、、。
ちょっとしたところが気になる→感情移入出来なくなる→さらに気になるところが、、の負のスパイラルで試合終了
>>続きを読む

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。(2021年製作の映画)

1.0

一緒に観に行く予定だった女の子にしっかりドタキャンされましたので、今回は星1.0とさせていだだきます。
主よ、頼むぜ。

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

4.3

よいな〜〜
「パイレーツロック」のOPのように、ラジオを介して交わる事のなかったの人々・空間・物語が繋がるの、ラジオ好きとしてはたまらない。

ラジオついでに、、、
少し前の「深夜の馬鹿力」で伊集院光
>>続きを読む

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.7

前作から気になってたんだけど、ウォーレン夫妻が他人ん家でイチャイチャするのはそういう癖なんか。

あとみんなで家飛び出てくところ面白い。

死霊館(2013年製作の映画)

3.7

シーツが飛んでって、、、のところとかええやん!最後も盛り上がっちゃっててええやん!

やっぱりホラー映画を全然観てこなかったせいで、ホラー映画というものをまだ正確に捉えられてない感ありです。

ジェクシー! スマホを変えただけなのに(2019年製作の映画)

3.7

「her」からオシャレさ全部取って馬鹿マシマシにした感じ。お手軽コメディで良いでしょう!

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

-

信じがたい出来事が起きました。
監督の過去作おさらいして、ドキュメンタリーもリンチ版も観て、IMAX予約して。ギリギリで取れた座席はJ-4。寝ました。数回寝ました。

サンドワームのような巨大な睡魔に
>>続きを読む

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

4.3

リンチ版のDUNEがコケててテンションぶち上がるホドロフスキー最高すぎんか


「七人の侍」が全てのチームアクションモノの原点になったように、この幻の作品もまた全てのSF映画の原点になってんのやっぱり
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

ドゥニヴィルヌーヴを知ろう#006

なが、、
ながなんだけど、切な良い話しやん、、!!

【記憶作家】この発想もネーミングも◎
あと溺れそうになるハリソンフォード、何も出来なくてかわいとう🥲

メッセージ(2016年製作の映画)

4.3

ドゥニヴィルヌーヴを知ろう#005

おもしろSFストーリーですね。監督が凄いのかは分かりません。
また曇り!!また講義!!



********************
2017.12.04
4.
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.8

ドゥニヴィルヌーヴを知ろう#004

国境のところで、赤い車に乗ってたゴリゴリタトゥー野郎が強キャラ感あったのに何もしなかった😭

複製された男(2013年製作の映画)

3.8

ドゥニヴィルヌーヴを知ろう#003

分からんて。
空気が全然澄んでない感じは良しです



********************
2015.12.11
3.8

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.0

ドゥニヴィルヌーヴを知ろう#002

ながです。
かっこいいカットは盛りだくさん。
メンバーは結構豪華。

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.9

ドゥニヴィルヌーヴを知ろう#001

本日たまたまドゥニヴィルの誕生日なんで「DUNE/砂の惑星」に向けてやり始めました。とりあえず配信で観れる最近のやつだけ。


血が混ざり合うシーン◎
時系列や視
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.2

何でせっかくの土曜日に、人間の嫌な部分濃縮汁飲まないといけないんだよと後悔しましたが、
モナリザのくだりで全部チャラとしましょう!緊張と緩和にまんまと。(今年ベストシークエンスかも)

人間の嫌なとこ
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.3

泣けすぎてムカつく。
最初ちょっと授業上手くいった時点でムカつく。サッカーのとこもムカつく。ずるいて。

デンマークの学生はこんな感じなん新鮮!
単純だけど、知らなかった文化とか歴史に触れられる映画は
>>続きを読む

オキシジェン(2021年製作の映画)

3.5

観る映画考えるのめんどくさくて適当に選んだらメラニーロランだった。良かったところはそれだけや。

サイコ・ゴアマン(2020年製作の映画)

4.3

これもまた我々に愛されるべくして爆誕した愛おし映画
「Byeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!👋」
めちゃ伸ばすのなんなん

ガタカ(1997年製作の映画)

3.9

運命に立ち向かう物語を見た時に、「頑張ったねえらいねすごい!!!!🥲」って思うか、「運命を変えたんじゃなくて、こいつは元々努力で運命を変えられる奴だからこうなる事も決まってたんだよ、時間軸は一つしかな>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.9

空前絶後の!!超絶!カンフーファンタジー映画!!!(その裏に監督の作家性あり!)
言ったところでしょうか。終盤ファンタジーの力技にMCUだという事を忘れる。



監督のデスティン•ダニエル•クレット
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.0

“学位を取って大人になったつもりでしょうけど、私にとっては子どもよ”
しっかりこの要素も入ってましたね。

ヒップスター(2012年製作の映画)

4.0

ひとん家のホームビデオ観るの結構だるいだろ、、



”大人と子どもの対比→その境界線と定義がボヤける”またしても この要素入ってますね。

ちな、前借りたTSUTAYAから姿を消してたからわざわざD
>>続きを読む

ガラスの城の約束(2017年製作の映画)

3.8

「ショートターム」観た後に観た人も多いだろうから、これを美談で終わらすのに賛否が別れるのも納得。

でもドラマとしてはよく出来ててグッとくるし、最後に本人たち出されたら、この人たちの家族の形、親子の在
>>続きを読む

>|