こばっちさんの映画レビュー・感想・評価

こばっち

こばっち

映画(48)
ドラマ(0)
  • 48Marks
  • 4Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.4

先行上映にて鑑賞。

前作よりシリアスなシーンが多かったけど、それ以上に笑えるシーンも多かった。

一瞬で見逃したシーンがいくつかあったからもう一回観なければ。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.2

予告編しか観てなかったのであまり期待していなかったけど、登場人物が少なくて集中して観れたし、クライマックスのシーンは緊張感があってなかなかだった。

ただ、高嶋政伸はなぜこの役なんだろうと最後まで気に
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

上映最終日にやっと鑑賞。

中盤から後半にかけての展開は目が離せず面白かった。

ドミニカの叔父さんがプーチンにしか見えなかった。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

あっという間に終わったと感じるぐらい最後まで引き込まれてしまった。
ニクソンが徹底的に悪者に描かれていた。

この映画観てるとモリカケの文書問題なんて本当どっちでもいい事だと改めて思ってしまう。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.8

最後までドキドキで面白かった。

フライト・ゲームよりなぜ主人公が犯人に選ばれたのかがハッキリしていた。

最後の展開には少し騙された。

飛行機、列車と来たら次は船かなぁ。

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.8

トレイン・ミッションを観に行く前に鑑賞。
大概途中で何となく犯人がわかりそうなものだけど、最後まで全くわからなかった。
(と言うより騙された)
ただ、犯行動機はわかったけれど、なぜビルが選ばれたのかが
>>続きを読む

だれかの木琴(2016年製作の映画)

3.2

無自覚のうちにストーカー行為に走ってしまう主婦と、無意識のうちに主婦をストーカー行為に走らせてしまった美容師。

誰も大きく傷付く事なく話は終わりかと思いきや、ラストはちょと怖かった(O_O)

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.5

原作を読んでないので何ともですが、序盤は確かに先の展開が読めずにそう来るかぁって感じだったけど、中盤以降は大体の展開が読めてしまって残念。

唯一松田百合子(山本美月)との関係だけが最後までわからなか
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

事前に予告編しか観てなかったので良い意味で裏切られた感じ。
主役の3人が本人という事で演技よりも事件の描写が中心なのかなぁと思っていたが事件の描写は少なく、逆に少年の頃から現在に至るまでを描く事でなぜ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

これでMCU作品はブラックパンサーまで全て鑑賞。
インフィニティ・ウォーが楽しみだ

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

時系列的には『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の直後から物語は始まる。

ブラックパンサーのお披露目的な作品。舞台もワカンダ王国という事で他のアベンジャーズのキャラは登場しないけど、代わりに今回
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

オスカー候補という事で以前から気になっていたので鑑賞。
先の読めない展開で最後まで飽きずに観れた。
主人公は最後まで変わらなかったが、ディクソンは最初と最後ではまるで別人の様に変わってしまった。

>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.0

内容的には滅茶苦茶だけど、後から観た「君よ憤怒の河を渉れ」の方がもっとぶっ飛んでた(O_O)。

個人的にはシーンと合わないBGMの選曲が多く、所々シラけてしまって残念だった。

今まであまり見たこと
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.3

原作が漫画なので、そう思って観れば納得。
どうせならもう少しホラー色が強くても良かったかなぁ。

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.0

予告編を観たぐらいでほぼ予備情報無しで鑑賞。

原作も知らないので何とも言えませんが、
いつか観たような内容で、あっという間に終わっちゃったって感じでした。

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

3.3

TVアニメから10年後の設定ならば、個人的には兜甲児の声は石丸博也に演じて欲しかったなぁ〜。

もりもり博士の遺影を見た瞬間は泣けてきた。

それにしても日産とのタイアップはちょっとやり過ぎだ。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

本作鑑賞前に前作とワンダーウーマンを観ることをお勧めします。

特にワンダーウーマンは観ておかないとバットマンとの会話の内容がわからないかも。

FLASHはTVシリーズ冒頭の頃の設定なので劇場版もあ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.9

前作の世界観やハリソン・フォードのデッカードも当時の雰囲気そのまま。

前作と続けて観ても全く違和感が無く、如何に当時の映像が凄かったか改めて実感。

レイチェルはCGと思えないほど本物のようだった。

ブレードランナー 完全版(1982年製作の映画)

3.5

新作観賞前のおさらい。

ブレードランナーと聞くとTVドラマ「結婚できない男」第1話の冒頭シーンを思い出してしまう(^-^;

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

BGMとシャーリーズ・セロンばかり印象に残って、話の内容がイマイチわからなかった(^-^;

亜人(2017年製作の映画)

3.6

ちょいちょいツッコミ所はありますが、原作を読んで無いので何も考えずに楽しめた。
高杉亘がSATの隊長役だったのは、監督が本広克行だったからか。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

是枝監督の作品は正直殆ど観たことは無かったけど、最後まで引き込まれる様に観入ってしまった。

関係無いけど満島真之介は竹本孝之に似てるよね〜。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

冒頭に出てくる場所と時間の意味が最初わからなかったけど、3つのポイントでそれぞれ違う時間軸で進んで行くストーリーが一つに繋がった時にその意味が理解できた。

全編迫力の音と映像、セリフが少ないのも緊迫
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

観終わった感想、「愛は地球を救う」

日曜の夜とは言え自分以外お客さんがいなかった事にびっくり。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

普段騒がしいのばかりでこの手の作品はあまり観ないのですが、最初から最後まで引き込まれるように観てしまいました。
二人の別れが実に切ない。
後からジワジワと来ます。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.5

アクションやコミカルなシーンにホラーの要素もあり、最後までドキドキしながら楽しめました。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

前作に引き続き、とにかく死体の山。

ストーリーは単純明快なので、何も考えずに最後まで楽しめる。

ひたすら殺していく様は、まるでシューティングゲームのようだ。

忍びの国(2017年製作の映画)

3.0

最初から最後まで飽きる事なく観れましたが、それ以上でも以下でも無いって感じ。
個人的には全体的に消化不良気味でした。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.0

新作の劇場予告編を観て面白そうだったので、公開前にまた観てなかった前作を鑑賞。
とにかく沢山人が死ぬ作品です(・_・;

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

バーニング・オーシャンに続いてのピーター・バーグとマーク・ウォールバーグコンビの実話シリーズ。
迫力の銃撃戦は、実話がベースなだけに普通の作品には無い緊張感があった。
観終わった後にこれが本当に会った
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

良かったんだけど、前半に比べ後半の盛り上がりに欠けた感じが少し残念。
事前の情報無しで観ることを勧め。
しかし、藤原竜也はこの手の役は見事にハマるねぇ〜。

追憶(2017年製作の映画)

3.0

思ったよりは良かったけど、もう少し尺を伸ばしても3人それぞれの別れから現在までの話を入れてもよかったかなぁ。
全体的な雰囲気として昔の映画を観ているような感じになるので、設定が30年前ぐらいの方が違和
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

今迄のエイリアン物と違って全体に静かに物語が進んでいく、何とも不思議な感覚の映画でした。

>|