MAeKeNさんの映画レビュー・感想・評価

MAeKeN

MAeKeN

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.8

全編モノクロ。アスペクト比1:1.19

人魚の夢。不気味なカモメ。

灯台の守り人2人。4週間の勤めの終了目前、その島に嵐がやってきて立ち往生してしまう。苛立ちは日々増していき2人は狂っていく。
>>続きを読む

悲しみが乾くまで(2008年製作の映画)

3.7

夫を事件に巻き込まれ亡くした妻オードリーと彼の友人のジェリー。その寂しさからオードリーはジェリーを求めるようになり、ヤク中でもあるジェリーは彼女の家族と触れ合うなかで社会復帰を目指す。

CUBE(1997年製作の映画)

3.7

目覚めたら狭いCUBEに閉じ込められた男女6人。CUBE1つ1つにトラップが仕掛けられておりそれを掻い潜りながら脱出を目指す。

男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979年製作の映画)

3.6

男はつらいよシリーズの第23作目。

ひとみ(桃井かおり)のマリッジブルーの巻

トマホーク ガンマンvs食人族(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

妻を食人族にさらわれ、棲みかである洞窟に向かう右脚に重傷を負っている夫と保安官たち。その途中で保安官たちは食人族に襲われ棲みかである洞窟へと連れていかれる。彼らがそこで目にする仲間の死。股裂きとかエグ>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

全ては自分たちの能力を世界に知らしめるために敵を欺くミスターガラスの話。

スプリット(2017年製作の映画)

3.4

ケビン・ウェンデル・クラムが3人の女子高生を誘拐監禁するところから始まる。ケビンは多重人格でもあり、彼女たちの前に現れる。そしてビーストが現れたとき最悪の事態が発生する。

ジェームズマカヴォイの独壇
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.5

列車の脱線事故で唯一の生存者ダンがなぜ無傷で生還したのか、イライジャという男と出会い自分の能力に目覚めていく話。

オチまでが長い。

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.6

それを見てしまったら、自殺してしまうという設定の映画。

オチが微妙。伝えたいことは何となく分かるけど。

スパナチュのボビー役の人が出てた。けどでおち。

ミッドナイト・スカイ(2020年製作の映画)

3.3

吹雪の中くるまってるだけで一晩過ごすのは無理があるのでは、、、

男はつらいよ 噂の寅次郎(1978年製作の映画)

3.6

男はつらいよシリーズの第22作目。

博の父、再登場。

とらやが新しく人員募集をかけたところ、美人な女性がやってきて寅さんが惚れてしまい、、、というお話。

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

行方不明となった少女の捜索をするためサマーアイル島に向かうハウイー刑事。その島で行われている常軌を逸した行いの数々。そして、メイデー祭で突きつけられる恐怖の現実。果たして、ハウイー刑事の運命は。

>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ナターシャの幼少期とシビルウォー後の彼女の身に何があったのかが描かれる。

まず、MCUのロゴミュージックが流れた瞬間興奮と感動が押し寄せてきた(o;д;)o
やっと、やっとだよ。ふー

今回のビラン
>>続きを読む

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

3.8

大金を巡り起こる裏切りの数々。最後に大金を手にするのは誰か。

女社長怖いよ。

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

3.8

中央情報部部長のキム・ギュピョンはなぜ大統領を暗殺したのか。事実をもとにそれまでの40日間とその後を描く。

緊迫した展開が続き面白かった。

ベイビーティース(2019年製作の映画)

3.6

娘が変なやつと付き合いだしたら心配になるのは当然よな。最初は子供目線から観てたけど、最後の方は親目線で観てた。

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.7

未来人がやってきて、エイリアンの驚異を排除するため現代人を未来に送る。そして、一体だけ存在するメス親を倒すため奮闘する映画。

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

世紀の対決!

どのように決着がつくのか観てたが、メカゴジラ参戦で共闘するパターンで終わる。

ゴジラははなからメカゴジラを倒すために上陸してきたみたい。

ま、観たいところは観られたから良し。

>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.7

苦しいときでも、大切な人はいてくれた。それに気づくのは最後になってから。きちんと向き合うべきだった。

OSLO / オスロ(2021年製作の映画)

3.6

オスロ合意が締結されるまでの映画。

オスロ合意とは、、、
観る前に知識としていれておくといいかも。

スピルバーグ制作でその会談の模様を描いているが、そこまでの緊迫感はなかった。

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978年製作の映画)

3.7

男はつらいよシリーズ21作目

どこかで人は妥協する。夢を叶えて、好きなことで暮らす人はほんの僅か。人の幸せとは。それも人それぞれ。

この作品でレビュー(踊り)を知った。きらびやか。
武田鉄矢w

ファザーフッド(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

娘が誕生してこれから幸せに暮らしていくんだと幸せに満ちていた矢先、妻が産んで数日後血栓で天国へと旅立ってしまう。シングルファーザーとなり子育てに悪戦苦闘する毎日。自分にちゃんとこの先出来るのか、子供と>>続きを読む

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ドン・キホーテ役で起用した老人が何年たってもその役から抜け出せずにいる姿を見て、それから解放させようとする監督が迎える結末、オチが可哀想。罪悪感からそうなってしまったのかな。

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.9

FBIやギャングからの妨害を受けながらも賞金首を依頼主のもとへと連行するロードムービー。

あの頃。(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

友達から松浦亜弥のDVDを貰ったのをきっかけにどんどんはまっていき情熱をそれに注ぐようになる。それで出来た新しい仲間。終盤、その一人が病気に苦しむようになる。迎える最期とその先。

あの頃は楽しかった
>>続きを読む

滑走路(2020年製作の映画)

3.7

重苦しい展開が続くが、希望の光へ向かっていくような終わりかたがいい。

おもかげ(2019年製作の映画)

3.7

離婚した夫の携帯から着信があり、それに出ると息子の声が聞こえてきてどうやら一緒に旅行していた父親とはぐれてしまったらしい。しかも変な男につけられていると震えた声で必死に伝えてくる。焦る母親。ついに声が>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977年製作の映画)

3.5

男はつらいよシリーズ20作目

良介(中村雅俊)と幸子(大竹しのぶ)の上手くいかない恋を寅さんがフォローするお話。

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.6

前作と同じような展開でなんだかなぁ、観たかったのこれじゃない。

次も構想中らしいから、観たいのを見せてほしい。

てか、息子はお笑い担当なのかっていうぐらい笑わせにきてた。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

決まったつまらない毎日を淡々と過ごす妻子持ちの親父が、実は昔は凄腕の殺し屋だったパターンの映画。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.7

遊びも恋もしてこなかった超がつくぐらいの真面目な女子高生が卒業前夜に羽目を外して同級生主催のパーティー会場に乗り込むが、、、

遊んでいるような同級生が勉強しかしてこなかった自分と同じようなエリート大
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.9

ドラマからの続き。

相変わらず不器用ながらも社会に食らいつく宮本が熱い。男としてカッコいい。

そして、愛する人が暴漢に襲われその男を懲らしめるため真っ向勝負を挑んでいく宮本。いいぞ宮本。

1人の
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

パソコンの画面上で繰り広げられるサスペンス映画。

最後まで娘は無事なのかどうか緊迫した展開が続くから面白かった。

サンゲリア(1979年製作の映画)

3.6

ジャンネットデロッシのゾンビ造形、目に食い込む木の描写がグロい。

男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

男はつらいよシリーズの第19作目

寅次郎は殿様と出会い偉く気に入られる。殿様から亡くした息子の嫁に倅が世話になったお礼を言いたいから探してほしいと寅は頼まれそれを承諾。しかし名前しか分からないという
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.6

“新感染 ファイナル・エクスプレス”の続編。

ゾンビ化するウイルスが蔓延した半島から戦艦で脱出する軍人の男が主人公。

前作のような対ゾンビは減ってはいるが、マッドマックス要素があっておもろかった。
>>続きを読む

>|