MAeKeNさんの映画レビュー・感想・評価

MAeKeN

MAeKeN

観た映画のレビューをその日の内に書き残していきます。
ベストムービーは、今年に劇場で観たベスト5を登録してます!
映画は体験するもの、そのFeelingを大切に
No Movie and Music , No Life!
Enjoy Everything !

誰か一緒に映画観ようよ!

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

Who is the Last Jedi ?

ハードル下げといてよかった。
とりあえず上映前に隣のジジイが絡んできてウザかった。Fuck !
テンション巻き返せるかと思ったけどあまり上がらず。絡んで
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.8

“ホロコーストの残虐性”

ホロコーストを否定する者がいるからこそその真実の明るみが何倍にも増す。

闇があるから光がある、当たり前だけどこの映画はそれを上手い脚本で描いていた。

【否定】は簡単な意
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

4.1

舞台挨拶付上映鑑賞!【at テアトル新宿】

何もない田舎。親父に兄弟に嫌気がさした長男は家を飛び出す。時は経ち、仕事も地位も違う3兄弟は親父が他界したことで再会する。遺産をどうするかでそれぞれの思惑
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

オリエント急行で起きる殺人事件。その犯人は誰なのか?エルキュール・ポアロはその真実に葛藤する。

結末を知っててもやはりそれはアガサ・クリスティーの名作。最後までドキドキした。ポアロが犯人を言うシーン
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

ピエロを見るとドナルドがチラつくからヤダ。昔のトラウマ。

ゾクゾクする怖さじゃなくて、来るよ来るよ来るよからのズドーンパターンのビックリする系の映画。

子供にしか見えない“それ”
この映画、絶対小
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.7

DARK UNIVERSE 第1弾

ハードル下げ過ぎてたからか、なかなか楽しめた!

生命エナジーを吸い取られる死に方マジ最悪。

続編あるかもね。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

我思うゆえに我あり、じゃないけど自分を見つけてそれを社会にアウトプットする価値がどんな意味があるのかを再認識。

想像力

それにしてもベン・キャッシュ一家、最高の家族だな!温かい!

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

良くも悪くも、キャラクターたちに労いを。

楽しめたからOK!

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

こういう愛し方もあるのかと怖くもあったが、感動もあった。どっちかというと感動の方が大きかった。

陣治の思い、行動は本当に十和子のためだった。ラストがとても切ない。

自分だったら愛する人のためにどこ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

傍に誰かがいてくれるから生きられる。ポジティブになれる心温まる映画。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

ショッキングな内容の小説【ノクターナル・アニマルズ(夜の獣たち)】
なぜエドワードは元妻のスーザンにそれを20年越しに贈ったのか?それをスーザン目線から現実世界と小説世界とを交互に見せる。

最後まで
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8

雷神降臨☈

ヘラにムジョルニア(ハンマー)を破壊されたことでソーが己の奥底に眠る力を目覚めさせるシーンが圧巻!

ラグナロク

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

斬新な黒人差別ホラーサスペンス映画。

家族ぐるみで人身売買やってるとか最悪だし、信じる者に裏切られたらもっと最悪。

主人公のクリスがどんな最後を迎えるのかハラハラした!友達は大事にしておくべき!

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.9

桐山零はプロ棋士として毎日対戦相手や自分と戦っている。そんな彼の助けになっていた川本3姉妹に訪れる不幸な出来事。彼女たちを助けるべく零はその方法を模索するが、空回りする。ただ盤上に向かい戦い続けるしか>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.9

将棋プロ棋士、桐山零五段。いつも明るく暮らす川本3姉妹に出会ったことで、空っぽだった彼は少しずつ何かを取り戻していく。心の支えが出来たことにより将棋にもその影響が出始める。


原作読んでいたから少し
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.9

“Who am I ?”

デッカードとレイチェルが何処かへ飛び立って30年後、世界は2022年のブラックアウト事件により荒廃していた。捜査官Kは通報によりサッパー(レプリカント)を解任しに彼が住む場
>>続きを読む

2048:ノーウェア・トゥー・ラン(2017年製作の映画)

-

【ブレードランナー2049の前日譚】③

2048年ロサンゼルス

サッパー

隠れて暮らしていたが、親しかった親子を暴漢から助けたことにより正体がばれてしまいその場から立ち去る。自分のIDが載る書類
>>続きを読む

2036:ネクサス・ドーン(2017年製作の映画)

-

【ブレードランナー2049の前日譚】②

2036年ロサンゼルス

ウォレス with New Repricant at the room

【6mins Short Movie】

ブレードランナー ブラックアウト 2022(2017年製作の映画)

-

【ブレードランナー2049の前日譚】①

2022年5月ロサンゼルス

新型ネクサス8型の男女2体が大規模なブラックアウト事件を起こす。

混乱の渦

これにより、タイレル社はレプリカントの製造を中止
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.9

爆音上映で鑑賞!【at 丸の内ピカデリー】

大きなスクリーンで、しかも爆音で観ると今まで観てたのはなんだったのかと思うほどの迫力!

もちろん【ブレードランナー2049】を観る前の復習。

ブレード
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

サルーは5歳のころに兄ちゃんと逸れて迷子になり、孤児になってしまう。その後、養子としてオーストラリアで不自由なく育てられるが、それが今も自分を探している家族に申し訳なくなり、うろ覚えな記憶を頼りに本当>>続きを読む

潜入者(2015年製作の映画)

3.9

メイザー捜査官率いるチームが、麻薬組織に潜入し内部から壊滅させる実話物の映画。

潜入捜査は慎重かつ大胆に行動しなければならない。バレたら即終わりの命懸けの戦いが観ていてハラハラした。

「Blood
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.8

【前編のレビューから続く】

リングで対峙する新次と祐二。
その上で繰り広げられるのは、ボクシングではなく、喧嘩だった。

勝つのはどちらか!

そして、健二は他のジムに引っこ抜かれて移籍する。そこで
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

2021年
ムショ上がりの新次と床屋で働く吃音の健二は、偶然にも何かに導かれるようにジムで出会う。2人はそのジムの前でビラを配っていた怪しげな元プロボクサーにスカウトされプロボクサーを目指すようになる
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

ロビイストのスローンは銃社会のアメリカに真っ向から勝負を挑み、敵に切り札を使われ窮地に立たされても、それを見越して最後の切り札を切るラストのどんでん返し劇に興奮!

先を読んで読んで、更にその先を読む
>>続きを読む

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)

4.0

待てども待てどもDVDレンタルされない作品を遂にスクリーンで観ることが出来ました!その幸せを噛みしめながら食い入るように鑑賞!

炭鉱の近くに住む少年ワレルカと幼馴染のガリーヤがその貧しい暮らしを受け
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

ハンクは無人島で待てども助けが来ない絶望から自殺しようとするが、ふと波打ち際を見ると、なんとそこには流れ着いた身元不明の死体が一体。
ハンクは助かる一縷の望みをその死体から見出す!

あー、面白かった
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.9

WAR

Nova
Prison Break
Avalanche

“DAWN”から2年後の世界。人類とエイプは互いの存亡をかけ全面戦争に突入していた。

新・猿の惑星3部作の最終章に相応しく、あの有
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.8

DAWN

“RISE”から10年後の世界。世界人口は減少をたどる一方だった。
エイプたちは知力が大幅に進化したが故にシーザーと相対するもの、コバが台頭し人類と戦争を始めてしまう。

エイプと人類の戦
>>続きを読む

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.7

RISE

アルツハイマー病の新薬が人類にもたらしたものは自滅。そして、エイプに与えた効果とは皮肉にも進化だった。

ある意味バイオハザード。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

是枝監督が現代版“羅生門”を撮るとこうなるんだね。

“真実”が持つ意味の多面性が面白いと感じられる、そんな映画。

でもやっぱり“羅生門”が頭の片隅にずっとある。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

冷戦真っ只中のアメリカで、黒人女性3人がその持った能力で人種差別と闘いながら自国の宇宙開発の発展に貢献するストーリー。

宇宙開発に行き詰ったチームがその壁は何なのか、それは目の前にあったことに気付い
>>続きを読む

SPL/狼よ静かに死ね(2005年製作の映画)

3.9

「ドラゴン・マッハ」の前作。

刑事が悪を倒す王道の勧善懲悪。
ドニー・イェンのクライマックスの格闘シーンがカッコよすぎて体温が上がっちゃった。

「ドラゴン・マッハ」より好きかも。
アクション監督の
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.7

リストカットのシーンがグロすぎて、おば様が途中退席した。

数十年前、殺めることに快楽を覚えた女。
現在、その女性が書いた小説のようなものを読み自分が何者か真実を知る青年。
この2人が行き着く最後が凄
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.9

現代っ子の女子が変な嫉妬心、反抗心からあらぬ方へ空回りしてしまう話。

なんだかんだ家族に支えられているんだと気付いて彼女自身が成長するところが清々しかった!

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.8

2010年4月20日に石油を発掘する海に浮かぶ“ディープウォーター・ホライゾン”が大爆発し、作業員たちがそこからどの様にして生還するか息を飲んで観てた。

映画館で観るべき映画だった!
不謹慎だけど爆
>>続きを読む

>|