MAeKeNさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

MAeKeN

MAeKeN

映画(877)
ドラマ(41)

サーホー(2019年製作の映画)

3.7

サーホー万歳

タイトルバックは始まってから80分後。そこから、怒涛の展開。

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(1972年製作の映画)

3.2

ゴジラ&アンギラス vs. ガイガン&キングギドラ

特撮の炎の使い方が良かった🔥

ゴジラとアンギラスの吹き出し部分、苦笑

インソムニア(2002年製作の映画)

3.6

ドーマー刑事は、濃い霧の中、同僚を誤射して死なせてしまった現場を追っていた殺人犯に見られてしまう。その弱みを握った犯人は揺さぶりをかけてくるが、、、

保身に走るか真実を告白するか。その葛藤を演じるア
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.8

記憶が自分を形成させる。

結末からこの映画は始まる。ポラロイド写真を乾かしている手元が最初に映し出される。目の前には男が射たれた死体が転がっている。なぜこうなったのか記憶を10分しか保てない男を主人
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.8

クリストファー・ノーランの監督デビュー作。全編モノクロ。

暇潰しに尾行した男が盗人だと知ったビルは彼にノウハウを教えてもらい一緒に行動するが、、、

面白かった。撮り終わるまで何年もかかったらしい。

黒い家(1999年製作の映画)

3.7

保険金絡みのヒトコワ系ホラームービー。

邪魔な者は🔪

大竹しのぶ最後まで怖かったっす💦
西村雅彦の挙動不審の演技も◎
名バイブレイヤー。

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.8

自分にとっての希望を見つけて、それを糧に生きるのもあり。それを見つけさせてくれるのは案外近くにいる人なのかも。

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)

3.9

ゴジラシリーズ1作目以来の衝撃作。

リアタイで子供のときに映画館で観たらトラウマになってるかも。

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.9

大切なものを築き上げるのは時間がかかるが、破壊するのは一瞬。戦争なんて、、、

ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃(1969年製作の映画)

1.5

ゴジラ、画面に出てくるけど、、、
夢の中って、そりゃないよ。

木曜の夕方にテレビでやってそうな子供向けの内容。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

ヤノーー⚾

みんな成長していて良かった✨
見せ方が上手かった。

ビルマの竪琴 総集編(1956年製作の映画)

3.8

ビルマ(ミャンマー)で終戦を迎えた日本兵たち。彼らが日本へ帰還するまでを描いた映画。

水島がした最後の決断が悔しい気持ちになる。

物売りに来る現地のばあちゃん、マジでいい人。

鑑賞日は2020年
>>続きを読む

死刑執行人もまた死す(1943年製作の映画)

4.0

ナチス第三の男とされるラインハルト・ハインドリヒ。彼の暗殺事件(エンスラポイド作戦)と実行した人たちのその後を描いた映画。

まず、この事件の1年後に公開されたことにキャストスタッフの覚悟が伝わってく
>>続きを読む

戦国自衛隊(1979年製作の映画)

3.5

自衛隊が戦国時代にタイムスリップし、自衛隊員たちは現代に戻る方法を探るが、、、

の・ようなもの のようなもの(2015年製作の映画)

3.4

「の・ようなもの」の続編。

志ん魚(しんとと)は志ん魚のまま。

の・ようなもの(1981年製作の映画)

3.7

落語家としてなかなか芽が出てこない志ん魚(しんとと)の話。

天気予想

家族ゲーム(1983年製作の映画)

3.8

松田優作演じる家庭教師がラスト、食卓をグチャグチャにするシーンが全てを物語っていた。名シーン。

ゲッタウェイ(1972年製作の映画)

3.7

サム・ペキンパー×スティーヴ・マクイーン

逃避行、ラストシーン◎

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.8

MCU⑨

親友だったバッキーが敵として現れる。キャップとバッキーの激闘の末に、、、

竜馬暗殺(1974年製作の映画)

3.9

竜馬暗殺までの残り三日を全編モノクロで描いた映画。

大河ドラマより全然リアルだった。

原田芳雄の竜馬渋くてカッコいい✨