MAeKeNさんの映画レビュー・感想・評価 - 24ページ目

MAeKeN

MAeKeN

映画(879)
ドラマ(41)

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

3.9

リリー・フランキーの存在感がハンパない!

人生は上手くいかないことばかり。だけど、それを受け入れてこそが人生です、とこの作品に言われた気がした。

上映時間の140分が短く感じた。

リリー・フラン
>>続きを読む

ハーモニー(2015年製作の映画)

3.7

原作、既読

原作が読み応えがあった分、少し期待しすぎた感じがある。

それにしても、一連の事件を起こした人物のそれまでの経緯、バックグラウンドが凄絶すぎて心が痛かった...

この作品を観るなら、ぜ
>>続きを読む

ベルリンファイル(2013年製作の映画)

3.6

頭を撃ち抜かれたドイツのエージェントの携帯端末に残されていた家族の動画や写真を見せるシーンは悲しかった(T_T)

守るべきものがあると、それを失くした時に人は何を思うのだろうか。

クライマックスの
>>続きを読む

鬼が来た!(2000年製作の映画)

4.2

1945年、戦争末期の中国のある村で起こる悲劇をモノクロで描いた作品。

香川照之がいつもの演技をしていて良かった。

ラストシーンが何とも言えないほどに凄かった(゜Д゜;)

日本だとあれ程のシーン
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.5

ついに !

ついに !!

ついに !!!

この日がやって来た !!!!

2015年10月21日が !!!!!

イースタン・プロミス(2007年製作の映画)

3.8

好きなクリスマス映画がまた1つ増えました。

ある出来事がきっかけで女性を車に乗せることになったマフィアのドライバー。目的地に到着した女性が、お金はいくら払えばいいの?と聞く。それに対するドライバーの
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

斉藤一子が働くことになったコンビニの店員の野間さんが印象に残った。

流石、安藤サクラだった。

汚いところを撮っていて良かった。終わり方も良かったのでは...

打つべし!

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

3.8

突如発生したオーロラが奇跡を起こす心温まるヒューマンドラマ。

消防士の父と刑事になった息子、この2人が30年の時を超え無線機で会話をする。この2人が降りかかる困難をどう乗り越えるのか、最後までハラハ
>>続きを読む

屍者の帝国(2015年製作の映画)

4.2

屍者が経済を動かしていると言っても過言ではない世界。

ジョン・ワトソンが友人だったフライデーを生き返らせる所から始まる。手記を破棄すること、意識の存在を証明すること、この2つをやり遂げるために内容が
>>続きを読む

ゼロの未来(2013年製作の映画)

3.7

近未来、ゼロの定理に挑む男を描いた作品。

あのシーンのあのカメラの角度とか、嫌いじゃない。(自分だけがわかる文章です)

この作品を観て思ったのは、大きな壁は一人じゃ壊せないということっす!

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.7

自分がしでかした過ちで奈落の底に引きずり込まれていく男の姿を、ハイウェイに乗って降りるまでの86分間で描いた話。

トム・ハーディーの演技力があってこその作品。

ディテールをちゃんと考えて創っている
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.9

期待を裏切らないニール・ブロムカンプ。

今作では、意識とは何なのか、存在するのかを扱った哲学的な作品だった。

ニール監督の作品はクライマックスに向かうに連れての見せ方が上手い。

興味がある方、ぜ
>>続きを読む

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.8

息子を危機から救う話。

ストーリーがしっかりしていたので、ラストシーンで胸をこみ上げるものがあった。

リーアム作品の中でも良作と言える一作!

黒衣の刺客(2015年製作の映画)

3.7

すべての絵が美しかった。

ストーリーが少し難解だったが、アクションシーンが良かったので観て良かった。

多分、また劇場で観ます!

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.6

死体を機械で粉砕するシーンはやばい...

女刑事の旦那がとても優しいお方でした。

連ドラを今度やるらしいので観ます。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD(2015年製作の映画)

2.5

どこに着地するかと思いきや、着陸大失敗!

大事故です...

観る勇気がある方だけどうぞ!

幕が上がる(2015年製作の映画)

3.7

ファンではないです、ももクロの。

高評価で気になったので鑑賞!

意外と面白かった。部活をやっていたならわかる話。

新任教師役の黒木華が絶妙な演技をしていた。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.7

スーツ姿でコリン・ファースがアクションをするとかっこいい!

カフェでハリー(ファース)がエグジーの知り合い5人ぐらいを懲らしめた後のエグジーの表情は笑えた。

“Manner makes gentl
>>続きを読む

カフェ・ド・フロール(2011年製作の映画)

3.5

レンタル特典でもう一つのエンディングがあったので、それを再生。後味が悪い終わり方でホラー要素を含んでいて怖い。

しかし、そっちで終わった方が良かったのでは?

観たことある方、どちらのエンディングが
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

4.0

荻原聖人の怪演が観る者をゾッとさせる怖い作品だった。

人は、誰しも1人や2人、人を殺めたいと潜在意識として秘めているということなのか。そう思うと自分自身に対してもゾッとする。

((((;゜Д゜))
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.8

モササウルス、怖い (||゜Д゜)

地上の恐竜より、海の中の恐竜の方が魅力を感じさせる。

しかし、咆哮するT-Rexはかっこよすぎる!

この映画の見所は、ラプトルにとっての真のリーダーはどっちな
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

4.5

人が戦場という地で、肉体も精神も極限状態になるとあのようなことになってしまうのかと怖かった。

同じ日本兵から、サルの肉を食べさせてもらっていたが...
殺戮シーンがあったが、目を覆いたくなるほどグロ
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

4.0

巨人達が人々を喰らうシーンは、残虐極まりなく、絶望だけがその場に残るショッキングな描写で、脳裏に焼き付いて離れない。トラウマしかない。

それにしても、巨人が怖すぎた。気を紛らわそうと、同じ日に違う映
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.3

ポール・ウォーカーは俺たちの心にいつまでも居続けるんだ!

スカイ・ミッションという邦題だけあって、車が空中に飛ぶシーンは迫力満点だった!

弟を脳死状態にしたドミニクたちに、元海軍兵士のショウが復讐
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

4.0

予告編を見て以来、期待していた作品だったのですが、いい意味で期待を裏切られました。

どこへ逃げても追いつめる時空警察官は過去に行き、バーで男装した人物(その時点で男ですが)と意味深な会話を繰り広げ、
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.2

ドイツ軍の暗号解読のために、奪取したエニグマの構造を分解し、クリストファーと名付けられたエニグマの暗号解読マシーンを作ったアラン・チューリングの半生を描いた作品。

学生時代、風変わりだったアランはい
>>続きを読む

エクソダス:神と王(2014年製作の映画)

4.0

天災のショッキングな映像は、とても凄まじかった。隕石が海に落ちて、津波を引き起こしエジプト軍を飲み込んでいくシーンは、脳裏に焼き付いて離れない。

モーゼの前に現れた神の使いが子供の姿をしていたのが、
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

Barでグレタとダンが話すまでの2人の過去の見せ方が好かった。ダンはその朝から見せるやり方で、グレタのそれまでの経緯はどのように見せるのかと思いながら観ていると、iphoneの彼氏とじゃれ合っていると>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

3.8

柏木卓也の死から浮き出てくる生徒一人一人の家庭環境が様々で後編の裁判編でどのように解決されていくのか期待する。

井上君のような生徒、松重さん扮する先生は学校に1人はいるようないい味が出ていた。三宅樹
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.1

カウボーイで生計を立てていたクリス・カイルは有意義な仕事をするためにSEALsに入隊する。9.11後にイラクに派遣され手榴弾を持った子供、女を射殺する。果たしてそれは、有意義な仕事なのか?

母国を守
>>続きを読む

第七の封印(1956年製作の映画)

4.2

死神が怖い...

夜、外を見るとふと出てきそう。

初めてイングマル・ベルイマンの作品を観たけどはまったかもです!

ラブ・パンチ(2013年製作の映画)

3.0

ピアース・ブロスナンとエマ・トンプソンのパフォーマンスは流石!

007をラブコメにした感じだった。

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

3.7

色々なことに振り回されるフォークシンガーの話。

うまくいかないことが人生の大半を占めているけど生きる男の姿は生きる力強さのようなものを感じた。

病気持ちの爺さんとその付き人が運転する車に乗せてもら
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(1974年製作の映画)

3.8

三谷版を観ずにこっちを再鑑賞。

ポワロがこの事件の真相にたどり着き、乗客たちが作り上げた犯人か真相を警察に告げるのか、それをオリエント急行のオーナーに決めさせるシーンは何とも言えない感情が芽生えてき
>>続きを読む

外事警察 その男に騙されるな(2012年製作の映画)

3.9

レビューを書いている今、テレビを点けたらジャーナリストが2人拘束されているじゃありませんか!身代金が2億ドルだと!?どうする安倍総理!

日本国内でテロが起きないのはこういう人たちがいるからなのか?平
>>続きを読む